「息子の面影」のネタバレあらすじ結末

息子の面影の紹介:2020年メキシコ, スペイン映画。メキシコの貧しい村に暮らすマグダレーナ。貧しい生活から抜け出すために仕事と夢を求めた息子ヘススは友人とアメリカへ向けて旅立ったまま消息を絶ってしまう。マグダレーナはヘススを探すためにひとり村を出発した。やっとの思いで得た情報を頼りにある村へと向かうマグダレーナは、道中でヘススと同じ頃の青年ミゲルに出会い、彼が母親を探していることを知る。息子と母、それぞれが大切な存在を探している2人は共に旅を始める。
監督:フェルナンダ・バラデス 
出演:メルセデス・エルナンデス(マグダレーナ)、ダビッド・イジェスカス(ミゲル)、フアン・ヘスス・バレラ(ヘスス)ほか

「トップガン マーヴェリック」のネタバレあらすじ結末

トップガン マーヴェリックの紹介:2022年アメリカ映画。アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”は、エースパイロットたちをもってしても絶対不可能な任務に直面していた。ミッション達成のため、白羽の矢を立てられたのは、伝説のパイロット、ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐。米海軍過去40年間において空中戦で3機の敵機撃墜記録を持つトップガン史上最高のパイロットだ。しかし常識破りの性格と、組織に縛られない振る舞いから、一向に昇進せず、現役であり続けるマーヴェリック。なぜ彼は、新世代トップガンと共にこのミッションに命を懸けるのか?前作『トップガン』より36年ぶりの続編。
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ(キャプテン ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル)、マイルズ・テラー(ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショー海軍大尉)、ジェニファー・コネリー(ペニー・ベンジャミン)、ジョン・ハム(ボー・“サイクロン”・シンプソン海軍中将)、グレン・パウエル(ジェイク・“ハングマン”・セレシン海軍大尉)、ルイス・プルマン(ロバート・“ボブ”・フロイド海軍大尉)、モニカ・バルバロ(ナターシャ・“フェニックス”・トレース海軍大尉)、ジェイ・エリス(ルーベン・“ペイバック”・フィッチ海軍大尉)、ダニー・ラミレス(ミッキー・“ファンボーイ”・ガルシア海軍大尉)、グレッグ・ターザン・デイヴィス(ジャヴィ・“コヨーテ”・マチャド海軍大尉)、チャールズ・パーネル(ソロモン・“ウォーロック”・ベイツ海軍少将)、バシール・シャラフディン(バーニー・“ホンド”・コールマン准尉)、ヴァル・キルマー(トム・“アイスマン”・カザンスキー海軍大将)、エド・ハリス(チェスター・“ハンマー”・ケイン海軍少将)、ほか

「帰らない日曜日」のネタバレあらすじ結末

帰らない日曜日の紹介:2021年イギリス映画。1924年、初夏のような暖かい3月の日曜日。イギリス中のメイドが年に一度の里帰りを許される母の日だった。しかし、ニヴン家で働く孤児院育ちのジェーンに帰る家はない。そんな彼女のもとへ、秘密の関係を続ける近隣のシェリンガム家の跡継ぎポールから「11時に正面玄関へ」という誘いの電話が来る。幼馴染のエマと結婚を控えているポールは、前祝の昼食会への遅刻を決め、邸宅の寝室でジェーンと愛し合う。やがてポールは昼食会へと向かい、ジェーンは一人、広い無人の邸宅を全裸のまま探索した。しかし、ニヴン家に戻ったジェーンを待っていたのは思わぬ知らせだった。今、小説家になったジェーンは全てを変えてしまったその一日を生涯かけて手繰り寄せることになる。カンヌ国際映画祭ほか世界中の映画祭が絶賛。絵画のようなイギリスの風景の中、秘密の恋に陶酔する、まぶしいほどに美しいラブストーリー。
監督:エヴァ・ユッソン 出演:オデッサ・ヤング(ジェーン・フェアチャイルド)、ジョシュ・オコナー(ポール・シェリンガム)、ソープ・ディリス(ドナルド)、グレンダ・ジャクソン(老年期のジェーン)、オリヴィア・コールマン(クラリー・ニヴン)、コリン・ファース(ゴドフリー・ニヴン)ほか

