「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯の紹介:1973年アメリカ映画。アメリカの西部開拓時代、無法者としてその悪名を轟かせていたビリー・ザ・キッドと、彼の友人でありながらも保安官として対峙せねばならなかったパット・ギャレットの宿命の対決を描いた西部劇です。ボブ・ディランは音楽担当のみならずビリーに憧れる男として演技を披露しています。特別篇では劇場公開版でカットされた“パットの最期”が追加されています。
監督:サム・ペキンパー 出演者:ジェームズ・コバーン(パット・ギャレット)、クリス・クリストファーソン(ビリー・ザ・キッド)、ジェイソン・ロバーツ(ルー・ウォレス)、ジャック・イーラム(アラモサ・ビル)、スリム・ピケンズ(コリン・ベイカー)、ボブ・ディラン(エイリアス)ほか

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

ストレンジャー・ザン・パラダイスの紹介:1984年アメリカ,西ドイツ映画。全編モノクロで撮影され、3つのエピソードから構成された無表情喜劇です。ハンガリーからニューヨークにやってきたギャンブラーの男とその親友、同じくハンガリーからギャンブラーを追ってやってきた従妹の少女の触れ合いが描かれています。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:ジョン・ルーリー(ウィリー(ベラ・モルナー))、エスター・バリント(エヴァ)、リチャード・エドソン(エディ)、セシリア・スターク(ウィリーの叔母)、ダニー・ローゼン(ビリー)ほか

「女と男の名誉」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

女と男の名誉の紹介:1985年アメリカ映画。リチャード・コンドンの小説を自ら脚本を手掛けて映画化されたブラックコメディです。ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、イタリア系マフィアの幹部がフリーランスの女殺し屋に恋をしてしまったことから巻き起こるトラブルを描きます。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:ジャック・ニコルソン(チャーリー・パルタンナ)、キャスリーン・ターナー(アイリーン・ウォーカー)、ウィリアム・ヒッキー(コラード・プリッツィ(ドン))、ジョン・ランドルフ(アンジェロ・パルタンナ(パパ))、アンジェリカ・ヒューストン(メイローズ・プリッツィ)ほか

「私の、息子」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

私の、息子の紹介:2013年ルーマニア映画。気の弱い中年の息子に過剰な執着を見せる母親。息子が交通事故を起こしたことから二人の関係性に変化が生まれていきます。歪んだ親子関係に鋭く斬り込んだ人間ドラマとして高く評価され、2013年のベルリン国際映画祭で金熊賞と国際映画批評家連盟賞を受賞しました。
監督:カリン・ペーター・ネッツアー 出演者:ルミニツァ・ゲオルギウ(コルネリア)、ボグダン・ドゥミトラケ(バルブ)、イリンカ・ゴヤ(カルメン)、ナターシャ・ラーブ(オレガ・チェルケス)、フロリン・ザムフィレスク(アウレリアン・ファガラシァヌ)

「モスダイアリー」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

モスダイアリーの紹介:2011年カナダ,アイルランド映画。親友同士の女子高生レベッカとルーシー。ある日謎めいた少女エネッサが転校してきたことから、二人の関係に変化が生まれ始めます。友情や裏切り、そして死への誘惑など十代の少女達が経験する苦悩に満ちた思春期をミステリアスに描いたホラー映画です。
監督:メアリー・ハロン  出演者:リリー・コール(エネッサ)、サラ・ガドン(ルーシー)、サラ・ボルジャー(レベッカ)、スコット・スピードマン(デイビス先生)・ジュディ・パーフィット(学校長)ほか

「鍵」のネタバレあらすじ結末

2018/06/10掲載

鍵の紹介:1959年日本映画。谷崎潤一郎の同名小説を題材にした作品。精力減退に悩む初老の古美術鑑定家は娘の婚約者に妻を誘惑させることで欲望を取り戻そうとする。名匠市川崑監督が描くセンセーショナルかつ官能的なサスペンス映画です。第13回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を勝ち取りました。
監督:市川崑 出演者:中村鴈治(剣持)、京マチ子(郁子)、仲代達矢(木村)、叶順子(敏子)、北林谷栄(はな)、菅井一郎(石塚)、倉田マユミ(小池)、ほか

「アラモベイ」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

アラモベイの紹介:1985年アメリカ映画。ベトナム戦争の後テキサス州の漁師町に移住したベトナム人たちが白人の漁師たちと対立し迫害される。一人の若者が人種差別に対して立ち上がるが、流血の事態が待ち受けていた。監督は『死刑台のエレベーター』や『地下鉄のザジ』のルイ・マル。本作と『プレイス・イン・ザ・ハート』(1984年)で不倫関係にある男女を演じているエド・ハリスとエイミー・マディガンは1983年に結婚している。
監督:ルイ・マル 出演者:エイミー・マディガン(グローリー)、エド・ハリス(シャーン)、ホー・ニュエン(ディン)、ドナルド・モファット(ウォリー)ほか

