「ウェディング・ゲスト」のネタバレあらすじ結末

ウェディング・ゲストの紹介:2017年アメリカ映画。2年前に別れたものの、いまだに忘れることができずにいた元恋人から突然結婚式に出席してほしいと言われた男が、彼女を取り戻そうと奮闘するラブ・コメディ。
監督:ライアン・エッゴールド 出演:ジャスティン・ロング、コビー・スマルダーズ、ライアン・ハンセン、ジョン・チョー、クリステン・シャール、リー・トンプソン、ダナ・デラニー、ピーター・ギャラガー、ルイス・ガスマン、ブリガ・ヒーラン、ほか

「ホーンテッド・タワー」のネタバレあらすじ結末

ホーンテッド・タワーの紹介:年アメリカ映画。母の虐待により家出したサラは、保護された世話人によって25階建ての高層アパートに住むことになりました。しかしこのアパートは不法侵入者が多く住み、更に住人を制御室のゾンビ女が支配していたのでした・・という内容のオカルトゾンビホラー映画です。
監督:オーウェン・トゥース 出演:ロクサーン・キャロリン(サラ)、ジェイソン・ミューズ(シド)、フランシズ・ラフェル(キム)、ジェシカ・ジェーン・スタッフォード(ケイト)、エマ・バックリー(ルーシー)、ほか

「アンビュランス911」のネタバレあらすじ結末

アンビュランス911の紹介:2015年アメリカ映画。1977年、田舎町のある道路では、交通事故をすると救急隊だと名乗る男がやって来て、けが人を殺し連れ去っていました。そして現在、父親の行為を見た二人の息子が、救急隊員を名乗って同様の事をしていて、近くに住むエイミーやエイミーの恋人、そして友達たちに二人の男の恐怖が近づいていました…という内容のスラッシャー映画です。
監督:アラン・スミシー 出演者:ケイン・ホッダー(ジョン)、ビル・モーズリイ(ダリル)、ケイトリン・ハリス(エイミー)、ブランディ・グレン・サイラス(エンジェル)、サッシャ・ノップ(メアリー)ほか

「ディケイド 腐敗する者たち」のネタバレあらすじ結末

ディケイド 腐敗する者たちの紹介:2015年アメリカ映画。潔癖症の男の家に忍び込んだ少女が、家の中で事故死してしまいます。男は少女の死体を隠し、死体と共に生活し始めます。しかし死体が腐敗を始めると、潔癖症の男に幻覚や妄想が見え始めます・・・とい内容のかなり精神的にあぶない作品です。
監督:ジョセフ・ワートナーチェイニー 出演者:ロブ・ザブレッキー(ジョナサン)、リサ・ハワード(母親)、エリシャ・ヤッフェ(職場の同僚)、ジャッキーホフマン(近所のおばさん)、ハンナ・バロン(ケイトリン)ほか

「カム・バック 検事の女」のネタバレあらすじ結末

カム・バック 検事の女の紹介:2016年カナダ映画。自分の不手際で、犯罪組織のボスを逮捕するための大事な証人を殺されてしまった女性検事のケイト。この一件を忘れるために大学講師をしていたケイトが、再び犯罪組織のボスを逮捕する証拠を集めるために呼び出されますが、身近な仲間に内通者がいることがわかり・・・という内容のサスペンス映画です。
監督:カーティス・クロフォード 出演者:ニコール・デ・ボア(ケイト)、スコット・ギブソン(ダニエル)、ピーター・マイケル・ディロン(グレッグ)、アリスン・ブレナン(ビビアン)、ダグラス・キッド(ヴァルガーノ)、アンドリュー・ムーディ(フランク)ほか

「シェルター 狂気の秘密」のネタバレあらすじ結末

シェルター 狂気の秘密の紹介:2008年カナダ映画。DVの続く毎日に、町から出る決心をしたダーリーンは、12歳の娘ビクトリアを連れ、紹介された田舎の施設に向いました。出迎えてくれた中年女性のビーは、気さくでいい人に見えたものの、彼女の正体は猟奇女でしたという内容のホラー映画です。ストーリーの中の謎がラストで全て明かされます。
監督:メラニー・オア 出演者:キャスリーン・クインラン(ビー)、イングリッド・カヴェラルス(ダーリーン)、ハンナ・ロックナー(ビクトリア)、ほか

