「囚人ディリ」のネタバレあらすじ結末

囚人ディリの紹介:2019年インド映画。インドでかつて囚人だった男が酔いつぶれた警察官たちを救ったという、ごく短い新聞記事をモチーフとして制作されたアクション映画です。刑期を終えて出所したばかりの男が、警察と麻薬組織との抗争に巻き込まれ、特殊部隊の隊長と共に壮絶な戦いに身を投じていきます。
監督:ローケーシュ・カナガラージ 出演者:カールティ(ディリ)、ナレーン(ビジョイ)、ラーマナー(チップス)、ジョージ・マリヤーン(ナポレオン)、アルジュン・ダース(アンブ)、ハリーシュ・ウッタマン(アダイカラム)、ディーナ(カーマッチ)、ベイビー・モニカ(アムダ)、マラヴィカ・アビナッシュ(ナリニ)ほか

「GAGARINE/ガガーリン」のネタバレあらすじ結末

GAGARINE/ガガーリンの紹介:2020年フランス映画。パリの郊外に実在するガガーリン団地に母を待つ主人公ユーリが、団地の取り壊しに反対し滞在し続ける様を描いた作品。本作がスクリーンデビューとなるアルセニ・バティリが、デビューとは思えない質の高い演技を披露しています。
監督:ファニー・リアタール&ジェレミー・トルイユ 出演:アルセニ・バティリ(ユーリ)、リナ・クードリ(ディアナ)、ジャミル・マクレイヴン(フサーム)、ドニ・ラヴァン(ジェラルド)、フィネガン・オールドフィールド(ダリ)、ほか

「ストレイ 犬が見た世界」のネタバレあらすじ結末

ストレイ 犬が見た世界の紹介:2020年アメリカ映画。以前は野良犬を屠殺(とさつ)していたというトルコのイスタンブール市。現在では、犬たちは生活権が保証され、町のいたるところで生活しています。そんな野良犬たちはイスタンブールでどのような生活をしているのでしょうか?『ストレイ 犬が見た世界』は、イスタンブールで暮らす野良犬たちを描いたドキュメンタリー映画です。野良犬と暮らす難民の少年たち、一般市民の姿が描かれています。
監督:エリザベス・ロー 出演:3匹の犬(ゼイティン、カルタル、ナザール)、ほか

「カラミティ」のネタバレあらすじ結末

カラミティの紹介:2020年フランス, デンマーク映画。アニメーション映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督とスタッフが再集結。西部開拓史上、最初の女性ガンマンとされるカラミティことマーサ・ジェーン・キャナリーの少女時代を描いた長編アニメーション作品です。本作は2020年のアヌシー国際アニメーション映画祭にてワールド・プレミア上映され、グランプリにあたるクリスタル賞を受賞しています。
監督:レミ・シャイエ 声優:サロメ・ブルバン(マーサ・ジェーン・キャナリー(カラミティ))、デリア・レジス(レナ)、マックス・ブレナー(エリージャ)、ビアンカ・トマシアン(イヴ)、サンティアゴ・バーバン(イーサン)、ヨヘン・ヘーゲレ(アブラハム)、アレクシ・トマシアン(サムソン)、レオナール・ルフ(ジョナス)、ダミアン・ウィテカ(ロバート)、アレクサンドラ・ラミー(ムスタシュ夫人)ほか

「シークレット・マツシタ/怨霊屋敷」のネタバレあらすじ結末

シークレット・マツシタ/怨霊屋敷の紹介:2014年ペルー映画。南米・ペルー共和国に伝わる、かつて日本人一家が住んでいた実在の「マツシタ邸」を舞台とする怨霊伝説を映画化したホラー映画です。謎多きマツシタ邸に潜入して消息を絶った大学生らの撮影チーム。その失踪の謎が残された映像から明らかになるというストーリーです。
監督:ドリアン・フェルナンデス=モリス 出演者:ブルーノ・エスペホ(ファビアン・ヴァステリ)、ルピタ・モーラ(ヒメナ)、エドゥアルド・ラモス(ルイス)、ウィリー・グティエレス(霊媒師)、ミゲル・バルデオン(警備員)ほか

「ナイト・オン・ザ・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ナイト・オン・ザ・プラネットの紹介:1991年アメリカ映画。5つの都市を舞台に、タクシードライバーたちに起こった出来事を描いています。それぞれの国にそれぞれの人の人生があるということを、タクシードライバー目線で描いているのが面白い。ウィノナ・ライダーら豪華キャストも魅力的です。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ウィノナ・ライダー(コーキー)、ジーナ・ローランズ(ヴィクトリア)、アーミン・ミューラー=スタール(ヘルムート)、ジャンカルロ・エスポジート(ヨーヨー)、ロベルト・ベニーニ(ジーノ)、パオロ・ボナチェリ(神父)、マッティ・ペロンパー(ミカ)、トミ・サルミラ(アキ)、ほか

