Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「犬とあなたの物語 いぬのえいが」のネタバレあらすじ結末

2016/11/05掲載

犬とあなたの物語 いぬのえいがの紹介:2010年日本映画。「犬とあなたの物語 いぬのえいが」は前作品の「いぬのえいが」に続く第2シリーズの作品です。犬と人間とのハートフルは笑いあり涙ありの6編からなるオムニバス作品です。前半の作品4編はほとんどがコミカルな内容で、大きな声で笑ってしまうようなおもしろい作品です。犬にからめた人間模様をおもしろおかしく描いています。気軽に見れるおもしろい作品だと、お菓子片手に油断して見ていると後半の作品でお菓子を落としそうになるほど、重く悲しい雰囲気になりびっくりします。しかしながらこの後半が本編であり、感動を巻き起こします。特に一番時間を割いている、5話はじっくり腰をすえて見る必要があります。松嶋菜々子のきれいで爽やかな笑顔に見とれていると、その後の重苦しい展開に、最初のコミカルさでリラックスしていた体が固まってしまいます。絶望の中にも犬の存在によりひとすじの希望の光が生まれます。
監督:長崎俊一、石井聡一、江藤尚志、川西純、中西尚人、水落豊 出演者: 松嶋菜々子(多田野美里)、大森南朋(多田野一郎)、中尾彬(中尾彬)、青木裕子(レポーター)、高畑淳子(美知代)ほか

「クイール」のネタバレあらすじ結末

2016/11/05掲載

クイールの紹介:2003年日本映画。盲導犬クイールの一生」という写真集を原作とする映画作品です。クイールのかわいさと賢さ、せつなさに終始心が揺さぶられる映画です。盲導犬の役割についてもよく説明されています。クイールを通しての人間模様が非常に丁寧に描かれており、「生」も描いていますが「死」についてもしっかり描かれていますので、どうしても後半は涙なくしてこの映画を見ることはできません。しかしクイールに出会うことによって救われた人がたくさんいて、そしてクイールに愛を注いだ人たちがたくさんいたことに感動します。たくさんの有名な俳優さんが自分の出演場面を丁寧に演じているので、作品の中に引きこまれます。
監督:崔洋一 出演:小林薫(渡辺満)、椎名桔平(多和田悟)、香川照之(仁井勇)、戸田恵子(渡辺祺子)、寺島しのぶ(仁井三都子)、ほか

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

2016/11/05掲載

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「シンシナティ・キッド」のネタバレあらすじ結末

2016/11/05掲載

シンシナティ・キッドの紹介:1965年アメリカ映画。ギャンブルに人生を捧げた男達の勝負を描いた骨太のドラマ作品。ポーカーの名手として名を馳せるシンシナティ・キッドは、ギャンブルの名人ランシー・ハワードとのポーカー勝負に臨む。勝負中の手に汗握る緊張感はもちろん、そこに至るまでの複雑な人間ドラマも見所のひとつ。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演者:スティーヴ・マックイーン(エリック・ストーナー(シンシナティ・キッド))、エドワード・G・ロビンソン(ランシー・ハワード)、カール・マルデン(シューター)、チューズデイ・ウェルド(クリスチャン)、アン=マーグレット(メルバ)ほか

「道」のネタバレあらすじ結末

2016/11/04掲載

の紹介:1954年イタリア映画。巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の代表作のひとつ。粗野な大道芸人ザンパノと彼に金で買われた無垢な女性ジェルソミーナの関係を描く。アカデミー外国語映画賞を受賞。
監督:フェデリコ・フェリーニ・出演:ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)、ザンパノ(アンソニー・クイン)ほか

「砂の女」のネタバレあらすじ結末

2016/11/04掲載

砂の女の紹介:1964年日本映画。安部公房の同名小説を作者自らシナリオ化、勅使河原宏が監督した名作。世界的に評価され、カンヌ国際映画祭審査員特別賞ほか多数の賞を受けた。勅使河原宏も日本人として初めてアカデミー賞の監督賞にノミネート。
監督:勅使河原宏 出演:仁木順平(岡田英次)、砂の穴に住む女(岸田今日子)ほか

「天国と地獄」のネタバレあらすじ結末

2016/11/04掲載

天国と地獄の紹介:1963年日本映画。黒澤明監督の「野良犬」以来の刑事もの。エド・マクベインの「87分署シリーズ」のひとつである「キングの身代金」を大胆に脚色した。前半は会話中心の室内劇、後半はロケーションを活かした犯人追跡と、はっきりした二部構成となっている。
監督:黒澤明 出演:権藤金吾(三船敏郎)、戸倉警部(仲代達矢)、竹内銀次郎(山崎努)、ほか