「さよなら、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択についての紹介:2021年ドイツ映画。1931年のドイツ、ベルリン。ナチズムに向かって世界が大きく変わろうとする予感と、出口のない不況への不安の中で、作家を志してベルリンにやってきたファビアンは戸惑い立ち尽くす。そんな中、女優志望のコルネリアと知り合いたちまち恋に落ちる。しかし、ただ一人の親友ラブーデが破滅し、コルネリアはキャリアのためファビアンの元を離れてしまう…。原作はエーリヒ・ケストナーの『ファビアン あるモラリストの物語』。当時の狂躁と頽廃を刺激的にカリカチュアした映像や実写のコラージュ、スーパー8撮影のざらついた質感などを縦横無尽に駆使。ドイツのアカデミー賞と言えるドイツ映画賞では最多となる10部門にノミネートされ、主要3部門の受賞に輝いた注目作。
監督:ドミニク・グラフ 出演:トム・シリング(ヤーコプ・ファビアン)、アルブレヒト・シューフ(シュテファン・ラブーデ)、ザスキア・ローゼンダール(コルネリア・バッテンベルク)、ミヒャエル・ヴィッテンボルン(ラブーデ弁護士)、ペトラ・カルクチュケ(ヤーコプの母/ファビアン夫人)、エルマー・グートマン(ヤーコプの父/ファビアン氏)、アリョーシャ・シュターデルマン(マーカルト監督)、アンネ・ベネント(ルート・ライター男爵)、メレット・ベッカー(イレーネ・モル)ほか

「ザ・ロストシティ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ロストシティの紹介:2022年アメリカ映画。新作のロマンティックなアドベンチャー小説を完成させ、プロモーション・ツアーに駆り出された人気小説家ロレッタは、ツアーの途中で謎の富豪フェアファックスに誘拐され南の島に連れ去られてしまう。ロレッタの小説を読んでその舞台となる伝説の古代都市【ロストシティ】とその財宝が実在すると確信したフェアファックスは、その秘密を握っていると思われるロレッタに案内させようとしたのだ。ロレッタが連れ去られたことを知り、南の島へ真っ先に駆け付けたのは、この小説のアドベンチャー・ヒーロー<ダッシュ>として表紙モデルをしているアランだった。好対照な性格のロレッタとアランは島から脱出するためにしぶしぶ手を組み、予測不能のハプニングに挑んでいく。
監督:アダム・ニー&アーロン・ニー 出演:サンドラ・ブロック(ロレッタ・セージ)、チャニング・テイタム(アラン/ダッシュ)、ダニエル・ラドクリフ(アビゲイル・フェアファックス)、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(ベス・ハッテン)、ブラッド・ピット(ジャック・トレーナー)、オスカー・ヌニェス(オスカー)、パティ・ハリソン(アリソン)、ボウエン・ヤン(レイ)ほか

「私ときどきレッサーパンダ」のネタバレあらすじ結末

私ときどきレッサーパンダの紹介:2022年アメリカ映画。ピクサーとディズニーが贈る、ピクサー通産25作目となる長編アニメーション作品です。真面目で頑張り屋の主人公の少女が本来の自分を見失いかけた時、巨大なレッサーパンダへと変貌を遂げ・・・。本作は本国アメリカ合衆国や日本などでは劇場公開されず、動画配信サービス「ディズニー・プラス」での配信となりました。
監督:ドミー・シー 声優:ロザリー・チアン(メイリン・リー)、サンドラ・オー(ミン・リー)、エイバ・モース(ミリアム)、ヘイン・パーク(アビー)、マイトレイ・ラマクリシュナン(プリヤ)、オリオン・リー(ジン)、ワイ・チン・ホー(ウー)、トリスタン・アレリック・チェン(タイラー)、アディー・チャンドラー(デヴォン)、ジョーダン・フィッシャー(ロベール)、フィニアス・オコネル(ジェシー)、トファー・ゴゥ(アーロンT)、グレーソン・ヴィジャヌエヴァ(テヨン)、ジョッシュ・リーバイ(アーロンZ)、ジェームズ・ホン(ガオ)、ロリー・タンチイ(チェン)、リリアン・リム(ピン)、ミア・タガノ(リリー)、シェリー・コーラ(ヘレン)、リリー・サンフェリッポ(ステイシー・フリック)、サッシャ・ロイズ(キエスロウスキー先生)ほか

「田園の守り人たち」のネタバレあらすじ結末

田園の守り人たちの紹介:2017年フランス, スイス映画。第一次世界大戦下のフランスの田園地帯を舞台に、戦場に向かった男たちに代わって農場を守り続けた女たちの物語です。『神々と男たち』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞したグザブエ・ボーボワ監督がメガホンを執り、フランスの名女優ナタリー・バイと娘のローラ・スメットが親子初共演を果たしています。
監督:グザビエ・ボーボワ 出演者:ナタリー・バイ(オルタンス・サンドレール)、ローラ・スメット(ソランジュ)、イリス・ブリー(フランシーヌ・ライアント)、シリル・デクール(ジョルジュ・サンドレール)、ジルベール・ボノー(ヘンリ・サンドレール)、オリビエ・ラブルダン(クロヴィス)、ニコラ・ジロー(コンスタン・サンドレール)、マチルド・ヴィズー(マルグリット・サンドレール)ほか

「ロストサンクチュアリ」のネタバレあらすじ結末

ロストサンクチュアリの紹介:2013年アメリカ映画。自分の兄を同級生たちに轢き殺され、事故として処理されたことに恨みを持ち、魔女を使って悪霊として蘇らせた兄に同級生たちを殺させようとする少年と、止めようとする高校のカウンセラーの女性とその婚約者の警官との攻防を描いたホラー映画です。
監督:マシュー・オルランド  出演者:ミーシャ・バートン(ジェシー)、デヴォン・サワ(トラヴィス)、マイケル・クラーク・ダンカン(アディソン)、J・マイケル・トラウトマン(イーライ)、ニック・ジャンドル(ブランドン)、スチュアート・ストーン(ニック)ほか