「長い裏切りの短い物語」のネタバレあらすじ結末

長い裏切りの短い物語の紹介:2012年イタリア映画。ラリオ銀行の専属弁護士だったジュリオは、高額の取引の仕事を受けますが、その翌日ラリオ銀行はニューライト銀行に買収され、仕事を依頼したブランディが自殺してしまいます。新しい管理者となったセシリアに連れられ南米の某国の大統領に会ったジュリオは、ニューライト銀行が南米でリチウムに関係した吸収合併を多数行っていることに不信感を持ち、調べるうちに陰謀に巻き込まれるという、イタリアと南米を舞台にした異国情緒たっぷりのサスペンス映画です。
監督:ダヴィデ・マレンゴ 出演者:グイド・カプリーノ(ジュリオ・ロヴェド)、カロリーナ・クレシェンティーニ(セシリア)、マヤ・サンサ(ヴァレリア)、フローラ・マルティネス(マーベル)、ほか

「シルビーの帰郷」のネタバレあらすじ結末

シルビーの帰郷の紹介:1987年カナダ映画。身寄りのない姉妹と破天荒な叔母の心の交流を描くドラマ作品。母を早くに亡くして以来、ルーシーとルシールの姉妹は湖畔の田舎町で祖母に育てられていた。しかしその祖母も亡くなってしまい、姉妹の叔母シルビーが町に呼び戻されることになる。シルビーは美しかったが破天荒な女性で、学校をサボる姉妹に何も口を出さなかった。ルシールはシルビーに反発し、家を出てしまう。残されたルーシーにシルビーは優しく接し、ルーシーもシルビーの自由な魂の在り方に惹かれていくのだった。
監督:ビル・フォーサイス 出演者:クリスティーン・ラーチ(シルビー)、サラ・ウォーカー(ルーシー)、アンドレア・バーチル(ルシール)、アン・ピトニアック(リリー)、バーバラ・リーズ(ノナ)ほか

「私は死にたくない」のネタバレあらすじ結末

私は死にたくないの紹介:1958年アメリカ映画。絶望や死刑の恐怖にさらされる実在の死刑囚を演じたスーザン・ヘイワードが5度目のノミネーションで初のアカデミー賞主演女優賞を手にした。原作はバーバラ・グレアム自身の手紙とモンゴメリー記者の記事で、グレアム冤罪説の立場に立つ作品。監督は数年後に『ウエスト・サイド物語』や『サウンド・オブ・ミュージック』を手がけることになるロバート・ワイズ。作曲家/編曲家のジョニー・マンデルが初めて映画音楽を手がけた作品でもある。映画の冒頭シーンではジェリー・マリガン、アート・ファーマーらがジャズバンドを組んで演奏を披露している。
監督:ロバート・ワイズ 出演:スーザン・ヘイワード(バーバラ・グレアム)、サイモン・オークランド(エドワード・モンゴメリー)、ヴァージニア・ヴィンセント(ペグ)、セオドア・バイケル(カール・パームバーグ)、ウェズリー・ラウ(ヘンリー・グレアム)、フィリップ・クーリッジ(エメット・パーキンス)、ルー・クルーグマン(ジャック・サント)、ほか

「芝生は緑」のネタバレあらすじ結末

芝生は緑の紹介:1960年アメリカ映画。貴族の妻がアメリカ人の観光客に心をときめかしてしまう。夫の元恋人で妻の親友もからんで、夫婦生活の危機が到来する。4大スター競演の大人向けコメディー。ケイリー・グラントとデボラ・カーは『めぐり逢い』以来の共演。カーとロバート・ミッチャム、ジーン・シモンズとミッチャムも共演経験がある。ヒュー・ウィリアムとマーガレット・ヴァイナーが夫妻で脚本を書いてロンドンのウェスト・エンドで大ヒットさせた芝居の映画化で、映画の脚本も御夫婦が担当。監督は『掠奪された七人の花嫁』等のスタンリー・ドーネン。
監督:スタンリー・ドーネン 出演者:ケイリー・グラント(ヴィクター・ライオール)、デボラ・カー(ヒラリー)、 ロバート・ミッチャム(チャールズ・ドラクロ), ジーン・シモンズ(ハティ)、モーレイ・ワトソン(トレヴァー・セラーズ)、ほか

