「ミッドナイトマン」のネタバレあらすじ結末

2017/04/24掲載

ミッドナイトマンの紹介:2016年アメリカ映画。生まれつき身体的痛みを全く感じない“先天性無痛無汗症(CIPA)”を持つ男、グレイディ。そんな体質は、犯罪組織で働く彼にとって最強の武器だった。ところが、ある事件をきっかけに痛みを感じる普通の人間に戻ってしまう。デビュー当時、「最高に美しい男」と呼ばれた、モデルにしてバレエ・ダンサーという経歴を持つイギリス生まれの俳優ウィル・ケンプ主演。テレビ業界出身のD・C・ハミルトン監督による長編デビュー作であり、ユーモアあふれる会話と小ネタが満載のバイオレンス・アクション。
監督:D・C・ハミルトン 出演者:ウィル・ケンプ(グレイディ)、ビニー・ジョーンズ(パール)、ウィリアム・フォーサイス(フェアバンクス)、ブリナ・ケリー(ザン)、ダグ・ジョーンズ(ヴィック)、ブレント・スピナー(エゼキエル)、マックス・アドラー(シモンズ)ほか

「ヴィジョン/暗闇の来訪者」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

ヴィジョン/暗闇の来訪者の紹介:2015年アメリカ映画。ある夫婦がワイン農場を購入するも、そこで様々な現象が現れ、その現象の元を探ろうとしますが、やがて驚愕な理由が判明してしまうストーリーが展開する映画です。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:アイラ・フィッシャー(イヴリー)、アンソン・マウント(デヴィッド)、ジリアン・ジェイコブス(セイディー)、ジム・パーソンズ(マシスン)、ジョアンナ・キャシディ(ヘレナ)、ほか

「奴らを高く吊るせ!」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

奴らを高く吊るせ!の紹介:1968年アメリカ映画。冤罪で殺されかけた男の復讐を描く西部劇。カウボーイのジェド・クーバーは、突然9人組の男達から殺人と牛泥棒の濡れ衣を着せられ、釈明も許されないまま縛り首にされてしまう。何とか一命を取り留めた彼は保安官となり、復讐の道を歩き始めるのだった。
監督:テッド・ポスト 出演者:クリント・イーストウッド(ジェド・クーバー)、インガー・スティーヴンス(レイチェル)、エド・ベグリー(ウィルソン元大尉)、パット・ヒングル(アダム・フェントン判事)、ベン・ジョンソン(ブリス連邦保安官)ほか

「アイズ (2015年)」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

アイズ の紹介:2015年日本映画。「リング」などの“貞子”シリーズで知られる鈴木光司の同名短編集を、乃木坂46の伊藤万理華の主演で映画化した作品です。平凡なはずの女子高生が不可解な事件や出来事に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:福田陽平 出演者:伊藤万理華(山本由佳里)、おぞねせいこ(山本由布子)、山田太一(山本和弘)、中川慶二(山本翔太)、遠藤耕介(遠藤宗介)ほか

「八甲田山」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

八甲田山の紹介:1977年日本映画。1902年(明治35年)。関係が悪化したロシアとの開戦不可避と見られおり、対露戦の準備として行われた、厳冬期の八甲田山での行軍演習中に、青森の連隊が遭難。わずかな生存者のみで大多数が死亡した事件を元にし、一部フィクションも付け加えて、壮絶な世界が描かれています。
監督:森谷司郎 出演:高倉健(徳島大尉)、丹波哲郎(児島大佐)、島田正吾(友田少将)、大滝秀治(中林大佐)、北大路欣也(神田大尉)、緒形拳(村山伍長)、大竹まこと(橇隊の兵卒)、三國連太郎(山田少佐)、加山雄三(倉田大尉)、加賀まりこ(徳島妙子)ほか

「らせん」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

らせんの紹介:1998年日本映画。鈴木光司の小説を映画化した「リング」の続編にあたるホラー映画です。息子を失った男の周りの人間が、見た者を一週間後に呪い殺すという「呪いのビデオ」による謎の死を遂げていきます。やがて男はビデオの主「貞子」の目論む計画に巻き込まれていきます。
監督:飯田譲治 出演者:佐藤浩市(安藤満男)、中谷美紀(高野舞)、真田広之(高山竜司)、鶴見辰吾(宮下)、佐伯日菜子(山村貞子)ほか

「リング」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

リングの紹介:1998年日本映画。巷で噂される呪いのビデオ、そのビデオ見た者は1週間以内に死んでしまうという。呪いのビデオは解く方法とは?ジャーナリストの浅川玲子と元夫の高山竜二は、ビデオを見てしまった息子を救うために、ビデオの呪いを解く方法を探す。
監督:中田秀夫 出演:松嶋菜々子(浅川玲子)、真田広之(高山竜司)、中谷美紀(高野舞)、沼田曜一(山村敬)、雅子(山村志津子)、竹内結子(大石智子)、ほか

「グッド・ネイバー」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

グッド・ネイバーの紹介:2016年アメリカ映画。ショーンとイーサンはひとり暮らしの孤独な老人の家に侵入し、ドッキリを仕掛ける。彼らは老人の反応を楽しもうとするが、逆に老人の常軌を逸した行動を奇妙に感じてしまう。
監督:カスラ・ファラハニ 出演者:ジェームズ・カーン(ハロルド)、キーア・ギルクリスト(ショーン)、ローガン・ミラー(イーサン)ほか

