ベン・スティラー映画一覧

ベン・スティラーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「メリーに首ったけ」のネタバレあらすじ結末

メリーに首ったけの紹介:1998年アメリカ映画。美人で明るく人気者のヒロインを巡って、男達が争奪戦を繰り広げる、お色気要素満載のラブコメディー。この映画の大ヒットで、ヒロインを演じたキャメロン・ディアスは一躍有名になりました。キャメロン・ディアスの魅力がいっぱい詰まった、キュートなラブ・コメディとなっています。
監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー 出演:キャメロン・ディアス(メリー)、マット・ディロン(ヒーリー)、ベン・スティラー(テッド)、ほか

「ペントハウス」のネタバレあらすじ結末

ペントハウスの紹介:2011年アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタンにある高級タワーマンションで従業員の年金を横領した富豪からお金を取り戻そうと奮闘する元従業員と泥棒のお話です。果たして無事に横領されてしまったお金を取り戻すことができるのでしょうか!
監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、エディ・マーフィ(スライド)、ケイシー・アフレック(チャーリー)、アラン・アルダ(アーサー・ショウ)、ほか

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の紹介:2008年アメリカ映画。ある映画の撮影のためわがまま放題な豪華俳優陣を無理やりジャングルの奥地へと連れてきた監督。半ば強引にいざ撮影を開始したところで監督が地雷を踏み吹っ飛んでしまう。それも演出だと考える主演俳優であるタグはそのまま撮影を続行。しかしそこは謎のアジア人の集団がいる麻薬の密造所だった。コメディー俳優ベン・スティラーが主演と監督を務めるアクション・コメディ。
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー(タグ・スピードマン)、ジャック・ブラック(ジェフ・ポートノイ)、ロバート・ダウニー・Jr(カーク・ラザラス)、ブランドン・T・ジャクソン(アルパ・チーノ)、ジェイ・バルシェル(ケヴィン・サンダスキー)、ダニー・マクブライド(コディ)、ほか

「マダガスカル3」のネタバレあらすじ結末

マダガスカル3の紹介:2012年アメリカ映画。マダガスカル3はドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画の第3段です。ニューヨークの動物園にいた動物たちが、初回ではマダガスカルに漂着して新しい生活を始めましたが、マダカスカル2ではニューヨークへ飛行機で帰ろうとしたところアフリカのサバンバに墜落し、舞台をアフリカに移していました。今回はその続編となり、また活躍の舞台を移すことになります。今回はヨーロッパの都市から、なぜかサーカス団たちに紛れ込んでニューヨークを目指します。映像の美しさと音楽の素晴らしさは前回や前々回をはるかに上回り、とても見応えがあり評価の高い作品です。主人公であるライオンのアレックスたちの行動範囲も広がり、見ている方をわくわくさせてくれます。今回は人間の悪役が出てくるところも、ストーリーにスパイスを与えています。

「マダガスカル2」のネタバレあらすじ結末

マダガスカル2の紹介:2008年アメリカ映画。マダガスカル2はドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画の第2段です。ニューヨークの動物園にいた動物たちが、前回マダガスカルに漂着して新しい生活を始めましたが、その続編となります。今回はアレックスがなぜニューヨークの動物園に行くことになってしまったかが描かれていて、興味を惹かれます。前回同様、ニューヨークの動物園で仲良しだった、ライオン、シマウマ、キリン、カバの4頭の関係性がおもしろく、彼らの会話はウィットに富んでいてとてもおもしろいです。声優も日本語吹き替え版の声優もほとんど前回と変わっていないので、安心して見ることができます。

「マダガスカル」のネタバレあらすじ結末

マダガスカルの紹介:2005年アメリカ映画。マダガスカルはドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画です。ニューヨークの動物園から逃げ出した動物たちが、飛び出した先で繰り広げられるハプニングとコメディーを描いています。ニューヨークの動物園で人間を喜ばすために働いている動物たちは、日々都会ナイズされた生活の中でストレスを感じながら仕事をしています。その動物園の動物の心理に着目してアニメーションを制作している点がおもしろいです。ライオンはそんな都会の生活が当たり前だと思っていて、本来の自分の性質である肉食獣であることがよく分かっていません。それが解放され、ジャングルに迷い込んだ時に本来の自分の野生の部分に目覚め、戸惑う様子がおもしろく描かれています。4頭の動物がニューヨークの動物園から逃げ出すのですが、この4頭の関係性がおもしろく、特にライオンとシマウマのスピーディーなやりとりは笑いどころであり、見どころでもあります。また日本語吹き替え版の声優が多くの日本の著名な俳優を使っており、それぞれにとても上手なのでこちらも見応え聞きごたえがあります。

