蒼井優映画一覧

蒼井優が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ニライカナイからの手紙」のネタバレあらすじ結末

ニライカナイからの手紙の紹介:2005年日本映画。この作品は、「おかあ、いま、どこにいる?」「すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。」「ニライカナイ それは沖縄に伝わる、水平線の彼方にある幸福の国」というキャッチコピーで、美しい沖縄の竹富島を舞台に一人の少女の成長と、その母と祖父、島の人々との心の絆を描いた感動のヒューマンドラマです。蒼井優の初単独主演映画で、監督・脚本は『心が叫びたがってるんだ。』(2017年)などを手がけた熊澤尚人です。
監督:熊澤尚人 出演:蒼井優(安里風希)、平良進(安里尚栄)、南果歩(安里昌美)、金井勇太(内盛海司)、かわい瞳(レイナ)、比嘉愛未(平良美咲)、ほか

「雷桜」のネタバレあらすじ結末

雷桜の紹介:2010年日本映画。「雷桜」は日本版「ロミオとジュリエット」として、身分違いの恋模様をテーマにした時代劇です。音楽と景色は素晴らしく、映像の美しさがあります。ロミオ役が岡田将生で、ジュリエット役が蒼井優です。2人ともみずみずしい演義で、作品を盛り上げています。男性の方が徳川家斉の息子で、女性は人里離れた村で暮らす娘です。最初は愛のない寂しい心を持った男性が、純粋な女性に出会うことで心を開き、愛や恋に目覚める過程が美しく描かれています。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(清水斉道)、蒼井優(雷/遊)、小出恵介(瀬田助次郎)、宮崎美子(たえ)、和田聰宏(瀬田助太郎)、須藤理彩(お初)、高良健吾(友蔵)、ほか

「亀は意外と速く泳ぐ」のネタバレあらすじ結末

亀は意外と速く泳ぐの紹介:2005年日本映画。平凡な毎日に飽き飽きしている主婦・雀は、ある日偶然「スパイ募集」の広告を見つけます。興味本位で応募してみると、あっさり合格してしまい、スパイとしての生活が始まるのでした。スパイになったことにより、雀の生活はどう変化するのでしょうか。
監督:三木聡 出演者:片倉スズメ(上野樹里)、扇谷クジャク(蒼井優)、クギタニシズオ(岩松了)、クギタニエツコ(ふせえり)、ラーメン屋のおやじ(松重豊)ほか

「花とアリス殺人事件」のネタバレあらすじ結末

花とアリス殺人事件の紹介:2015年日本映画。主人公ハナとアリスたちの出会いのきっかけや、友情が始まる瞬間などを描く。「リップヴァンウィンクルの花嫁」や「スワロウテイル」で知られる巨匠、岩井俊二の代表作をアニメ化!花とアリスの映画キャストを声優に迎えた、ノスタルジックな世界観が独特な青春。
監督:岩井俊二 声優:鈴木杏(新井花/ハナ)、蒼井優(有栖川徹子/アリス)、黒木華(担任、萩野里美)、平井成(徹子の父、黒柳健次)、木村多江(是ユキ)、相田翔子(徹子の母、有栖川加代)、キムラ緑子(花の母、荒井友美)、睦奥睦美(鈴木蘭々)、勝地涼(湯田光太郎)ほか

「アズミ・ハルコは行方不明」のネタバレあらすじ結末

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年日本映画。山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優、高畑充希らによって映画化。地方都市で突如姿を消した安曇春子を軸に、さまざまな人物の地方都市独特のやるせない感情や行き場の無い生き方をキャッチーに描いた作品です。
監督:松居大悟 出演:蒼井優(安曇春子)、高畑充希(木南愛菜)、太賀(富樫ユキオ)、葉山奨之(三橋学)、石崎ひゅーい(曽我雄二)、菊池亜希子(今井えり)、芹那(杉崎ひとみ)、国広富之(社長)、加瀬亮(警官・沢井)、ほか

「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ結末

東京喰種 トーキョーグールの紹介:2017年日本映画。東京喰種(トーキョーグール)はヤングジャンプで大人気連載中の石田スイによるダークファンタジー作品。原作者のデビュー作でありながら世界で発行部数3000万部を誇る大人気漫画。ヒトとして生きてきた主人公の金木研が半喰種となっていきていく事になった悲しく、そして苦悩を抱ききながら人間と喰種の共存を考えながら戦っていく物語である。
監督:萩原健太郎 出演者:窪田正孝(金木研/カネキ)、清水富美加(霧嶋董香/トーカ)、鈴木伸之(亜門鋼太朗)、桜田ひより(笛口雛実/ヒナミ)、蒼井優(神代利世/リゼ)、大泉洋(真戸呉緒)ほか

「クワイエットルームにようこそ」のネタバレあらすじ結末

クワイエットルームにようこその紹介:2007年日本映画。明日香はフリーライターとしてなんてことのない日常を過ごしていたはずが、目を覚ますと精神科の閉鎖病室にいました。なぜその場所に自分はいるのか。精神科の仲間と触れあいながら自分を見つめていく物語です。
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀(佐倉明日香)、宮藤官九郎(鉄雄)、蒼井優(ミキ)、りょう(江口)、中村優子(栗田)、高橋真唯(サエ)、妻夫木聡(コモノ)、大竹しのぶ(西野)、ほか

