Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

「僕はイエス様が嫌い」のネタバレあらすじ結末

僕はイエス様が嫌いの紹介:2019年日本映画。是枝裕和監督や女優大竹しのぶさんなど、名だたる映画人から称賛のコメントが寄せられている『僕はイエス様が嫌い』。本作は22歳の奥山大史監督が、青山学院大学在学中に撮った長編デビュー作。サンセバスチャン国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞し、フランス・スペイン・韓国でも既に劇場公開が決まっている話題作だ。オーディションで選ばれた主演・佐藤結良くんの自然体の演技と、撮影カメラマン出身の監督こだわりの映像が魅力の佳品である。
監督:奥山大史 キャスト: 佐藤結良(星野由来)、大熊理樹(大隈和馬)、チャド・マレーン(小さなイエス様)、木引優子(由来の母)、ただのあっ子(由来の祖母)、二瓶鮫一(由来の祖父)、秋山建一、大迫一平、北山雅康、佐伯日菜子(和馬の母:大隈理香子)ほか

「ハーツ・ビート・ラウド」のネタバレあらすじ結末

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの紹介:2018年アメリカ映画。時代遅れとなったレコード店を経営する元ミュージシャンの男。客からは「Amazonのほうが安い」と文句を言われ、閉店を決意します。彼には大学進学を控える娘がいますが、娘の音楽の才能に目をつけ、Spotify(インターネットの音楽配信アプリ)を使い、歌手デビューさせようとしますが、大学へ行きたい娘と対立します。父親と娘は将来に向けての決断をします。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』は父親と娘の愛を描いた映画。昔の夢を捨てきれない父と将来の決断を迫られる娘のお話です。
監督:ブレット・ヘイリー 出演:ニック・オファーマン(フランク)、カーシー・クレモンズ(サム)、テッド・ダンソン(デイヴ)、サッシャ・レイン(ローズ)、ブライス・ダナー(マリアンヌ)、トニ・コレット(レスリー)、ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「名探偵ピカチュウ」のネタバレあらすじ結末

名探偵ピカチュウの紹介:2019年アメリカ映画。誰もが知っている世界的人気を誇るゲーム「ポケットモンスター」シリーズの一つ「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで映画化したのが本作です。愛らしいキャラクターピカチュウがゲームを飛び出し見事に実写化デビュー、実在の俳優と共に大活躍を果たしています。
監督:ロブ・レターマン 出演:ライアン・レイノルズ(名探偵ピカチュウ)、ジャスティス・スミス(ティム)、キャスリン・ニュートン(ルーシー)、渡辺謙(ヨシダ警部補)、ビル・ナイ、スーキー・ウォーターハウス、リタ・オラ、オマール・チャパーロ、クリス・ギア、ほか

「空母いぶき」のネタバレあらすじ結末

空母いぶきの紹介:2019年日本映画。「沈黙の艦隊」などで知られる漫画家かわぐちかいじが現在連載中の「空母いぶき」。2017年に小学館漫画賞を受賞した本作が満を持して映画化された。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」など重厚な大作に定評のある若松節朗。また企画には、「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで数々の受賞歴のある作家、福井晴敏が名を連ねる。空自出身<いぶき>艦長秋津は西島秀俊、海自出身の副長新波に佐々木蔵之介。防衛大同期で主席、次席の対照的な二人をリアルに演じ、映画に説得力を与えている。
監督:若松節朗 原作・監修:かわぐちかいじ キャスト: 西島秀俊(秋津竜太:<いぶき>艦長)、佐々木蔵之介(新波歳也:<いぶき>副長)、藤竜也(涌井継治:群司令)、戸次重幸(淵上晋:第92飛行群群司令)、市原隼人(迫水洋平:アルバトロス隊隊長)、玉木宏(瀬戸斉昭:<はつゆき>艦長)、高嶋政宏(滝隆信:<はやしお>艦長)、山内圭哉(浮船武彦:<いそかぜ>艦長)、佐藤浩市(垂水慶一郎:内閣総理大臣)、益岡徹(石渡俊通:官房長官)、本田翼(本多裕子:ネットニュース記者)、中井貴一(中野啓一:コンビニエンスストア店長)ほか

「幸福なラザロ」のネタバレあらすじ結末

幸福なラザロの紹介:2018年イタリア映画。その人は怒らない、疑わない、欲しがらない―――。1980年代初めのイタリアで実際に起きた詐欺事件を基に『夏をゆく人々』のアリーチェ・ロルヴァケル監督が作り上げた人間ドラマで、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門脚本賞を受賞した作品です。イタリアの閉鎖的な村を舞台に、キリスト教の聖人ラザロと同じ名を持つ純真無垢な一人の男が辿る人生を描きます。
監督:アリーチェ・ロルヴァケル 出演:アドリアーノ・タルディオーロ(ラザロ)、アルバ・ロルヴァケル(アントニア(成人))、アニェーゼ・グラツィアーニ(アントニア)、トンマーゾ・ラーニョ(タンクレディ(成人))、ルカ・チコヴァーニ(タンクレディ)、ニコレッタ・ブラスキ(デ・ルーナ侯爵夫人)、ナタリーノ・バラッソ(ニコラ)、セルジ・ロペス(ウルティモ)ほか