「パーフェクト・ガイ」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ガイの紹介:2015年アメリカ映画。社会的地位もありお金もある、女の扱いも上手いという誰もが羨むようなパーフェクトガイが見せる裏の顔が主人公に襲いかかる。完璧すぎる男が豹変し、粘着質になっていき、主人公に畳み掛けるように襲いかかる様がとても恐ろしいです。
監督:デヴィッド・M・ローゼンタール 出演:サナ・レイサン(リア)、マイケル・イーリー(カーター・ダンカン)、モリス・チェスナット(デイヴ)、チャールズ・S・ダットン(ロジャー)、テス・ハーパー(マッカーシー)、キャスリン・モリス(カレン)、ほか

「ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイの紹介:2021年アメリカ映画。英国のジャーナリスト、ヨハン・ハリが2015年に発表したノンフィクション『麻薬と人間 100年の物語』を原作に、伝説のジャズシンガー、ビリー・ホリデイの波乱万丈の半生を描いた伝記サスペンス映画です。人種差別を告発する曲を歌い続けたことによりFBIに狙われる身となったビリーの愛と苦闘の日々を、本作の演技で第93回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたアンドラ・デイの主演で描き出します。
監督:リー・ダニエルズ 出演者:アンドラ・デイ(ビリー・ホリデイ)、トレヴァンテ・ローズ(ジミー・フレッチャー)、ナターシャ・リオン(タルーラ・バンクヘッド)、ギャレット・ヘドランド(ハリー・J・アンスリンガー)、ミス・ローレンス(ミス・フレディ)、ロブ・モーガン(ルイス・マッケイ)、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(ロズリン)、エヴァン・ロス(サム・ウィリアムズ)、タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ(レスター・ヤング)、トーン・ベル(ジョン・レヴィ)、エリック・ラレイ・ハーヴェイ(ジミー・モンロー)、ドゥサン・デュキック(ジョー・グレイザー)、アラン・ゴーレム(エド・フィッシュマン)、メルヴィン・グレッグ(ジョー・ガイ)、デイナ・グーリエ(セイディ・フェイガン)、レスリー・ジョーダン(レジナルド・ロード・ディヴァイン)ほか

「選ばなかったみち」のネタバレあらすじ結末

選ばなかったみちの紹介:2020年イギリス, アメリカ映画。ニューヨークに住むメキシコ人移民レオ。作家であったが、若年性認知症を患い、誰かの助けがなければ自立した生活を送ることができない。献身的に介護をする娘モリーやヘルパーとの意思疎通も困難な状況に。そんなレオをモリーが病院へ連れ出そうとアパートを訪れた、ある朝からの24時間を描いた物語。レオはモリーといながらも初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャなど、娘の知らない世界の景色を脳内で従来する。実際にサリー・ポッター監督の弟が若年性認知症と診断され、自身の経験を基に書き下ろされた作品。
監督:サリー・ポッター 出演:ハビエル・バルデム(レオ)、エル・ファニング(モリー)、ローラ・リニー(リタ)、サルマ・ハエック(ドロレス)、ブランカ・カティッチ(クセニア)、ミレナ・チャーントケ(アンニ)ほか

「あなた、そこにいてくれますか」のネタバレあらすじ結末

あなた、そこにいてくれますかの紹介:2016年韓国映画。フランスの作家ギヨーム・ミュッソのベストセラー小説『時空を超えて』を、舞台を韓国に移して映画化したSFラブストーリーです。飲めば願いを叶えてくれる薬を手に入れた中年の医師が30年前に亡くなった恋人を救うために過去に飛び、若き日の自分と愛と葛藤のストーリーを繰り広げます。
監督:ホン・ジヨン 出演者:キム・ユンソク(ハン・スヒョン)、ピョン・ヨハン(青年時代のハン・スヒョン)、チェ・ソジン(チェ・ヨナ)、キム・サンホ(カン・テホ)、アン・セハ(青年時代のカン・テホ)、パク・ヘス(ハン・スア)ほか

