「地獄の黙示録」のネタバレあらすじ結末

2016/03/24掲載

地獄の黙示録の紹介:1979年アメリカ映画。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、巨匠フランシス・フォード・コッポラが舞台をベトナム戦争時代に置き換えて映画化した巨編です。ベトナム戦争後期、米軍を脱走しカンボジアで王国を築き上げた大佐と、その抹殺指令を受けた大尉の狂気に満ちた体験を描きます。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ウォルター・E・カーツ大佐)、ロバート・デュヴァル(ビル・キルゴア中佐)、マーティン・シーン(ベンジャミン・L・ウィラード大尉)、フレデリック・フォレスト(ジェイ・“シェフ”・ヒックス)、サム・ボトムズ(ランス・B・ジョンソン)、ローレンス・フィッシュバーン(タイロン・“クリーン”・ミラー)、アルバート・ホール(ジョージ・“チーフ”・フィリップス)、ハリソン・フォード(ルーカス大佐)、デニス・ホッパー(アメリカ人カメラマン)ほか

「es[エス]」のネタバレあらすじ結末

2016/03/24掲載

es[エス]の紹介:2001年ドイツ映画。1971年に、20名ほどの被験者を「看守役」と「囚人役」に分け、模擬刑務所に収容するという、アメリカのスタンフォード大学で実際に行われた実験を元に、映画用に脚色し直して作成された本作は、公開当時衝撃を与えました。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:モーリッツ・ブライブトロイ(囚人番号77/タレク)、クリスチャン・ベルケル(囚人番号38/シュタインホフ)、オリヴァー・ストコウスキ(囚人番号82/シュッテ)、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング(囚人番号69/ジョー)、ユストゥス・フォン・ドナーニー(看守/ベルス)、ティモ・ディールケス(看守/エッカート)、ニッキ・フォン・テンペルホフ(看守/カンプス)、アントニオ・モノー・Jr(看守/ボッシュ)ほか

「トイ・ストーリー3」のネタバレあらすじ結末

2016/03/24掲載

トイ・ストーリー3の紹介:2010年アメリカ映画。「さよならなんで言えないよ…」をキャッチフレーズに制作されたこの映画は、トイ・ストーリーシリーズの最後の作品です。遊んでもらうことを仕事とするおもちゃ達は、大人になり遊んでくれないアンディを悲しむようになり、捨てられるくらいなら、と保育園へと向かいます。おもちゃ達は、アンディの気持ちに気がつくことはできるのか。そして、子供だったアンディが大人に成長した時、おもちゃ達とどう向き合うのでしょうか。
監督:リー・アンクリッチ 出演:ウッディ(トム・ハンクス/唐沢寿明)、バズ・ライトイヤー(ティム・アレン/所ジョージ)、ジェシー(ジョーン・キューザック/日下由美)、ロッツォ・ハグベア(ネッド・ビーティ/勝部演之)、アンディ(ジョン・モリス/小野賢章)、ボニー(エミリー・ハーン/諸星すみれ)ほか

「シュレック3」のネタバレあらすじ結末

2016/03/23掲載

シュレック3の紹介:2007年アメリカの人気フルCGアニメ映画で、今作が『シュレック』のシリーズ第3弾になります。主人公であるシュレックが結婚し、新しい家族を守るため奮闘する姿が描かれています。
監督:クリス・ミラー 声優:マイク・マイヤーズ( シュレック)、キャメロン・ディアス(フィオナ姫)、エディ・マーフィー(ドンキー)、アントニオ・バンデラス(長靴を履いた猫)、ジャスティン・ティンバーレーク(アーサー)、ルパート・エバレット(チャーミング王子)ほか

「Mr.インクレディブル」のネタバレあらすじ結末

2016/03/23掲載

Mr.インクレディブルの紹介:2004年アメリカ映画。ディズニー/ピクサーアニメーションです。かつてはヒーローとして活躍していた、ずば抜けた身体能力を持つ家族が、ヒーロー廃業に追い込まれて、窮屈な日常に四苦八苦する様と、再び奮起してヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻す物語です。
監督:ブラッドバード 声の出演:クレイグ・T・ネルソン(ロバート・パー)、ホリー・ハンター(ヘレン・パー)、ジェイソン・リー(シンドローム)、サラ・ヴァウエル(ヴァイオレット・パー)、スペンサー・フォックス(ダッシェル・パー)、イーライ・フシール(ジャック・パー)、サミュエル・L・ジャクソン(フロゾン)