「オーバー・フェンス」のネタバレあらすじ結末

オーバー・フェンスの紹介:2016年日本映画。佐藤泰志の小説「黄金の服」に収録された短編の映画化。今作は、「海炭市叙景」(2010)、「そこのみにて光輝く」(2014)に続く「函館3部作」の最終章となる。函館の港町。人生につまずいた中年男と、愛を渇望する風変りな若い女が出会う。惹かれ合いながらも、互いの心を傷つけることでしか解り合えない。そんなやるせない関係を描いたラブストーリー。佐藤の実体験をもとに書かれたとも言われている。
監督:山下敦弘 出演者:オダギリジョー(白岩義男)、蒼井優(田村聡)、松田翔太(代島和久)、満島真之介(森由人)、北村有起哉(原浩一郎)、優香(尾形洋子)ほか

「おとうと (2009年)」のネタバレあらすじ結末

おとうとの紹介:2009年日本映画。巨匠・山田洋次監督が、市川崑監督の同名作品(1960年公開)へのオマージュとして製作したものです。小さな薬局を営む姉と、やんちゃな風来坊の弟との交流が姉の一人娘の視点から描かれます。
監督:山田洋次 出演者:吉永小百合(高野吟子)、笑福亭鶴瓶(丹野鉄郎)、蒼井優(高野小春)、加藤治子(高野絹代)、小林稔侍(丹野庄平)ほか

「鉄コン筋クリート」のネタバレあらすじ結末

鉄コン筋クリートの紹介:2006年日本映画。鉄コン筋クリートの紹介:松本大洋による漫画「鉄コン筋クリート」をアニメ映画化。義理と人情であふれる架空の街で自由に飛びまわるクロとシロの少年2人の冒険を描く。声優は女優の蒼井優と嵐の二宮和也が担当した。作品は第80回アカデミー賞の長編アニメーション映画部門にノミネートされた。
監督:マイケル・アリアス 声の出演:二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、ほか

「家族はつらいよ2」のネタバレあらすじ結末

家族はつらいよ2の紹介:2017年日本映画。山田洋次監督の喜劇「家族はつらいよ」の続編。橋爪功、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優ら前作のキャストが再結集。高齢者ドライバーである平田周造は最近よく車に傷をつけてくる。周造に運転をやめさせようと家族会議が開かれることから、平田家の新たな大騒動が始まる。
監督:山田洋次 出演:橋爪功(平田周造)、西村雅彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(間宮憲子)、風吹ジュン(女将・かよ)ほか

「家族はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

家族はつらいよの紹介:2016年日本映画。巨匠・山田洋次監督が「男はつらいよ」以来久々に手掛ける人情喜劇シリーズの第1作目です。平凡な三世代家族の主である男がある日突然妻から離婚を切り出され、家族全体を巻き込んだ騒動に発展します。2017年には続編の「家族はつらいよ2」が公開。
監督:山田洋次 出演者:橋爪功(平田周造)、吉行和子(平田富子)、西村雅彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、林家正蔵(金井泰蔵)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(間宮憲子)ほか

「いけちゃんとぼく」のネタバレあらすじ結末

いけちゃんとぼくの紹介:2009年日本映画。漫画家である西原理恵子の絵本作品を原作としたCG映画。不思議な生き物「いけちゃん」は西原理恵子の長男の落書きが元となっています。主人公の男の子にしか見えない「いけちゃん」という謎の生物が、少年の親友です。少年には辛いことが次々と起こりますが、「いけちゃん」といろいろ話しをしながら成長していきます。成長するうちに少年はいろいろなことを自分自身で乗り越えられるようになります。そうするといつしか少年には「いけちゃん」が見えなくなります。少年の成長と「いけちゃん」とは何なのかという謎解きを描いている映画です。
監督: 大岡俊彦 出演者: 深澤嵐(ヨシオ)、ともさかりえ(美津子)、萩原聖人(茂幸)、蒼井優(「いけちゃん」声の出演)、モト冬樹(清じい)ほか

「変身」のネタバレあらすじ結末

変身の紹介:2005年日本映画。脳移植を受けた主人公がドナーの脳に支配されていく恐怖を描いたサスペンス映画。人格が変貌しコントロールを失う主人公と、彼に寄り添い献身的に支える恋人との切ない恋愛模様が涙を誘う。原作は東野圭吾の同名小説。
監督:佐野智樹 出演者:玉木宏(成瀬純一)、蒼井優(葉村恵)、佐田真由美(橘直子)、松田悟志(京極瞬介)、釈由美子(京極亮子)、北村和夫(堂元英隆)ほか

「星になった少年」のネタバレあらすじ結末

星になった少年 Shining Boy & Little Randyの紹介:2005年日本映画。カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた柳楽優弥が主演。自らタイに渡りゾウ使いとしての道を志しながらも若干20歳で逝去した少年の半生を描く実話を基にした作品。学校でいじめにあっていた哲夢は、親の経営する動物プロダクションで購入した子供のゾウ・ランディと出会ったことで象使いになりたいと願うようになる。
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥(小川哲夢)、常盤貴子(小川佐緒里)、高橋克実(小川耕介)、蒼井優(村上絵美)、倍賞美津子(藤沢朝子)、ほか

1 2
TOP↑