「AWAKE」のネタバレあらすじ結末

2021/01/12掲載

AWAKEの紹介:2020年日本映画。2015年4月に行われた、人間対コンピューターによる「将棋電王戦FINAL」第5局の対局に着想を得たオリジナルストーリーの作品です。将棋棋士になる夢に挫折し、コンピュータ将棋ソフトの開発者となった主人公と永遠のライバルである将棋棋士との苦闘を描きます。
監督:山田篤宏 出演者:吉沢亮(清田英一)、若葉竜也(浅川陸)、落合モトキ(磯野達也)、寛一郎(中島透)、馬場ふみか(磯野栞)、川島潤哉(山崎新一)、永岡佑(堀亮太)、森矢カンナ(山内ひろみ)、中村まこと(清田英作)ほか

「フード・ラック!食運」のネタバレあらすじ結末

2021/01/12掲載

フード・ラック!食運の紹介:2020年日本映画。芸能界きっての食通として知られるお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の寺門ジモンの監督デビュー作となるヒューマンドラマです。「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のNAOTOと土屋太鳳がダブル主演を務め、かつて人気を誇っていた下町の焼肉屋を舞台に、食を通じて繋がる主人公のフリーライターと焼肉屋の女主人だった母との絆を周囲の人々の人間模様を含めて描きます。
監督:寺門ジモン 出演者:NAOTO(佐藤良人)、土屋太鳳(竹中静香)、石黒賢(新生英二)、松尾諭(古山達也)、寺脇康文(山田智洋)、白竜(滝沢二郎)、東ちづる(滝沢小百合)、矢柴俊博(西田貴博)、筧美和子(的場涼子)、斎藤汰鷹(少年時代の佐藤良人)、大泉洋(尾崎実)、大和田伸也(豊川忠義)、竜雷太(石原雄司)、りょう(佐藤安江)ほか

「ホワイト・ボーイ・リック」のネタバレあらすじ結末

2021/01/12掲載

ホワイト・ボーイ・リックの紹介:2018年アメリカ映画。14歳でFBIに情報提供をして捜査に協力した少年の実話を元にした映画。1980年代、人種差別もまだ激しいアメリカで、白人のリックは黒人が多い町に住み、黒人のギャングと関わりを持つようになります。それに目をつけたFBIは、リックに捜査協力をするように誘います。リックの父親リチャードを、『インターステラー』『ダラス・バイヤーズクラブ』など数々の名作に出演したマシュー・マコノヒーが熱演します。
監督:ヤン・ドマンジュ 出演:リッチー・メリット(リック)、マシュー・マコノヒー(リチャード)、ベル・パウリー(ドーン)、ジェニファー・ジェイソン・リー(アレックス)、ジョナサン・メジャース(ジョニー)、ほか

「ヒッチャー(ニューマスター版)」のネタバレあらすじ結末

2021/01/11掲載

ヒッチャーの紹介:1985年アメリカ映画。2019年に亡くなった俳優ルトガー・ハウアー。1982年『ブレードランナー』のレプリカントのリーダー・ロイ役で一気に世界的な人気俳優となった彼の、圧倒的な怪演が光る『ヒッチャー』が2021年、HDリマスター化され帰ってきた。これは、得体のしれない殺人鬼に追い回される青年の理不尽な道行きを、極力説明を排したシンプルな構成で見せきってしまう快作。35年前の作品とは思えない画面の美しさ、そして片時も安心できないスリリングな展開は必見!
監督:ロバート・ハーモン 脚本:エリック・レッド キャスト:C・トーマス・ハウエル(ジム・ハルジー)、ルトガー・ハウアー(ジョン・ライダー)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ナッシュ)、ジェフリー・デマン(エスターリッジ警部)ほか

「この世界に残されて」のネタバレあらすじ結末

2021/01/11掲載

この世界に残されての紹介:2019年ハンガリー映画。第二次世界大戦の終戦後、ソ連の影響下にあったハンガリーを舞台に、ナチスのホロコーストを生き延びた42歳の医師と16歳の少女との心の交流を描いたヒューマンドラマです。本作は第92回アカデミー賞の国際長編映画賞ショートリストに選出されています。
監督:バルナバーシュ・トート 出演者:カーロイ・ハイデュク(アラダール・アルド・ケルネル)、アビゲール・セーケ(クララ・ヴィーネル)、マリ・ナジ(オルギ)、カタリン・シムコー(エルジ)、バルナバーシュ・ホルカイ(ペペ)ほか

