ウィノナ・ライダー映画一覧

ウィノナ・ライダーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「若草物語」のネタバレあらすじ結末

若草物語の紹介:1994年アメリカ映画。南北戦争を背景に、4姉妹の絆と成長を描いた少女文学の名作が、忠実かつ情感豊かに仕上げられた作品です。次女ジョーを演じるウィノナ・ライダーが、女流作家を志す強い意思を持つ役柄を好演しています。四女エイミーには当時子役として頭角を現していたキルスティン・ダンスト、ジョーに心を寄せる隣家の青年ローリー役を、「バットマン」シリーズなどで知られるクリスチャン・ベールが演じています。更に、4姉妹を愛情深く支える母親役に大女優のスーザン・サランドンが起用されるなど、超豪華キャストの競演が魅力です。アカデミー賞にもノミネートされたほどの、慎ましくも洗練された衣装デザインも見所の1つです。
監督:ジリアン・アームストロング 出演者:ウィノナ・ライダー(ジョー)、クリスチャン・ベール(ローリー)、スーザン・サランドン(母)、ほか

「インフォーマーズ セックスと偽りの日々」のネタバレあらすじ結末

インフォーマーズ セックスと偽りの日々の紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。1994年に出版されたブレット・イーストン・エリスの短編小説集「インフォーマーズ」を映画化した作品で、1980年代を舞台に薬物依存・セックス・家族崩壊・犯罪など退廃的な日々を送るセレブたちの姿を描いています。
監督:グレゴール・ジョーダン 出演者:ビリー・ボブ・ソーントン(ウィリアム・スローン)、キム・ベイシンガー(ローラ・スローン)、ミッキー・ローク(ピーター)、ウィノナ・ライダー(シェリル・ムーア)、ブラッド・レンフロ(ジャック)ほか

「バトルフロント」のネタバレあらすじ結末

バトルフロントの紹介:2013年アメリカ映画。チャック・ローガンの犯罪小説を原作としています。バイオレンスだけではなく、娘を想う親の気持ちも丁寧に描かれており、見応えがあります。主人公は自分の仕事に使命感を持って働いていましたが、そのことで家族が危険にさらされてしまいます。大変だけど、使命を持っている仕事を続けるのか、それとも家族を犠牲にするくらいなら、すっぱりと仕事えを辞めた方が良いのか考えさせられます。
監督: ゲイリー・フレダー 出演: ジェイソン・ステイサム(フィル・ブローカー)、ジェームズ・フランコ(モーガン・“ゲイター”・ボーダイン)、ウィノナ・ライダー(シェリル・マリー・モット)、ケイト・ボスワース(キャシー・ボーダイン・クルム)、レイチェル・レフィブレ(スーザン・ハッチ)ほか

「スター・トレック (2009年)」のネタバレあらすじ結末

スター・トレックの紹介:2009年アメリカ映画。スタートレックシリーズ11作目で、リブート版1作目。SFテレビや映画の名作「スター・トレック」を、往年のファンも、そうでない人も楽しめる娯楽に仕上げたのが本作品です。カークとスポットの生い立ち、2人が対立しながらも徐々に友情が芽生えていく様を、宇宙艦隊エンタープライズ号の誕生話と絡めて描いています。コスチュームや艦隊のフォルムなど、従来の雰囲気はそのままに、圧倒的なスケールと、緩急つけたテンポ感はJ・J・エイブラムスならではの仕上がりです。
監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン(ジェームズ・T・カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、エリック・バナ(ネロ)、ウィノナ・ライダー(アマンダ・グレイソン)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、ブルース・グリーンウッド(クリストファー・パイク)、ほか

「セレブリティ」のネタバレあらすじ結末

セレブリティの紹介:1998年アメリカ映画。セレブリティの世界の内情をシニカルに描いたブラックユーモア満載の人間ドラマ。人生の皮肉を描くのが得意なウッディ・アレンの本領が存分に発揮された作品に仕上がっています。作中では多くのセレブリティが登場し、豪華なキャスト陣も作品の目玉となっています。
監督:ウディ・アレン 出演:ケネス・ブラナー、ジュディ・デイヴィス、レオナルド・ディカプリオ、メラニー・グリフィス、ジョー・マンテーニャ、ウィノナ・ライダー、
シャーリーズ・セロン ほか

