エマ・ワトソン映画一覧

エマ・ワトソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「美女と野獣(2017年実写)」のネタバレあらすじ結末

美女と野獣の紹介:2017年アメリカ映画。ディズニーアニメの名作「美女と野獣」を忠実に再現した実写版映画最新作。美しい心を持つ女性ベルと野獣の恋の行方を描く。オリジナルの魅力を損ねることなく、ストーリーとキャラクター描写に更に厚みを持たせて、美女と野獣がなぜ惹かれあったのか、観客が納得できる作りになっています。
監督:ビル・コンドン 出演:エマ・ワトソン(ベル/美女)、ダン・スティーヴンス(王子/野獣)、ルーク・エヴァンス(ガストン)、ケヴィン・クライン(モーリス)、ジョシュ・ギャッド(ル・フウ)、ユアン・マクレガー(ルミエール)、ほか

「ディスイズジエンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」のネタバレあらすじ結末

ディスイズジエンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日の紹介:2013年アメリカ映画。昔からの友人であるセス・ローゲンのいるL,Aへ遊びに来たジェイ・バルシェル。二人はセスの友人であるジェームズ・フランコの新居のパーティへと出向いた。しかしパーティが盛り上がりを見せる時突如大きな地震が起こる。そして街の人々は空から降る青い光に吸い込まれてしまった。その情景は聖書に書かれる審判の日と酷似していた。ハリウッドスターが本人役で出演する災害パニック・コメディ。
監督:セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ 出演:セス・ローゲン、ジェームズ・フランコ、ジョナ・ヒル、ジェイ・バルシェル、クレイグ・ロビンソン、ダニー・マクブライド、エマ・ワトソン

「ブリングリング」のネタバレあらすじ結末

ブリングリングの紹介:2013年アメリカ,フランス,イギリス,日本,ドイツ映画。実際におきたセレブ専門窃盗団の事件を映画化した作品。被害総額3億円にものぼるセレブ専門の窃盗団の犯人は全員10代だった。セレブリティの生活に憧れるレベッカは、高校の同級生のマークや遊び仲間を誘い、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームなど誰もが知っているセレブの豪邸を狙い、洋服やバッグ、ネックレスなどを盗む。日本でも人気の高いソフィア・コッポラ監督が、若い世代ならではの過ちを描いた作品。
監督:ソフィア・コッポラ 出演: エマ・ワトソン(ニッキー)、ケイティ・チャン(レベッカ)、タイッサ・ファーミガ(サム)、イズラエル・ブルサード(マーク)、クレア・ジュリアン(クロエ)ほか

「ウォールフラワー」のネタバレあらすじ結末

ウォールフラワーの紹介:2012年アメリカ映画。主人公のチャーリーは高校一年生。彼は、気がつけばいつも壁際にいる「ウォールフラワー」。唯一の親友は高校進学前に自殺をし、誰も友達がいない。日記帳を見知らぬ「トモダチ」にみたてて手紙を書く毎日。そんな彼も高校入学後、一目惚れしたきれいな女の子サムとその兄パトリックと知り合い、仲間に入れてもらうことになった。チャーリーという一人の高校生が仲間との友情や家族の愛情を得ることによって、自分の人生を切り拓いていく姿を描いた秀逸な作品。
監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、メラニー・リンスキーほか

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介。2011年アメリカ映画。映画ハリー・ポッター8作目で映画の最終章。『ハリー・ポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第7弾は最終章であり、映画としても最終章の死の秘宝Part2では、ハリーポッターが命を懸けて宿敵であるヴォルデモートとの最終決戦が迫力とともに描かれます。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ジョン・ハート、ジェイソン・アイザックス、ケリー・マクドナルド、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマンほか

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介。2010年アメリカ映画。映画ハリー・ポッター7作目。『ハリーポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第7弾で、ハリーポッター最終章となる死の秘宝では、映画を2分割し、パート1として公開しました。本作では初めて原作者のJKローリング氏が参加していることも話題になります。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、リチャード・グリフィス、ジョン・ハートほか

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと謎のプリンスの紹介。2009年アメリカ映画。映画ハリー・ポッター6作目。『ハリーポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第6弾の映画化作品で、今作ハリー・ポッターと謎のプリンスではマグルに対して初めて攻撃をしかけてくる吸魂鬼から、魔法界が人間界にも侵食している様を描いています。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ジム・ブロードベント、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、マギー・スミスほか

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の紹介。2007年アメリカ映画。映画ハリー・ポッター5作目。『ハリー・ポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第5弾・不死鳥の騎士団を映像化した作品で、今作では史上初めてワールドプレミアが東京で行われ、日本が世界で最初の上映国となりました。
監督:デヴィッド・イェーツ 出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、リチャード・グリフィス、ジェイソン・アイザックス、ゲイリー・オールドマンほか

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介。2005年アメリカ映画。映画ハリー・ポッター4作目。『ハリー・ポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第4弾を映画化した作品で、今回は衝撃的な映像が出てくるため、アメリカでははじめて視聴制限が設けられました。また、監督も交代しています。
監督 :マイク・ニューウェル 出演者:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、ジェイソン・アイザックス、ゲイリー・オールドマンほか

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介。2004年アメリカ映画。映画ハリーポッター3作目。『ハリー・ポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第3弾の映画化作品で、今作では前作の監督が降板し、新たな監督、そしてダンブルドア校長役の交代など、新たな体制で制作されました。
監督 :アルフォンソ・キュアロン 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジュリー・クリスティ、ロビー・コルトレーン、マイケル・ガンボン、リチャード・グリフィス、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマンほか

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと秘密の部屋の紹介。2002年アメリカ映画。映画ハリーポッター2作目。『ハリー・ポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。人気小説の第2弾として制作された本作は、ホグワーツ城で起こる様々なことにたいしてハリーポッターたちが立ち向かい成長する内容で、またもや大ヒットを記録します。
監督:クリス・コロンバス 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ケネス・ブラナー、ジョン・クリーズ、ロビー・コルトレーン、ワーウィック・デイヴィス、リチャード・グリフィス、リチャード・ハリスほか

「ハリー・ポッターと賢者の石」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと賢者の石の紹介。2001年アメリカ映画。映画ハリーポッター1作目。『ハリーポッターシリーズ』はイギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学が原作。世界的に大ヒットを記録したハリーポッターを映画化した作品で、小説の世界をきちんと映像化したことで大ヒットを記録しました。
監督:クリス・コロンバス 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジョン・クリーズ、ロビー・コルトレーン、リチャード・グリフィス、リチャード・ハリス、イアン・ハート、ジョン・ハートほか

TOP↑