「哀れなるものたち」のネタバレあらすじ結末

哀れなるものたちの紹介:2023年イギリス映画。スコットランドの作家アラスター・グレイが1992年に発表した小説『Poor Things』を、『女王陛下のお気に入り』(2018年)で組んだヨルゴス・ランティモス監督とエマ・ストーンが再びタッグを組んで映画化したSFラブコメディー作品です。エマ・ストーンはプロデューサーも兼任し、天才外科医によって死から蘇り世界を知るための冒険の旅を通じて成長していく主人公を体当たりで演じています。本作は第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞を受賞しています。
監督:ヨルゴス・ランティモス 出演者:エマ・ストーン(ベラ・バクスター)、マーク・ラファロ(ダンカン・ウェダバーン)、ウィレム・デフォー(ゴドウィン・バクスター)、ラミー・ユセフ(マックス・マッキャンドレス)、ジェロッド・カーマイケル(ハリー・アストレー)、クリストファー・アボット(アルフィー・ブレシントン)、マーガレット・クアリー(フェリシティ)、キャサリン・ハンター(マダム・スワイニー)、スージー・ベンバ(トワネット)、ヴィッキー・ペッパーダイン(プリム夫人)、ハンナ・シギュラ(マーサ・フォン・カーツロック)ほか

「コンクリート・ユートピア」のネタバレあらすじ結末

コンクリート・ユートピアの紹介:2023年韓国映画。世界的な大災害で壊滅した韓国・ソウルを舞台に、唯一崩落を免れたアパートに集まった生存者たちの争いを描いたパニックスリラーです。生存者たちは秩序を維持するために代表者を選ぶことになり、素性の不明な男が代表者となるのですが、次第に男は狂気を露わにしていき・・・。
監督:オム・テファ 出演者:イ・ビョンホン(キム・ヨンタク/モ・セボム)、パク・ソジュン(キム・ミンソン)、パク・ボヨン(チュ・ミョンファ)、キム・ソニョン(キム・グメ)、パク・ジフ(ムン・ヘウォン)、キム・ドユン(ドギュン)、イ・ヒョジェ(ジヒョク)、パク・ジョンファン(本物のキム・ヨンタク)、クォン・ウンソン(ジュモン)、イ・ソンヒ(ジュモンの母)、ナ・チョル(国会議員の補佐官)、キム・ハクソン(ユ・ドヒョン)ほか

「ロスト・フライト」のネタバレあらすじ結末

ロスト・フライトの紹介:2022年アメリカ映画。悪天候の中、落雷でコントロールを失ったトレイルブレイザー119便は、奇跡的にフィリピンのホロ島に不時着した。難しいフライトだったにも関わらず、トランス機長は乗客17名の命を守った。しかし、そこは凶暴な反政府ゲリラが支配する世界最悪の無法地帯だった。ゲリラに追われながら、トランス機長は乗客の1人だった移送中の犯罪者、ガスパールと手を組む事を決意する。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演:ジェラルド・バトラー(ブロディ・トランス)、マイク・コルター(ルイス・ガスパール)、ヨソン・アン(サミュエル・デレ)、ダニエラ・ピネダ(ボニー・レイン)、トニー・ゴールドウィン(スカースデイル)、レミ・アデレケ(シェルバック巡査)ほか

「タッチ・ミー・ノット 〜ローラと秘密のカウンセリング〜」のネタバレあらすじ結末

タッチ・ミー・ノット 〜ローラと秘密のカウンセリング〜の紹介:2018年チェコ, ドイツ, フランス, ブルガリア, ルーマニア映画。第68回ベルリン国際映画祭で金熊賞と最優秀新人作品賞を受賞したヒューマンドラマです。強迫性障がいを抱える孤独な中年女性が病院でたまたま見かけた無毛症の男と車椅子の患者同士が互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていく不思議なカウンセリングをきっかけに変わっていく様を描きます。
監督:アディナ・ピンティリエ 出演者:ローラ・ベンソン(ローラ)、トーマス・レマルキス(トーマス)、クリスチャン・バイエルライン(クリスチャン)、グリット・ウーレマン(グリット)、アディナ・ピンティリエ(アディナ)、ハンナ・ホフマン(ハンナ)、シーニー・ラブ(シーニー)、イルメナ・チチコワ(モナ)、レイナ ー・ステッフェン(ステファン)、ゲオルギ・ナルディエフ(エスコートする男性)、ディルク・ランゲ(ラドゥ)、アネット・サヴァリッシュ(看護師)ほか

