映画

「殺人の告白」のネタバレあらすじ結末

殺人の告白の紹介:2012年韓国映画。時効を迎えた連続殺人事件。ある日、殺人犯を名乗る男が表舞台に登場したことから巻き起こる波乱を描いた犯罪サスペンスです。日本でも藤原竜也主演により「22年目の告白 -私が殺人犯です-」(2017年公開)としてリメイクされ大ヒットを記録しています。
監督:チョン・ビョンギル 出演者:パク・シフ(イ・ドゥソク)、チョン・ジェヨン(チェ・ヒョング)、キム・ヨンエ(ハン・ジス)、チョ・ウンジ(チェ・ガンスク)、チョン・ヘギョン(J)ほか

「名探偵コナン 漆黒の追跡者」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)の紹介:2009年日本映画。「名探偵コナン銀翼の奇術師」はコナンシリーズの第13作目の劇場版作品です。黒の組織との対決は第2作目となります。コナンと新一が一つのセリフを同時に口にしたり、いつもより「工藤新一」を意識した作りになっています。黒の組織が絡んでいるので、シリアスな場面が多く、エンディングもシリアスです。工藤新一を小さい体にした実行犯であるジンが不気味で意味ありげなセリフを多数口にします。また長年にわたって毛利小五郎の声優を担当してきた神谷明の劇場版最後の作品となります。
監督:山本泰一郎 声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、林原めぐみ(灰原哀)、木下浩之(コルン)、井上喜久子(キャンティ)、小山茉美(ベルモット)、立木文彦(ウォッカ)、堀之紀(ジン)、幹本雄之(アイリッシュ)、DAIGO(水谷浩介)ほか

「名探偵コナン 水平線上の陰謀」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)の紹介:2005年日本映画。「名探偵コナン 水平線上の陰謀」はコナンシリーズの第9作目の劇場版作品です。「水平線上」の名の通り事件は海上で起こります。豪華客船の中で殺人事件が起こり、二転三転します。珍しく毛利探偵がメインの映画で、いつもコナンが麻酔銃を撃って毛利探偵がいかにも事件解決したように装いますが、今回は毛利小五郎が自力で事件を解決しています。事件のヒロインが小五郎の奥さんに似ていることから、彼女が犯人でないことを願って本気を出したようです。
監督:山本泰一郎 出演者:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、山口勝平(工藤 新一)、林原めぐみ(灰原哀)、山寺宏一(日下ひろなり)、榊原良子(秋吉美波子) ほか

「遙か群衆を離れて(2015年)」のネタバレあらすじ結末

遙か群衆を離れての紹介:2015年イギリス映画。19世紀のイギリス、おじから受け継いだ農場を経営する女性バスシェバ・エヴァディーンが、羊使いガブリエル、軍曹のトロイ、隣人のボールドウッドの3人の男性から求婚され、真実の愛を最後に知るというドラマ映画。
監督:トマス・ウィンターベア 出演者:キャリー・マリガン(バスシェバ・エヴァディーン)、マイケル・シーン(ボールドウッド氏)、マティアス・スーナールツ(ガブリエル・オーク)、トム・スターリッジ(フランク・トロイ)ほか

「マイ・マザー」のネタバレあらすじ結末

マイ・マザーの紹介:2009年カナダ映画。別題:マイ・マザー/青春の傷口。母とうまく行かないユベールは、何かと反抗したい盛り。母も息子が自分に隠していたことにショックを隠せない。そんな二人の行き着く先は。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:グザヴィエ・ドラン(ユベール・ミネリ)、アンヌ・ドルヴァル(シャンタル・レミング)、フランソワ・アルノー(アントナン・ランボー)、スザンヌ・クレマン(ジュリー・クロウティエ)、ニールス・シュナイダー(エリッ)、ほか

「16ブロック」のネタバレあらすじ結末

16ブロックの紹介:2006年アメリカ映画。ニューヨークのダウンタウンを舞台に、警察署から16ブロック(約1.6km)離れた裁判所まで証人の囚人を護送することになった荒くれ刑事の苦闘を、警察内部の腐敗も絡めて描いたサスペンス映画です。
監督:リチャード・ドナー 出演者:ブルース・ウィリス(ジャック・モーズリー)、モス・デフ(エディ・バンカー)、デヴィッド・モース(フランク・ニュージェント)、ジェナ・スターン(ダイアン・モーズリー)、ケイシー・サンダー(ダン・グルーバー)ほか

「オリヲン座からの招待状」のネタバレあらすじ結末

オリヲン座からの招待状の紹介:2007年日本映画。浅田次郎の短編小説を映画化したもので、昭和30年代と現代の京都を舞台に、時代に翻弄されながらも映画館「オリヲン座」を守ろうとした男女の姿を、常連だった少年少女のエピソードも交えて描いた作品です。
監督:三枝健起 出演者:宮沢りえ(豊田トヨ)、加瀬亮(仙波留吉)、宇崎竜童(豊田松蔵)、田口トモロヲ(三好祐次)、樋口可南子(三好良枝)ほか

「マイアミ・バイス」のネタバレあらすじ結末

マイアミ・バイスの紹介:2006年アメリカ映画。1984年から1989年にかけてアメリカで放映していた大ヒット刑事ドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」を映画化したもので、マイアミ警察の刑事二人が巨大な麻薬密輸組織に決死の潜入捜査を決行する姿を描いた作品です。
監督:マイケル・マン 出演者:コリン・ファレル(ジェームズ・ソニー・クロケット)、ジェイミー・フォックス(リカルド・タブス)、コン・リー(イザベラ)、ナオミ・ハリス(トゥルーディー・ジョプリン)、キアラン・ハインズ(ジョン・フジマ)ほか

