「DESTINY 鎌倉ものがたり」のネタバレあらすじ結末

2017/12/11掲載

DESTINY 鎌倉ものがたりの紹介:2017年日本映画。累計発行部数1,000万部のベストセラー漫画『鎌倉ものがたり』を実写映画化。鎌倉に暮らす売れないミステリー作家作家と、その作家のもとへ嫁いだ若妻の周りで起こる奇妙な体験から、しだいに自分達の運命のなぞが紐解かれていくファンタジー作品。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞12部門で最優秀賞を受賞した山崎貴監督が、実力派俳優、堺雅人を主演に、活躍が目覚ましい女優の高畑充希をヒロインに迎えて映画化。
監督:山崎貴 出演:堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン)、市川実日子(本田里子)、要潤(稲荷刑事)、古田新太(天頭鬼)、鶴田真由(一色絵美子)、薬師丸ひろ子(女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、ほか

「招かれざる隣人」のネタバレあらすじ結末

2017/12/11掲載

招かれざる隣人の紹介:2015年イギリス映画。ハリウッド映画「ゆりかごを揺らす手」(1992)の英国版とも呼ばれる、赤ん坊を巡るショッキングなサスペンス・ホラー。一軒の家をシェアする二組の夫婦。妻はどちらも妊娠中で、子どもの誕生をひたすら楽しみに待っていた。しかし、片方の妻は俘虜の事故で赤ん坊を死産。その日以来、友人付き合いをしていた夫婦達の間に不穏な空気が流れ始める。ヒロインには「ハリー・ポッター」シリーズや「127時間」(2010)で知られるフランス人女優、クレマンス・ポエジー。
監督:デヴィッド・ファー 出演者:クレマンス・ポエジー(ケイト)、スティーヴン・キャンベル・ムーア(ジャスティン)、ラウラ・ビルン(テレサ)、デヴィッド・モリッシー(ジョン)、デボラ・フィンドレー(ケイトの母)、グレース・カルダー(アビー)ほか

「パッセージ 牙剥く森」のネタバレあらすじ結末

2017/12/11掲載

パッセージ 牙剥く森の紹介:2015年オーストラリア映画。アメリカ人の旅行者が、旅先で遭遇した異常現象を描くサスペンス・ホラー。マヤ、そして双子の兄妹のトビーとアメリア。気楽なバックパッカーの3人は、訪れたオーストラリアのビーチで明るい2人組の青年、ジョーディーとオスカーに声をかけられる。すぐさま仲良くなった5人だったが、その夜、オスカーから“レモンツリー・パッセージ”という場所に出没する、車に轢かれて死亡したバイカーの霊の話を聞かされる。
監督:デヴィッド・キャンベル 出演者:ジェシカ・トヴェイ(マヤ)、ティム・フィリップス(ジョーディー)、ピッパ・ブラック(アメリア)、ニコラス・ガン(サム)、ティム・ポーコック(トビー)、アンドリュー・ライアン(オスカー)、ピエラ・フォード(ブリアナ)ほか

「サイバー・ストーカー」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

サイバー・ストーカーの紹介:2015年アメリカ映画。サイバーストーキングを受ける女性の恐怖を描いたサスペンス・ホラー。ネットに接続されているカメラを視点にしたPOV方式で進んでいく。大学院進学を機にニューヨークで一人暮らしを始めたエマ。順調だった新生活だが、次第に彼女の周囲で不気味な出来事が起こり始める。メール、盗聴、盗撮、家宅侵入。次第にエスカレートするストーカー行為に、エマの精神は追い詰められていく。
監督:ブランデン・クレイマー 出演者:アシュレイ・ベンソン(エマ・テイラー)、マット・マクゴーリ(マイケル)、マイケル・ウィリアム・フリーマン(アレックス)、レベッカ・ナオミ・ジョーンズ(ニコール)、ジョン・アンダーソン(ケント)ほか