「オペレーション・ゴールド」のネタバレあらすじ結末

オペレーション・ゴールドの紹介:2023年アメリカ映画。ジョン・トラボルタとブルース・ウィリスがクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(1994年)以来約29年ぶりに共演したクライムアクション作品です。本作はウィリスが芸能界を引退する前年の2021年に撮影され、アメリカの麻薬王と彼を追う賞金稼ぎの10年以上の因縁と対決を描きます。
監督:チャック・ラッセル 出演者:ジョン・トラボルタ(アーレン・バックリー)、ブルース・ウィリス(イアン・スワン)、ブレイク・ジェナー(ライアン・スワン)、プライヤー・スワンドクマイ(サバンナ)、スティーブン・ドーフ(ロビー・コール)、コーリー・ラージ(ザイアット・ディーン)、ブランコム・リッチモンド(トーマス・カネ)、レアード・アケオ(コア・カハレ)、ロレンツォ・アントヌッチ(スコーピオン)、ケイト・カッツマン(ニッキ)、アンバー・アバラ(ジェリー)、キャリー・アン・バーナンス(カイ)、バーニー・ゲーヴィスラー(テランス・ビルフォード)ほか

「TALK TO ME トーク・トゥ・ミー」のネタバレあらすじ結末

TALK TO ME トーク・トゥ・ミーの紹介:2022年オーストラリア映画。チャンネル登録者数682万人、再生回数15億回を誇るオーストラリアのユーチューバー、フィリッポウ兄弟の長編監督デビュー作となるホラー映画です。母を亡くした主人公の女子高校生は仲間と共にSNSで話題の「#90秒憑依チャレンジ」にチャレンジしてみたのですが・・・。
監督:ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ 出演者:ソフィー・ワイルド(ミア)、アレクサンドラ・ジェンセン(ジェイド)、ジョー・バード(ライリー)、オーティス・ダンジ(ダニエル)、ミランダ・オットー(スー)、ゾーイ・テラケス(ヘイリー)、クリス・アロシオ(ジョス)、マーカス・ジョンソン(マックス)、アレクサンドリア・ステファンセン(レア)、サニー・ジョンソン(ダケット)、アリ・マッカーシー(コール)ほか

「蟻の王」のネタバレあらすじ結末

蟻の王の紹介:2023年イタリア映画。同性愛者が異端視されていた1960年代のイタリアを舞台に、実在の詩人で劇作家のアルド・ブライバンティが教え子の若者と恋に落ちたことで教唆罪に問われ、有罪判決を受けた「ブライバンティ事件」をモデルにしたドラマです。
監督:ジャンニ・アメリオ 出演者:ルイジ・ロ・カーショ(アルド・ブライバンティ)、エリオ・ジェルマーノ(エンニオ・スクリバーニ)、レオナルド・マルテーゼ(エットレ・タリアフェッリ)、サラ・セラヨッコ(グラツィエラ)、アンナ・カテリーナ・アントナッチ(マッダレーナ・タリアフェッリ)、ダヴィデ・ヴェッキ(リッカルド・タリアフェッリ)ほか

「シチリア・サマー」のネタバレあらすじ結末

シチリア・サマーの紹介:2023年イタリア映画。1980年にイタリア・シチリア島で実際に発生した事件を元にしたラブストーリー作品です。育った艦橋も性格も異なる二人の少年が偶然にも出会い、やがて心を通わせ合っていきますが、二人の行く先には悲劇が待ち受けていました・・・。
監督:ジュゼッペ・フィオレッロ 出演:ガブリエーレ・ピッツーロ(ニーノ)、サムエーレ・セグレート(ジャンニ)、シモーナ・マラート(リーナ)、ファブリツィア・サッキカル(カルメラ)、アントーニオ・デ・マッテオアル(アルフレッド)、エンリコ・ロッカフォルテ(フランコ)、ジュゼッペ・スパータ(チッチョ)、アレッシオ・シモネッティ(トゥーリ)、シモーネ・ラッファエーレ・コルディアーノ(トト)、ジュディッタ・バジーレ(イザベッラ)、ロベルト・サレーミ(ピエトロ)、アニータ・ポマーリオ(ジュゼッピーナ)ほか

