染谷将太映画一覧

染谷将太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「天地明察」のネタバレあらすじ結末

天地明察(てんちめいさつ)の紹介:2012年日本映画。碁打ちの安井算哲は独自の算術や天文学に興味を持つことから全国の北極出地を命じられます。北極星の位置を確認し、緯度を正確に測ることが難しい中、明察していき天職といわれるようになります。しかしその中で現在の暦がずれていることを聞かされ、このままでは日食月食の予測すら難しいといわれ、改暦を考えるようになります。実在した人物、初代天文方・渋川春海の生涯のお話です。
監督:滝田洋二郎 出演:岡田准一(安井算哲/渋川春海)、宮崎あおい(村瀬えん)、佐藤隆太(村瀬義益)、市川猿之助(関孝和)、横山裕(本因坊道策)、中井貴一(水戸光圀)、松本幸四郎(保科正之)、ほか

「ぶどうのなみだ」のネタバレあらすじ結末

ぶどうのなみだの紹介:2014年日本映画。葡萄づくりに専念する兄弟の元にやってきた謎多き気さくな女性、エリカ。彼らとエリカの不器用だが心温まる物語。自分の目標に向かって何かをする人の活力を描いている。
監督:三島有紀子 出演:大泉洋(アオ)、染谷将太(ロク)、安藤裕子(エリカ)、リリさん(りりィ)、江波京子(エリカの母)、大杉連(アオとロクの父)

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「東京公園」のネタバレあらすじ結末

東京公園の紹介:2011年日本映画。「東京公園」は小路幸也の小説を原作として映画化したものです。第64回ロカルノ映画祭で特別賞を受賞しています。カメラマンを志望する青年と周囲の立場の違う女性3人との関係を映し出す。最初からいろんな謎が提示されており、それをゆっくり紐解いていくことで、最後までとても気になる作りになっています。最初の疑問は、ゆっくりながらも全て丁寧に解決してくれます。公園という景色ので中で、ゆったりと人々の心情が写真のように動いていきます。
監督:青山真治 出演者:三浦春馬(志田光司)、榮倉奈々(富永美優)、小西真奈美(志田美咲)、井川遥(初島 百合香)、染谷将太(高井ヒロ)、高橋洋(初島隆史)ほか

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、ほか

「海賊とよばれた男」のネタバレあらすじ結末

海賊とよばれた男の紹介:2016年日本映画。百田尚樹のベストセラー小説「海賊とよばれた男」を実写映画化。明治~昭和にかけて幾多もの困難を乗り越え、石油事業に尽力した国岡鐡造(出光興産の創業者:出光佐三がモデル)の生き様を、戦後復興や世界市場を牛耳る石油会社との闘いを軸にストーリーが展開する。
監督:山崎貴 原作:百田尚樹 出演:岡田准一(国岡鐡造)、吉岡秀隆(東雲忠司)、染谷将太(長谷部喜雄)、鈴木亮平(武知甲太郎)、ピエール瀧(藤本壮平)、綾瀬はるか(ユキ)、堤真一(盛田辰郎)、近藤正臣(木田章太郎)、國村隼(鳥川卓巳)ほか

「聖の青春」のネタバレあらすじ結末

聖の青春(さとしのせいしゅん)の紹介:2016年日本映画。原作は大崎善生さんの「聖(さとし)の青春」。18年まで実在した天才棋士・・村上聖(1969~1998年:享年29歳)のフィクションを交えた、最後の4年間を映画化。幼少期からの難病と闘いながら棋士の道へと進んだ村山の壮絶な人生を描く。羽生善治など同世代の棋士との闘いや、周りの人たちの愛を通して描かれる。
監督:森義隆 出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、竹下景子(村山トミコ)、リリー・フランキー(森信雄)、ほか

「ヒミズ」のネタバレあらすじ結末

ヒミズの紹介:2011年日本映画。古谷実原作の人気漫画『ヒミズ』を映画化した衝撃作。中学生の住田祐一は貸しボート屋を営み、被災した半ホームレス状態の人たちに囲まれながらも平凡な生活を夢見ていた。しかしある事をきっかけに、祐一の人生は急転する。
監督:園子温 出演:染谷将太(住田祐一)、二階堂ふみ(茶沢景子)、渡辺哲(夜野正造)、諏訪太朗(まーくん)、ほか