「ジュリエッタ」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

ジュリエッタの紹介:2016年スペイン映画。ロレンソと一緒になることを決意し、マドリードからポルトガルへ移住する予定だったジュリエッタ。ところが街で娘アンティアの大親友だったベアと偶然の再会をしたことをきっかけに、マドリードに残ることに決める。ジュリエッタの想いは12年もの間、戻らないアンティアへと向けられ、昔を回想しながら手紙を書き始める。アンティアが生まれる前の出来事、ショアンとの出会い、そしてアンティアへの想いなど、手紙を通じて描いた作品。ジュリエッタの女性として、また母親としての生き方は深く悲しいながらも美しく描かれている。原作はノーベル文学賞受賞者のアリス・マンローの短編小説。サンディエゴ国際映画祭では作品賞を受賞しヨーロッパでも高い評価を得た。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:エマ・スアレス(ジュリエッタ)、アドリアーナ・ウガルテ(昔のジュリエッタ)、ダリオ・グランディネッティ(ロレンソ)、ダニエル・グラオ(ショアン)、インマ・クエスタ(アバ)、ブランカ・パレス(アンティア)、ミチェネ・ジェネール(ベア/ベアトリス)ほか

「海賊じいちゃんの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

海賊じいちゃんの贈りものの紹介:2014年イギリス映画。祖父の誕生日パーティに家族でやってきた3人の子供たちが、突然目の前で息を引き取った祖父を希望どうりのやり方で葬送しようとして大騒動になるハートフル・コメディ。
監督:アンディ・ハミルトン、ガイ・ジェンキン 出演:ロザムンド・パイク(アビー)、デヴィッド・テナント(ダグ)、ビリー・コノリー(ゴーディ)、ベン・ミラー(ギャビン)、アメリア・ブルモア(マーガレット)、ほか

「パーティで女の子に話しかけるには」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

パーティで女の子に話しかけるにはの紹介:2017年アメリカ映画。1977年、ロンドン郊外に住むパンクロックが大好きな内気な少年エンは偶然見つけた不思議なパーティーで少し変わり者で魅力的な少女ザンと出会う。2人は48時間という限られた時間でパンクを通じ恋に落ちる。
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル 出演:エル・ファニング(ザン)、アレックス・シャープ(エン)、ルース・ウィルソン(PT ステラ)、マット・ルーカス(PT ワイン)、ニコール・キッドマン(ボディシーア)、ほか

「ムーン・ウォーカーズ」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

ムーン・ウォーカーズの紹介:2015年フランス,ベルギー映画。冷戦下、月面着陸計画の成功率が著しく低いことにかこつけて映画監督スタンリー・キューブリック制作の映画をダミーとして放映することに。ベトナム戦争帰りのCIA諜報員キッドマンは上長に言われるまま大金の入ったスーツケースを携えてイギリスに飛ぶ…。
監督:アントワーヌ・バルドー=ジャケ 出演:ロン・パールマン(キッドマン)、ルパート・グリント(ジョニー)、ロバート・シーアン(レオン)、スティーヴン・キャンベル・ムーア(デレク・ケイ)、ケヴィン・ビショップ(ポール)、ほか

「君がくれたグッドライフ」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

君がくれたグッドライフの紹介:2014年ドイツ映画。尊厳死という複雑なテーマを、時にはシリアスに、時にはユーモアを交えて描くロードムービー。ドイツに住む36歳のハンネスは、妻キキと友人4人の自転車旅行を計画する。それは毎年の恒例イベントだったが、今年はいつもと違った。ハンネスはALS(筋委縮性側索硬化症)を発症しており、行き先は「尊厳死」を認めているベルギーに決めていた。ハンネスは、旅の目的地で自らの命を終わらせようと考えていたのだった。彼から旅の本当の目的を聞かされ、驚きと悲しみを隠せない仲間達がとった行動とは…。トロントを始め世界各国の映画祭で絶賛された今作。主演は、ドイツのテレビドラマや映画で活躍する国民的俳優、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ。
監督:クリスティアン・チューベルト 出演者:フロリアン・ディヴィッド・フィッツ(ハンネス)、ユリア・コーシッツ(キキ)、フォルカー・ブルッフ(フィン)、ヴィクトリア・マイヤー(マライケ)、ヨハネス・アルマイヤー(ドミ)、ユルゲン・フォーゲル(ミヒャエル)、ミリアム・シュタイン(ザビーネ)、ハンネローレ・エルスナー(イレーネ)ほか

