「ハード・ターゲット」のネタバレあらすじ結末

2020/03/16掲載

ハード・ターゲットの紹介:1993年アメリカ映画。香港ノワールの巨匠ジョン・ウー監督が初めてハリウッドに進出したアクション作品です。主演をジャン=クロード・ヴァン・ダムが務め、人間狩りに興じる悪党との対決に挑む元海兵隊員の闘いを描きます。2016年には続編『ハード・ターゲット2 ファイティング・プライド』が公開されています。
監督:ジョン・ウー 出演者:ジャン=クロード・ヴァン・ダム(チャンス・ブドロー)、ランス・ヘンリクセン(エミール・フーション)、ヤンシー・バトラー(ナターシャ・ビンダー)、ウィルフォード・ブリムリー(ドゥヴェー)、アーノルド・ヴォスルー(ピク・ヴァン・クリーフ)、ケイシー・レモンズ(カーマイン・ミッチェル)、チャック・ファーラー(ダグラス・ビンダー)、エリオット・キーナー(ランダル・ポー)、ウィリー・C・カーペンター(エライジャ・ローパー)ほか

「マクマホン・ファイル」のネタバレあらすじ結末

2020/03/16掲載

マクマホン・ファイルの紹介:2020年アメリカ映画。記者のエレナ・マクマホンは、アメリカ政府の陰謀を暴くべく奮闘しますが、上からの圧力により思うようにいきません。そんな中、父親リチャードの仕事を引き受けることで陰謀を暴こうともがきます。主演は『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイ。『永遠の門 ゴッホの見た未来』で高い評価を得たウィレム・デフォーを父親役に向かえ、豪華俳優人が揃っている映画です。
監督:ディー・リース 出演:アン・ハサウェイ(エレナ・マクマホン)、ベン・アフレック(トリート・モリソン)、ウィレム・デフォー(リチャード・マクマホン)、ロージー・ペレス(アルマ)、エディ・ガテギ(ジョーンズ)、トビー・ジョーンズ(ポール)、カルロス・リール(エッパーソン)、ほか

「4月の君、スピカ。」のネタバレあらすじ結末

2020/03/16掲載

4月の君、スピカ。の紹介:2019年日本映画。東京から長野の進学校に転校した星が、授業について行けず試験で酷い点数をとっていました。友達も出来ない星に初めに話しかけてきたのは泰陽。泰陽はいつも星をバカにし、口げんかしていました。やがて星を見ていると深月が話しかけてきます。そして深月と泰陽のいる天文部に入った星は憧れの深月、そして自分に告白する泰陽と楽しい日々を続けていましたが咲という転校生がやって来て、状況は一変し…という内容の杉山美和子による人気漫画の映画化作品です。
監督:大谷健太郎 出演者:福原遥(早乙女星)、佐藤大樹(宇田川泰陽)、鈴木仁(大高深月)、井桁弘恵(天川咲)、夏目かな(須藤瑠衣)、南山あずさ(鴻池鈴)、大原優乃(立花楓)酒井美紀(七瀬)、大谷亮平(購買のおじさん)ほか

「アイネクライネナハトムジーク」のネタバレあらすじ結末

2020/03/15掲載

アイネクライネナハトムジークの紹介:2019年日本映画。伊坂幸太郎の同名連作短編集を本作が3度目の共演となる三浦春馬と多部未華子のダブル主演で映画化したラブストーリー群像劇で、10年の時を超えて紡がれる“恋”と“出会い”の物語が描かれていきます。全編に渡って仙台にてロケを敢行、主題歌は原作者・伊坂幸太郎と交流があり本作誕生のきっかけを作った斉藤和義が手掛けています。タイトルはモーツァルトの同名楽曲から取られており、「ある小さな夜の曲」を意味しています。
監督:今泉力哉 出演者:三浦春馬(佐藤)、多部未華子(本間紗季)、矢本悠馬(織田一真)、森絵梨佳(織田由美)、恒松祐里(織田美緒)、萩原利久(久留米和人)、成田瑛基(ウィンストン小野)、八木優希(亜美子)、こだまたいち(斉藤)、MEGUMI(板橋香澄)、柳憂怜(久留米邦彦)、濱田マリ(久留米マリ子)、藤原季節(青年)、中川翼(少年)、祷キララ(女子高生)、伊達みきお(サンドウィッチマン)(セコンド)、富沢たけし(サンドウィッチマン)(セコンド)、貫地谷しほり(美奈子)、原田泰造(藤間)ほか

