最新映画一覧

「殿、利息でござる!」のネタバレあらすじ結末

殿、利息でござる!の紹介:2016年日本映画。貧困に喘ぐ宿場町を救うため東奔西走する庶民達の姿を、実話を元に描いた作品。1766年、仙台藩吉岡宿は貧しさから夜逃げが相次いでいた。何とか町の未来を繋ぎたい男達は、大金を藩に貸し利息を得るという前代未聞の奇策に出る。笑いあり、涙ありの人情時代劇。仙台市出身のフィギュアスケート選手羽生結弦が特別出演したことでも話題を集めた。
監督:中村義洋 出演者:阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、千葉雄大(千坂仲内)、羽生結弦(伊達重村)ほか

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

「インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

インフェルノの紹介:2016年アメリカ映画。病院で目覚めたラングドン教授はその時数時間の記憶を失くしていた。自分が何故そこにいるのかも分からない、さらに突然謎の人物が教授を襲撃する。教授は何者かに狙われていた。その場に居合わせた医師シエナと共に逃げる教授は失くした記憶と少ないヒントで事件の真相を探ろうとする。そこで手に入れたキーワードはダンテの地獄編だった。トム・ハンクスが主演を務めるダン・ブラウン原作小説映画化『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)、ほか

「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」のネタバレあらすじ結末

魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!の紹介:2016年日本映画。2004年にはじまった「ふたりはプリキュア」から、今年で13作目になるプリキュアシリーズ。
原作:東堂いづみ 声優:高橋李依(キュアミラクル/朝日奈みらい)、堀江由衣(キュアマジカル/十六夜リコ)、早見沙織(キュアフェリーチェ/花海ことは)、齋藤彩夏(キュアモフルン/モフルン)、浪川大輔(ダークマター)、ほか

「ドント・ブリーズ」のネタバレあらすじ結末

ドント・ブリーズ(原題:DON’T BREATHE)の紹介:2016年アメリカ映画。アメリカで大ヒットを記録したホラー映画で、留守の家で窃盗を繰り返し犯している若者たちが、盲目老人の家に強盗に入るが、その老人は驚異的な聴覚を持っていた。しかもその盲目老人はある犯罪を犯しており、次第に恐怖へと変わっていくストーリーが展開されます。
監督:フェデ・アルバレス 出演:ジェーン・レヴィ(ロッキー)、ディラン・ミネット(アレックス)、ダニエル・ゾヴァット(マニー)、スティーヴン・ラング(盲目の老人)、ほか

「シャークネード4」のネタバレあらすじ結末

シャークネード4(フォース)の紹介:2016年アメリカ映画。サメと嵐が襲ってくる映画シリーズ、シャークネード4作目で、今作では嵐を制御する機械が完成するも、嵐が放射能を浴びてしまい、再びその嵐に立ち向かうというストーリーが展開されます。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、ライアン・ニューマン、ほか

「高慢と偏見とゾンビ」のネタバレあらすじ結末

高慢と偏見とゾンビの紹介:2016年アメリカ映画。1813年にジェーンオースティンが書いた小説「高慢と偏見」を元に、セス・グレアム=スミスが書いた小説「高慢と偏見とゾンビ」を映画化した本作では、5人の娘と貴族の男たちがゾンビと戦うストーリーが展開されます。
監督:バー・スティアーズ 出演:リリー・ジェームズ(エリザベス・ベネット)、サム・ライリー(ミスター・ダーシー)、ジャック・ヒューストン(ジョージ・ウィカム)、ベラ・ヒースコート(ジェイン・ベネット)、ダグラス・ブース(ビングリー)、ほか

「バースデーカード」のネタバレあらすじ結末

バースデーカードの紹介:2016年日本映画。亡くなった母が生前に書いたバースデーカードが毎年娘に届く。バースデーカードを通して母娘の深い絆を描く人間ドラマ。普通の女の子が1人の女性として成長し幸せを掴むまでの過程描いています。
監督:吉田康弘 出演:橋本愛(鈴木紀子(17-25歳))、ユースケ・サンタマリア(鈴木宗一郎)、須賀健太(鈴木正男)、中村蒼(立石純)、木村多江(石井沙織)、谷原章介(谷原章介)、洞口依子(美津代)、宮崎あおい(鈴木芳恵)、ほか