「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のネタバレあらすじ結末

エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事の紹介:1993年アメリカ映画。1921年ピュリッツァー賞を受賞したE・ウォートンの同名小説を巨匠M・スコセッシが映画化。19世紀末のニューヨーク社交界。厳格で閉鎖的な社交界という空間の中で、婚約者がいる青年と離婚寸前の伯爵夫人が背徳の恋に落ちていきます。悩み葛藤する純粋すぎる2人の愛は、社交界の掟に飲み込まれていきます。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ダニエル・デイ=ルイス(ニューランド・アーチャー)、ミシェル・ファイファー(エレン・オレンスカ)、ウィノナ・ライダー(メイ・ウェランド)、ジェラルディン・チャップリン(ミセス・ウェランド)、マイケル・ガフ(ヘンリー・ヴァン・デル・ライデン)ほか

「ヘザース/ベロニカの熱い日」のネタバレあらすじ結末

ヘザース/ベロニカの熱い日の紹介:1989年アメリカ映画。学園の権力を握るグループにこき使われ、貶められた主人公が、恋人とともに仕返しをするうちに恋人の行動がエスカレートし、やがて学園全体を揺るがす計画を知る。
監督:マイケル・レーマン 出演:ウィノナ・ライダー(ベロニカ)、クリスチャン・スレイター(JD)、シャナン・ドハティ(ヘザー・デューク)、リザンヌ・フォーク(ヘザー・マクナマラ)、ほか

「ドラキュラ」のネタバレあらすじ結末

ドラキュラの紹介:1992年アメリカ映画。最愛の妻エリザベートを亡くしたドラクルは、神を憎み吸血鬼と変貌します。400年後、彼は亡き妻と瓜二つのミナという女性に会います。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を原作とし、監督は「ゴッドファーザー」シリーズの巨匠F・F・コッポラです。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:ゲーリー・オールドマン (ドラキュラ伯爵)、ウィノナ・ライダー(ミナ/エリザベータ)、アンソニー・ホプキンス(ヘルシング教授)、キアヌ・リーヴス(ジョナサン)、リチャード・E・グラント(ジャック・セワード)ほか

「オータム・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

オータム・イン・ニューヨークの紹介:2000年アメリカ映画。本気の恋愛をしたことがない主人公が、余命わずかのヒロインと恋をして、真実の愛を知っていく姿を描いた切ないラブ・ストーリー。秋のニューヨークの美しい風景も見どころの一つとなっています。
監督:ジョアン・チェン 出演者:リチャード・ギア(ウィル・キーン)、ウィノナ・ライダー(シャーロット・フィールディング)、ジリアン・ヘネシー(リン)、アンソニー・ラパリア(ジョン)ほか

「17歳のカルテ」のネタバレあらすじ結末

17歳のカルテの紹介:1999年アメリカ映画。スザンナケイセンの回顧録を元に映画化した作品で、精神病院に入院した少女たちの葛藤が描かれており、今作ではアンジェリーナジョリーがアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
監督 :ジェームズ・マンゴールド 出演:ウィノナ・ライダー(スザンナ)、アンジェリーナ・ジョリー(リサ)、クレア・デュヴァル(ジョージーナ)、ウーピー・ゴールドバーグ(ヴァレリー)、ジャレッド・レトー(トビー)ほか

「ビートルジュース」のネタバレあらすじ結末

ビートルジュースの紹介:1988年アメリカ映画。ある日突然死んでしまった夫婦が、売りに出された自分たちの家に引っ越してきた一家を追い出すために奮闘するブラック・コメディ。
監督:ティム・バートン 出演:マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダーほか

「エイリアン4」のネタバレあらすじ結末

エイリアン4の紹介:1997年アメリカ映画。フランスの監督が手がけたエイリアンであり、今作ではいままでの作品ではなかった水中でのエイリアンなど、多種多様なものがあり、楽しめます。エイリアンシリーズ4作目。
監督:ジャン・ピエール・ジュネ 出演:シガニー・ウィーバー、ウィノナ・ライダー、マイケル・ウィンコット、ドミニク・ピノンほか

「シザーハンズ」のネタバレあらすじ結末

1990年アメリカ映画 監督:ティム・バートン 出演者: ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー、ダイアン・ウィースト、アンソニー・マイケル・ホール、キャシー・ベイカーほか
シザーハンズの紹介:エドワードは発明家博士によって生み出された人造人間。しかし完成直前に博士が急死したため両手がハサミのままに。純真無垢な心の人造人間と少女との交流を描くファンタジー映画

TOP↑