「アラン・ドロンのゾロ」のネタバレあらすじ結末

2020/02/20掲載

アラン・ドロンのゾロの紹介:1974年イタリア,フランス映画。ジョンストン・マッカレーの小説『怪傑ゾロ』を原作に、本作が出演映画通算50作目となるアラン・ドロンを主役に迎えて製作したアクション作品です。スペインの統治下にあった頃のメキシコを舞台に、圧政に虐げられる民衆を救うために仮面の義賊“ゾロ”となった剣の達人の戦いを描きます。
監督:ドゥッチョ・テッサリ 出演者:アラン・ドロン(ディエゴ/ゾロ)、オッタヴィア・ピッコロ(オルテンシア)、スタンリー・ベイカー(ウェルタ大佐)、エンツォ・セルシコ(ホアキン)、ムスターシュ(ガルシア軍曹)、ジャコモ・ロッシ・スチュアート(フリッツ・フォン・メルケル大尉)、アドリアーナ・アスティ(前総督夫人カルメン)、ジャンピエロ・アルベルティーニ(フランシスコ修道士)、マリノ・マッセ(ミゲル総督)ほか

「悪名無敵」のネタバレあらすじ結末

2020/02/20掲載

悪名無敵の紹介:1965年日本映画。「悪名」シリーズの第11作。ポン引きにひっかかった女の子を助けようと朝吉と清次が体を張ってヤクザ組織に対抗する。八千草薫が珍しく蓮っ葉な売春婦役を演じている。監督はこの悪名シリーズが代表作となる田中徳三。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(清次)、八千草薫(朱美)、藤村志保(百合子)、千波丈太郎(常公)、花澤徳衛(元締)

「第三の悪名」のネタバレあらすじ結末

2020/02/20掲載

第三の悪名の紹介:1963年日本映画。「悪名」シリーズの第5作。モートルの貞の命を奪ったカポネへの復讐譚で、長い殴り合いの場面が見どころ。長門裕之が脇役としていい味を出している。スタッフは田中監督以下、脚本=依田義賢、撮影=宮川一夫といういつものメンバー。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(清次)、長門裕之(修)、月丘夢路(お妻)、藤原礼子(お照)、南道郎(カポネ)、西村晃(松島の元締)、菅井一郎(小杉久左衛門)、矢島陽太郎(小杉静男)、ほか

「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」のネタバレあらすじ結末

2020/02/20掲載

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~の紹介:2019年日本映画。太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で戯曲化した作品を、実写映画化。戦後の復興期、大勢の愛人を抱えるダメ男と、金に目がない担ぎ屋の女性が、偽の夫婦を演じることで巻き起こる騒動や人間模様を描く。
監督:成島出 出演:大泉洋(田島周二)、小池栄子(永井キヌ子)、水川あさみ(大櫛加代)、橋本愛(水原ケイ子)、緒川たまき(青木保子)、木村多江(田島静江)、皆川猿時(水原健一)、田中要次(採石場の親方)、池谷のぶえ(デザイナー)、犬山イヌコ(佳乃)、水澤紳吾(闇市のブローカー)、戸田恵子(易者)、濱田岳(清川伸彦)、松重豊(漆山連行)、ほか

「続・新悪名」のネタバレあらすじ結末

2020/02/19掲載

続・新悪名の紹介:1962年日本映画。「悪名」シリーズの第4作。中村玉緒がこの作から出演しなくなり、これ以降朝吉に惚れる様々なヒロインが登場するようになる。監督には1作2作を担当した田中徳三が復帰。これまで同様、依田義賢が脚本、そして宮川一夫が撮影を担当している。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(八尾の朝吉)、田宮二郎(清次)、藤原礼子(お照)、水谷良重(琴糸)、茶川一郎(おぎん)、赤城まり(ひろみ)、遠藤辰雄(玉島甚五郎)、杉田康(大磯文次)、永田靖(シルクハットの親分)

「新・悪名」のネタバレあらすじ結末

2020/02/19掲載

新・悪名の紹介:1962年日本映画。「悪名」シリーズの第3作。戦後の闇市を舞台に、弱者の味方である八尾の朝吉の体を張った活躍が描かれる。前作で姿を消したモートルの貞の代わりにその弟の清次が登場。引き続いて田宮二郎が演じ、怪しげな英語を操る演技が評判となった。
監督:森一生 出演:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(清次)、藤原礼子(お照)、浜田ゆう子(月枝)、中村玉緒(お絹)、須賀不二男(勝)、伊達三郎(堀)、沢村宗之助(金子)、ほか

