蒼井優映画一覧

蒼井優が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「おとうと (2009年)」のネタバレあらすじ結末

おとうとの紹介:2009年日本映画。巨匠・山田洋次監督が、市川崑監督の同名作品(1960年公開)へのオマージュとして製作したものです。小さな薬局を営む姉と、やんちゃな風来坊の弟との交流が姉の一人娘の視点から描かれます。
監督:山田洋次 出演者:吉永小百合(高野吟子)、笑福亭鶴瓶(丹野鉄郎)、蒼井優(高野小春)、加藤治子(高野絹代)、小林稔侍(丹野庄平)ほか

「鉄コン筋クリート」のネタバレあらすじ結末

鉄コン筋クリートの紹介:2006年日本映画。鉄コン筋クリートの紹介:松本大洋による漫画「鉄コン筋クリート」をアニメ映画化。義理と人情であふれる架空の街で自由に飛びまわるクロとシロの少年2人の冒険を描く。声優は女優の蒼井優と嵐の二宮和也が担当した。作品は第80回アカデミー賞の長編アニメーション映画部門にノミネートされた。
監督:マイケル・アリアス 声の出演:二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、ほか

「家族はつらいよ2」のネタバレあらすじ結末

家族はつらいよ2の紹介:2017年日本映画。山田洋次監督の喜劇「家族はつらいよ」の続編。橋爪功、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優ら前作のキャストが再結集。高齢者ドライバーである平田周造は最近よく車に傷をつけてくる。周造に運転をやめさせようと家族会議が開かれることから、平田家の新たな大騒動が始まる。
監督:山田洋次 出演:橋爪功(平田周造)、西村雅彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(間宮憲子)、風吹ジュン(女将・かよ)ほか

「家族はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

家族はつらいよの紹介:2016年日本映画。巨匠・山田洋次監督が「男はつらいよ」以来久々に手掛ける人情喜劇シリーズの第1作目です。平凡な三世代家族の主である男がある日突然妻から離婚を切り出され、家族全体を巻き込んだ騒動に発展します。2017年には続編の「家族はつらいよ2」が公開。
監督:山田洋次 出演者:橋爪功(平田周造)、吉行和子(平田富子)、西村雅彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、林家正蔵(金井泰蔵)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(間宮憲子)ほか

「いけちゃんとぼく」のネタバレあらすじ結末

いけちゃんとぼくの紹介:2009年日本映画。漫画家である西原理恵子の絵本作品を原作としたCG映画。不思議な生き物「いけちゃん」は西原理恵子の長男の落書きが元となっています。主人公の男の子にしか見えない「いけちゃん」という謎の生物が、少年の親友です。少年には辛いことが次々と起こりますが、「いけちゃん」といろいろ話しをしながら成長していきます。成長するうちに少年はいろいろなことを自分自身で乗り越えられるようになります。そうするといつしか少年には「いけちゃん」が見えなくなります。少年の成長と「いけちゃん」とは何なのかという謎解きを描いている映画です。
監督: 大岡俊彦 出演者: 深澤嵐(ヨシオ)、ともさかりえ(美津子)、萩原聖人(茂幸)、蒼井優(「いけちゃん」声の出演)、モト冬樹(清じい)ほか

「変身」のネタバレあらすじ結末

変身の紹介:2005年日本映画。脳移植を受けた主人公がドナーの脳に支配されていく恐怖を描いたサスペンス映画。人格が変貌しコントロールを失う主人公と、彼に寄り添い献身的に支える恋人との切ない恋愛模様が涙を誘う。原作は東野圭吾の同名小説。
監督:佐野智樹 出演者:玉木宏(成瀬純一)、蒼井優(葉村恵)、佐田真由美(橘直子)、松田悟志(京極瞬介)、釈由美子(京極亮子)、北村和夫(堂元英隆)ほか

「星になった少年」のネタバレあらすじ結末

星になった少年 Shining Boy & Little Randyの紹介:2005年日本映画。カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた柳楽優弥が主演。自らタイに渡りゾウ使いとしての道を志しながらも若干20歳で逝去した少年の半生を描く実話を基にした作品。学校でいじめにあっていた哲夢は、親の経営する動物プロダクションで購入した子供のゾウ・ランディと出会ったことで象使いになりたいと願うようになる。
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥(小川哲夢)、常盤貴子(小川佐緒里)、高橋克実(小川耕介)、蒼井優(村上絵美)、倍賞美津子(藤沢朝子)、ほか