「男たちの大和 YAMATO」のネタバレあらすじ結末

2016/03/22掲載

男たちの大和 YAMATOの紹介:2005年日本の戦争映画で、終戦60周年を記念して制作されました。辺見じゅんよる『決定版 男たちの大和』を原作にとしています。太平洋戦争末期において、連合国軍による沖縄諸島侵攻を食い止めるための菊水作戦における戦艦大和の乗組員の生き様が描かれた作品です。
監督:佐藤純彌 出演: 反町隆史( 森脇庄八)、中村獅童(内田守)、松山ケンイチ(神尾克己)、内野謙太(西哲也)、渡哲也(伊藤整一)、余貴美子(サヨ)、鈴木京香(内田真貴子)、仲代達矢(現代:神尾克己)ほか

「テルマエ・ロマエ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/22掲載

テルマエ・ロマエの紹介:2012年日本映画。古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスは、新しい浴場に悩んでいた。風呂に潜っていた時突然、ローマの公衆浴場から21世紀の日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。それから古代ローマと現代日本の浴場を行き来するようになる。日本の近代風呂をヒントにローマに新しい浴場を製作するようになる。テルマエロマエはヤマザキマリによる漫画を原作とした実写コメディ映画。
監督:武内英樹 出演:阿部寛(ルシウス)、上戸彩(山越真実)、北村一輝(ケイオニウス)、竹内力(館野)、宍戸開(アントニヌス)、勝矢(マルクス)、キムラ緑子(山越由美)、笹野高史(山越修造)、市村正親(ハドリアヌス)、ほか

「ぼくの神さま」のネタバレあらすじ結末

2016/03/22掲載

ぼくの神さまの紹介:2001年アメリカ映画。ナチスが猛威を奮った占領下のポーランドを舞台に過酷な現実を懸命に生きる11歳の少年を中心に描いています。「シックスセンス」で話題になったハーレイ・ジョエル・オスメントが出演し好演しています。
監督:ユレク・ボガエヴィッチ 出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント(ロメック)、ウィレム・デフォー(神父)、リアム・ヘス(トロ)、リチャード・バネル(ヴラデック)、オラフ・ルバスゼンコ(グニチオ)ほか

「I am Sam アイ・アム・サム」のネタバレあらすじ結末

2016/03/22掲載

I am Sam アイ・アム・サムの紹介:2001年アメリカ映画。ショーンペンが知的障害者を演じた心温まる作品で、アカデミー賞にノミネートされるだけでなく、多くの映画賞を受賞していきました。
監督:ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン(サム・ドーソン)、ミシェル・ファイファー(リタ・ハリソン)、ダコタ・ファニング(ルーシー・ダイヤモンド・ドーソン)、ダイアン・ウィースト(アニー)、ロレッタ・ディヴァイン(マーガレット)、リチャード・シフ(ターナー)ほか

「レプリカント」のネタバレあらすじ結末

2016/03/22掲載

レプリカントの紹介:2001年アメリカ映画。80年代のアクションスターであるジャンクロードヴァンダムが一人二役に臨んだアクション大作で、クローン人間を使って犯罪捜査を行うストーリーが展開されます。
監督 :リンゴ・ラム 出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム(レプリカント/ギャロット)、マイケル・ルーカー(ジェイク・ライリー)、キャサリン・デント(アンジー)、ブランドン・ジェームズ・オルソン(ダニー)ほか

「眺めのいい部屋(1986)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/21掲載

眺めのいい部屋の紹介;1986年イギリス映画。E・M・フォースターの同名小説をジェームス・アイヴォリー監督が1986年に映画化。20世紀初頭。イギリスの良家の令嬢ルーシーはイタリアのフェレンツェを訪れた。そこで彼女は一人の青年と出会う。フェレンツェの美しい街並みや絵画のような自然が、階級制度に囚われていた一人の女性の心を解放させていく。
監督 :ジェームズ・アイヴォリー 出演:ルーシー・ハニーチャーチ(ヘレナ・ボナム=カーター)、シャーロット・バートレット(マギー・スミス)、ジョージ・エマソン(ジュリアン・サンズ)、シシル・ヴァイス(ダニエル・デイ=ルイス)、エマソン氏(デンホルム・エリオット)、ビーブ牧師(サイモン・カロウ)、エレノア・ラヴィッシュ(ジュディ・デンチ)、フレディ・ハニーチャーチ(ルパート・グレイヴス)ほか