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ヤング・アダルト・ニューヨークの紹介:2014年アメリカ映画。作品作りに行き詰まっていたドキュメンタリー監督のジョシュは、若いジェイミーと交流するうちに突破口を開いたかのように見えたのだが……
監督:ノア・バームバック 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、ナオミ・ワッツ(コーネリア)、アダム・ドライヴァー(ジェイミー)、アマンダ・サイフリッド(ダービー)、チャールズ・グローディン(ブライトバート)、アダム・ホロヴィッツ(フレッチャー)、ほか

「ミート・ザ・ペアレンツ」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツの紹介:2000年アメリカ映画。交際中のパムにプロポーズをしようとしていたグレッグ。途中彼女の妹から電話が入りプロポーズは失敗に終わる。さらに両親への挨拶が先だと知らされたグレッグは急遽パムの両親の元へ挨拶に訪れることに。しかしその当日グレッグは飛行機に乗る際に預けた荷物の紛失に始まりその行動がことごとく裏目に出てしまう。さらに彼女の父親の裏の顔も発覚する。
監督:ジェイ・ローチ 出演:グレッグ(ベン・スティラー) ジャック(ロバート・デ・ニーロ) パム(テリー・ポロ) ディナ(ブライス・ダナー) デビー(ニコル・デハッフ) ケヴィン(オーウェン・ウィルソン)ほか

「ナイト ミュージアム2」のネタバレあらすじ結末

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年アメリカ映画。自然史博物館の元警備員ラリーは、会社の経営者となり順調な日々を送っています。仲間である展示物たちの大半は、館のリニューアルのためスミソニアン行きになります。手違いであの石板も送られたため、スミソニアンの展示物まで動き出し騒動になります。ラリーは石板を取り戻すため、スミソニアンに乗り込みます。
監督:ショーン・レヴィ 出演者:ラリー・デリー (ベン・スティラー)、セオドア・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)、アメリア・イアハート(エイミー・アダムス)、ジェデダイア・スミス(オーウェン・ウィルソン)、マクフィー館長(リッキー・ジャーヴェイス)、ガイウス・オクタウィウス(スティーヴ・クーガン)ほか

「ナイト ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ナイト ミュージアムの紹介:2006年アメリカ映画。失業中のラリーが紹介されたのは博物館の夜警の仕事。初出勤当日、ラリーはパニックになります。この博物館は夜になると展示物がが動き出すとんでもなく不思議な職場なのです。
監督:ショーン・レヴィ 出演者:ラリー・デリー (ベン・スティラー)、セオドア・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)、ジェデダイア・スミス(オーウェン・ウィルソン)、マクフィー(リッキー・ジャーヴェイス)、ガイウス・オクタウィウス(スティーヴ・クーガン)ほか

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のネタバレあらすじ結末

ナイトミュージアム エジプト王の秘密の紹介:2014年アメリカ作品。夜中になると展示物が勝手に動き出す不思議な博物館で巻き起こる騒動を描く。ベン・スティラー主演の人気アドベンチャー「ナイトミュージアム」シリーズ最終章になる第3弾。
監督:ショーン・レヴィ 出演者:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン、ダン・スティーブンス、ベン・キングズレーほか

「LIFE! / ライフ」のネタバレあらすじ結末

LIFE! / ライフの紹介:2013年アメリカ映画。ベン・スティラーが描きだす共感と奇跡のドラマ。写真雑誌「LIFE」の編集部を舞台に、あるきっかけで人生を変えた男を描くヒューマンドラマ。 原作は、ジェームズ・サーバーの短編小説「虹をつかむ男」で、あのスピルバーグも監督を希望したと言うこの物語を映画化したのは「ナイトミュージアム」の主演俳優ベン・スティラー。彼は、この映画の監督と主演を務めています。
監督・製作: ベン・スティラー 脚本・製作: スティーヴン・コンラッド キャスト: ベン・スティラー ショーン・ペン クリステン・ウィグ シャーリー・マクレーン アダム・スコット パットン・オズワルト キャスリン・ハーン

TOP↑