「ボーダーライン」のネタバレあらすじ結末

ボーダーラインの紹介:2015年アメリカ映画。メキシコの麻薬カルテルに挑むFBI捜査官たちの活躍を描いたクライムアクション。大物を捕まえるための小さな犯罪は見てみないふりをするという衝撃的なやり方が印象的で、何が正義で何が悪なのか分からない展開に引きつけられます。
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エミリー・ブラント(ケイト・メイサー)、ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)、ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)、ヴィクター・ガーバー(デイヴ・ジェニングス)、ジョン・バーンサル(テッド)、ダニエル・カルーヤ(レジー・ウェイン)、ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング)、ほか

「ユンヒへ」のネタバレあらすじ結末

ユンヒへの紹介:2019年韓国映画。韓国の地方都市と日本・北海道小樽市を舞台に、二人の女性同士の約20年間に及ぶ心に秘めた恋の記憶と人生模様を描いたラブストーリーです。本作は韓国最大の映画賞である青龍映画賞で監督賞・脚本賞を受賞するなど数々の賞に輝いています。
監督:イム・デヒョン 出演者:キム・ヒエ(ユンヒ)、中村優子(ジュン)、キム・ソヘ(セボム)、ソン・ユビン(ギョンス)、木野花(マサコ)、ユ・ジェミョン(インホ)、瀧内公美(リョウコ)、薬丸翔(リュウスケ)ほか

「オペレーション・ミンスミート」のネタバレあらすじ結末

オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―の紹介:2021年アメリカ映画。ベン・マッキンタイアーの著書『ナチを欺いた死体 英国の奇策・ミンスミート作戦の真実』を基に、『英国王のスピーチ』のプロデューサー、イアン・カニングと主演を務めたコリン・ファースが再びタッグを組んで映画化したスパイサスペンスです。第二次世界大戦時、連合軍がナチスドイツ軍を欺くために決行した「ミンスミート作戦」を題材に、各国間の駆け引きや裏切り合戦を描いていきます。
監督:ジョン・マッデン 出演者:コリン・ファース(ユーエン・モンタギュー)、ケリー・マクドナルド(ジーン・レスリー)、マシュー・マクファディン(チャールズ・チャムリー)、ペネロープ・ウィルトン(ヘスター・レジェット)、ジョニー・フリン(イアン・フレミング)、ローン・マクファーデン(ロジャー・ディアボーン)、ジェイソン・アイザックス(ジョン・ゴドフリー)、トム・ウィルキンソン、ハティ・モラハン(アイリス・モンタギュー)、サイモン・ラッセル・ビール(ウィンストン・チャーチル)、ポール・リッター(ベントレー・パーチェス)、マーク・ゲイティス(アイヴァー・モンタギュー)、カール・カーレンハル(アレクサンダー・ベイヤー)、ニコラス・ロウ(デビッド・エインズワース)、ガブリエル・クリービー(ドリス・マイケル)ほか

「ドリームプラン」のネタバレあらすじ結末

ドリームプランの紹介:2021年アメリカ映画。世界最強のテニスプレーヤー、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹。 2人の破天荒な実父リチャードの驚きの実話。テニス未経験のリチャードが、娘たちが生まれる前に独学で作成した常識破りで唯一無二の「計画書=ドリームプラン」。その計画を信じ実行し続けた父と娘たち。ふたりの世界チャンピオン誕生の知られざる秘密を描いた感動のストーリー。ウィル・スミスがプロデューサーとして映画化を熱望。エンディングテーマはビヨンセが親友セリーナのために書き下ろした力強いメッセージを放つ新曲。不可能をぶち壊し突き進んでいくリチャードの姿に心揺さぶられる作品。
監督:ライナルド・マルクス・グリーン 出演:ウィル・スミス(リチャード・ウィリアムズ)、アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ)、サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ)、デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ)、トー・ゴールドウィン(ポール・コーエン)、ジョン・バーンサル(リック・メイシー)ほか

「クイーンズ・オブ・フィールド」のネタバレあらすじ結末

クイーンズ・オブ・フィールドの紹介:2019年フランス映画。弱小になってしまった名門サッカークラブ、消滅の危機を救ったのは女子チームだった。下手ながらも懸命に努力し成し遂げる女達。それを邪魔するのは情けない男達でした。逆境に負けず大好きなサッカーを楽しんでやる姿が印象的です。
監督:モハメド・ハムディ 出演:カド・メラッド(マルコ)、アルバン・イバノフ(ミミル)、セリーヌ・サレット(ステファニー)、サブリナ・ウアザニ(サンドラ)、アンドレ・ウィルム(パピー)、ギョーム・グイ(フランク)、ロール・カラミー(カトリーヌ)、ほか

キーワードから探す

TOP↑