「SOSタイタニック/忘れえぬ夜」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

SOSタイタニック/忘れえぬ夜の紹介:1958年イギリス映画。1912年4月10日、イギリスが誇る世界最大の豪華客船タイタニック号は2000人以上もの人々を乗せてニューヨークへの処女航海に出る。だが4月14日「忘れえぬ夜」が来る。タイタニック号の悲劇について最初の本格的研究であるウォルター・ロード著のノンフィクションA Night To Remember(日本語訳タイトルは『タイタニック号の最期』)を原作とし、当時存命だった遭難事故生存者の協力も得て製作されたドラマ映画。ミニチュアを駆使した特撮とリアルなセットでの撮影により、運命の夜を再現する。その後の研究を取り入れた『タイタニック』(1997年)の方が船の沈没の経過を正確に描いているが、技術への驕りや災害に立ち向かう乗務員たちの活躍、極限状況での船客の振る舞いを描いた本作の価値は失われない。
監督:ロイ・ウォード・ベイカー 出演:ケネス・モア(二等航海士ライトラー)、オナー・ブラックマン(ルーカス夫人)、マイケル・グッドリフ(トーマス・アンドリュース)、ケネス・グリフィス(通信士フィリップス)、フランク・ロートン(イズメイ社長)、デヴィッド・マッカラム(通信士ブライド)、ローレンス・ネイスミス(スミス船長)、ジョージ・ローズ(パン焼き主任ジョーヒン)、ほか

「生きるべきか死ぬべきか」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

生きるべきか死ぬべきかの紹介:1942年アメリカ映画。1939年.ヒトラーの野心に怯えるポーランドの首都ワルシャワ。劇団のスターであるヨーゼフの妻で相手役でもあるマリアと若い軍人との情事が進行中だった。やがて劇団は、ドイツ軍に占領された街でナチ相手の大芝居を打つ。本作はアメリカの第二次世界大戦への参戦前に製作が開始され、公開は参戦後になった。サスペンスと色恋をめぐるギャグとが一体となった、コメディー映画の名作でルビッチ監督の代表作の一つだが、公開当時は時局にふさわしくない悪趣味な映画として否定的な評価が強かった。コメディーを得意としたキャロル・ロンバートは戦時公債キャンペーン中に飛行機事故で死亡し、この作品が遺作となった。『メル・ブルックスの大脱走』(1983年)は本作のリメイク
監督:エルンスト・ルビッチ 出演者:キャロル・ロンバート(マリア・トゥラ)、ジャック・ベニー(ヨーゼフ・トゥラ)、ロバート・スタック(ソビンスキー中尉)、ライオネル・アトウィル(ラウィッチ)、フェリックス・ブレサート(グリーンバーグ)、シグ・ルーマン(エアハルト大佐)、トム・デューガン(ブロンスキー)、スタンリー・リッジス(シレツキー教授)、ほか

「本当の僕を教えて」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

本当の僕を教えての紹介:2019年イギリス映画。交通事故によって一卵性の双子のアレックスが記憶喪失になってしまいます。その35年後にアレックスと双子兄弟のマーカスそれぞれにインタビューを行い、当時を振り返ってもらいます。インタビューを重ねていくうちに、2人の両親の衝撃的事実が徐々に浮かび上がるドキュメンタリー映画です。
監督:エド・パーキンス 出演:アレックス・ルイス、マーカス・ルイス、アンドリュー・ケーリー、キャスリーン・レイ、ほか

「劇場版Free! Road to the World 夢」のネタバレあらすじ結末

2021/04/18掲載

劇場版 Free!-Road to the World-夢の紹介:2019年日本映画。TVアニメ「Free」の劇場版第4弾。TVアニメ第3期の総集編に新規映像を追加したものとなります。燈鷹(ひだか)大学に入学した七瀬遙は水泳部に入部し新たなスタートを切ります。一方、竜ヶ崎怜が部長となった岩鳶高校水泳部も新入部員を迎えます。新入部員を気遣いながらも成長した怜と葉月渚はインターハイ出場を果たします。その頃、遙は、フリーの世界記録保持者アルベルトに負けたことで調子を崩しますが、松岡凛に励まされ復調します。そして世界大会に出場するメンバーを決める全日本選抜が始まります。
監督:河浪栄作 声優:七瀬遙(島﨑信長)、橘真琴(鈴木達央)、松岡凛(宮野真守)、桐嶋郁弥(内山昂輝)、椎名旭(豊永利行)、葉月渚(代永翼)、竜ヶ崎怜(平川大輔)、遠野日和(木村良平)、山崎宗介(細谷佳正)、桐嶋夏也(野島健児)、芹沢尚(日野聡)