「僕たちのラストステージ」のネタバレあらすじ結末

僕たちのラストステージの紹介:2018年イギリス,カナダ,アメリカ映画。1930年代に人気を博した実在にして伝説のコメディアン・デュオ「ローレル&ハーディ」の晩年期にあたる1953年のイギリス・アイルランド巡業を中心に、二人のこれまで明かされてこなかった秘話と友情を描いた伝記映画です。
監督:ジョン・S・ベアード 出演者:スティーヴ・クーガン(スタン・ローレル)、ジョン・C・ライリー(オリヴァー・ハーディ)、ニーナ・アリアンダ(イーダ・ローレル)、シャーリー・ヘンダーソン(ルシル・ハーディ)、ダニー・ヒューストン(ハル・ローチ)、ルーファス・ジョーンズ(バーナード・デルフォント)、スージー・ケイン(シンシア・クラーク)ほか

「ベン・イズ・バック」のネタバレあらすじ結末

ベン・イズ・バックの紹介:2018年アメリカ映画。麻薬中毒に陥りながらも治療施設を出て実家に舞い戻った息子とその母親との葛藤を、ジュリア・ロバーツと本作の監督・脚本を務めたピーター・ヘッジズの息子であるルーカス・ヘッジズのダブル主演で描いた人間ドラマです。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジュリア・ロバーツ(ホリー・バーンズ)、ルーカス・ヘッジズ(ベン・バーンズ)、コートニー・B・ヴァンス(ニール・バーンズ)、キャスリン・ニュートン(アイヴィー・バーンズ)、デイヴィッド・ザルディバー(スペンサー・ウェブ(スパイダー))、アレクサンドラ・パーク(カーラ)、レイチェル・ベイ・ジョーンズ(ベス)、マイケル・エスパー(クレイトン)ほか

「居眠り磐音」のネタバレあらすじ結末

居眠り磐音(いねむりいわね)の紹介:2019年日本映画。累計2000万部を超える佐伯泰英の人気時代小説シリーズ『居眠り磐音』を、「超高速!参勤交代」などで知られる本木克英監督が初の映画化。主演は、本作が時代劇初主演となる松坂桃李。賑やかな場面でもどこか影のあるその演技は、本木監督に「この映画は松坂桃李ありきの磐音」と言わしめる。また、日本の時代劇を支える京都のスタッフたちに、時代劇を引っ張っていける新しい主役として認められた松坂は、「もっと時代劇を盛り上げたい」と語っている。
監督:本木克英 キャスト:松坂桃李(坂崎磐音)、木村文乃(おこん)、芳根京子(小林奈緒)、柄本佑(小林琴平)、杉野遥亮(河出慎之輔)、佐々木蔵之介(佐々木玲圓)、奥田瑛二(宍戸文六)、谷原章介(吉右衛門)、中村梅雀(金兵衛)、柄本明(有楽斎)、比留間由哲(毘沙門の統五郎)、和田聰宏(東源之丞)、高橋努(竹村武佐衛門)、荒井敦史(品川柳次郎)、南沙良(坂崎伊代)、桜木健一(川合久敬)、水澤紳吾(蔵持十三)、阿部亮平(黒岩十三郎)、宮下かな子(河出舞)、菅原大吉(日村綱道)、陣内孝則(庄右衛門)、橋本じゅん(甚兵衛)、早乙女太一(邦右衛門)、中村ゆり(高尾太夫)、波岡一喜(天童赤児)、石丸謙二郎(坂崎正睦)、財前直見(坂崎照埜)、西村まさ彦(田沼意次)、ほか

「アメリカン・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・アニマルズの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。学生生活に嫌気がさしていたスペンサーとウォーレンは何か大きな事をしたいと考え、通っているトランシルバニア大学の図書館に貯蔵されている時価1200万ドルの本を盗み出す計画を立てる。2004年にアメリカ・ケンタッキー州トランシルヴァニア大学で大学生たちが起こした強盗事件、この実話をもとに映画化した作品です。
監督:バート・レイトン 出演:エヴァン・ピーターズ(ウォーレン・リプカ)、バリー・キオガン(スペンサー・ラインハード)、ブレイク・ジェナー(チャズ / チャールズ・T・アレン2世)、ジャレッド・アブラハムソン(エリック・ボーサク)、ウド・キア、アン・ダウド(ミス・グーチ)、ほか

