アカデミー賞映画一覧

アカデミー賞受賞映画のネタバレあらすじ一覧です。アカデミー賞はオスカーとも呼ばれ、20部門以上の賞があるアメリカの映画賞。ここでは作品賞を受賞した歴代受賞作・過去の受賞作品のオススメ映画をラインナップしています。

「ムーンライト」のネタバレあらすじ結末

ムーンライトの紹介:2016年アメリカ映画。2017年アカデミー賞受賞作品。マイアミの貧困地域、いじめやネグレクトなどを経験してきたゲイの黒人男性の心情を巧みな構成で描いた秀作。批評家から絶賛を受け、大本命だった「ラ・ラ・ランド」を破ってアカデミー作品賞を獲得。助演男優賞、脚色賞も合わせて受賞した。製作費がわずか150万ドルという点も話題に。
製作総指揮:ブラッド・ピット 監督:バリー・ジェンキンス 出演:マハーシャラ・アリ(フアン)、ナオミ・ハリス(ポーラ)、ジャネール・モネイ(テレサ)、アンドレ・ホーランド(ケヴィン)、アシュトン・サンダース(シャロン)ほか

「アーティスト」のネタバレあらすじ結末

アーティストの紹介:2011年フランス映画。ハリウッドを舞台に、トーキー映画の台頭によって無声映画の時代が終わり、没落するスター俳優と、逆に躍進していく新人女優の愛を描く物語。終始白黒で、最後の部分を除く大部分が無声映画として作られている。英国アカデミー賞で作品賞や監督賞を含む7部門の他、多数の映画賞を受賞した。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)、ベレニス・ベジョ(ペピー・ミラー)、ジョン・グッドマン(アル・ジマー)、ジェームズ・クロムウェル(クリフトン)、ペネロープ・アン・ミラー(ドリス) ほか

「紳士協定」のネタバレあらすじ結末

紳士協定の紹介:1947年アメリカ映画。アメリカ社会の隠れた反ユダヤ感情を暴露したエリア・カザン監督の初期の代表作。アカデミー賞では作品、監督、助演女優賞を受賞。扱われている題材が特殊なため、日本では1987年まで劇場公開されなかった。
監督:エリア・カザン 出演:グレゴリー・ペック(フィル)、ドロシー・マクガイア(キャシー)、ジョン・ガーフィールド(デイヴ)、セレステ・ホルム(アン)ほか

「夜の大捜査線」のネタバレあらすじ結末

夜の大捜査線の紹介:1967年アメリカ映画。アフリカ系アメリカ人への差別がまだ残っており、公民権運動が盛り上がっていた1960年代の作品で、第40回アカデミー賞の各部門を受賞したサスペンス映画です。原作はジョン・ボールのベストセラー小説『夜の熱気の中で』(アメリカ探偵作家クラブ新人賞受賞作品)をスターリング・シリファントが脚色しました。音楽監督はクインシー・ジョーンズで、主題歌は題名の『IN THE HEAT OF THE NIGHT』で、レイ・チャールズのヒット曲の1つです。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演:ロッド・スタイガー(ビル・ギレスピー)、シドニー・ポワチエ(バージル・ティッブス)、ウォーレン・オーツ(サム・ウッド)、リー・グラント(コルバート夫人)、スコット・ウィルソン(ハーヴェイ)、ほか

「西部戦線異状なし」のネタバレあらすじ結末

西部戦線異状なしの紹介:1930年アメリカ映画。ドイツに住む純粋な若者たちが、戦争によって命を落とすまでの体験を描くことによって、戦争の悲惨さを訴えた反戦映画。ドイツ出身のレマルクが書いたベストセラー小説を原作とし、当時のドイツの様子を正確に捉えた本作は、第3回アカデミー賞で最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞した。
監督:ルイス・マイルストン 出演者:ルイス・ウォルハイム(カット)、リュー・エアーズ(ポール・バウマー)、ジョン・レイ(ヒンメルストス)、アーノルド・ルーシー(カントレック)、ベン・アレクサンダー(フランツ・ケメリック) ほか

「カッコーの巣の上で」のネタバレあらすじ結末

カッコーの巣の上での紹介:1975年アメリカ映画。厳しく管理された精神病院の中で、反抗し、患者らに楽しみと気力を与えていった男の姿を通して人間の尊厳を描いたヒューマンドラマ。本作品でアカデミー5部門など数々の賞を受賞。
監督:ミロス・フォアマン 出演:ジャック・ニコルソン(マクマーフィ)、ルイーズ・フレッチャー(ラチェッド)、マイケル・ベリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプソン、クリストファー・ロイド、ほか

「アマデウス」のネタバレあらすじ結末

アマデウスの紹介:1984年アメリカ映画。ピーター・シェーファーの同名の戯曲を「カッコーの巣の上で」で知られるミロス・フォアマン監督が映画化。アカデミー賞では作品、監督、主演男優、脚色など8部門で受賞。全世界でモーツァルト・ブームが起こった。
監督:ミロス・フォアマン 出演:F・マーリー・エイブラハム(アントニオ・サリエリ)、トム・ハルス(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)、エリザベス・ベリッジ(コンスタンツェ・モーツァルト)、ジェフリー・ジョーンズ(ヨーゼフ2世)ほか