「ゲット・イン」のネタバレあらすじ結末

2021/04/17掲載

ゲット・インの紹介:2019年フランス,ベルギー映画。2週間の休暇中、家政婦に家を貸していたポール一家でしたが、家に戻ると自宅を乗っ取られていました。法律上、借主に権利があると言われたポールは、自宅を取り戻すため、キャンプ場の管理人ミッキーの力を借りますが、ミッキーには別の魂胆がありました。実際にあった話を元に作られた、バイオレンス作品です。
監督:オリヴィエ・アブー 出演者:アダマ・ニアネ(ポール・ディアロ)、ステファン・カラード(クロエ・ディアロ)、ポール・アミー(ミッキー)、エディー・ルデュック(フランク)、ユベール・ドゥラットル(エリック)ほか

「監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影」のネタバレあらすじ結末

2021/04/17掲載

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影の紹介:2020年アメリカ映画。FacebookやInstagram、Twitterなどを手掛ける大手テック業界で働いていた人々が、デジタル社会がもたらす脅威を暴露するドキュメンタリー映画。テック業界はユーザーをどのように捉えているのか、どのようにして人類に脅威を与えているのか、現状やデータを元に分析された話が展開されていきます。
監督:ジェフ・オーロースキー 出演:トリスタン・ハリス、ティム・ケンダル、ロジャー・マクナミー、ショシャナ・ズボフ博士、チャマス・パリハピティヤ、ほか

「ペトラは静かに対峙する」のネタバレあらすじ結末

2021/04/17掲載

ペトラは静かに対峙するの紹介:2018年スペイン,フランス,デンマーク映画。自分の父親を探す主人公ペトラが、父親と思われる人物に接触していった事により、数奇な運命に巻き込まれていく様を描いた作品。7章にもなるパートに分かれてストーリーは語られますが、順序バラバラに語られるのが斬新な切り口と言えます。
監督:ハイメ・ロサレス 出演:バルバラ・レニー(ペトラ)、アレックス・ブレンデミュール(ルカス)、ジョアン・ボテイ(ジャウメ)、マリサ・パレデス(マリサ)、ほか

「AVA/エヴァ」のネタバレあらすじ結末

2021/04/17掲載

AVA/エヴァの紹介:2020年アメリカ映画。美しい容姿に知性、圧倒的な戦闘能力も持つ暗殺者エヴァ。組織に命じられた任務を着実に遂行しながらも、標的を殺害することに常に疑念を抱いていた。ある時、エヴァは極秘任務に臨むもののなぜか正体が知られ、敵との銃撃戦になってしまう。なんとか生き延びたものの、自分を陥れようとする何者かの存在を疑い、次第に組織への不信感を募らせていく。そして組織の危険因子としてエヴァを始末しようとする暗殺者サイモンの手が及ぼうとしていた…。『AVA/エヴァ』は、ジェシカ・チャステイン主演のアクション映画。チャステインが激しいアクションを見せてくれます。
監督:テイト・テイラー 出演:ジェシカ・チャステイン(エヴァ)、コモン(マイケル)、ジョン・マルコヴィッチ(デューク)、コリン・ファレル(サイモン)、ジョアン・チェン(トニ)、ジーナ・デイヴィス、ヨアン・グリフィズ、ほか

「キル・リスト」のネタバレあらすじ結末

2021/04/16掲載

キル・リストの紹介:2011年イギリス映画。元軍人のジェイは、殺し屋家業で生計を立てていましたが、キエフでヘマをしてから仕事か来なくなり、金も尽きたことから夫婦喧嘩が絶えませんでした。そんな時、友人で仕事仲間のガルがやって来て、仕事を持って来ました。高額報酬に喜んだ二人でしたが、大きな罠が待っており…という内容のカルト宗教集団の餌食になるというホラー映画です。
監督:ベン・ウィートリー 出演者:ニール・マスケル(ジェイ)、マイケル・スマイリー(ガル)、マイアンナ・バーリング(シェル)、エマ・フライヤー(フィオナ)ほか

「ゲーム・オブ・クラウン」のネタバレあらすじ結末

2021/04/16掲載

ゲーム・オブ・クラウンの紹介:2014年アメリカ,オーストラリア,タイ映画。二人でタイ旅行するはずだった親友のペニーと喧嘩したアビーは、別々にタイへ向かいました。アビーが着くと、ペニーがピエロに監禁されている動画が送られてきます。現地で知り合った、映画を撮影するベンと恋人のジュエルと共にペニーを助けるために、指示通りの行動を始めた3人でしたが…という内容のホラー映画です。全編POV撮影ですが、カメラブレは少なく見やすくなっています。
監督:ブラッドレイ・ストライカー 出演者:アレクサンドラ・ターシェン(アビー)、キーナン・ヘンソン(ベン)、ケイトリン・クロムウェル(ジュエル)、ブラッドレイ・ストライカー(デール)、エイミー・バースキ(ダビサ)、クリスタ・ドナーゴ(ペニー)ほか