「先生と迷い猫」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

先生と迷い猫の紹介:2015年日本映画。妻に先立たれ寂しさを抱えている初老の男性が消えた野良猫の行方を探す中で、町の人々との交流を深めていくヒューマンドラマ。堅物ではあるがどこか憎めない元校長役を個性派俳優のイッセー尾形が熱演しています。
監督:深川栄洋 出演者:イッセー尾形(森衣恭一)、染谷将太(小鹿祥吾)、北乃きい(藤川みどり)、岸本加世子(井上容子)、もたいまさこ(森衣弥生)、ほか

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のネタバレあらすじ結末

2017/12/10掲載

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの紹介:1997年ドイツ映画。末期患者のマーチンとルディ。海を見に行こうと乗ったのはギャングの車で、やがて警察も巻き込んでいく。二人は海を見られるのか。
監督:トーマス・ヤーン 出演:ティル・シュヴァイガー(マーチン・ブレスト)、ヤン・ヨーゼフ・リーファース(ルディ・ウルリツァー)、ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ(ヘンク、ベルギー人)、モーリッツ・ブライブトロイ(アブドゥル、アラビア人)、フープ・スターペル(フランキー・“ボーイ”・ベルーガ)、ほか

「私をスキーに連れてって」のネタバレあらすじ結末

2017/12/09掲載

私をスキーに連れてっての紹介:1987年日本映画。スキーの腕前はプロレベルながら恋には奥手で会社では冴えない男は、スキー場で知り合った女性と恋に落ちる姿を描いたトレンディードラマで、バブル経済時代に公開され一大スキーブームに一役買った作品です。
監督:馬場康夫 出演者:原田知世(池上優)、三上博史(矢野文男)、布施博(泉和彦)、原田貴和子(佐藤真理子)、沖田浩之(小杉正明)ほか

「マリー・アントワネットに別れをつげて」のネタバレあらすじ結末

2017/12/09掲載

マリー・アントワネットに別れをつげての紹介:2012年アメリカ映画。2002年にフェミナ賞を受賞したシャンタル・トマの小説「王妃に別れをつげて」が原作となっています。フランス王妃マリー・アントワネットに心酔している朗読係の視点から、新たな切り口でフランス革命勃発からの4日間を描いています。2012年2月に第62回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映されています。
監督:ブノワ・ジャコ 出演者:レア・セドゥ(シドニー・ラボルド)、ダイアン・クルーガー(マリー・アントワネット)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(ポリニャック夫人)、グザヴィエ・ボーヴォワ(ルイ16世)、ノエミ・ルボフスキーレ(カンパン夫人)ほか

「エアポート’80」のネタバレあらすじ結末

2017/12/09掲載

エアポート’80の紹介:1979年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第4弾にして完結編です。アメリカに初めてもたらされた当時最新鋭のコンコルド機が、武器の不正輸出に手を染める武器商人の陰謀に飲み込まれていきます。
監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ 出演者:アラン・ドロン(ポール・メトラン)、スーザン・ブレイクリー(マギー・ウィーラン)、ロバート・ワグナー(ケヴィン・ハリソン)、シルビア・クリステル(イザベル)、ジョージ・ケネディ(ジョー・パトローニ)ほか

「エアポート’77 バミューダからの脱出」のネタバレあらすじ結末

2017/12/09掲載

エアポート’77/バミューダからの脱出の紹介:1977年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第3弾です。高価な美術品を乗せた大富豪所有の航空機がハイジャックされた末にバミューダ海域に墜落、アメリカ海軍も参加して大規模な救出作戦が展開されます。
監督:ジェリー・ジェームソン 出演者:ジャック・レモン(ドン・ギャラガー)、ジェームズ・スチュアート(フィリップ・スティーブンス)、リー・グラント(カレン・ウォレス)、ブレンダ・ヴァッカロ(イブ・クレイトン)、ジョゼフ・コットン(ニコラス・セント・ダウンズ3世)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 350
TOP↑