「おらおらでひとりいぐも」のネタバレあらすじ結末

2021/01/11掲載

おらおらでひとりいぐもの紹介:2020年日本映画。第158回芥川賞と第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子の同名小説を『横道世之介』『モリのいる場所』の沖田修一監督が映画化したヒューマンドラマです。夫に先立たれ、娘との疎遠になった一人暮らしの老女は心の中でかつての自分や様々な人々と故郷の東北弁を交えての会話を楽しむようになっていきます…。
監督:沖田修一 出演者:田中裕子(桃子)、蒼井優(桃子(青年期))、東出昌大(周造)、濱田岳(寂しさ1)、青木崇高(寂しさ2)、宮藤官九郎(寂しさ3)、田畑智子(桃子の娘)、黒田大輔(警官)、山中崇(医師)、岡山天音(車メーカーの営業)、三浦透子(桃子の同僚)、六角精児(桃子の心の声「どうせ」)、大方斐紗子(桃子の祖母)、鷲尾真知子(図書館の司書)ほか

「ハッピー・バースデー 家族のいる時間」のネタバレあらすじ結末

2021/01/11掲載

ハッピー・バースデー 家族のいる時間の紹介:2019年フランス映画。フランス南西部。大きな邸宅で優雅に暮らしているアンドレアと夫ジャン。アンドレアの70歳の誕生日を祝うため、長男ヴァンサン、妻マリーと彼らの2人の息子たち、そして映画監督志望の次男ロマンが恋人ロジータ―を連れて訪れました。家族が集まり、楽しいパーティをはじめようとしたそのとき。3年間行方をくらましていた、情緒不安定な長女クレールが突然帰ってきました。娘を優しく迎えるアンドレアに対し、他の家族は奔放なクレールに戸惑う。案の定クレールは問題の火種を作り発狂する。
監督:セドリック・カーン 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(アンドレア)、エマニュエル・ベルコ(クレール)、ヴァンサン・マケーニュ(ロマン)、セドリック・カーン(ヴァンサン)、ルアナ・バイラミ(エマ)、レティシア・コロンバニ(マリー)、イザベル・エメ・ゴンサレス・ソラ(ロジータ)、アラン・アルトゥール(ジャン)、ジョシュア・ロジーネ(ジュリアン)ほか

「おとなの事情 スマホをのぞいたら」のネタバレあらすじ結末

2021/01/10掲載

おとなの事情 スマホをのぞいたらの紹介:2020年日本映画。年代も個性もバラバラの3組の夫婦とひとりの独身男。ある出来事がきっかけで毎年集まってパーティを開く仲に。1年ぶりの再会の夜、メンバーのひとりの問いからはじまった「スマホ公開ゲーム」。それはパーティの間、メールも電話も内容をすべてメンバー全員で共有するというゲーム。それぞれ抱えた誰にも言えないおとなの事情に通知が届くたびに7人を戦々恐々とさせる。世界で最もリメイクされたイタリア映画『おとなの事情』の日本版。
監督:光野道夫 出演:東山紀之(小山三平)、常盤貴子(園山薫)、益岡徹(六甲隆)、田口浩正(園山零士)、木南晴夏(向井杏)、淵上泰史(向井幸治)、鈴木保奈美(六甲絵里)ほか

「リズム・セクション」のネタバレあらすじ結末

2021/01/10掲載

リズム・セクションの紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。3年前、旅客機事故で家族を失い、売春婦にまで堕ちたステファニーにジャナーリストのプロクターが「あれは事故じゃないテロだ」と教えたことから、ステファニーは家族の復讐の為、Bという情報提供者の力を得て殺し屋になるべく特訓を始めます…という内容のマーク・バーネルの小説『堕天使の報復』を原作とした作品です。落ちぶれたヒロインのステファニーが殺し屋としてたくましく美しく成長する姿も見どころです。
監督:リード・モラノ 出演者:ブレイク・ライヴリー(ステファニー)、ジュード・ロウ(B)、リング・K・ブラウンスター(マーク・セラ)、リチャード・ブレイク(リーマン)、マックス・カセラ(レオン・ギラー)、ダニエル・メイズ(ディーン・ウェスト)、ラザ・ジャフリー(キース)、ジェフ・ベル(グリーン)、タウフィーク・バルホーム(レザー)ほか