「コレット」のネタバレあらすじ結末

コレットの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。シドニー=ガブリエル・コレット(1873年−1954年)は20世紀を代表するフランスの小説家。女性差別が激しかった時代に小説家として自立して成功し、ノーベル文学賞にもノミネートされました。私生活では、彼女自身に多くの男性そして女性とも恋愛関係にありました。本作『コレット』は彼女の10代後半から30代後半に焦点をあて、田舎の少女から結婚して夫の傲慢さに耐えながら、女性、小説家として自立するまでが描かれています。映画での言語はフランス語でなく英語、主に英国系俳優、女優により演じられています。
監督:ウォッシュ・ウェストモアランド 出演:キーラ・ナイトレイ(コレット)、ドミニク・ウェスト(ウィリー)、デニース・ゴフ(ミッシー)、エレノア・トムリンソン(ジョージー・ラオール=デュヴァル)、フィオナ・ショウ(シド)、ロバート・ピュー(ジュール)、レイ・パンサキ(ヴェベール)、ほか

「ガルヴェストン」のネタバレあらすじ結末

ガルヴェストンの紹介:2018年アメリカ映画。殺し屋のロイはボスに切り捨てられ殺されそうになった所を逃げ切るが、病気であとが短いと宣告され絶望を感じていた。自分がボスにはめられた場所で捕まっていた売春婦ロッキーを助け、2人は一緒に逃走する事になる。
監督:メラニー・ロラン 出演:エル・ファニング(ロッキー)、ベン・フォスター(ロイ)、ボー・ブリッジス(スタン)、リリ・ラインハート、アデペロ・オデュイエ、ロバート・アラマヨ、マリア・バルベルデ、ほか

「レプリカズ REPLICAS」のネタバレあらすじ結末

レプリカズ REPLICASの紹介:2018年アメリカ映画。死んだ人間の脳の意識をデータ化してロボットに移植する技術を研究する科学者、死んだ家族を蘇らせるため同僚のクローン技術研究者の力を借りて家族のクローンを作り、脳に意識のデータを送り込みます。しかし、蘇った家族は異変を感じ、この技術を悪用しようとする大企業が科学者を追います。『レプリカズ』はキアヌ・リーブス主演で、アメリカの映画レビューサイト”Rotten Tomatoes” では支持率10%と低迷していますが、21世紀に大きな進歩を遂げるクローン、ロボットなどのテクノロジーについて考えさせられる映画です。
監督:ジェフリー・ナックマノフ 出演:キアヌ・リーブス(ウィリアム・フォスター)、アリス・イヴ(モナ・フォスター)、トーマス・ミドルディッチ(エド・ホイットル)、ジョン・オーティス(ジョーンズ)、エムジェイ・アンソニー(マット・フォスター)、エミリー・アリン・リンド(ソフィー・フォスター)、アリア・リリック・リーブ(ゾーイ・フォスター)、ナシャ・ハテンディ(スコット)、ほか

「RBG 最強の85才」のネタバレあらすじ結末

RBG 最強の85才の紹介:2018年アメリカ映画。80歳を過ぎても男女平等のために戦う女性最高裁判事ギンズバーグは、2010年代に高齢化社会を迎え、多様な人種の共存、女性の権利の拡大を発展させるアメリカの新しいアイコン(社会的象徴)になりました。『RBG 最強の85才』はギンズバーグの功績だけでなく、夫や家族、同僚との知られざるエピソードが紹介されています。アメリカ政治、女性差別問題に興味のある人におすすめの映画、高齢化社会の日本でも多くの方に勇気を与えてくれる映画です。
監督:ベッツィ・ウェスト、ジュリー・コーエン 出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ、マーティン・ギンズバーグ、ビル・クリントン、バラク・オバマ、ほか

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」のネタバレあらすじ結末

ラ・ヨローナ ~泣く女~の紹介:2019年アメリカ映画。自分を捨てたパートナーへの嫉妬から子供たちを自らの手で溺死させてしまった女性、ラ・ヨローラはその後悔から自殺をする。死んだラ・ヨローナは水のあるところへ出現すると、他人の子供たちをも溺死させていく。ジェームズ・ワンが製作に携った、中南米に伝わる怪談を実写映画化したホラー作品。
監督:マイケル・チャベス 出演:リンダ・カーデリニ(アンナ)、マデリーン・マックグロウ(エイプリル)、ローマン・クリストウ(クリス)、レイモンド・クルツ(ラファエル)、トニー・アメンドーラ(ペレズ神父)、ほか

1 2 3 4 5 6 27
TOP↑