「アップサイドダウン 重力の恋人」のネタバレあらすじ結末

2016/03/21掲載

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年カナダ,フランス映画。真反対に引力が作用する「二重引力」が存在する世界。富裕層が住んでいる「上の世界」と、貧困層が住んでいる「下の世界」、2つの異なる世界の男女が禁じられた恋に落ちる。警備隊に追われ、記憶をなくした少女エデンと家をなくした少年アダム。唯一両世界を繋いでいる「トランスワールド社」で2人が10年ぶりに再会するが再び、警備隊に追われてしまう。2人は果たして結ばれるのだろうか。
監督:フアン・ソラナス 出演:アダム・カーク(ジム・スタージェス)、エデン・ムーア(キルスティン・ダンスト)、ボブ・ボルショヴィッツ(ティモシー・スポール)、アルバート(ブル・マンクマ)、ラガヴィーリン(ジェームズ・キドニー)、12歳のアダム(エリオット・ラーソン)、10歳のエデン(モラーヌ・アーカンド)ほか

「ライアーゲーム 再生」のネタバレあらすじ結末

2016/03/21掲載

ライアーゲーム 再生の紹介:2012年日本映画。甲斐谷忍の人気漫画『ライアーゲーム』の実写映画。第二弾となるこの映画では、第一弾のキャストが松田翔太を除いて変わりました。新ヒロインは映画のオリジナルキャラクターです。大学の教授として暮らす秋山は、篠宮優と共にライアーゲームに参加します。ライアーゲームを通して成長するストーリー。プレーヤー同士が巡らせる策略にラストまで目が離せません。
監督:松山博昭 出演者:松田翔太(秋山深一)、多部未華子(篠宮優)、芦田愛菜(アリス)、江角マキコ(主宰者・Ω)、高橋ジョージ(猿川ケンジ)、濱田マリ(坂巻マイ)、要潤(赤城コウタ)ほか

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/21掲載

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージの紹介:2009年日本映画。甲斐谷忍原作コミック『ライアーゲーム』の劇場版。ドラマでも息の合う演技を見せた戸田恵梨香&松田翔太が熱演します。天才詐欺師の秋山と共にライアーゲームを勝ち抜いた直の元に、ファイナルステージへの招待状が届きます。平凡な日常に戻った直は、再び騙し合いを行うライアーゲームへ戻ります。ゲームの中で繰り広げられる頭脳線と心理戦。勝者は誰なのか。高額な賞金の行方はどうなるのか。ラストまで目が離せません。
監督:松山博昭 出演者:戸田恵梨香(神崎直)、松田翔太(秋山深一)、田辺誠一(仙道アラタ)、鈴木浩介(福永ユウジ)、荒川良々(西田二郎)、濱田マリ(坂巻マイ)、和田聰宏(江藤光一)ほか

「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレあらすじ結末

2016/03/21掲載

映画 カイジ 人生逆転ゲームの紹介:2009年日本映画。福本伸行の人気コミックを実写映画化。主人公の伊藤カイジを、実力派俳優藤原竜也が演じます。定職に就かずフリーターとして暮らすカイジは、友人の借金の保証人になったことで多額の負債を背負います。借金を返すために参加したゲームで一度は負けるものの、一発逆転を目指し命がけのゲームで勝ち抜きます。ゲームに仕掛けられた罠に気づき、無事に勝利を勝ち取るのか最後までハラハラする展開です。
監督:佐藤東弥 出演者:藤原竜也(伊藤カイジ)、天海祐希(遠藤凛子)、山本太郎(船井譲二)、光石研(石田光司)、松山ケンイチ(佐原誠)、香川照之(利根川幸雄)他

1 573 574 575 576 577 578 579 580 581 644

キーワードから探す

TOP↑