「ピーナッツ」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

ピーナッツの紹介:2005年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良の初監督作品です。人数も集まらず試合も出来ない草野球チーム「ピーナッツ」が伝説のサードと呼ばれた秋吉が帰ったことによって再生していくというコメディ映画です。沢山の芸人さんが出演しています。
監督:内村光良 出演:内村光良(秋吉光一)、三村マサカズ(相良和雄)、大竹一樹(文野正樹)、ゴルゴ松本(勝田一鉄)、竹中直人(飲み屋の客)、桜井幸子(宮島百合子)、ベンガル(草野務)、ほか

「今度は愛妻家」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

今度は愛妻家の紹介:2009年日本映画。原作は中谷まゆみの舞台劇。かつては売れっ子カメラマンでしたが、仕事しなければ家事もしない、女性にもだらしないダメ夫があることをきっかけに愛妻家へと変貌する様子を描いています。本当に大切な物は失ってから知ることになる人間の悲しさを描いています。大切な人を失ってから立ち直るまでの、人間の心の動きをとても丁寧に描いているところがこの作品のとても良いところです。悲しみ、失望しているその人を温かく見守る人がいること、人にはその人のこれからを支えていく「夢」があること、消して悲しいだけじゃない、生きる希望を見る人に与えてくれるとても良い作品です。
監督:佐々部清 出演者: 豊川悦司(北見俊介)、薬師丸ひろ子(北見さくら )、水川あさみ(吉沢蘭子)、濱田岳(古田誠 )、城田優(西田健人)、石橋蓮司(原文太)ほか

「日本沈没」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

日本沈没の紹介:2006年日本映画。1973年(昭和48年)刊行の小松左京によるSF小説を原作として製作された映画。キャッチコピーは「命よりも大切な人がいる。1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ」で、1973年版の映画を「自分が映画制作を志すきっかけとなった作品」と語る樋口真嗣が、監督を務めた。
監督:樋口真嗣 原作:小松左京 出演:草なぎ剛(小野寺俊夫)、柴咲コウ(阿部玲子)、豊川悦司(田所雄介)、大地真央(鷹森沙織)、及川光博(結城慎司)、ほか

「CASSHERN キャシャーン」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

CASSHERN キャシャーンの紹介:2004年日本映画。戦いとは何か、生きるとはどういうことかを問いかけるSFアクション。長年の戦争で世界は荒廃し、人々は公害病に苦しんでいた。1人の科学者が究極の再生医療である「新造細胞」の開発に乗り出す。しかし新造細胞から生まれた「新造人間」達は、強い憎しみを持って人間に戦争を仕掛けてくるのだった。原作はテレビアニメ「新造人間キャシャーン」。
監督:紀里谷和明 出演者:伊勢谷友介(東鉄也/キャシャーン)、要潤(バラシン)、及川光博(内藤薫)、麻生久美子(上月ルナ)、寺尾聰(東博士)、樋口可南子(東ミドリ)、唐沢寿明(ブライキング・ボス)、宮迫博之(アクボーン)ほか

「ドリームキャッチャー」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

ドリームキャッチャーの紹介:2003年アメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説に基づく異色のSF。「ミザリー」「アトランティスのこころ」など、キング作品の脚色者としてお馴染みのウィリアム・ゴールドマンが、この作品でも監督のローレンス・カスダンと共同でシナリオを担当。
監督:ローレンス・カスダン 出演:モーガン・フリーマン(アブラハム・カーティス大佐)、トーマス・ジェーン(ヘンリー・デブリン博士)、トム・サイズモア(将校オーウェン・アンダーヒル)、ジェイソン・リー(ビーバー)、ダミアン・ルイス(ジョンジー)、ほか

「理由なき反抗」のネタバレあらすじと結末

2016/12/11掲載

理由なき反抗の紹介:1955年アメリカ映画。ジェームズ・ディーンが「エデンの東」に続いて主演した名作。世代間の断絶を描いた作品として最初期のもので、ディーンの演技ともども、後の映画に大きな影響を与えた。ディーンはこのあと「ジャイアンツ」に出演後急死する。
監督:ニコラス・レイ 出演:ジェームズ・ディーン(ジム)、ナタリー・ウッド(ジュディ)、サル・ミネオ(プラトー)、ジム・バッカス(ジムの父)、アン・ドラン(ジムの母)、ほか

「エレファント・マン」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

エレファント・マンの紹介:1980年アメリカ,イギリス映画。自主映画「イレイザーヘッド」によって注目を浴びたデヴィッド・リンチが初めて商業作品として監督した名作。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞などにノミネート。リンチの名前を一般に知らしめた。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:ジョン・ハート(ジョン・メリック)、アンソニー・ホプキンス(フレデリック・トリーブス)、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、ほか