「悼む人」のネタバレあらすじ結末

2017/04/23掲載

悼む人の紹介:2014年日本映画。天童荒太の直木賞受賞作を映画化。旅をしながら、人が亡くなった場所を歩き「誰に愛され、誰を愛したでしょう。どんなことで感謝されたでしょうか」と悼む青年の物語。
監督:堤幸彦 出演:高良健吾(坂築静人)、石田ゆり子(奈儀倖世)、井浦新(甲水朔也)、椎名桔平(蒔野抗太郎)、貫地谷しほり(坂築美汐)、麻生祐未(沼田響子)、大竹しのぶ(坂築巡子)、平田満(坂築鷹彦)ほか

「パパが遺した物語」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

パパが遺した物語の紹介:2015年アメリカ,イタリア映画。小説家のジェイク・デイヴィスは若いころに成功を収め、妻と娘と3人で幸せに暮らしていた。ところがある日、交通事故に遭ってしまい妻を亡くし、自身も重症を負い長く入院することになる。その間娘のケイティは、妻の姉であるエリザベスの一家に預かってもらっていた。やがてエリザベスを迎えに行き、ずっと一緒にいることを約束するが、ジェイクは処女作以来小説でヒット作を生み出せず経済的にも苦しい状況になっていた。時は流れ、大人になったケイティは真実の愛がわからず、他人と向き合えない日々を送っていた。
監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演者:ラッセル・クロウ(ジェイク・デイヴィス)、アマンダ・セイフライド(ケイティ・デイヴィス)、アーロン・ポール(キャメロン)、ダイアン・クルーガー(エリザベス)

「ポセイドン・アドベンチャー」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

ポセイドン・アドベンチャーの紹介:1972年アメリカ映画。豪華客船ポセイドン号はニューヨークを出発、一路ギリシャへの航海に出たが、その途中海底地震から発生した津波に飲まれ転覆する。浸水が迫る船内の中、一部の乗客達は救助を受ける可能性を高める為に機関部を目指す。船内に待ち受ける様々な障害を乗り越え生き残ろうとする人々のドラマを描く、名作ディザスタームービー。
監督:ロナルド・ニーム 出演者:ジーン・ハックマン(フランク・スコット牧師)、アーネスト・ボーグナイン(マイク・ロゴ刑事)、レッド・バトンズ(ジェームズ・マーティン)、キャロル・リンレー(ノニー・パリー)、ロディ・マクドウォール(エイカーズ)、ほか

「あ・うん」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

あ・うんの紹介:1989年日本映画。昭和初期を舞台とした向田邦子の長編小説が原作。神社の狛犬、阿(あ)と吽(うん)に例えられた、不思議とうまがあう、水田と門倉の2人と、水田の妻たみ、娘のさと子との物語です。
監督:降旗康男 出演:高倉健(門倉修造)、富司純子(水田たみ)、板東英二(水田仙吉)、富田靖子(水田さと子)、山口美江(まり奴)、ほか

「居酒屋兆治」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

居酒屋兆治の紹介:1983年日本映画。山口瞳原作。函館で居酒屋「兆治」を、妻の茂子と切り盛りする、元高校球児の藤野栄治と、かつての恋人で今は資産家の奥さんとなった、さよや、居酒屋に訪れる人々が織りなす、切なく、あたたかい人間模様を描いた映画です。
監督:降旗康男 出演:高倉健(藤野英治)、加藤登紀子(藤野茂子)、大原麗子(神谷さよ)、田中邦衛(岩下義治)、伊丹十三(河原)、ちあきなおみ(峰子)、ほか

「ギヴァー 記憶を注ぐ者」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

ギヴァー 記憶を注ぐ者の紹介:2014年アメリカ映画。メリル・ストリープやジェフ・ブリッジスという大スターをはじめ、オーストラリアの俳優ブレントン・スウェイツや人気シンガーのテイラー・スウィフトなどの若手も登場する豪華なSF映画。原作は、ロイス・ローリーの児童文学「ザ・ギバー 記憶を伝える者」。近未来に誕生した管理社会“コミュニティー”は、何から何まで平等の理想的な世界に見えた。しかし、完璧な平和と引き換えに人類が失ったものは、人間らしい感情だった。唯一、過去の記憶を受け継ぐ役割を任されたジョナスは、世界に愛を取り戻そうとするが…。
監督:フィリップ・ノイス 出演者:ジェフ・ブリッジス(ギヴァ―)、メリル・ストリープ(長老)、ブレントン・スウェイツ(ジョナス)、アレクサンダー・スカルスガルド(父親)、ケイティ・ホームズ(母親)、オディア・ラッシュ(フィオナ)、キャメロン・モナハン(アッシャー)、テイラー・スウィフト(ローズマリー)ほか

「愛の渦」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

愛の渦(あいのうず)の紹介:2014年日本映画。三浦大輔が原作の戯曲を自らのメガホンで映画化した作品です。とあるマンションの一室で繰り広げられる乱交パーティーで複数の男女が交わり合う様子を描いたエロティックドラマです。R-18指定です。
監督:三浦大輔 出演者:門脇麦(女子大生)、池松壮亮(ニート)、新井浩文(フリーター)、滝藤賢一(サラリーマン)、窪塚洋介(店員)ほか

1 2 3 4 5 222
TOP↑