「ハンガー・ゲーム0」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲーム0の紹介:2023年アメリカ映画。スーザン・コリンズの小説『ハンガー・ゲーム』シリーズを原作に、三部作として映画化された『ハンガー・ゲーム』シリーズの前日譚として製作されたSF戦争冒険映画です。本作は映画第1作『ハンガー・ゲーム』(2012年)の64年前を舞台とし、三部作で独裁者となる悪役コリオレーナス・スノーの若き日の姿に迫っていきます。
監督:フランシス・ローレンス 出演者:トム・ブライス(コリオレーナス・スノー)、レイチェル・ゼグラー(ルーシー・グレイ・ベアード)、ピーター・ディンクレイジ(キャスカ・ハイボトム)、ジェイソン・シュワルツマン(ルクレティウス・”ラッキー”・フリッカーマン)、ハンター・シェイファー(タイガレス・スノー)、ジョシュ・アンドレス・リヴェラ(セジャナス・プリンツ)、ヴィオラ・デイヴィス(ヴォラムニア・ゴール博士)、フィオヌラ・フラナガン(グランドマム)、バーン・ゴーマン(ホフ司令官)、アシュリー・リャオ(クレメンシア・ダヴコート)、マックス・ラファエル(フェストゥス・クリード)、ゾーイ・レネー(リュシストラテ・ヴィッカース)、ニック・ベンソン(ジェサップ)、イソベル・ジェスパー・ジョーンズ(メイフェア・リップ)、ジョージ・ソムナー(スプルース)、アーマー・フセイン(フェリックス・ラヴィンスティル)、イレーネ・ベーム(ラミナ)、ディミトリ・アボルド(リーパー)、マイケル・グレコ(ストラボ・プリンツ)、ダニエラ・グルーベル(プリンツ夫人)、マッケンジー・ランシング(コーラル)、クーパー・ディロン(ミズン)、ヒロキ・ベレクロス(トリーチ)、ヴォーン・ライリー(モード・アイボリー)、ダコタ・シャピロ(ビリー・トープ)、オナー・ギリーズ(バーブ・アズール・ベアード)、アイケ・オニャンブ(タム・アンバー)、コンスタンティン・タフェット(クラーク・カーマイン)ほか

「エクスペンダブルズ ニューブラッド」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブルズ ニューブラッドの紹介:2023年アメリカ映画。往年のアクションスターが集結する“最強の消耗品集団”を描いたアクション映画シリーズ『エクスペンダブルズ』の第4作です。前作『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014年)から約9年ぶりとなる本作は主役が過去3作のシルヴェスター・スタローンからジェイソン・ステイサムにバトンタッチ、新たにカーティス・“50セント”・ジャクソン、ミーガン・フォックス、トニー・ジャー、イコ・ウワイス、アンディ・ガルシアらが参戦しています。
監督:スコット・ウォー 出演者:ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス)、カーティス・“50セント”・ジャクソン(イージー・デイ)、ミーガン・フォックス(ジーナ)、ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン)、トニー・ジャー(デーシャ)、イコ・ウワイス(スアルト・ラフマト)、ランディ・クートゥア(トール・ロード)、ジェイコブ・スキピオ(ガラン)、レヴィ・トラン(ラッシュ)、ルーシー・ニューマン・ウィリアムズ(ルッソ)、ダレン・ノップ(ボク)、マイク・モラー(ジャンボ・シュリンプ)、カリム・サイディ(フェザン将軍)、アンディ・ガルシア(マーシュ)、シルヴェスター・スタローン(バーニー・ロス)ほか

「アクアマン/失われた王国」のネタバレあらすじ結末

アクアマン/失われた王国の紹介:2023年アメリカ映画。DCコミックスのスーパーヒーローであり、「ジャスティス・リーグ」の一員でもある「アクアマン」を描いたシリーズ第2作です。本作は「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」第16作でもありますが、同シリーズの再編・リブートが決定したことにより本作は現行の「DCEU」最終作となりました。監督のジェームズ・ワン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』など)、主演のジェイソン・モモア(『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』など)ら主要キャストが続投、古代の力が解き放たれたことにより存亡の危機を迎えた故郷アトランティスを救うために奔走するアクアマンたちの戦いを描きます。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、パトリック・ウィルソン(オーム・マリウス/オーシャンマスター)、アンバー・ハード(メラ)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ランドール・パーク(スティーブン・シン博士)、ヴィンセント・リーガン(アトラン王)、ジョン・リス=デイヴィス(ブライン王(声))、ジャニ・ジャオ(スティングレイ)、インディア・ムーア(カーション)、マーティン・ショート(キング・フィッシュ(声))、ピルウ・アスベック(キング・コーダックス)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ニコール・キッドマン(アトランナ)ほか