「春との旅」のネタバレあらすじ結末

春との旅(はるとのたび)の紹介:2009年日本映画。北海道と宮城県を舞台に、年老いた祖父とその孫娘が長年疎遠になっていた親戚を訪ね歩くロードムービーです。二人は旅を続けているうちに、彼らのいままで辿ってきた人生などが浮かび上がっていきます。
監督:小林政広 出演者:仲代達矢(中井忠男)、徳永えり(中井春)、大滝秀治(金本重男)、柄本明(中井道男)、香川照之(津田真一)ほか

「日本侠客伝 血斗神田祭り」のネタバレあらすじ結末

日本侠客伝 血斗神田祭りの紹介:1966年日本映画。高倉健主演の任侠ドラマ「日本侠客伝」シリーズの第4作です。大正時代末期の東京・神田を舞台に、火消しの男が元恋人や友人たちのために悪行の限りを尽くす
監督:マキノ雅弘 出演者:高倉健(新三)、鶴田浩二(長次)、藤純子(花恵)、長門裕之(おぼろ安)、野際陽子(おその)ほか

「アイリスへの手紙」のネタバレあらすじ結末

アイリスへの手紙の紹介:1989年アメリカ映画。夫を亡くした女性アイリスと読み書きができずに孤独を抱えて生きてきたスタンリー。お互いの境遇を乗り越えて、不器用に愛を育んでいく二人を描く、大人のラブロマンスです。
監督:マーティン・リット 出演:
ロバート・デ・ニーロ(スタンリー・エヴェレット・コックス)、ジェーン・フォンダ(アイリス・エステル・キング)、スウージー・カーツ(シャロン)、マーサ・プリンプトン(ケリー・キング)、ハーレイ・クロス(リチャード・キング)、ほか

「ペコロスの母に会いに行く」のネタバレあらすじ結末

ペコロスの母に会いに行くの紹介:2013年日本映画。認知症の母と介護に奮闘する息子の日常を描いたコメディ&ヒューマン・ドラマ。母の症状は少しずつ悪化するが、家族は「ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」と前向きに認知症と向き合っていく。監督は「男はつらいよ フーテンの寅(1970年)」等で知られる森﨑東。岩松了とダブル主演を務めた赤木春恵が世界最高齢の映画初主演女優としてギネス世界記録に認定された。原作は岡野雄一の同名コミックエッセイ。
監督:森﨑東 出演者:岩松了(岡野ゆういち)、赤木春恵(岡野みつえ)、原田貴和子(若き日のみつえ)、加瀬亮(岡野さとる)、竹中直人(本田)ほか

「ココ・アヴァン・シャネル」のネタバレあらすじ結末

ココ・アヴァン・シャネルの紹介:2009年フランス映画。ブランドシャネルの創設者、ココ・シャネルの幼少期からブランドを立ち上げるまでを描いた作品です。シャネルの一号店を開くに当たって大きな影響を与えたカペルとの出会いやシャネルのファッションの斬新さを描いています。
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演者:オドレイ・トトゥ(ココ・シャネル)、ブノア・ポールヴールド(エティエンヌ・バルザン)、アレッサンドロ・二ヴォラ(ボーイ・カペル)、マリー・ジラン(アドリエンヌ・シャネル)、エマニュエル・ドゥヴォス(エミリエンヌ・ダランソン)ほか

「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」のネタバレあらすじ結末

プライスレス 素敵な恋の見つけ方の紹介:2006年フランス映画。玉の輿を狙うイレーヌはホテルで働くジャンを富豪と勘違いします。イレーヌに惹かれるジャンは、正体がバレて去ってしまったイレーヌを追いかけ、次の富豪を探す彼女のもとを訪れます。
監督:ピエール・サルヴァドーリ 出演者:オドレイ・トトゥ(イレーヌ)、ガッド・エルマレ(ジャン)、マリー=クリスティーヌ・アダム(マドレーヌ)、ヴァーノン。ドブチェフ(ジャック)、ジャック・スピエセル(ジル)、アネリーズ・エスム(アニエス)ほか

「フライド・グリーン・トマト」のネタバレあらすじ結末

フライド・グリーン・トマトの紹介:1991年アメリカ映画。ファニー・フラッグの小説「フライド・グリーン・トマト・アット・ザ・ホイッスル・ストップ・カフェ」の映画化。違う時代にそれぞれ生きる女性達の人生を交差させながら、ドラマチックに描く感動ストーリー。中年の危機と人生の虚しさに襲われ、毎日を味気なく過ごす40代の主婦エヴリンが、80才を過ぎても快活でポジティヴな老女ニニーと出会い、生きる意味を取り戻していく。ニニー役のジェシカ・タンディは、アカデミー助演女優賞にノミネートされている。
監督:ジョン・アヴネット 出演:キャシー・ベイツ(エヴリン・カウチ)、ジェシカ・タンディ(ニニー・スレッドグッド)、メアリー・スチュアート・マスターソン(イジ―・スレッドウッド)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ルース・ジェイミソン)、クリス・オドネル(バディ・スレッドグッド)、シシリー・タイソン(ジプシー)ほか

1 163 164 165 166 167 168 169 170 171 425
TOP↑