「スイッチング・プリンセス:もう一度スイッチ!」のネタバレあらすじ結末

2021/01/10掲載

スイッチング・プリンセス:もう一度スイッチ!の紹介:2020年アメリカ映画。『スイッチング・プリンセス』の続編。前作で結ばれたマーガレットとケビンでしたが、マーガレットが王位継承することによってすれ違いになり別れてしまいます。マーガレットと瓜二つのステイシーは、ちゃんと2人に話し合ってほしいということで、マーガレットとステイシーは再び入れ替わり、多忙なマーガレットの代わりにステイシーが公務に取り組みます。しかし、マーガレットのいとこが現れると複雑な状況に。前作同様クリスマス気分を存分に味わえるラブコメ映画になっています。『ハイスクール・ミュージカル』で一躍有名になったヴァネッサ・ハジェンズが1人3役を演じます。
監督:マイク・ロール 出演:ヴァネサ・ハジェンズ(マーガレット/ステイシー/フィオナ)、サム・パラディオ(エドワード)、ニック・サーガル(ケビン)、ラクラン・ニーボア(トニー)、ミア・ロイド(オリビア)、ほか

「トゥループ・ゼロ 夜空に恋したガールスカウト」のネタバレあらすじ結末

2021/01/10掲載

トゥループ・ゼロ~夜空に恋したガールスカウト~の紹介:2019年アメリカ映画。ガールスカウトの大会で優勝すればメッセージを宇宙に送ることができると知った宇宙大好き少女が、自らメンバーを集めてグループを結成し、優勝目指して奮闘する物語。
監督:ケイティ・エルウッド 出演:マッケンナ・グレイス(クリスマス)、アリソン・ジャネイ(マッシー校長)、エディ・パターソン、チャーリー・ショットウェル(ジョセフ)、ヴィオラ・デイヴィス(レイリーン)、マイク・エップス、ジム・ガフィガン(ラムジー)、ほか

「スティルライフオブメモリーズ」のネタバレあらすじ結末

2021/01/09掲載

スティルライフオブメモリーズの紹介:2018年日本映画。フランスの画家で写真家のアンリ・マッケローニの写真集『とある女性の性器写真集成百枚ただし、二千枚より厳選したる』をモチーフに、舞台を日本に置き換えて描かれたアートムービーです。新進気鋭の写真家の作品に魅せられ、自らの性器を撮るよう要求する女性の姿を、写真家の恋人を交えて描きます。
監督:矢崎仁司 出演者:安藤政信(鈴木春馬)、永夏子(怜)、松田リマ(夏生)、伊藤清美(怜の母)、ヴィヴィアン佐藤(瑶子)ほか

「きみが還る場所」のネタバレあらすじ結末

2021/01/09掲載

きみが還る場所の紹介:2015年アメリカ映画。交通事故で瀕死の重傷を負いながらも奇跡的に一命をとりとめた牧師が、家族や友人ら多くの人々の助けを受け入れて再起し、事故の際の臨死体験を語り継いでいった実話をもとに映画化。
監督:マイケル・ポーリッシュ 出演:ヘイデン・クリステンセン(ドン・パイパー牧師)、ケイト・ボスワース(エヴァ・パイパー)、ドワイト・ヨーカム(ボーモント弁護士)、マイケル・W・スミス(クリフ)、フレッド・ダルトン・トンプソン(J・B・パーキンス)、ほか

「ノクターン」のネタバレあらすじ結末

2021/01/09掲載

ノクターンの紹介:2020年アメリカ映画。常に姉の才能の影に隠れ、密かに嫉妬の炎を募らせていたていた双子の妹が、悪魔による栄光への手順をたどって最大の犠牲を払う様を描いたホラー。
監督:ズー・クアーク 出演:シドニー・スウィーニー(ジュリエット)、マディソン・イズマン(ヴィヴィアン)、ブランドン・キーナー(デヴィッド)、ジャック・コリモン(マックス)、ジョン・ロスマン(ロジャー)、エイジア・ジャクソン(アビゲイル)、ロドニー・トゥ(ウィルキンス)、ほか

「グリムアベンジャーズ タイムウォーズ」のネタバレあらすじ結末

2021/01/09掲載

グリム・アベンジャーズ タイム・ウォーズの紹介:2018年アメリカ映画。童話の国の姫たちが悪と戦う「グリム・アベンジャーズ」の続編。魔法の指輪を手に入れて全世界を支配しようとする悪の女王から現代を救うため再び姫たちが結集。
監督:マクシミリアン・エルフェルト 出演:ローレン・パーキンソン(白雪姫)、エリザベス・アイリーン(赤ずきん)、マラ・フェアクラフ(いばら姫)、クリスティーナ・リッチャルディ(アリス)、マイケル・マルセル(チャーミング王子)、キャサリン・マヤ(マグダ)、

1 2 3 4 5 6 7 8 9 742

キーワードから探す

TOP↑