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」のネタバレあらすじ結末

ウォンカとチョコレート工場のはじまりの紹介:2023年アメリカ映画。ロアルド・ダール原作の児童小説『チョコレート工場の秘密』の登場人物であり、同作を原作とした2005年公開映画『チャーリーとチョコレート工場』(監督:ティム・バートン)でジョニー・デップが演じたチョコレート工場の工場主ウィリー・ウォンカの若き日の冒険を描いたミュージカル・ファンタジー作品です。
監督:ポール・キング 出演: ティモシー・シャラメ(ウィリー・ウォンカ)、コリン・オブライエン(幼少期のウィリー・ウォンカ)、ケイラ・レーン(ヌードル)、パターソン・ジョセフ(アーサー・スラグワース)、マット・ルーカス(プロドノーズ)、マシュー・ベイントン(フィクルグルーバー)、サリー・ホーキンス(ウォンカの母)、キーガン=マイケル・キー(警察署長)、ローワン・アトキンソン(神父)、ジム・カーター(アバカス)、トム・デイヴィス(ブリーチャー)、オリヴィア・コールマン(ミセス・スクラビット)、ヒュー・グラント(ウンパルンパ)、ナターシャ・ロスウェル(パイパー)、リッチ・フルチャー(ラリー)、ラキー・ザクラル(ロッティー)、コブナ・ホルドブルック=スミス(アファブル巡査)、サイモン・ファーナビー(バジル)、エリー・ホワイト(グウィニー)、フィル・ワン(コリン)ほか

「ウィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ウィッシュの紹介:2023年アメリカ映画。2023年に創立100周年を迎えたウォルト・ディズニー・カンパニーの記念作品となるミュージカル・ファンタジー・長編アニメーション作品です。どんな願いも叶うといわれている 魔法の国・ロサス王国を舞台に、ひょんなことから王国に隠された秘密を知った主人公の少女がディズニー史上最恐のヴィラン(悪役)に立ち向かう様を描きます。
監督:クリス・バック、ファウン・ヴィーラスンソーン 声優:アリアナ・デボーズ(アーシャ)、クリス・パイン(マグニフィコ王)、アラン・テュディック(バレンティノ)、アンジェリーク・カブラル(アマヤ王妃)、ヴィクター・ガーバー(サビーノ)、ナターシャ・ロスウェル(サキーナ)、ジェニファー・クミヤマ(ダリア)、エヴァン・ピーターズ(サイモン)、ハーヴィー・ギレン(ガーボ)、ラミー・ユセフ(サフィ)、ニコ・ヴァーガス(ハル)、デラ・サバ(バジーマ)、ジョン・ルドニツスキー(ダリオ)ほか 日本語吹替版:生田絵梨花(アーシャ)、福山雅治(マグニフィコ王)、山寺宏一(バレンティノ)、檀れい(アマヤ王妃)、鹿賀丈史(サビーノ)、恒松あゆみ(サキーナ)、大平あひる(ダリア)、落合福嗣(サイモン)、蒼井翔太(ガーボ)、岡本信彦(サフィ)、青野紗穂(ハル)、竹達彩奈(バジーマ)、宮里駿(ダリオ)ほか

「ガン・ダウン」のネタバレあらすじ結末

ガン・ダウンの紹介:2014年カナダ映画。かつて、警察官として人質事件の交渉人として活躍し、今は事務の仕事をするジェイクの家に、二人の男が押し入り、娘を人質にしてジェイクにある要求を迫ります。それはジェイクが解決できなかった人質事件”デュモンの悲劇”に関することでした。一線を退いた警察官が、見知らぬ男二人に監禁され、徐々にデュモン事件の真相を知るというクライムサスペンス作品です。
監督:ヴァンサン・ルクロック 出演者:ルイス・マンディロア(ジェイク)、デヴィッド・キンズマン(カイル)、リチャード・サットン(デヴィッド)、フランソワ・メケール(ケスラー)、ロバート・ノーラン(カール・フィッシャー)ほか

「ダーク・インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

ダーク・インフェルノの紹介:2017年ルーマニア映画。出所したニッキーは友人のジミーと、駆け落ちして家を出た娘のイライザを連れ戻しに行きます。一緒にいた彼氏のボグダンをトランクに押し込み、イライザを連れて帰る途中事故を起こし崖から転落してしまいます。山奥の為、電波も届かない事から、近くの廃墟ホテルで休むことにした4人でしたが、そこは食人鬼たちの住む場所でした。山奥の廃墟ホテルを舞台にした、食人作品です。夜の廃墟とあって、全体に暗くグロ描写は少なめです。
監督:ボビー・バルバチオル 出演者:ルイス・マンディロア(ニッキー)、ピーター・ドブソン(ジミー)、ボグダン・マルホディン(ボグダン)、ロクサーナ・ルカ(イライザ)ほか

キーワードから探す

TOP↑