「グッドフェローズ」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

グッドフェローズの紹介:1990年アメリカ映画。ギャング映画の傑作。マーティン・スコセッシ監督としては「レイジング・ブル」以来の実話もので、久しぶりに力のこもった作品となり、批評家の絶賛を浴びた。トミーを演じたジョー・ペシがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レイ・リオッタ(ヘンリー・ヒル)、ロバート・デ・ニーロ(ジェームズ・“ジミー”・コンウェイ)、ジョー・ペシ、ロレイン・ブラッコ、ポール・ソルヴィノ、ほか

「サンダーボルト」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

サンダーボルトの紹介:1974年アメリカ映画。前年イーストウッド主演の「ダーティハリー2」の脚本を書いたマイケル・チミノが監督としてデビューしたアクション映画。ジェフ・ブリッジスが風変わりなチンピラを軽妙に演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
監督:マイケル・チミノ 出演:クリント・イーストウッド(サンダーボルト)、ジェフ・ブリッジス(ライトフット)、ジョージ・ケネディ、ジェフリー・ルイス、キャサリン・バック、ほか

「熱砂の秘密」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

熱砂の秘密の紹介:1943年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーのハリウッドでの監督2作目。ラヨス・ビロの戯曲「帝国ホテル」をワイルダー自身とチャールズ・ブラケットが共同で脚色。ブラケットはプロデュースも行っている。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:フランチョット・トーン(ブランブル伍長)、エリッヒ・フォン・シュトロハイム(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)、ペーター・ヴァン・アイク、アン・バクスター、ほか

「ボルト」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

ボルトの紹介:2008年アメリカ映画。ハリウッドでアクション番組に出演しているタレント犬のボルト。番組での出来事を本物だと思い込むボルトは、アクシデントが重なりニューヨークに行ってしまいます。野良猫のミトン、ハムスターのリノと大陸横断をすることで、ボルトは、本物の世界を体感し、普通の犬として自覚していきます。愛らしいボルトに思わず笑みがこぼれるディズニー作品です。
監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード 声の出演:ジョン・トラヴォルタ(ボルト)、マイリー・サイラス(ペニー)、スージー・エスマン(ミトンズ)、マーク・ウォルトン(ライノ)、ほか

「バンビ」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

バンビの紹介:1942年アメリカ映画。森の王様の雄鹿を父に持つ小鹿のバンビが、優しい母親や友だちと様々な経験をしながら成長していく物語。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作した長編作品のうち5番目にあたる。途方もない時間と苦労をかけてリアルに再現された動物たちの動きや自然の描写は、今もなお観る人を驚かせる技術であり、当時のアニメーターたちの熱意がうかがえる作品となっている。
監督:デイヴィッド・ハンド 声の出演:ドニー・ドゥナガン(少年のバンビ)、ジョン・サザーランド(大人のバンビ)、ピーター・ベーン(とんすけ)、スタン・アレクサンダー(フラワー)、ポーラ・ウィンスロー(バンビの母親) ほか

「おしゃれキャット」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

おしゃれキャットの紹介:1970年アメリカ映画。パリに住む貴婦人に育てられた猫たちが意地悪な執事に捨てられてしまい、野良猫と共に家に帰ろうとする冒険物語。ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作するテレビ番組で放送する物語として出来たストーリーだったが、その出来の良さから長編アニメーションとして製作されることになった。特に白い子猫のマリーはその愛くるしいルックスから人気のキャラクターとして知られている。
監督:ウォルフガング・ライザーマン 声の出演:エヴァ・ガボール(ダッチェス)、フィル・ハリス(オマリー)、リズ・イングリッシュ(マリー)、ロディ・モード=ロクスビー(エドガー)、ハーマイオニー・バデリー(ボンファミーユ夫人) ほか

「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじと結末

2016/12/10掲載

おもひでぽろぽろの紹介:1991年日本映画。スタジオジブリ作品。田舎暮らしに憧れる東京育ちの女性が、田舎の農家にホームステイをする中で、自分の幼い頃の記憶を回想し、未来への一歩を踏み出そうとする物語。原作の漫画をスタジオジブリがアニメーション作品として製作。2016年には北米にて英語吹替版が公開され、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で知られるデイジー・リドリーが主役を演じた。
監督:高畑勲 声の出演:今井美樹(タエ子)、柳葉敏郎(トシオ)、本名陽子(小学5年生のタエ子) ほか

「ゲド戦記」のネタバレあらすじと結末

2016/12/09掲載

ゲド戦記の紹介:2006年日本映画。スタジオジブリ作品。一国の王子であるアレンが、魔法使いのハイタカ(ゲド)と出会い旅をする。その道中、ある少女と出会うことで、闇に覆われていたアレンの心が救われていく物語。V6の岡田准一や、新人の手嶌葵らをキャストに迎え、アニメーション作家の宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎監督の記念すべき処女作である。
監督・脚本:宮崎吾郎 声の出演:岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太(ハイタカ)、香川照之(ウサギ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ) ほか

1 2 3 4 5 150
TOP↑