「レオン(オリジナル版)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/20掲載

LEON レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。孤独な殺し屋と家族を失った少女の二人の間に生まれる純愛と、バイオレンス・アクションを描いた作品。日本でのキャッチコピーは「凶暴な純愛」。世界的に大ヒットとなり、リュック・ベッソン監督の代表作となりました。主演を務めたジャン・レノの出世作でもあり、この作品が映画デビューとなったナタリー・ポートマンも脚光を浴びました。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「アビエイター」のネタバレあらすじ結末

2016/03/20掲載

アビエイターの紹介:2004年アメリカ映画。アメリカの大富豪であるハワード・ヒューズの半生を描いた作品。華やかな生活の裏に隠された、ハワードの心の闇に迫っています。第62回ゴールデン・グローブ賞受賞作。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ハワード)、ケイト・ブランシェット(キャサリン・ヘップバーン)、ケイト・ヴェッキンセイル(エヴァ・ガードナー)、ジュード・ロウ(エロール)ほか

「キングスマン(2014年)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/19掲載

キングスマンの紹介:2014年イギリス映画。どの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」の活躍と、任務中に亡くなった父の後を継ぐ羽目になった平凡な青年が、状況に流されながらも、一端のスパイに成長する過程を、ユーモアを交えながら描いた作品である。
監督 :マシュー・ヴォーン 出演:コリン・ファース(ハリー・ハート)、マイケル・ケイン(アーサー)、タロン・エガートン(ゲイリー・“エグジー”・アンウィン)、マーク・ストロング(マーリン)、ソフィア・ブテラ(ガゼル)、サミュエル・L・ジャクソン(リッチモンド・ヴァレンタイン)ほか

「ランボー(1982)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/19掲載

ランボーの紹介:1982年アメリカ映画。ランボーシリーズの第一作にしてアクション映画としても反戦映画としても傑作中の傑作。ロッキー以来当たり役に恵まれていなかったスタローンの演技は気迫を感じる。
監督:テッド・コッチェフ 出演:ジョン.J.ランボー(シルヴェスター・スタローン)、サミュエル・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)、ティーズル保安官(ブライアン・デネヒー)ほか

「ET」のネタバレあらすじ結末

2016/03/19掲載

ETの紹介:1982年アメリカ映画。E.T. The Extra-Terrestrial、地球外、宇宙人が、丘の上から街のイルミネーションに見惚れているうちに、宇宙船が旅立ってしまい、地球に一体だけ取り残されてしまう。エリオットに発見され子供部屋のぬいぐるみの中に混じって隠れる。子供たちは協力しあい、宇宙人を宇宙船にのせて帰してあげようとするファンタジーアドベンチャー作品。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ヘンリー・トーマス(エリオット)、ドリュー・バリモア(ガーティ)、ロバート・マクノートン(マイケル)、ディー・ウォレスキーズ)(メアリー)、ピーター・コヨーテ(キーズ)他

「ワールドウォーZ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/19掲載

ワールドウォーZの紹介:2013年アメリカ映画。元国連職員のジェリーがゾンビとの戦いに勝つため、多くの危険に合いながらも見事ゾンビウイルスに打ち勝つ手立てを得て人々を勝利に導く話。
監督:マーク・フォースター 出演:ジェリー・レイン(ブラッドピッド) カリン・レイン(ミレイユ・イーノス) ティエリー(ファナ・モコエナ)ほか

「アナザー・カントリー」のネタバレあらすじ結末

2016/03/19掲載

アナザーカントリーの紹介:1983年イギリス映画。実際にあった二重スパイ事件を元にした戯曲の映画化。祖国イギリスを裏切り、ロシアに亡命したガイ・ベネットはモスクワにいた。高齢となった彼は、記者に自分の若き頃を語り始めた。彼はエリートを夢見る名門パブリック・スクールの学生。同性愛者であるが、校内で上手く立ち回り、自由気ままな学生生活を送っていた。ある日、彼は別寮の美少年に一目惚れをする。この作品は第37回カンヌ映画祭で芸術貢献賞主受賞している。
監督 :マレク・カニエフスカ 出演:ガイ・ベネット(ルパート・エヴェレット)、トミー・ジャド(コリン・ファース)、ジェームス・ハーコート(ケイリー・エルウィス)ほか

「クライマーズハイ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/18掲載

クライマーズハイの紹介:2008年日本映画。クライマーズハイは横山秀夫による小説が原作でNHKでテレビドラマ化後、2008年に映画化された。日本航空123便墜落事故を題材として、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描く。「クライマーズハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態を意味する。
監督:堤幸彦 出演:堤真一(悠木和雅)、堺雅人(佐山達哉)、尾野真千子(玉置千鶴子)、遠藤憲一(等々力庸平)、滝藤賢一(神沢周作)、小澤征悦(安西燐太郎)、高嶋政宏(安西耿一郎)、山崎努(白河頼三)ほか