「続・悪名」のネタバレあらすじ結末

2020/02/19掲載

続・悪名の紹介:1961年日本映画。前作「悪名」とキャストとスタッフがそのままで、直接ストーリーがつながっている続編。モートルの貞が殺されるところは予算と時間が足りず、撮影の宮川一夫がセットなしで撮ったが、かえって名シーンとなった。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(モートルの貞)、中村玉緒(お絹)、水谷良重(琴糸)、中村鴈治郎(松島一家の元締)、南都雄二(河太郎)、上田吉二郎(沖縄の源八)、山茶花究(吉岡親分)、藤原礼子(お照)、浪花千栄子(麻生イト)、ほか

「悪名」のネタバレあらすじ結末

2020/02/19掲載

悪名の紹介:1961年日本映画。今東光の長編小説を映画化。勝新太郎にとって座頭市に次ぐ人気シリーズとなった。脚色は溝口健二の作品で知られる依田義賢。やはり溝口との名コンビを謳われた名カメラマンの宮川一夫が撮影を担当している。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(モートルの貞)、水谷良重(琴糸)、山茶花究(吉岡親分)、中村玉緒(お絹)、中田康子(お千代)、藤原礼子(お照)、浪花千栄子(麻生イト)、ほか

「DENGEKI 電撃」のネタバレあらすじ結末

2020/02/18掲載

DENGEKI 電撃の紹介:2001年アメリカ映画。事件解決のためには街も車も破壊し、無関係の人まで巻き込む過激な刑事のボイドは、副大統領の命を守るため橋から副大統領を投げ落としたため、スラム街の15分署へ転勤を命じられます。汚職刑事の巣になっている15分署の中で一人、正義の為暴れるボイドは、麻薬密売人のラトレルの事を調べるうち、ラトレルが警察とつながっていることを知ります…という内容のスティーヴン・セガール主演のアクション映画です。
監督:アンジェイ・バートコウィアク 出演:スティーヴン・セガール(オーリン・ボイド)、DMX(ラトレル・ウォーカー)、イザイア・ワシントン(ジョージ・クラーク)、マイケル・ジェイ・ホワイト(ストラット)、ビル・デューク(ヒンジス)、ジル・ヘネシー(マルケイヒー)、トム・アーノルド(ヘンリー・ウェイン)、ブルース・マッギル(ダニエルズ)、デヴィッド・ヴァディム(モンティーニ)、エヴァ・メンデス(トリシュ)、マシュー・G・テイラー(ユーセルディンガー)、アンソニー・アンダーソン(T.K)ほか

「W~二つの顔を持つ女たち~」のネタバレあらすじ結末

2020/02/18掲載

W~二つの顔を持つ女たち~の紹介:2015年日本映画。友人に貸した300万が返ってこなくなり、父にも殴られ家を追い出された女子大生の蕾は、六本木でホステスの仕事を始めます。その店は、元六本木No.1のモナの店で、他店では使えない女の子ばかり集めていました。蕾の話を聞いた志麻は愛里が騙された芸能プロから2000万を奪い取る計画を立て、蕾と他のホステスたちと計画を練りはじめ…という内容のミステリー映画です。
監督:藤田真一 出演者:加弥乃(青木蕾)、梅本静香(街田灯)、多岐川華子(嶋野志麻)、岸明日香(蜂谷奈菜)、森下悠里(藍染モナ)、金子昇(足柄映太)、高知東生(濱口明正)ほか

「クロース」のネタバレあらすじ結末

2020/02/18掲載

クロースの紹介:2019年スペイン映画。郵便局長の息子ジャスパーは働かなくても親がお金持ちなので全く真面目に働こうとしません。それに怒った父親が世界一争いが絶えない町、スミレンズブルクに無理やりジャスパーを郵便配達員として派遣します。6000通の手紙を配達すれば元の生活に戻れます。最初はそれを理由に働いていましたが、クロースという大男と出会い、町の子供たちにおもちゃを配達し続けることで、ジャスパーの心情にも変化が表れます。第92回アカデミー賞長編アニメ映画賞にNetflix作品からノミネートされた、心温まるクリスマスファミリー映画です。子供に「サンタクロースはサンタクロースになる前に何をやっていたの?」との質問を受けたら是非こちらを一緒に鑑賞してください。
監督:セルジオ・パブロス 声優:ジェイソン・シュワルツマン/内山昂輝(ジャスパー)、J.K.シモンズ/玄田哲章(クロース)、ラシダ・ジョーンズ/中村千絵(アルバ)、ノーム・マクドナルド/斉藤次郎(モーゲンス)、ほか