「少女は悪魔を待ちわびて」のネタバレあらすじ結末

2021/04/16掲載

少女は悪魔を待ちわびての紹介:2016年韓国映画。15年前、殺人鬼ギボムに刑事だった父親を殺された少女ヒジュが、出所したギボムに刑事たちを利用しながら復讐をしていくという、クライムサスペンスです。韓国映画らしく複雑に絡む人間関係と、予想外の展開が見どころの作品です。
監督:モ・ホンジン 出演者:シム・ウンギョン(ナム・ヒジュ)、キム・ソンオ(キム・ギボム)、ユン・ジェムン(チョ・デヨン班長)、アン・ジェホン(チャ・デソプ刑事 )、チョン・ヘギュン(ユ刑事)、ほか

「ドッペルゲンガー 複製された者」のネタバレあらすじ結末

2021/04/16掲載

ドッペルゲンガー 複製された者の紹介:2016年ブラジル映画。仕事をしない職員たちに頭を悩ませていた特許庁の部長リスボアは、申請されたタイムマシンで人間の複製が出来ることを知り、職員たちの複製を作って仕事をやらせようと実行しますが…という内容の、ブラジル発のSFコメディ映画です。後半は本物と複製が入り乱れ、どっちがどっちかわからなくなってしまう展開です。
監督:サンティアゴ・デラペ 出演者:エドゥ・モラセス(ジョナス)、エウシー・デ・ソウザ(リスボア)、ビアンカ・ミュラー(カロル)、アンドレ・デカ(ゼ)、ロザンナ・ヴィエガス(シャーリー)ほか

「ザ・ライダー」のネタバレあらすじ結末

2021/04/15掲載

ザ・ライダーの紹介:2017年アメリカ映画。カウボーイのブレイディはロデオで落馬をして頭部に大怪我を負い、右手に後遺症を抱えます。医者から乗馬をすることを禁じられていましたが、馬を愛していたブレイディはそれを無視して、乗馬を続けながら自分の人生と向き合います。この作品は全て実名で演じられており、演じている人の実話がベースになっています。ブレイディ・ジャンドローは現実でもカウボーイとして生活しています。アカデミー賞前哨戦と言われているゴッサム・インディペンデント映画賞と全米映画批評家教会で作品賞を受賞し、日本劇場未公開でありながら、隠れた名作と話題になっている映画です。
監督:クロエ・ジャロ 出演:ブレイディ・ジャンドロー(ブレイディ)、リリー・ジャンドロー(リリー)、レイン・スコット(レイン)、ティム・ジャンドロー(ブレイディの父)、ほか

「家族に乾杯」のネタバレあらすじ結末

2021/04/15掲載

家族に乾杯の紹介:2016年フランス映画。両親たちが離婚と再婚を繰り返した結果、大家族になったバスティアン。両親たちの都合でさまざまな家を行ったり来たりする生活にうんざりしている中、現在の父親ユーゴーの亡き母親の空き家の存在を知ります。そこを兄弟7人の子どもだけの家にして、親たちが順番に面倒を見にくるというシステムを思いつきます。最初は大反対だった親たちでしたが、この効率的な暮らし方を楽しみ始めます。しかし、その家の売却が決定してしまいます。子どもたちが家を守るために取り組む、フランス・パリを舞台にしたファミリーコメディ映画です。
監督:ガブリエル・ジュリアン=ラファリエール 出演:Teïlo Azaïs(バスティアン)、ジュリー・ガイエ(ソフィ)、ルシアン・ジーン・バプティスト(ユーゴー)、ティエリー・ヌーヴィック(フィリップ)、Lilian Dugois(オスカー)、ほか

「月は上りぬ」のネタバレあらすじ結末

2021/04/15掲載

月は上りぬの紹介:1955年日本映画。大スター田中絹代の監督2作目。脚本は小津安二郎が斎藤良輔と共同で執筆している。日活の製作ではあるが笠智衆や佐野周二が出演しているため、まるで松竹映画のような雰囲気になっている。
監督:田中絹代 出演:笠智衆(浅井茂吉)、山根寿子(浅井千鶴)、杉葉子(浅井綾子)、北原三枝(浅井節子)、安井昌二(安井昌二)、三島耕(雨宮渉)、佐野周二(高須俊介)、増田順二(田中豊)、小田切みき(女中文や)、田中絹代(下働き米や)、汐見洋(禅寺の住持慈海)、ほか

1 2 3 4 5 764

キーワードから探す

TOP↑