「ホノカアボーイ」のネタバレあらすじ結末

ホノカアボーイの紹介:2008年日本映画。ハワイ島の北の端に実在する小さな町ホノカアに住む日系アメリカ人コミュニティを舞台にした映画。町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。人気作家、吉田玲雄のホノカアボーイが原作。岡田将生の初主演映画。
監督:真田敦  出演者:岡田将生(レオ)、倍賞千恵子(ビー)、長谷川潤(マライア)、喜味こいし(コイチ)、正司照枝(みずえ)、蒼井優(カオル)、深津絵里(チャコ)、吉田玲雄(トム)、松坂慶子(エデリ)ほか

「るろうに剣心」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心の紹介:2012年日本映画。週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」が原作の日本映画。シリーズ3作から成り、2012年に本作の第一弾が公開された。幕末に「人斬り抜刀斎」と恐れられた若者・緋村剣心。流浪の身となった彼は、「不殺(ころさず)の誓い」を立て各地を巡る旅を続けていた。時は明治初頭。東京に流れ着いた剣心は、剣術道場を支える少女・神谷薫との出会いをきっかけに、都内で起きている辻斬りと阿片の密売を巡る騒動に巻き込まれていく。
監督:大友啓史 出演者:佐藤健(緋村剣心)、武井咲(神谷薫)、吉川晃司(鵜堂刃衛)、蒼井優(高荷恵)、青木崇高(相楽左之助)、須藤元気(戌亥番神)、田中偉登(明神弥彦)、江口洋介(斎藤一)、香川照之(武田観柳)ほか

「洋菓子店コアンドル」のネタバレあらすじ結末

洋菓子店コアンドルの紹介:2010年日本映画。東京にある洋菓子店を舞台に伝説のパティシエと、上京したてのケーキ屋の娘が、人生の挫折を乗り越えていく姿を描く感動ドラマ。
監督:深川栄洋 出演者: 蒼井優( 臼場なつめ)、 江口洋介( 十村遼太郎 )、 江口のりこ( 佐藤マリコ)、戸田恵子( 依子・ウィルソン)、 ほか

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ 最終楽章 後編の紹介:2010年日本映画。二ノ宮知子の原作漫画を映画化。のだめと千秋の恋愛模様を軸に、オーケストラを取り扱ったドラマ版から続く二人の関係の、グランドフィナーレ!!
監督:川村泰祐 出演:上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン)、蒼井優(ヤドヴィ)ほか

「リリイ・シュシュのすべて」のネタバレあらすじ結末

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年日本映画。いじめや売春、犯罪などをテーマに、14歳という多感な時期にいる子供達の心の闇を鮮烈に描いた衝撃作。インターネットに書き込まれる子供たちの心の叫びが、心に突き刺さります。
監督:岩井俊二 出演者:市原隼人(蓮見雄一)、忍成修吾(星野修介)、蒼井優(津田詩織)、伊藤歩(久野陽子)ほか

「東京家族」のネタバレあらすじ結末

東京家族の紹介:2012年日本映画。大人になって東京で暮らしている子供たちに会いに行った父と母。子供たちともっと長い時間を過ごしたいと思っている父と母と両親よりは自分たちのことが大事になった子供たち。
監督:山田洋次 出演者:橋爪功 ( 平山周吉:父 )、 吉行和子平山とみこ:母( 平山とみこ:母 )、西村雅彦( 平山幸一:長男 )、 中嶋朋子 ( 金井滋子:娘 )、妻夫木聡 ( 平山昌次:末っ子 )、蒼井優( 間宮紀子 ) ほか

「害虫」のネタバレあらすじ結末

害虫の紹介:2002年日本映画。家でも学校でも、自分の居場所を見つけることのできない少女を通して、思春期特有の不安定さを淡淡と描いた衝撃作。非行に走る思春期特有の少女の危うさを、宮崎あおいが遺憾なく演じています。
監督:塩田明彦 出演者:宮崎あおい(サチ子)、田辺誠一(緒方)、沢木哲(タカオ)、蒼井優(夏子)ほか

「人のセックスを笑うな」のネタバレあらすじ結末

人のセックスを笑うなの紹介:2007年日本映画。年上の女性に翻弄される青年の姿を描いたほろ苦いラブ・ストーリー。自由奔放なユリ、純情で傷つきやすい青年みるめをはじめとした登場人物の心情が細やかに描かれた作品です。山崎ナオコーラの小説が原作となっています。
監督:井口奈己 出演者:永作博美(ユリ)、松山ケンイチ(みるめ)、蒼井優(えんちゃん)、忍成修吾(堂本)ほか

1 2
TOP↑