「ペントハウス」のネタバレあらすじ結末

2016/11/04掲載

ペントハウスの紹介:2011年アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタンにある高級タワーマンションで従業員の年金を横領した富豪からお金を取り戻そうと奮闘する元従業員と泥棒のお話です。果たして無事に横領されてしまったお金を取り戻すことができるのでしょうか!
監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、エディ・マーフィ(スライド)、ケイシー・アフレック(チャーリー)、アラン・アルダ(アーサー・ショウ)、ほか

「マッチポイント」のネタバレあらすじ結末

2016/11/04掲載

マッチポイントの紹介:2005年イギリス,アメリカ,ルクセンブルク映画。ウディ・アレンがイギリスを舞台に、上流階級の一員になろうとする元テニスプレイヤーの野心を描く。アレン自身の「重罪と軽罪 」を思わせる意外なラストとなっている。
監督:ウディ・アレン・出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ(クリス・ウィルトン)、スカーレット・ヨハンソン(ノラ・ライス)、エミリー・モーティマー(クロエ・ヒューイット・ウィルトン)、マシュー・グード(トム・ヒューイット)、ブライアン・コックス(アレックス・ヒューイット)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

「インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

インフェルノの紹介:2016年アメリカ映画。病院で目覚めたラングドン教授は数時間の記憶を失くしていた。自分が何故そこにいるのかも分からない、さらに突然謎の人物が教授を襲撃する。教授は何者かに狙われていた。その場に居合わせた医師シエナと共に逃げる教授は失くした記憶と少ないヒントで事件の真相を探ろうとする。そこで手に入れたキーワードはダンテの地獄編だった。トム・ハンクスが主演を務めるダン・ブラウン原作小説の映画『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続くシリーズ第3弾。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)、ほか

「フレンチ・コネクション」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

フレンチ・コネクションの紹介:1971年アメリカ映画。新鋭ウィリアム・フリードキン監督がはみ出し者の刑事の活躍を荒々しいドキュメンタリータッチで描く。凄まじいカーチェイス場面は映画史に残る見事さ。アカデミー賞では作品、監督、主演男優賞など5部門を受賞。
監督:ウィリアム・フリードキン 出演:ジーン・ハックマン(ジミー・ドイル (ポパイ))、ロイ・シャイダー(バディ・ルッソ (クラウディ))、フェルナンド・レイ(アラン・シャルニエ)、トニー・ロー・ビアンコ(サル・ボカ)、マルセル・ボズフィ(ピエール・ニコリ)、ほか

「赤い風船」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

赤い風船の紹介:1956年フランス映画。ある日、パスカル少年は街で赤い風船を見つける。パスカルが風船を大切に扱っていると、風船は意思を持ちパスカルの後を追いかけるようになった。少年と風船の友情をファンタスティックに描いたフランス短編映画の傑作。1956年のカンヌ国際映画祭で短編パルム・ドールに輝くなど、複数の映画賞を受賞した。
監督:アルベール・ラモリス 出演者:パスカル(パスカル・ラモリス)、青い風船を持った少女(サビーヌ・ラモリス)、シュザンヌ・クルーティエ、ジョルジュ・セリエほか

「庭園」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

庭園の紹介:1968年チェコスロバキア映画。フランティシェクは20年ぶりに再会した友人ヨゼフの自宅へ案内される。しかし家の前には奇妙な光景が広がっていた。大勢の人間が手を繋いで「生け垣」になっていたのだ。アートアニメーションの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエル監督にとって初となる完全実写作品。
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 出演者:イジー・ハーレク(フランティシェク)、ルジェク・コプシヴァ(ヨゼフ)、ミーラー・ミスリーコヴァー(マルシュカ)、ヴァーツラフ・ボロヴィチカ、フランティシェク・フサークほか

「野火(1959年)」のネタバレあらすじ結末

2016/11/03掲載

野火の紹介:1959年日本映画。太平洋戦争末期のフィリピン戦線における日本兵の姿を描く。敗戦を目の前に、飢餓、疲労、絶望に襲われる兵士達。極限状態におかれた人間は何を考えどう行動するのか、淡々と生々しく、そして鮮やかに表現した戦争映画の名作。ロカルノ国際映画祭ではグランプリを受賞した。2015年にはリメイク版野火も制作されている。
監督:市川崑 出演者:船越英二(田村)、ミッキー・カーチス(永松)、安田(滝沢修)、下士官(浜口喜博)ほか

1 407 408 409 410 411 412 413 414 415 545
TOP↑