「ラストエンペラー」のネタバレあらすじ結末

ラストエンペラーの紹介:1987年イタリア,イギリス,中国映画。中国清王朝最後の皇帝である愛心覚羅溥儀の自伝「わが半生」を原作とし、中国共産党政府の全面協力の元で作られた本作は、アカデミー賞9部門にノミネートされ、その全ての受賞を達成するなど高く評価された。有名な観光スポットである紫禁城で撮影が行われたことで大きな話題を呼び、長い歳月をかけてイタリア、イギリス、中国が合作した歴史大作である。
監督:ベルナルド・ベルトリッチ 出演者:ジョン・ローン (愛心覚羅溥儀)、ピーター・オトゥール(レジナルド・ジョンストン)、坂本龍一(甘粕正彦)、ファン・グァン(溥傑)、ジョアン・チェン(婉容) ほか

「ゴッドファーザーPART II」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIの紹介:1974年アメリカ映画。名作と名高いゴッドファーザーシリーズの第2弾。第1弾で主役であったドン・コルレオーネの幼少期、彼がドンと呼ばれる様になるまで、そして彼の息子マイケルについて描いた一作。1作目に続きアカデミー賞を受賞した作品。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、ロバート・デ・ニーロ(若き日のドン・ヴィトー・コルレオーネ)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ほか

「シンドラーのリスト」のネタバレあらすじ結末

シンドラーのリストの紹介:1993年アメリカ映画。スピルバーグ監督初のモノクロ作品で、ホロコーストの実態を詳細に描き、批評家から絶賛を浴びた。アカデミー賞では、作品、監督、脚色、撮影など7部門で受賞。長年オスカーと縁のなかったスピルバーグにとって記念すべき初の受賞となった。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:リーアム・ニーソン(オスカー・シンドラー)、ベン・キングズレー(イザック・シュターン)、レイフ・ファインズ(アーモン・ゲート )、キャロライン・グッドール(エミリエ・シンドラー)ほか

「カサブランカ」のネタバレあらすじ結末

カサブランカの紹介:1942年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」などと共にハリウッド黄金期を代表する古典で、数々の名台詞でも有名。アカデミー賞では、作品、監督、脚色の各部門で受賞。ハンフリー・ボガートにとっても代表作の一本となった。
監督:マイケル・カーティス・出演:ハンフリー・ボガート(リック・ブレイン)、イングリッド・バーグマン(イルザ・ラント)、ポール・ヘンリード(ヴィクトル・ラズロ)、クロード・レインズ(ルノー署長)、コンラート・ファイト(シュトラッサー少佐)

「ベン・ハー(1959年)」のネタバレあらすじ結末

ベン・ハーの紹介:1959年アメリカ映画。今迄幾度となく映画化されてきた名作「ベン・ハー」の3番目の映画化にして最高傑作。アカデミー賞で11部門を獲得するという未だに破られることの無い超記録を打ち立てている。ユダヤの豪族の息子であるベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政やキリストの最期を描く。6年半の年月と54億円の巨費を投じて製作された一大スペクタクル映画。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:チャールトン・ヘストン(ジュダ=ベン・ハー)、ジャック・ホーキンス(クインタス・アリウス)、ヒュー・グリフィス(族長イルデリム)、スティーヴン・ボイド(メッサラ)、ハイヤ・ハラリート(エスター)、ほか

「恋におちたシェイクスピア」のネタバレあらすじ結末

恋におちたシェイクスピアの紹介:1998年アメリカ映画。若かりし頃のシェイクスピアと、富豪の娘ヴァイオラとのロマンスが、名作「ロミオとジュリエット」の物語と巧みに交差させて描かれています。ストーリーはフィクションでありながら、セットや衣装などの時代背景は丁寧に再現され、実在の人物を多数盛り込むことで、現実味のある作品に仕上がっています。劇中劇の主役ロミオを演じるために、男装を披露するグウィネス・パルトロー他、圧倒的な存在感を醸し出すジュディ・デンチなど、名俳優の競演を見るのも楽しい、アカデミー賞作品賞を始め多数の賞を受賞した秀作です。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジョゼフ・ファインズ(シェイクスピア)、グウィネス・パルトロー(ヴァイオラ)、ジュディ・デンチ(エリザベス女王)、コリン・ファース、ベン・アフレック、ほか

「レインマン」のネタバレあらすじ結末

レインマンの紹介:1988年アメリカ映画。中古車のディーラーの仕事をするチャーリーは、長年恨んでいた父親の訃報を聞く。葬儀の際、父親の遺言状を聞き、自分の兄レイモンドが財産を受け取ることを知る。レイモンドは重度の自閉症患者で、長い間専門の病院に入院していた。チャーリーはレイモンドの後見人になって、財産を横取りしようとたくらむ。しかし、チャーリーはレイモンドの不思議な力を知る。障がいと兄弟愛をシリアスに取り扱った話題作。
監督:バリー・レヴィンソン
出演者:ダスティン・ホフマン(レイモンド・バビット)、トム・クルーズ(チャーリー・バビット)、ヴァレリア・ゴリノ(スザンナ)、ボニー・ハント(サリー・ディブス)、ジェリー・モレン(Dr. ブルーナー)、ジャック・マードック(ジョン・ムーニー)ほか

「マーティ」のネタバレあらすじ結末

マーティの紹介:1955年アメリカ映画。パディ・チャイエフスキーが書いたテレビドラマを彼自身が映画用にシナリオ化。テレビ版と同じくデルバート・マンが監督し、作品、監督、主演男優、脚色の4部門でオスカーを獲得した名作。カンヌ映画祭でもパルム・ドールを受賞。
監督:デルバート・マン 出演:アーネスト・ボーグナイン(マーティ・ピレッティ)、ベッツィ・ブレア(クララ・スナイダー)、ジョー・マンテル、エスター・ミンチオッティ、ジェリー・パリス、ほか

1 2 3 4
TOP↑