竹内結子映画一覧

竹内結子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「リング」のネタバレあらすじ結末

リングの紹介:1998年日本映画。巷で噂される呪いのビデオ、そのビデオ見た者は1週間以内に死んでしまうという。呪いのビデオは解く方法とは?ジャーナリストの浅川玲子と元夫の高山竜二は、ビデオを見てしまった息子を救うために、ビデオの呪いを解く方法を探す。
監督:中田秀夫 出演:松嶋菜々子(浅川玲子)、真田広之(高山竜司)、中谷美紀(高野舞)、沼田曜一(山村敬)、雅子(山村志津子)、竹内結子(大石智子)、ほか

「ポテチ」のネタバレあらすじ結末

ポテチの紹介:2012年日本映画。伊坂幸太郎の原作の映画化です。空き巣の今村忠司が侵入したのは今村が大ファンである尾崎の侵入してある一本の電話をきっかけに今村が見つけた大発見とは?仙台を舞台にしたハートフルコメディ映画です。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(今村忠司)木村文乃(大西若葉)大森南朋(黒澤)石田えり(今村弓子)中林大樹(落合修輔)松岡茉優(ミユ)阿部亮平(尾崎選手)桜金浩(堂島監督)竹内結子(通行人)

「殿、利息でござる!」のネタバレあらすじ結末

殿、利息でござる!の紹介:2016年日本映画。貧困に喘ぐ宿場町を救うため東奔西走する庶民達の姿を、実話を元に描いた作品。1766年、仙台藩吉岡宿は貧しさから夜逃げが相次いでいた。何とか町の未来を繋ぎたい男達は、大金を藩に貸し利息を得るという前代未聞の奇策に出る。笑いあり、涙ありの人情時代劇。仙台市出身のフィギュアスケート選手羽生結弦が特別出演したことでも話題を集めた。
監督:中村義洋 出演者:阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、千葉雄大(千坂仲内)、羽生結弦(伊達重村)ほか

「天国の本屋~恋火」のネタバレあらすじ結末

天国の本屋~恋火の紹介:2004年日本映画。原作本は最初売れ行きが良くなかったのですが、偶然本をとった店長がいたく感動し、独自に宣伝し広めベストセラーになりました。これに「恋火」のストーリーを加えて映画化したファンタジー映画。天国の本屋のオーナーに導かれて不思議な世界にやってきたピアニストの青年が、その天国の本屋でかつて憧れていたピアニストの女性と出会います。主演を務めた竹内結子は、天国の世界の女性と現世の女性の一人二役に初挑戦しています。顔は同じですが性格の違う女性をはつらつと演じています。映画の内容は心温まる作品で、見終わった後に心の中に一つ火が灯るような感覚になります。
監督:篠原哲雄 出演者: 竹内結子(長瀬香夏子・桧山翔子)、玉山鉄二(町山健太)、香里奈(由衣)、新井浩文(サトシ)、原田芳雄(ヤマキ)、香川照之(瀧本)、大倉孝ニ(マル)、ほか

「クリーピー 偽りの隣人」のネタバレあらすじ結末

クリーピー 偽りの隣人の紹介:2016年公開日本映画。第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を獲った前川裕原作の小説「クリーピー」を映画化した作品。実際に起きた事件、北九州一家殺人事件をモデルにしたとも言われる。新居に越してきた高倉夫婦はある日から隣に住む西野という奇妙な男に不信感を覚え始める。同じ頃、昔の同僚の願いで六年前に起きた一家失踪事件を調べることになる。そこで唯一の生存者である娘の早紀に会う。事件の話しを聞く内ある一人の男の存在が浮き彫りになった。そしてある日隣に住む西野の娘の口から衝撃の言葉が出てくる。あの人お父さんじゃない、知らない人です。
監督:黒沢清 出演:西島秀俊(高倉幸一)、竹内結子(高倉康子)、川口春奈(本多早紀)、東出昌大(野上)、香川照之(西野)ほか

「チームバチスタの栄光」のネタバレあらすじ結末

チームバチスタの栄光の紹介:2008年日本映画。チームバチスタの栄光は海堂尊の長編小説をもとに作られた映画です。この小説は第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞しています。心臓移植の代替手術を行う「チームバチスタ」は100%の成功率でしたが、3例立て続けに謎の術中死に遭遇します。真実を追い求めるため、主人公の田口は病院内の内偵に奮闘します。田口は原作では男性ですが、映画では竹内結子さん演じる女性へと変更されています。
監督:中村義洋 出演:竹内結子(田口公子)、阿部寛(白鳥圭輔)、吉川晃司(桐生恭一)、玉山鉄二(酒井利樹)、井川遥(大友直美)ほか

「クローズド・ノート」のネタバレあらすじ結末

クローズド・ノートの紹介:2007年日本映画。小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、引っ越しをする。そこで、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートを見つける。
監督:行定勲 出演者:沢尻エリカ(堀井香恵)、 伊勢谷友介(石飛リュウ)、 竹内結子(真野伊吹)、 黄川田将也(夏目涼)、 ほか