「相棒 劇場版 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」のネタバレあらすじ結末

2016/03/18掲載

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソンの紹介:2008年日本映画。テレビ朝日系の刑事ドラマシリーズ『相棒』の劇場版第1作目です。テレビ朝日開局50周年記念映画作品として制作されました。公式サイトで募集した1万人のエキストラが参加した撮影が行われたことで話題となりました。2008年上半期での映画興行ランキングでも1位に輝き、東映映画としては『男たちの大和/YAMATO』(2005年12月公開)以来の久々の大ヒット作となりました。
監督:和泉聖治 出演:水谷 豊(杉下右京)、寺脇康文(亀山薫)、鈴木砂羽(亀山美和子)、山西惇(角田六郎)、平幹二朗(御厨紀實彦)、西田敏行(木佐原芳信)ほか

「僕の彼女はサイボーグ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/18掲載

僕の彼女はサイボーグの紹介:2008年日本映画。「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」を手がけた韓国の映画監督、郭在容が日本で手がけた、彼女シリーズの第3弾としてつくられた作品です。未来から来た人造人間の少女と、彼女に惹かれていく青年の共同生活を描くSFラブストーリーです。
監督:郭在容 出演:綾瀬はるか(彼女)、小出恵介(北村ジロー)、桐谷健太(サトーケンタ)、吉高由里子(22世紀の学生)、佐藤めぐみ(嵐山女子高教師)、田口浩正(銃を乱射する男)、ドロンズ石本(警官)ほか

「クロサギ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/18掲載

映画 クロサギの紹介:2007年日本映画。雑誌連載されていた人気漫画であるクロサギを、TBSがドラマ化。ドラマ版クロサギが好評であったため、映画化され2008年、全国公開。学生のころ、詐欺師により大変不幸な目に遭わされた青年が、復讐を秘めて詐欺師を騙すクロサギとなって生きていく様を描いています。
監督:石井康晴 出演:山下智久(黒崎)、堀北真希(吉川氷柱)、加藤浩次(白石陽一)、市川由衣(三島ゆかり)、奥貫薫(早瀬真紀子)、哀川翔(神志名警部補)、山崎努(桂木敏夫)ほか

「花より男子ファイナル」のネタバレあらすじ結末

2016/03/17掲載

花より男子ファイナルの紹介:2008年日本映画。TBSの大ヒットドラマ「花より男子」の完結編である映画です。見事結ばれたヒロインのつくしと道明寺司ですが、結婚式を前に様々なトラブルに見舞われます。ラブコメディでありながら、アクションも見所癌あります。様々な困難を乗り越えて、二人は無事に結婚できるのかが描かれています。
監督:石井康晴 出演:井上真央(牧野つくし)、松本潤(道明寺司)、松田翔太(西門総二郎)、阿部力(美作あきら)、加賀まりこ(道明寺)、AKIRA(謎の男)ほか

「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」のネタバレあらすじ結末

2016/03/17掲載

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝の紹介:2008年日本映画。北村想の原作を元にしているものの、怪人二十面相が超人的身体能力を備えた人物だったり、、時代設定を第二次世界大戦が「回避」されたというパラレルワールドとしての1949年とするなど、大胆な舞台設定でストーリーが展開されています。アクションにはワイヤーアクションの他、邦画の大作としては初めてパルクールにおける動作を採用しています。主人公の遠藤平吉と怪人二十面相の一連の動作をロシア人スタントマンがパルクールで培われた身体能力を駆使して表現しています。美しい映像と奇想天外なアクションが見どころです。
監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武(遠藤平吉)、松たか子(羽柴葉子)、仲村トオル(明智小五郎)、國村隼(源治)、小日向文世(南部先生)、大滝秀治(羽柴会長)、鹿賀丈史(殿村弘三)

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」のネタバレあらすじ結末

2016/03/17掲載

20世紀少年<第1章> 終わりの始まりの紹介:2008年日本映画。20世紀少年 第1章「終わりの始まり」は、2008年8月に公開された日本映画です。浦沢直樹の長編漫画「20世紀少年」の映画化された3部作の1章目の作品です。少年時代の些細な子供の遊びが、後に世界を揺るがす大事件へと発展する様を描いた、人間模様と冒険を描いた作品です。人気漫画作品であり、キャストも豪華で、当時とても話題になり、3部作とも興業収入的に好成績を収めています。
監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明(ケンヂ)、豊川悦司(オッチョ)、常盤貴子(ユキジ)、平愛梨(カンナ)、香川照之(ヨシツネ)、佐々木蔵之介(フクベエ)、黒木瞳(キリコ)、ほか

「ハッピーフライト」のネタバレあらすじ結末

2016/03/17掲載

ハッピーフライトの紹介:2008年日本映画。ハッピーフライトは航空業界の裏で働く人々をコミカルに、時には仕事に対する航空会社の人々の情熱を上手く描いた作品。旅客機が機体異常で引き返し、無事緊急着陸するまでのトラブルを描く。当初はもっとハプニングの起こる映画を監督は作りたかったようですが、航空会社を取材していく内に、飛行機が安全な乗り物であること、そこで働いている人の面白さを知って内容を軌道修正した作品だそうです。
監督:矢口史靖 出演:田辺誠一(鈴木和博)、時任三郎(原田典嘉)、小日向文世(望月貞男)、綾瀬はるか(斎藤悦子)、寺島しのぶ(山崎麗子)、吹石一恵(田中真里)ほか

1 574 575 576 577 578 579 580 581 582 644

キーワードから探す

TOP↑