堀北真希映画一覧

堀北真希が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「麦子さんと」のネタバレあらすじ結末

麦子さんとの紹介:2013年日本映画。「麦子さんと」は吉田 恵輔監督よる親子愛を描いた作品です。その親は子供と離れて暮らしていて、病気で死期が迫った頃同居をしようと子供のところへ帰ってきます。そんな母親のため、子供は素直に母親を受け入れられず、素直になれないまま母親を亡くしてしまいます。そんな母親の納骨に母の故郷を訪ねるうちに、母の青春の軌跡をたどるこのになります。そうするうちに母親の想いに触れ、絆を取り戻していく物語です。
監督:吉田 恵輔 出演者:堀北真希(小岩麦子)、松田龍平(小岩憲男)、余貴美子(赤池彩子)、温水洋一(井本まなぶ)、麻生祐未(ミチル)、他

「白夜行」のネタバレあらすじ結末

白夜行の紹介:2010年日本映画。舞台やドラマ化されてきた東野圭吾の人気小説「白夜行」を映画化。殺人事件に関係する人々の複雑な人間関係を軸に、19年にも及ぶ男女の狂おしい愛を描く。あっさり解決したかのように見えた事件は、あまりにも暗く陰湿な事実に包まれていて、少女を守るために生きてきた哀しい少年を苦しめていた事件だった。
監督:深川栄洋 出演:堀北真希(唐沢雪穂)、高良健吾(桐原亮司)、姜暢雄(笹塚一成)、緑友利恵(川島江利子)、粟田麗(栗原典子)、ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日’64の紹介:2011年日本映画。東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の様子が描かれているALWAYS 三丁目の夕日の劇場版第3作目です。東京オリンピックの年を舞台に登場人物の成長を描いています。第1作目では子供として描かれていた世代が成長し、青年となったり花嫁として成長したりと感慨深い内容となっています。また「親子」が一つのテーマとなっており、子の成長を見守る親の姿、この旅立ちを見送る親の姿が表現されています。また、全シリーズを通して、昭和の世界感が美しく描かれているため、その背景を見るだけでも価値のある作品と言えます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)、三浦友和(宅間史郎)ほか

「アルゼンチンババア」のネタバレあらすじ結末

アルゼンチンババアの紹介:2007年日本映画。町外れに住む風変わりな女性、通称アルゼンチンババア。一見おかしな彼女の言葉や行動が、壊れかけた父娘の絆を結び直すヒューマンドラマ。愛の偉大さと生命の尊さを描く感動作。
監督:長尾直樹 出演者:鈴木京香(ユリ(アルゼンチンババア))、役所広司(涌井悟)、堀北真希(涌井みつこ)、手塚理美(涌井良子)、森下愛子(滝本早苗)、小林裕吉(滝本信一)ほか

「大奥<男女逆転>」のネタバレあらすじ結末

大奥の紹介:2010年日本映画。男女逆転の大奥という設定で大ヒットしたよしながふみの漫画を映画化したものです。今回は徳川吉宗の時代をピックアップして、嵐の二宮和成を主演に迎え、徳川吉宗を柴崎コウが演じています。質素倹約を信条に賢く政治を進めた吉宗の大奥での采配を描いています。
監督:英勉 出演:二宮和成(水野祐之進)、柴崎コウ(徳川吉宗)、堀北真希(お信)、大倉忠義(鶴岡)、玉木宏(松嶋)、佐々木蔵之助(藤波)、中村蒼(垣添)ほか

「クロサギ」のネタバレあらすじ結末

映画 クロサギの紹介:2007年日本映画。雑誌連載されていた人気漫画であるクロサギを、TBSがドラマ化。ドラマ版クロサギが好評であったため、映画化され2008年、全国公開。学生のころ、詐欺師により大変不幸な目に遭わされた青年が、復讐を秘めて詐欺師を騙すクロサギとなって生きていく様を描いています。
監督:石井康晴 出演:山下智久(黒崎)、堀北真希(吉川氷柱)、加藤浩次(白石陽一)、市川由衣(三島ゆかり)、奥貫薫(早瀬真紀子)、哀川翔(神志名警部補)、山崎努(桂木敏夫)ほか

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 続・三丁目の夕日(オールウェイズ 続・三丁目の夕日)の紹介:2007年日本映画。オールウェイズ第一作目に次ぐ東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々のその後の様子が描かれています。それぞれに前作より成長した登場人物の活き活きとした暮らしぶりにふれることができます。前回建設中だった東京タワーが完成し、クライマックスでは登場人物たちが東京タワーから景色を眺める様子を見ることができます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ 三丁目の夕日)の紹介:2005年日本映画。昭和33年の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の人情に溢れた人間関係と新しい時代へ向かって前進していこうという人々の心意気をあたたかく描いています。建設中の東京タワーが時代の移り変わりを象徴するような存在で背景に映し出されているのが特徴的です。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「着信アリFinal」のネタバレあらすじ結末

着信アリFinalの紹介:2006年日本映画。韓国へと修学旅行に来ていた学生たちの元に、死の予告電話が鳴り始める。その着信の電話を受けとった者は、誰かに転送すれば助かるというものであった。転送すれば死なないと分かった生徒達は、自分だけは助かろうと恐ろしい行動に出る。
監督:麻生学 出演:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、チャン・グンソクほか

TOP↑