「アンカット・ダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末

2020/02/18掲載

アンカット・ダイヤモンドの紹介:2019年アメリカ映画。ギャンブル好きの宝石商ハワードは、人生を一発逆転させるためにオパールの原石を手に入れます。しかし、お金を手に入れてもすぐにギャンブルにつぎ込んでしまうなどの軽率な行動で、周りからの信頼を失い自らの首をしめることに。コメディ俳優として人気のアダム・サンドラーが見事なダメンズを演じた話題作です。
監督:ジョシュ・サフディ・ベニー・サフディ 出演:アダム・サンドラー(ハワード)、イディナ・メンゼル(ダイナ)、ケビン・ガーネット(KG)、ジュリア・フォックス(ジュリア)、キース・ウィリアム・リチャーズ(アルノ)、ほか

「ワウンズ: 呪われたメッセージ」のネタバレあらすじ結末

2020/02/17掲載

ワウンズ: 呪われたメッセージの紹介:2019年イギリス映画。バーテンダーとして働くウィルは、バーで常連同士の喧嘩が始まりどうにか収めた後、片付け中に黄色いカバーのスマホを拾います。これは大学生風の若者グループがケンカを撮影していたものでした。スマホの中にはスナッフめいた画像や動画がたくさんあり、ギャレットという名からメッセージが頻繁に届いていました。恋人キャリーの警察に届けてという言葉をウィルが無視してスマホを持っていると、ウィルの身の回りに不穏な出来事が次々起こりはじめ…。NETFLIX配信の心理を揺さぶるホラー映画です。衝撃的なラストを迎えることから評価が分かれる作品です。
監督:ババク・アンバリ 出演者:アーミー・ハマー(ウィル)、ダコタ・ジョンソン(キャリー)、サジ・ビーツ(アリシア)、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(エリック)、カール・グルスマン( ジェフリー)ほか

「死の追跡」のネタバレあらすじ結末

2020/02/17掲載

死の追跡の紹介:1973年アメリカ映画。アメリカの映画監督サミュエル・フラーの小説『Riata』を原作とし、西部開拓時代のメキシコに近い町を舞台に、ならず者に愛する妻子を殺害された町きっての名保安官が復讐の鬼と化していく過程を描いた西部劇です。これまで銃を使わずに町の治安を守ってきた保安官は、ならず者集団を追ってきたメキシコの保安官の制止を振り切って壮絶な復讐劇に身を投じていきます。
監督:バリー・シアー 出演者:リチャード・ハリス(シーン・キルパトリック)、ロッド・テイラー(フランク・ブランド)、アル・レッティエリ(グティエレス)、ネヴィル・ブランド(チュー・チュー)、ウィリアム・スミス(スクールボーイ)、ポール・ベンジャミン(ジェイコブ)、イセラ・ヴェガ(マリア)、ペドロ・アルメンダリス・ジュニア(ブラックスミス)、ケリー・ジーン・ピータース(キャサリン・キルパトリック)、シーン・マーシャル(ケビン・キルパトリック)、レイ・モイヤー(プリースト)ほか

「愛と死をみつめて」のネタバレあらすじ結末

2020/02/17掲載

愛と死をみつめての紹介:1964年日本映画。1960年代、当時大学生だったジャーナリストの河野實と軟骨肉腫により21年の短い生涯を閉じた大島みち子との3年間に及ぶ文通にまつわる実話を基にした同名のベストセラー書簡集を映画化した作品です。当時の日活の花形スターであり、幾度も共演している吉永小百合と浜田光夫がダブル主演を務めています。
監督:斎藤武市 出演者:吉永小百合(小島道子)、浜田光夫(高野誠)、内藤武敏(K先生)、初井言栄(オールドミス)、笠智衆(小島正次)、北林谷栄(吉川ハナ)、笠置シヅ子(中井スマ)、ミヤコ蝶々(佐竹トシ)、宇野重吉(中山仙十郎)ほか

1 2 3 4 5 651

キーワードから探す

TOP↑