「フレフレ少女」のネタバレあらすじ結末

フレフレ少女の紹介:2008年日本映画。ひょんなことから、廃部寸前の応援団の応援団長になってしまったヒロインが、OBや仲間たちの支えにより成長し、応援の素晴らしさや楽しさに目覚め、活躍する姿を描いた青春ストーリー。
監督:渡辺謙作 出演者:新垣結衣(百山桃子)、永山絢斗(山本龍太郎)、柄本時生(遠藤譲二)、斎藤嘉樹(大坪泰平)、染谷将太(田村晃)、ほか

「WOOD JOB!(ウッジョブ)」のネタバレあらすじ結末

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~の紹介:2014年日本映画。都会育ちの若者が山奥の村で林業をすることになり、厳しい先輩の指導や、危険と隣り合わせの過酷な状況に悪戦苦闘しながら、村人や自然との触れ合いで成長する姿を描く。2014年9月12日から14日にかけてアメリカ合衆国・ロサンゼルスで開催されたLA EigaFest 2013では招待作品として上映された。
監督:矢口史靖 出演者:染谷将太(平野勇気)、 長澤まさみ(石井直紀)、伊藤英明( 飯田与喜(よき))、 優香(飯田みき(与喜の妻))、 ほか

「白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人)」のネタバレあらすじ結末

白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人事件)の紹介:2014年日本映画。湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』の映画化。美人社員殺害の容疑者に仕立て上げられてしまった主人公の姿を通して、人々の心の根底にある悪意を浮き彫りにするサスペンスドラマ。情報が都合よくねじ曲げられていき、あたかも真実であるように描かれることの恐ろしさや危険性について考えさせられる作品となっています。
白ゆき姫殺人事件(白雪姫殺人)の出演者:井上真央(城野美姫)、綾野剛(赤星雄治)、菜々緒(三木典子)、蓮佛美沙子(狩野里沙子)ほか

「バクマン。」のネタバレあらすじ結末

映画バクマン。の紹介:2014年日本映画。大場つぐみ、小畑健原作の人気マンガ「バクマン。BAKUMAN。」の実写映画版。画力のある高校生の真城最高(通称・サイコー/佐藤健)が、些細な出来事がきっかけで、ストーリー構成力に長けている、高木秋人(通称・シュージン/神木隆之介)とタッグを組み、漫画の頂点である、「週刊少年ジャンプ」での連載を目指す、愛と青春と勝利の物語。
監督:大根仁 出演:真城最高(ましろ もりたか)/佐藤健、高木秋人(たかぎ あきと)/神木隆之介、亜豆美保/小松菜奈、川口たろう/宮藤官九郎、服部哲/山田孝之ほか

「悪の教典」のネタバレあらすじ結末

悪の教典の紹介:2012年日本映画。悪の教典は貴志祐介氏のサイコホラー小説が原作で三池崇史監督が実写化した作品。他人と共感ができない人間が様々な人間を殺戮する様が描かれます。
監督:三池崇史 出演者:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都ほか

「さよなら歌舞伎町」のネタバレあらすじ結末

さよなら歌舞伎町の紹介:2014年日本映画。ラブホテルの店長である徹はプロミュージシャンを目指す彼女に一流ホテルで働いていると嘘をついている。そんな徹が働く歌舞伎町のラブホテルに集う5組の男女の人生が交錯する1日を描いた群像劇。
監督:廣木隆一 出演:染谷将太(高橋徹)、前田敦子(飯島沙耶)、イ・ウヌ(イ・ヘナ)、ロイ(アン・チョンス)、樋井明日香(高橋美優)ほか

「バケモノの子」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。一人ぼっちの少年九太は迷い込んだバケモノの世界で一人ぼっちのバケモノ熊徹の弟子になる。人間とバケモノの心の交流を描く成長物語。
監督:細田守 声の出演:役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、リリー・フランキー、大泉洋

1 2
TOP↑