「ネイバーズ」のネタバレあらすじ結末

ネイバーズ(The Neighbor)の紹介:2016年アメリカ映画。あるカップルが覗き込むいつものスコープに、隣人が映り込み、その隣人が恋人を拉致したため隣人の家に侵入するも、そこには驚くべきことが隠されていたというストーリーの映画です。
監督:マーカス・ダンスタン 出演者:ジョシュ・スチュワート、アレクサンドラ・エスソー、ルーク・エドワード、ビル・イングヴァルほか

「セル」のネタバレあらすじ結末

セル(原題:Cell)の紹介:2016年アメリカ映画。スティーブン・キング原作小説の映画化。ジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンが出演するパニックスリラー映画で、ある日突然携帯電話を使っていたために凶暴化した人々と、その人たちから逃走しようとする人々の恐怖が描かれます。
監督:トッド・ウィリアムズ 原作:スティーブン・キング 出演:ジョン・キューザック(クレイトン/クレイ)、サミュエル・L・ジャクソン(トーマス/トム)、イザベル・ファーマン(アリス)、オーウェン・ティーグほか

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」のネタバレあらすじ結末

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄の紹介:2016年カナダ製作映画。ハロウィンの夜、マイクは息子のチャーリーを近所の祭りへ連れ出した。仕事の昇進も決まり有頂天だった彼は妻クリステンを説得し既に夜遅かったがチャーリーとハロウィンの夜を楽しもうとしていた。しかし少し目を離した隙にチャーリーは忽然と姿を消す。それはただの失踪ではなく謎の存在が絡んだ不可思議な事件だった。ニコラス・ケイジ主演のハロウィンを舞台にしたホラー。
監督:ウーリー・エデル 出演:ニコラス・ケイジ(マイク・ローフォード)、サラ・ウェイン・キャリーズ(クリスティン)、ヴェロニカ・フェレ(ハンナ)、ジャック・フルトン(チャーリー)、ほか

「スタートレックBEYOND」のネタバレあらすじ結末

スター・トレック BEYOND(スタートレックビヨンド)の紹介:2016年アメリカ映画。長い任務の途中立ち寄ったヨークタウン。その周辺で一人の女性が遭難しているのを発見する。彼女の仲間を助けるため未知の惑星へと駆り出されたのはキャプテンカーク率いるエンタープライズ号。しかしそこに待ち受けるのは無数の小型船の数々だった。敵の攻撃を受けその惑星に墜落したエンタープライズ。そこで一人の原住民と会うことになる。スタートレックシリーズのリブート作3作目。主演は前2作から引き続きクリス・パイン。製作にJ・J・エイブラムスが参加。
監督・ジャスティン・リン 出演・ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン) スポック(ザカリー・クイント) レナード・マッコイ(カール・アーバン) ウフーラ(ゾーイ・サルダナ) モンゴメリー・スコット(サイモン・ペッグ) ヒカル・スールー(ジョン・チョー) パヴェル・チェコフ(アントン・イェルチン)ほか

「マネーモンスター」のネタバレあらすじ結末

マネーモンスターの紹介:2016年アメリカ映画。人気司会者ゲイツの番組放送中に男が銃を持って乱入。8億ドルの損失が出たアイビス社へ原因追究を求めます。
監督:ジョディ・フォスター 出演:ジョージ・クルーニー(リー・ゲイツ)、ジュリア・ロバーツ(パティ)、ジャック・オコンネル(カイル)、ドミニク・ウェスト(ウォルト)、カトリーナ・バルフ(ダイアン)、ジャンカルロ・エスポジート(パウエル)、ほか

「GANTZ:O(ガンツ:オー)」のネタバレあらすじ結末

GANTZ:O(ガンツオー)の紹介:2016年日本映画。ある日加藤は通り魔に刺し殺されてしまう。死んだはずの彼が辿りついたのは黒い球体が置かれたどこにでもある普通の部屋だった。死んだはずの人間達が謎の星人と壮絶な死闘を繰り広げる……。奥浩哉先生が週刊ヤングジャンプで2000年から13年間連載し、累計発行部数2100万部を売り上げた漫画「GANTZ」でシリーズ最凶ミッションと言われ、原作ファンでも一番人気の高い大阪ミッションの完全3DCG映画です。
監督:川村泰 声の出演:小野大輔(加藤勝)、M・A・O(山咲杏)、郭智博(西丈一郎)、早見沙織(レイカ)、池田秀一(鈴木良一)、ケンドーコバヤシ(岡八郎)、レイザーラモンRG(室谷信雄)、ほか

1 7 8 9 10 11 12 13
TOP↑