イ・ビョンホン映画一覧

イ・ビョンホンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「マグニフィセント・セブン」のネタバレあらすじ結末

マグニフィセント・セブンの紹介:2016年アメリカ映画。ある目的で賞金首を追うサムの前に一人の女性が現れた。彼女はサムの腕を見込んで自分の故郷を助けてほしいと願っていた。彼女の故郷のある町は金の取れる鉱山がありその土地を狙って一人の男が大群と共にやってきた。そしてあっという間に町を牛耳ってしまい彼女の夫も殺されてしまった。町を牛耳るその男の名に身に覚えがあるサムは数人の仲間を集い町の奪還に挑む。黒澤明監督の「七人の侍」を原作にした「荒野の七人」、そのリメイクとして新たに作成された。
監督:アントワーン・フークア 出演:デンゼル・ワシントン(サム)、クリス・プラット(ジョシュ)、イーサン・ホーク(グッドナイト)、ヴィンセント・ドノフリオ(ジャック)、イ・ビョンホン(ビリー)、マヌエル・ガルシア=ルルフォ(ヴァスケス)、マーティン・センスマイヤー(レッドハーベスト)、ほか

「甘い人生」のネタバレあらすじ結末

甘い人生の紹介:2005年韓国映画。ソヌは、ホテルの総マネージャーを務めている。一方裏では、カン社長の指示に従って、余計な感情を捨てて、汚れ仕事もこなす。信頼を得ているソヌは、カン社長の愛人であるヒスの監視を頼まれる。「もしほかに恋人がいれば始末しろ」という命令を受けるのだが・・・・
監督:キム・ジウン 出演者:イ・ビョンホン(キム・ソヌ)、キム・ヨンチョル(カン社長)、シン・ミナ(ヒス)、ほか

「悪魔を見た」のネタバレあらすじ結末

悪魔を見たの紹介:2010年韓国映画。イビョンホンとチェミンシクという韓国を代表する俳優が共演した映画で、婚約者を殺された人の壮絶な復讐劇が展開されていきます。
監督:キム・ジウン 出演:イ・ビョンホン(スヒョン)、チェ・ミンシク(ギョンチョル)、オ・サナ(ジュヨン)、チョン・グクァン(チャン)、ほか

「G.I.ジョー」のネタバレあらすじ結末

GIジョーの紹介:2009年アメリカ映画。デューク率いる軍を突如謎の組織が襲撃した。狙いは軍が配送しているある兵器。激しい戦いの中二つを割くように現れたのはもう一つの極秘部隊、G.I.ジョーだった。彼らのおかげでなんとか兵器を奪われるのを阻止できたがデュークは一つ気がかりなことがあった。襲ってきた謎の組織の中にかつての恋人アナの姿があった。人気玩具のアニメ版を実写映画化。監督はハムナプトラシリーズの監督スティーヴン・ソマーズ。
監督:スティーヴン・ソマーズ 出演:デューク(チャニング・テイタム) スカーレット(レイチェル・ニコルズ) リップコード(マーロン・ウェインアンズ) スネークアイズ(レイ・パーク) バロネス(シエナー・ミラー) ストームシャドー(イ・ビョンホン)ほか

「REDリターンズ」のネタバレあらすじ結末

REDリターンズの紹介:2013年アメリカ映画。映画『RED/レッド』の続編。今回のREDリターンズではアンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、イ・ビョンホンも参加した豪華キャストで贈る。元CIA凄腕工作員のフランクは平穏な引退生活を望んでいるのだが、彼の恋人で一般人のサラは、在り来たりの日常ではなく、スリルと冒険に満ちた非日常を求めていた。そんなある日、昔の仲間であるマーヴィンがフランクの危機を知らせに来る。過去、アメリカが極秘に進めていた兵器計画が突然ネットに公表され、それを巡りまたもフランクに古い因縁が襲いかかってくる。
監督:ディーン・パリソット 出演:ブルース・ウィリス(フランク・モーゼス)、ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボックス)、メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)、イ・ビョンホン(ハン・チョバイ)、アンソニー・ホプキンス(エドワード・ベイリー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(カーチャ・ペトロビッチ)、ほか

「二十歳(ハタチ)」のネタバレあらすじ結末

二十歳(ハタチ)の紹介:2015年韓国映画。未成年から大人の男への分岐点となる20歳を迎えた3人の男たちの青春。夢に悩み、恋に悩む3人の二十歳。
監督:イ・ビョンホン 出演者: ジュノ(ドンウ)、 キム・ウビン(チホ)、カン・ハヌル(ギョンジェ)、チョン・ソミン(ソミン)、 ほか

「HERO(2007年)」のネタバレあらすじ結末

HERO (ヒーロー:木村拓哉主演)の紹介:2007年日本映画。フジテレビ系ドラマ『HERO』の劇場版1作目の作品です。TVシリーズのレギュラー陣に加え、特別編から中井貴一、綾瀬はるか、石橋蓮司が引き続き出演しています。特別編に名前のみで登場した代議士・花岡練三郎をタモリが本名の森田一義名義で出演したのも話題となりました。また韓国のスター俳優、イ・ビョンホンが友情出演しています。ドラマでは描かれなかった法廷の様子を中心に描いています。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生 公平)、松たか子(雨宮 舞子)、大塚寧々(中村 美鈴)、阿部寛(芝山 貢)、韓国検事カン(イ・ビョンホン)、松本幸四郎(蒲生 一臣)森田一義(花岡 練三郎)ほか

「王になった男」のネタバレあらすじ結末

王になった男の紹介:2012年韓国映画。韓国のスターであるイ ビョンホンが初めて時代劇に臨み、歴史に名が残る暴君、光海君とその影武者の両者を迫力の演技で表し、韓国歴代3位の興行収入を打ち立てる大ヒット作となりました。
監督:チュ・チャンミン 出演:イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォンほか

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター5:新起動/ジェニシス(原題: Terminator Genisys)の紹介:2015年アメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督が作り上げたSF映画の金字塔であるターミネーター5作目です。新たな発想で再映画化した新ターミネーター3部作の1作目です。アメリカでは酷評されましたが、各国ではネーミングバリューもあり、ターミネーター:新起動/ジェニシスは大ヒットを記録しました。
監督:アラン・テイラー 出演:(T-800)アーノルド・シュワルツェネッガー、(サラ・コナー)エミリア・クラーク、(ジョン・コナー)ジェイソン・クラーク、(カイル・リース)ジェイ・コートニー、(T-1000)イ・ビョンホン、(O’Brien)J・K・シモンズ、(Alex)マット・スミス、(Miles Dyson)コートニー・B・ヴァンスほか

「JSA」のネタバレあらすじ結末

JSAの紹介:2000年韓国映画。韓国でこれまでの映画の興行成績を変えた映画として後世に名を残す傑作です。現在でも分断されている北朝鮮と韓国の兵士たちの友情と悲劇を描きました。
監督:パク・チャヌク出演:イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、ソン・ガンホ、シン・ハギュンほか

TOP↑