「黄泉がえり」のネタバレあらすじ結末

黄泉がえりの紹介:2002年日本映画。死んだはずの人間がよみがえるという「黄泉がえり(よみがえり)」をテーマに、愛する人の死と残された者の想いにスポットをあてたラブ・ファンタジー。
監督:塩田明彦 出演:草なぎ剛(川田平太)、竹内結子(橘 葵)、石田ゆり子(玲子)、哀川翔(周平)、山本圭壱(中島英也)、伊東美咲(斎藤幸子)、長澤まさみ(森下直美)、市原隼人(山田克則)、RUI(RUI)、伊勢谷友介(俊介)ほか

「いま会いにゆきます」のネタバレあらすじ結末

いま、会いにゆきますの紹介:2004年日本映画。死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説「いま、会いにゆきます」の映画化。「雨の季節になったら会いに行きます」。第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞などを受賞しています。
監督:土井裕泰 出演:竹内結子(秋穂澪)、中村獅童(秋穂巧)、武井証(秋穂佑司)、浅利陽介(高校時代の巧)、平岡祐太(高校生の佑司)、大塚ちひろ(高校時代の澪)、美山加恋(小学生の佑司の同級生)ほか

「ゴールデンスランバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンスランバーの紹介:2009年日本映画。ひょんなことから、首相暗殺の容疑者に仕立て上げられた主人公が、友人や仲間たちの協力を得ながら、逃走を繰り広げるサスペンスドラマ。伊坂幸太郎の人気小説が原作となっています。
監督:中村義洋 出演者:堺雅人(青柳)、竹内結子(晴子)、吉岡秀隆(森田)、劇団ひとり(小野)ほか

「なくもんか」のネタバレあらすじ結末

なくもんかの紹介:2009年日本映画。生き別れた兄弟の再会を描いた人情コメディー。突然の再会に喜ぶ兄と戸惑う弟、周囲の人々の姿を通して、家族のきずなを描いた感動作です。
監督:水田伸生 出演者:阿部サダヲ(下井草祐太)、瑛太(下井草祐介)、竹内結子(山岸徹子)、塚本高史(金城大介)、皆川猿時(トシちゃん)、片桐はいり(みどり)、鈴木砂羽(下井草祐子)、伊原剛志(父親・下井草健太)ほか

「残穢【ざんえ】」のネタバレあらすじ結末

残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐の紹介:2015年日本映画。ベストセラー作家小野不由美の本格ホラー小説「残穢」の映画化作品。作家の「私」はホラー小説を書くかたわら、読者からの恐怖の体験談を募集し、コラムに起こす仕事を請け負っていた。そんな日々の中で、ある女子大生から届いた奇妙な音に関する投稿を調査するうちに、連綿と続いてきた「穢れ」の深淵に取り込まれてゆく。
監督 :中村義洋 出演:竹内結子(「私」)、橋本愛(久保さん)、坂口健太郎(三澤徹夫)、滝藤賢一(直人)、佐々木蔵之介(平岡芳明)、山下容莉枝(担当編集者・田村さん)、成田凌(山本くん)ほか

「ストロベリーナイト」のネタバレあらすじ結末

ストロベリーナイトの紹介:2013年日本映画。テレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版で、誉田哲也原作の人気小説「インビジブルレイン」をもとにある連続殺人事件に絡んだ思いがけない出来事の顛末を描く。
監督:佐藤佑市 出演者:竹内結子(姫川玲子)、西島秀俊(菊田和男)、大沢たかお(牧田勲)、小出恵介(葉山則之)、宇梶剛士(石倉保)、丸山隆平(湯田康平)ほか

「いま、会いにゆきます」のネタバレあらすじ結末

いま、会いにゆきますの紹介:2004年日本映画。亡くなったはずの妻が戻ってきた6週間の奇蹟を描いたラブ・ファンタジー。夫婦の変わらぬ愛情と家族の絆に、涙が止まらなくなります。市川拓司のベストセラー小説が原作となっています。
監督:土井裕泰 出演者:竹内結子(秋穂澪)、中村獅童(秋穂巧)、武井証(祐司 幼少期)、平岡祐太(秋穂祐司 高校生)、浅利陽介(高校時代の秋穂巧)、大塚ちひろ(高校時代の澪)、 美山加恋(小学生の佑司の同級生)ほか

「ステキな金縛り」のネタバレあらすじ結末

ステキな金縛りの紹介:2010年日本映画。三谷幸喜監督と深津絵里が再びタッグを組んだ。殺人事件の容疑者になってしまった依頼人のアリバイを証明するため、三流弁護士のエリが落武者の幽霊(西田敏行)を法廷に立たせる前代未聞のドタバタ法廷映画!
監督 ・脚本:三谷幸喜 出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信ほか

TOP↑