「タッチ3 君が通り過ぎたあとに」のネタバレあらすじ結末

2020/03/15掲載

タッチ3 君が通り過ぎたあとに -DON’T PASS ME BY-の紹介:1987年日本映画。TVアニメ「タッチ」の劇場版3部作の完結編となります。入院した西尾監督の代理の監督として明青学園に来た柏葉英二郎は、就任早々から部員に猛練習を課します。柏葉英二郎の目的は、かつて汚名を着せられ退部させられた明青学園野球部への復讐でしたが、達也達は、その猛練習に耐えてレベルアップし、夏の甲子園予選を順調に勝ち進んでいきます。そして、昨年敗れた新田明男擁する強豪須見工との決勝戦が始まります。
監督:永丘昭典 出演:上杉達也(三ツ矢雄二)、浅倉南(日高のり子)、柏葉英二郎(田中秀幸)、新田明男(井上和彦)、柏葉英一郎(内海賢二)、原田正平(銀河万丈)、柏葉 令子(高島雅羅)

「米軍極秘部隊 ウォー・ピッグス」のネタバレあらすじ結末

2020/03/15掲載

米軍極秘部隊 ウォー・ピッグスの紹介:2015年アメリカ映画。大尉から中尉に降格したウォシックが、期待されていないウォーピッグという隊員を従えて、極秘任務を遂行させます。1944年の終戦間近の戦争を舞台に描かれた映画です。
監督:ライアン・リトル 出演:ルーク・ゴス(ウォシック中尉)、ドルフ・ラングレン(ピコー大尉)、ノア・セガン(オーガスト軍曹)、ライアン・ケリー(ヨーク)、K・C・クライド(モファッティ)、ほか

「パリに見出されたピアニスト」のネタバレあらすじ結末

2020/03/15掲載

パリに見出されたピアニストの紹介:2018年フランス,ベルギー映画。貧しさから不幸な境遇を過ごさざるを得なかった主人公の青年マチュー。しかし彼にはピアノという才能があったのです。その類いまれなる才能を偶然音楽大の教授が見つけ、彼の人生がガラリと変わっていく…。
監督:ルドヴィク・バーナード 出演:ランベール・ウィルソン(ピエール・ゲイトナー)、クリスティン・スコット・トーマス(女伯爵)、ジュール・ベンシェトリ(マチュー・マリンスキー)、カリジャ・トゥーレ(アンナ)、エルザ・ルポワーヴル(マティルド・ゲイトナー)、アンドレ・マルコン(アンドレ・ロシジャック)、ミシェル・ジョナス(ムッシュー・ジャック)、グザヴィエ・ゲルフィ(ケヴィン)、テレスフォール・トゥヌー(ドリス)、ほか

「Fukushima50」のネタバレあらすじ結末

2020/03/14掲載

Fukushima 50の紹介:2019年日本映画。2011年3月11日に起こった未曾有の大災害、東日本大震災。東京電力福島第一原子力発電所は大津波に襲われ、電源喪失、建屋の水素爆発と想定外の事態に見舞われた。この映画は、当時の吉田所長などへの取材を基に書かれた門田隆将の原作をもとに、事態の収拾のために闘った職員たちの5日間を描いている。監督は『沈まぬ太陽』『空母いぶき』の若松節朗。現場を指揮する当直長伊崎に佐藤浩市、作品中唯一実名で登場する吉田昌郎所長に渡部謙、と日本を代表するふたりの俳優が主役をつとめている。
監督: 若松節朗 キャスト:佐藤浩市(伊崎利夫)、渡辺謙(吉田昌郎)、吉岡秀隆(前田拓実)、安田成美(浅野真里)、緒形直人(野尻庄一)、火野正平(大森久夫)、平田満(平山茂)、段田安則(竹丸吾郎)、篠井英介(小野寺秀樹)、佐野史郎(内閣総理大臣)、ダンカン(福島民友新聞記者)、吉岡里帆(伊崎遥香)、富田靖子(伊崎智子)ほか

「劇場版 SHIROBAKO」のネタバレあらすじ結末

2020/03/14掲載

劇場版 SHIROBAKOの紹介:2020年日本映画。TVアニメ「SHIROBAKO」の劇場版。TVアニメのその後を描いています。TVアニメ「第三飛行少女隊」製作から4年後、ラインプロデューサーとなっていた宮森あおいが所属する武蔵野アニメーションは、4年前とは打って変わって業績は低迷していました。そんな時、オリジナル劇場アニメーションの制作の話が武蔵野アニメーションに持ち込まれました。製作期間は短く、人もいない、そんな困難極める状況の中、あおいは、劇場版制作のために集結したかつての仲間と共に、完成に向けて奮闘します。
監督:水島努 声優:宮森あおい(木村珠莉)、安原絵麻(佳村はるか)、坂木しずか(千菅春香)、藤堂美沙(高野麻美)、今井みどり(大和田仁美)、宮井楓(佐倉綾音)、木下誠一(檜山修之)

