「ビバリーヒルズ・コップ2」のネタバレあらすじ結末

2017/07/06掲載

ビバリーヒルズ・コップ2の紹介:1987年アメリカ映画。ビバリーヒルズ署の警部、ボゴミルが路上で銃撃にあう。街ではアルファベット強盗団と渾名された集団が跋扈しており、彼はその独自捜査を行っていた最中の事件だった。その危機をテレビで知ったマーフィーは、迷わず飛行機に飛び乗り、ビバリーヒルズへと再び舞い降りた。イカサマペテン、口八丁を駆使する凄腕刑事アクセル・フォーリーが活躍するアクション刑事映画の第2弾。
監督:トニー・スコット 出演:エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、ブリジット・ニールセン(カーラ)、ジャッジ・ラインホルド(ローズウッド)、ジョン・アシュトン(タガート)、ロニー・コックス(ボゴミル)、ユルゲン・プロフノウ(デント)、ほか

「ビバリーヒルズ・コップ」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

ビバリーヒルズ・コップの紹介:1984年アメリカ映画。一匹狼タイプで独断先行がちな刑事アクセル・フォーリー。デトロイトに居る彼の所に古い友人が尋ねてくるが、何ものかに殺される。アクセルは、その理由を彼が何故か持っていた無記名債券だと睨み、友人が直前に居た高級住宅都市ビバリーヒルズまで犯人を捜しに赴く。労働階級の街から来た刑事が富裕層の街で巻き起こす痛快刑事アクション映画。
監督:マーティン・ブレスト 出演: エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、リサ・アイルバッハー(ジェニー・サマーズ)、ジャッジ・ラインホルド(ウィリアム・ローズウッド)、ジョン・アシュトン(ジョン・タガート)、ロニー・コックス(アンドリュー・ボゴミル)、ほか

「最後の猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

最後の猿の惑星の紹介:1973年アメリカ映画。「猿の惑星」シリーズ旧五部作の完結編です。遂に地球上を制圧したシーザー率いる猿の軍団。両親の過去を知ったシーザー、軍団の内部抗争、そしてミュータントとの三つ巴に発展した戦争は思わぬ方向へと向かっていきます。
監督:J・リー・トンプソン 出演者:ロディ・マクドウォール(シーザー)、クロード・エイキンス(アルドー)、ナタリー・トランディ(リサ)、セヴァーン・ダーデン(コルプ)、リュー・エアーズ(マンデマス)ほか

「猿の惑星・征服」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

猿の惑星・征服の紹介:1972年アメリカ映画。「猿の惑星」シリーズ旧五部作の第4作です。前作の事件で両親を失った猿人の子・シーザー。約20年後、逞しく成長したシーザーは、猿の軍団を率いて遂に人類に反旗を翻します。
監督:J・リー・トンプソン 出演者:ロディ・マクドウォール(マイロ/シーザー)、ドン・マレー(ブレック知事)、ナタリー・トランディ(リサ)、ハリー・ローズ(マクドナルド)、リカルド・モンタルバン(アーマンド)ほか

「新・猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

新・猿の惑星の紹介:1971年アメリカ映画。人類に代わり地球を支配する進化した猿を描く「猿の惑星」旧五部作の第3作です。前作で崩壊した未来の地球から脱出した猿人の生き残りは、過去の地球にタイムワープしてきます。
監督:ドン・テイラー 出演者:ロディ・マクドウォール(コーネリアス)、キム・ハンター(ジーラ)、ブラッドフォード・ディルマン(ルイス・ディクソン博士)、エリック・ブリーデン(オットー・ハスライン博士)、ナタリー・トランディ(ステファニー・ブラントン博士)ほか

「続・猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

続・猿の惑星の紹介:1970年アメリカ映画。猿の惑星シリーズ2作目。人類に成り代わり地球を支配する進化した猿を描く「猿の惑星」旧五部作の第2作です。前作で不時着した「猿が支配する惑星」は未来の地球だと知った宇宙飛行士は、地下で密かに生き延び進化を遂げた人類と出会います。
監督:テッド・ポスト 出演者:チャールトン・ヘストン(ジョージ・テイラー)、ジェームズ・フランシスカス(ジョン・クリストファー・ブレント)、リンダ・ハリソン(ノバ)、キム・ハンター(ジーラ博士)、モーリス・エヴァンス(ザイアス博士)ほか

「ザ・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

ザ・ウーマン(飼育された女)の紹介:2011年アメリカ映画。弁護士クリスは3人の子供と妻の5人家族です。ハンティングの途中で野生の女を見つけ捕まえ地下室に監禁しました。この野生の女を飼育することによって夫と長男の異常な性格があぶりだされ家族が壊れてゆく不条理ホラー映画です。
監督:ラッキー・マッキー 出演者:ポリアンナ・マッキントッシュ(女)、ショーン・ブリジャース(クリス)、アンジェラ・ベティス(ベラ)、ザック・ランド(ブライアン)、ローレン・アシュリー・カーター(ペギー)、シャイア・モルフソン(ターリン)ほか