「ふくろうの叫び」のネタバレあらすじ結末

ふくろうの叫びの紹介:1987年イタリア, フランス映画。パトリシア・ハイスミスの同名小説を映画化。男女の愛と嫉妬が交錯し、悲劇へと誘うサスペンス作品。冷酷な妻ヴェロニクが原因で精神を病んだロベールの癒しは、郊外の屋敷に住むジュリエットを覗き見ることだった。彼女は婚約者パトリックと仲睦まじい様子で、ロベールは幸せな光景に慰められる。そんなある日、姿を見せたロベールにジュリエットは急速に惹かれていった。パトリックよりもロベールを愛するようになった彼女は、婚約を解消してしまう。嫉妬に狂ったパトリックは夜道でロベールに襲いかかり、そのまま行方不明になった。周囲の人々はロベールが殺害したのではないかと疑うが、実は裏でヴェロニクが糸を引いていたのだった。別題は「ふくろうの叫び/偏愛殺人」。
監督:クロード・シャブロル 出演者:ヴィルジニー・テヴネ(ヴェロニク)、クリストフ・マラヴォワ(ロベール)、マチルダ・メイ(ジュリエット)、ジャック・プノー(パトリック)、ジャン=ピエール・カルフォン(警視)ほか

「ハロウィンズ 死霊復活祭」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンズ 死霊復活祭の紹介:1985年アメリカ映画。ハロウィンで浮かれた高校生達が魔女の封印を解いてしまい、町中がパニックに陥るホラー作品。隠れた良作として、今なお高い評価を得ている。フィル達5人の高校生は、ハロウィンの仮装パーティー用の衣装を町の博物館から盗み出した。墓場で盗品を確認していると、封じられた古い巻物を見つける。悪戯心で巻物の封印を解いたフィル達。しかしその巻物は、かつて町を恐怖に陥れた魔女ルシンダの魔力を封じていたものだった。巻物に記された呪文が唱えられると、町には蘇った死者や悪魔が跋扈し始める。そんな中、フィルは不思議な少女サンディと出会い恋に落ちるのだった。
監督:ジャック・ベンダー 出演者:シャーリー・ベラフォンテ=ハーパー(メリッサ・カベンダー)、リー・モンゴメリー(フィル・グレンビル)、レヴァー・バートン(ビニー・デイビス)、ディック・ヴァン・パタン(マーティン・グレンビル)、ケヴィン・マッカーシー(クランダル判事)ほか

「アナトミー」のネタバレあらすじ結末

アナトミーの紹介:2000年ドイツ映画。ドイツ2位の成績を上げ、名門ハイデルベルク大学の解剖学部に入ったパウラは、列車の中で知り合った青年が、解剖用の検体になっているのを見て驚き、さらに解剖実習で、青年の体におかしな反応がたくさんあることに疑問を持ち、独自に大学内の調査を始めます・・・という内容の、解剖学部を舞台にしたグロサスペンス作品です。ドイツ映画だけに、グロ描写はホラー映画並、それ以上あります。
監督:ステファン・ルツォヴィツキー  出演者:フランカ・ポテンテ(パウラ)、ゼバスティアン・ブロンベルク(カスパー)、ベンノ・フユルマン(ハイン)、アンナ・ロース(グレーチェン)、ホルガー・スペックハーン(フィル)、トラウゴット・ブーレ(グロムベック教授)ほか

「世界イチ不運な男」のネタバレあらすじ結末

世界イチ不運な男の紹介:2014年アメリカ映画。看護師のカーリーが、一夜を共にした男は、2年前性病を移された男でした。そこでカーリーは男にとある薬を注射しますが、アレルギー反応が出て意識が無くなり、蘇生させたものの、このまま男を帰すと自分が訴えられることから監禁してしまいました・・・という内容で、無実の男が、殺人犯になるまでを描いたコメディ映画です。
監督:バリー・ポラック 出演者:ミーシャ・ポラック(マイロ)、リア・ヒューブナー(カーリー)、エリザ・ロバーツ(ローリー)、ニナ・ハートリー(シンディ)、エリック・ロバーツ(ビル)ほか

「ザ・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ガールズの紹介:2014年カナダ映画。若い女性をナンパし、金を渡しSEXまで持っていく男たち。彼らはこれを動画に収め、ポルノ業界で成功を収めていましたが。しかし彼らに復讐を誓った女二人に拉致され、一人は射殺され、もう一人は拷問を受け始めました…という内容の強姦された女性たちによるリベンジムービーです。
監督:ジェフリー・アンダーセン 出演:ジェシカ・ハーモン(ベス)、エリース・ガティアン(サム)、アンドリュー・フランシス(スティーブ)、マシュー・アンダーソン(マーク)、グレイストン・ホルト(ジョン)ほか

キーワードから探す

TOP↑