ウィル・スミス映画一覧

ウィル・スミスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「最後の恋のはじめ方」のネタバレあらすじ結末

最後の恋のはじめ方の紹介:2005年アメリカ映画。デートドクターと言われる、モテない男性の恋を実らせるという仕事をしているヒッチは、ある日見るからに冴えない男性から相談を受けます。男性が思いを寄せるのはみんなの高嶺の花の有名人でした。
監督:アンディ・テナント 出演:ウィル・スミス(アレックス・ヒッチ)、エヴァ・メンデス(サラ・ミラス)、ケヴィン・ジェームズ(アルバート・ブレナマン)、アンバー・ヴァレッタ(アレグラ・コール)、ジュリー・アン・エメリー(ケイシー)、ほか

「バッドボーイズ2バッド」のネタバレあらすじ結末

バッドボーイズ2バッドの紹介:2003年アメリカ映画。マイケル・ベイの監督デビュー作「バッドボーイズ」(1995年)の続編です。マイアミ市警の凄腕刑事コンビが、アメリカとキューバを股にかけて合成麻薬を密売する巨大シンジケート壊滅作戦に挑みます。
監督:マイケル・ベイ 出演者:マーティン・ローレンス(マーカス・バーネット)、ウィル・スミス(マイク・ラーリー)、ガブリエル・ユニオン(シド)、ジョー・パントリアーノ(ハワード警部)、ジョルディ・モリャ(ジョニー・タピア)ほか

「バッドボーイズ」のネタバレあらすじ結末

バッドボーイズの紹介:1995年アメリカ映画。「アルマゲドン」「トランスフォーマー」などを手掛けたマイケル・ベイの監督デビュー作です。マイアミ市警の刑事コンビが、72時間以内の解決を目指し、1億ドル相当の麻薬が絡んだ事件に挑みます。
監督:マイケル・ベイ 出演者:マーティン・ローレンス(マーカス・バーネット)、ウィル・スミス(マイク・ラーリー)、ティア・レオーニ(ジュリー・モット)、ジョー・パントリアーノ(ハワード警部)、チェッキー・カリョ(フーシェ)ほか

「エネミー・オブ・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

エネミー・オブ・アメリカの紹介:1998年アメリカ映画。ひょんなことから国家絡みの殺人事件の証拠を掴んでしまった弁護士が、何も事情を知らぬまま全米を敵に回してしまい、元NSA(国家安全保障局)工作員の助けを借りて事件の真相を追及しようとする姿を描いたサスペンスアクション映画です。
監督:トニー・スコット 出演者:ウィル・スミス(ロバート・クレイトン・ディーン)、ジーン・ハックマン(エドワード・“ブリル”・ライル)、ジョン・ヴォイト(トーマス・ブライアン・レイノルズ)、リサ・ボネット(レイチェル・F・バンクス)、レジーナ・キング(カーラ・ディーン)ほか

「素晴らしきかな、人生」のネタバレあらすじ結末

素晴らしきかな、人生の紹介:2016年アメリカ映画。失意のどん底に突き落とされた男が、友人や奇妙な舞台俳優と出会うことで生きる力を取り戻すドラマ映画。大変豪華なキャスティングで注目を集め、プラダやグッチ、トム・フォードといった著名なブランドが協力している。また、監督のデヴィッド・フランケルは2006年に大ヒットした映画「プラダを着た悪魔」の監督として知られている。
監督:デヴィッド・フランケル 出演:ウィル・スミス(ハワード)、ケイト・ウィンスレット(クレア)、エドワード・ノートン(ホイット)、キーラ・ナイトレイ(エイミー)、ヘレン・ミレン(ブリジット) ほか

「インデペンデンス・デイ」のネタバレあらすじ結末

インデペンデンス・デイの紹介:1996年アメリカ映画。7月2日。当たり前の日常を送っていた人類の頭上に、巨大な宇宙船がアメリカや世界の主要都市上空に出現します。アメリカ政府が宇宙船とコンタクトを試みたと同時に、世界各地で攻撃が開始されます。7月4日、アメリカ独立記念日。廃墟の中で人類は、エイリアンに反旗を翻します。数千人のエキストラを動員し、エイリアンの攻撃で都市が一瞬にして壊滅するシーンは迫力満点です。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演者:ウィル・スミス(スティーブン・ヒラー大尉)、ジェフ・ゴールドブラム(デイヴィッド・レヴィンソン)、ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア大統領)、ランディ・クエイド(ラッセル・ケイス)、コンスタンス“コニー”・スパノ補佐官(マーガレット・コリン)ほか

「スーサイドスクワッド」のネタバレあらすじ結末

スーサイド・スクワッドの紹介:2016年アメリカ映画。特殊能力を持った超個性的なキャラクター達の属する部隊「スーサイド・スクワッド」と、魔の力によって人類を滅脳させようとする怪物エンチャントレスとの戦いを描いた作品。史上最強に”悪かわいい”ヒロインと悪党たちの物語。彼らは正義のためではなく、自らのためだけに戦います。スーサイド・スクワッドはDCヒーローが集結する「ジャスティス・リーグ」(DCエクステンテッド・ユニバース)シリーズの番外編で、「スーパーマン~マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン~ジャスティスの誕生」からの続きです。DCコミックスに登場するたくさんの悪役が危険な任務に挑む決死部隊“スーサイド・スクワッド”を結成。悪vs悪の戦いを繰り広げるアクション映画です。
監督:デヴィッド・エアー 出演:ウィル・スミス(デッドショット(フロイド・ロートン))、ジャレッド・レトー(ジョーカー)、マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン(ハーリーン・クインゼル))、ほか