「8月の家族たち」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

8月の家族たちの紹介:2013年アメリカ映画。一見平穏に見えていた家族。しかし父の失踪、自殺を機に家族がバラバラになり、隠されていた事実が浮き彫りになっていく。それでも家族とは愛しいものだと思い返してくれる。
監督:ジョン・ウェルズ 出演:メリル・ストリープ(バイオレット)、ジュリア・ロバーツ(バーバラ)、ユアン・マクレガー(ビル)、クリス・クーパー(チャールズ)、アビゲイル・ブレスリン(ジーン)、ほか

「ラストベガス」のネタバレあらすじ結末

2017/07/05掲載

ラストベガスの紹介:2013年アメリカ映画。幼少時代からの長年の親友4人組が半世紀の年月を経て、人生最後のバチェロッテ旅行のためラスベガスで再集結します。
監督:ジョン・タートルトーブ 出演: マイケル・ダグラス(ビリー)、ロバート・デ・ニーロ(パディ)、モーガン・フリーマン(アーチー)、ケヴィン・クラインサム)、メアリー・スティーンバージェン(ダイアナ)、ほか

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊の紹介:2017年アメリカ映画。人気シリーズ、パイレーツオブカリビアン5作目。英国軍の船は海賊を追いかける中危険海域へと侵入する。「魔の三角海域」と呼ばれる海域、それを知らず進む英国軍の船は中で謎の存在に襲われる。生き残ったのは1人の少年。船を襲った生きる屍サラザールは彼を生き証人としてある男を探させる。その男はジャック・スパロウ、サラザールの目的はその男に抱く恨みであった。今作「パイレーツオブカリビアン 最後の海賊」では3作目までのメインキャラクター、オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが復活する!
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、ハビエル・バルデム(サラザール)、ブレントン・スウェイツ(ヘンリー・ターナー)、カヤ・スコデラーリオ(カリーナ・スミス)、ケヴィン・R・マクナリー(ギブス)、ジェフリー・ラッシュ(キャプテン・バルボッサ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)、ほか

「結び目」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

結び目の紹介:2009年日本映画。結婚して毎日親の介護に追われていたが、中学に付き合っていた教師と会ったことがきっかけに日常の歯車が狂っていく。恋とはこのような憎しみから生まれることもあるのだとハッとさせられる物語。
監督:小沼雄一 出演:赤澤ムック(浅尾絢子)、川本淳市(奥津啓介)、広澤草(奥津茜)、三浦誠己(浅尾雁太郎)、辰巳琢郎(奥津克己)、上田耕一(浅尾将司)、ほか

「死ぬまでにしたい10のこと」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

死ぬまでにしたい10のことの紹介:2003年カナダ,スペイン映画。余命わずかの女性が、自分のやりたい10のことを書き出し迫りくる死の恐怖を向き合いながら、日々を生きる物語。所々に出てくる語り手がYou=主人公のこと、となっておりまるで自分が主人公かのような気持ちになる。
監督:イザベル・コヘット 出演:サラ・ポーリー(アン)、スコット・スピードマン(ドン)、デボラ・ハリー(アンの母)、マーク・ラファロ(リー)、アルフレッド・モリナ(アンの父)、ほか

「サンタモニカの週末」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

サンタモニカの週末の紹介:1967年アメリカ映画。アイラ・ワラックの小説「マッスル・ビーチ(筋肉海岸)」を映画化した作品で、真夏のサンタモニカの海岸を舞台に、ある交通事故を機に接点を持った三組の男女が織りなす騒動を描いたラブコメディです。
監督:アレクサンダー・マッケンドリック 出演者:トニー・カーティス(カーロ・コフィールド)、クラウディア・カルディナーレ(ローラ)、ロバート・ウェバー(ロッド・プレスコット)、ジョアンナ・バーンズ(ダイアン・プレスコット)、シャロン・テイト(マリブ)ほか

「サイドウォーク・オブ・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

サイドウォーク・オブ・ニューヨークの紹介:2001年アメリカ映画。ニューヨークに住む6人の男女が微妙に絡み合う恋愛模様を、インタビュー形式を織り交ぜながら描いた大人のラブ・コメディ。エドワード・バーンズが監督・製作・脚本・主演の4役を務める。
監督:エドワード・バーンズ 出演:エドワード・バーンズ(トミー)、ヘザー・グレアム(アニー)、ロザリオ・ドーソン(マリア)、デニス・ファリナ(カルポ)、デヴィッド・クラムホルツ(ベンジャミン)、ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

2017/07/04掲載

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

1 160 161 162 163 164 165 166 167 168 425
TOP↑