「チャップリンの殺人狂時代」のネタバレあらすじ結末

2020/03/14掲載

チャップリンの殺人狂時代の紹介:1947年アメリカ映画。オーソン・ウェルズのアイデアを基に伝説の喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・音楽・主演を手掛けた、これまでの喜劇色から一転してシリアスな作風となったブラックコメディ作品です。1920年代のフランスに実在した殺人鬼をモデルに、金と生活のために次々と殺人を犯す男の顛末を反戦思想と絡めて描きます。
監督:チャールズ・チャップリン出演者:チャールズ・チャップリン(アンリ・ヴェルドゥ)、マーサ・レイ(アナベラ・ボヌール)、イソベル・エルソム(マリー・グロネイ夫人)、マリリン・ナッシュ(若い未亡人)、ロバート・ルイス(モーリス・ボテロ)、メイディ・コレル(モナ・ヴェルドゥ)、アリソン・ロダン(ピーター・ヴェルドゥ)、マーガレット・ホフマン(リディア・フローレイ)、チャールズ・エヴァンズ(モロー刑事)ほか

「デイライツ・エンド」のネタバレあらすじ結末

2020/03/14掲載

デイライツ・エンドの紹介:2015年アメリカ映画。人間が広がった感染症によりゾンビと吸血鬼を足したようなクリーチャーになった世界で、一人物資を求めて走るトムが、途中で助けたサムの誘いで生き残った人たちを守る集団と一緒になり、クリーチャーに戦いを挑むというサバイバルホラーアクション映画。噛まれると感染するゾンビの要素と、太陽の光を浴びると焼け死んでしまう吸血鬼の要素を織り交ぜ、全編にわたり銃撃シーンの連続です。
監督:ウィリアム・カウフマン 出演:ジョニー・ストロング(トム)、ランス・ヘンリクセン(フランク)、ルイス・マンディロア(イーサン)、チェルシー・エドモンドソン(サム)、ハキーム・ケイ=カジーム(クリス)、クシシュトフ・ソシンスキー(アルファ)、クリス・カーソン(デュガン)、ゲイリー・ケアンズ(ドリュー)ほか

「ヴァイブレータ」のネタバレあらすじ結末

2020/03/13掲載

ヴァイブレータの紹介:2003年日本映画。赤坂真理による芥川賞候補作の映画化。心に問題を抱える女が、コンビニで出会った若いトラック運転手の道づれとなり、癒されていく。旺盛な活動を続けている監督廣木隆一、脚本荒井晴彦の傑作の一つ。主人公のモノローグと彼女の内面の声を告げるサイレント映画的な黒画面の字幕が特徴的。この作品と、同年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で寺島しのぶは多くの賞を受賞。大森南朋も2003年度キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞している。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(早川玲)、大森南朋(岡部希寿)、田口トモロヲ(警官)、戸田昌宏(ホテトルの客)、牧瀬里穂(雑誌の女)ほか

「タイム・クライム」のネタバレあらすじ結末

2020/03/13掲載

タイム・クライムの紹介:2013年韓国映画。タイムマシンを研究するウソクらの研究チームでしたが、研究に投資するロシアの会社から資金提供を打ち切られ、撤収期限が迫っていました。そこでウソクは結果を残そうと24時間後の研修施設にタイムスリップします。24時間後の研究室は荒れ果て、研究員の姿はありません。過去に戻ったウソクが未来の監視カメラ映像を見ると、自分たちが死んでいくのが映ります。そこでウソクらは未来を変えるべく行動をしますが…という内容のSFサスペンス映画です。
監督:キム・ヒョンシク 出演者:チョン・ジェヨン(チョン・ウソク)、チェ・ダニエル(ユ・ジワン)、キム・オクビン(ソ・ヨンウン)、イ・デヨン(チョ室長)、パク・チョルミン(パク・ヨンシク)、シン・ダウン(ナムグン・スク)、オ・グァンノク(ソ博士)ほか

「僕のボーガス」のネタバレあらすじ結末

2020/03/13掲載

僕のボーガスの紹介:1996年アメリカ映画。母を交通事故で亡くし、見知らぬ土地、見知らぬ人と暮すことになった少年が、空想の友達“ボーガス”の力を借りて新しい世界へと歩み始める。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演:ウーピー・ゴールドバーグ(ハリエット・フランクリン)、ジェラール・ドパルデュー(ボーガス)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(アルバート・フランクリン)、ナンシー・トラヴィス(ロレイン・フランクリン)、デニス・マーシアー(アントワーヌ)、アンドレア・マーティン(ペニー)、ウテ・レンパー(バベット)、ほか

「ビッグ・リトル・ファーム」のネタバレあらすじ結末

2020/03/13掲載

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカ有数の大都市のロサンゼルス、多くの娯楽がありますが、犯罪や環境汚染など多くの問題もあります。ジョンとモリーの夫婦は、犬の鳴き声がうるさいという近隣住民からの苦情をきっかけに郊外に理想の農園を作ることにします。しかし、荒れ果てたロス近郊の大地に農園を作るのには多くの問題があります。二人の挑戦はうまくいくのでしょうか?『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方 』は、大都会から郊外での農園作りに挑戦する夫婦の悪戦苦闘ぶりが描かれるドキュメンタリー、田舎暮らしの素晴らしさを伝えてくれる映画です。
監督:ジョン・チェスター 出演:ジョン・チェスター、モリー・チェスター、アラン・ヨーク、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 662

キーワードから探す

TOP↑