「ファースト・キル」のネタバレあらすじ結末

ファースト・キルの紹介:2017年アメリカ映画。学校でいつもいじめられる息子に狩りを教える為、生まれ故郷に帰ったウィルでしたが、息子と狩りの最中、田舎の町で発生した銀行強盗の一味に遭遇し、息子をさらわれてしまいました。その時、一人の男を射殺してしまったウィルは息子を取り戻すため、警察に嘘をつき犯人と取引しようとしますが・・・という内容のサスペンス映画です。この作品ではブルース・ウィルスがわき役として名演しています。
監督:スティーヴン・C・ミラー 出演:ヘイデン・クリステンセン(ウィル)、ブルース・ウィリス(ハウエル)、メーガン・レオナルド(ローラ)、ゲシン・アンソニー(リーバイ)、タイ・シェルトン(ダニー)、タイラー・J・オルソン(トム)ほか

「ダーティー30/爆発! 三十路トリオ」のネタバレあらすじ結末

ダーティー30/爆発! 三十路トリオの紹介:2016年アメリカ映画。高校からの親友3人組。思い描いた未来とかけ離れた自分に愕然としながらも、ハチャメチャな誕生日パーティーをきっかけに、それぞれが自分らしい道を歩んでいく様を描いたコメディー映画。
監督:アンドリュー・ブッシュ 出演:グレース・ヘルビッグ、ハンナ・ハート、マムリー・ハート、アンナ・アカナ、ほか

「天使の入江」のネタバレあらすじ結末

天使の入江の紹介:1963年フランス映画。フランス・ニースの海辺『天使の入江』のカジノを舞台に、ギャンブルに魅せられた2人の男女が深みにはまっていく様を描く。一見ハッピーエンド的なラストシーンにも疑いを持ちたくなるような曖昧さが際立つ作品。
監督:ジャック・ドゥミ 出演:ジャンヌ・モロー、クロード・マン、ポール・ゲール、アンナ・ナシエ、ほか

「日々と雲行き」のネタバレあらすじ結末

日々と雲行きの紹介:2007年イタリア, スイス, フランス映画。夫の失業によって優雅な生活から一転、苦境に立たされた1組の夫婦が、互いにもがきながら危機を乗り越え、再出発を決意するまでを描いたヒューマンドラマ。
監督:シルヴィオ・ソルディーニ 出演:マルゲリータ・ブイ、アントニオ・アルバネーゼ、ジュゼッペ・バッティストン、アルバ・ロルヴァケル、ほか

「愛の狩人」のネタバレあらすじ結末

愛の狩人の紹介:1971年アメリカ映画。プレイボーイの男と真面目な男、親友同士の2人の長年における女性遍歴を、若き日のジャック・ニコルソン、サイモン&ガーファンクルのアーサー・ガーファンクル、のちのフォトグラファーとして活躍するキャンディス・バーゲンら賑やかなキャスティングで描く。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ジャック・ニコルソン(ジョナサン)、キャンディス・バーゲン(スーザン)、アーサー・ガーファンクル(サンディ)、アン=マーグレット(ボビー)、リタ・モレノ(ルイーズ)、シンシア・オニール(シンディ)、キャロル・ケイン(ジェニファー)、ほか

「ミス・メドウズ 悪魔なのか?天使なのか?」のネタバレあらすじ結末

ミス・メドウズ ~悪魔なのか? 天使なのか?~の紹介:2014年アメリカ映画。可憐で美しい風貌と裏腹に、幼い頃に母を無差別発砲事件で亡くしたことから、悪人を容赦なく撃ち殺す小学校教師ミス・メドウズが、自身の正義を貫く様を描いたサスペンス。
監督:カレン・リー・ホプキンス 出演:ケイティ・ホームズ、ジェームズ・バッジ・デール、カラン・マルヴェイ、エヴァ・コルカー、グレアム・ベッケル、ケイト・リンダー、ジェームズ・ランドリー・ヘバート、ジェームズ・キーン、メアリー・ケイ・プレイス、ジーン・スマート、ほか

「リヴァプール、最後の恋」のネタバレあらすじ結末

リヴァプール、最後の恋の紹介:2017年イギリス映画。オスカー女優グロリア・グレアムと、彼女が晩年に出会った若き舞台俳優ピーター・ターナーと過ごした愛の日々と、彼女の最期をピーターの手による回顧録をもとに映画化。
監督:ポール・マクギガン 出演:アネット・ベニング(グロリア・グレアム)、ジェイミー・ベル(ピーター・ターナー)、ジュリー・ウォルターズ(ベラ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ジーン・グレアム)、ほか

キーワードから探す

TOP↑