「アフター・アース」のネタバレあらすじ結末

アフター・アースの紹介:2013年アメリカ映画。試験に落ち念願のレンジャーになることが出来なかったキタイは父の勧めである任務へと同行する。任務地へと向かう宇宙の旅の途中キタイ達の乗る船に小惑星の嵐がぶつかる。ワープを使い難を逃れるもボロボロになってしまた船ではこれ以上の航海は無理だった。そして目の前にある一つの星へと緊急着陸することになる。それはかつて人類が住んでいた星、地球だった。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演:キタイ(ジェイデン・スミス)、サイファ(ウィル・スミス)、ファイア(ソフィー・オコネドー)、センシ(ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ)ほか

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のネタバレあらすじ結末

インデペンデンス・デイ:リサージェンスの紹介:2016年アメリカ映画。1996年公開の大ヒット作「インデペンデンス・デイ」の続編。20年前のエイリアンの侵略から生還した人類は向上した技術を使いエイリアンの襲撃に備えていた。7月4日のインデペンデンス・デイ(独立記念日)を祝っていた人類の前にまたもエイリアンの宇宙船が現れる。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:リアム・ヘムズワース(ジェイク)、ジェフ・ゴールドブラム(デイビッド)、ビル・プルマン(トーマス)、マイカ・モンロー(パトリシア)ほか

「ハンコック」のネタバレあらすじ結末

ハンコックの紹介:2008年アメリカ映画。自由自在に空を飛び銃弾にもひるまない不老不死の男ハンコック。彼は街の平和を守りながらもその勝手気ままな生活と度重なる街の破壊行為に住民からは厄介者扱いされていた。ある日ハンコックに命を救われた営業マンのレイはお礼にと彼を家に招く。そこで出会った彼の妻メアリーからは嫌な目を向けられるがそれには訳があった。そしてレイはハンコックの信用を取り戻すためある計画を立てる。
監督:ピーター・バーグ 出演:ハンコック(ウィル・スミス)、レイ(ジェイソン・ベイトマン)、メアリー(シャーリーズ・セロン)、アーロン(ジェイ・ヘッド)ほか

「メン・イン・ブラック3」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック3(MIB3)の紹介:2012年アメリカ映画。メン・イン・ブラックシリーズ3作目。月にある刑務所からあるエイリアンが逃げ出した。エージェントKに強い恨みを持つ彼は過去に戻り若い頃のエージェントKを殺そうと考えた。そしてある日エージェントJの前からKが姿を消してしまう。それどころかKの存在を覚えている者はJ以外にいなかった。さらに地球に絶滅したはずのボグロダイト星人が襲撃してくる。Jは地球を守るため、そしてKを戻すために過去の世界にタイムスリップする。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演:エージェントJ(ウィル・スミス) エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ) ヤング・エージェントK(ジョシュ・ブローリン) ボリス・ジ・アニマル(ジェマイン・クレメント) グリフィン(マイケル・スタールバーグ)ほか

「ALI アリ」のネタバレあらすじ結末

ALI アリの紹介:2001年アメリカ映画。世界的に有名で伝説的な黒人のプロボクサー、モハメドアリをアメリカのスターであるウィルスミスが演じた作品で、彼は今作でアカデミー主演男優賞にノミネートされました。
監督:マイケル・マン 出演:ウィル・スミス(モハメド・アリ)、ジェイミー・フォックス(ドリュー“バンディーニ”ブラウン)、ジェフリー・ライト(ハワード・ビンガム)、ジョン・ヴォイト(ハワード・コーセル)、マリオ・ヴァン・ピーブルズ(マルコムX)ほか

「メン・イン・ブラック2」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック2の紹介:2002年アメリカ映画。メンインブラックシリーズの第2弾で、前作メン・イン・ブラックよりも評価は低くなっていますが、マイケルジャクソンがカメオ出演するなど楽しい雰囲気の作品となっています。
監督 :バリー・ソネンフェルド 出演:トミー・リー・ジョーンズ(K)、ウィル・スミス(J)、リップ・トーン(Z)、ロザリオ・ドーソン(ローラ)ほか

「メン・イン・ブラック」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック(MIB)の紹介:1997年アメリカ映画。アメリカの都市伝説である黒ずくめのスーツを着てサングラスをつけた男たち、通称、メンインブラックをコメディ化、パロディにして面白おかしく描いた作品です。
監督:バリー・ソネンフェルド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トミー・リー・ジョーンズ(K)、ウィル・スミス(エドワーズ/J)、リンダ・フィオレンティーノ(ローレル)、ヴィンセント・ドノフリオ(エドガー/バグ)、リップ・トーン(Z)ほか

「アイロボット」のネタバレあらすじ結末

アイロボットの紹介:2004年アメリカ作品。SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集:われはロボットをモチーフとしたSFサスペンスアクション。2035年の未来はロボットが人間のサポート役として家庭に溶け込み、人間もロボットにより快適に過ごしていた。人間に支配され言いなりになっていたロボットたちが人を支配しようとし始める。
監督:アレックス・プロヤス 出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライドほか

1 2
TOP↑