「若さま侍捕物帖 呪いの人形師」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

若さま侍捕物帖 呪いの人形師の紹介:1951年日本映画。江戸南町奉行の嫡男でありながら侍の暮らしを捨てて船宿・喜仙の二階座敷に寝転んで酒を呑んで暮らす「若さま」が活躍する連作の一本。等身大の人形たちと暮らす元南町奉行に大泥棒の呪いがふりかかる。若さまが名推理で事件に挑む。
監督:中川信夫 出演者:黒川弥太郎(「若さま」堀田左馬介)、田崎潤(佐々島俊蔵)、鳥羽陽之助(遠州屋小吉)、江川宇礼雄(前田丹波守)、香川京子(おいと)ほか

「暴力の季節」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

暴力の季節の紹介:1956年アメリカ映画。21歳まで生き延びられるか危ぶまれる18歳の不良を映画監督としても知られることになるジョン・カサヴェテスが演じて注目される。仲間の不良少年のマーク・ライデルも『黄昏』(1981年)等の監督になる。ほとんど主人公の住むアパートとその周囲のセットの中だけで緊密なドラマが展開する。
監督:ドン・シーゲル 出演者:ジョン・カサヴェテス(フランキー)、サル・ミネオ(アンジェロ)、マーク・ライデル (ルー)、ジェームズ・ホイットモア(ベン・ワグナー)、ピーター・ヴォトリアン(リッチー)ほか

「レトログレイド2204」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

レトログレイド2204の紹介:2004年アメリカ,ルクセンブルク,イタリア,イギリス映画。2024年の未来から人類滅亡の感染源の2004年に南極に衝突した隕石を破壊するためにやって来るというタイムトラベル物のアクション映画です。主演は肉体派の俳優ドルフ・ラングレンですが、アクションシーンより、彼の男らしさが光る作品です。
監督:クリストファー・カルコスキー 出演者:ドルフ・ラングレン(ジョン・フォスター)、シルヴィア・ドゥ・サンティス(レネ・ディアス )、ジョー・モンタナ(ダルトン)、ゲイリー・ダニエルズ(マーカス)、ジョー・セイガル(アンドリュー・シュレイダー)、ケン・サミュエルズ(ロバート・デイヴィス船長)ほか

「日曜日には鼠を殺せ」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

日曜日には鼠を殺せの紹介:1964年アメリカ映画。共和国軍の敗北で幕を閉じたスペイン内乱から20年後。亡命先でひっそりと暮らしていた共和国の闘士マヌエルをある少年が訪ねます。負け犬のまま年月を過ごしていたマヌエルは、葛藤しながらも己の信じる道を進みます。エメリック・プレスバーガー原作の小説を映画化。名匠F・ジンネマン監督の元、G・ペックら名男優陣が出演しています。
監督:フレッド・ジンネマン 出演者:グレゴリー・ペック(マヌエル)、アンソニー・クイン(ヴィニョラス)、オマー・シャリフ(フランシスコ神父)、ミルドレッド・ダンノック(ピラール)、レイモン・ペルグラン(カルロス)ほか

「ゲームの規則」のネタバレあらすじ結末

2018/06/09掲載

ゲームの規則の紹介:1939年フランス映画。ミュッセの戯曲『マリアンヌの気まぐれ』に着想を得た、上流階級の恋愛遊戯を描く社会風刺作品。飛行家アンドレは、愛人のロベール・ラ・シュネイ公爵夫人クリスチーヌを熱烈に愛していた。ロベールには別れたいと思っている愛人ジュヌビエーブが、小間使いリゼットには嫉妬深い夫シュマシェールがいる。アンドレの友人オクターブが見守る中、狂騒の恋愛物語が幕を開けるのだった。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:マルセル・ダリオ(ロベール・ラ・シュネイ)、ジャン・ルノワール(オクターブ)、ノラ・グレゴール(クリスチーヌ)、ローラン・トゥータン(アンドレ・ジュリユー)、ポーレット・デュボスト(リゼット)ほか

「愛という名の疑惑」のネタバレあらすじ結末

2018/06/08掲載

愛という名の疑惑の紹介:1992年アメリカ映画。精神科医アイザックは、担当患者の病状を探るため彼女の姉ヘザーと会うことになります。美しく魅惑的なヘザーの虜となったアイザックは、彼女の策略の歯車となっていきます。R・ギアとK・ベイシンガーは『ノー・マーシィ/非情の愛』(1986年)に続けて二度目の共演となります。
監督:フィル・ジョアノー 出演者: リチャード・ギア(アイザック・バー)、キム・ベイシンガー(ヘザー・エヴァンズ)、 ユマ・サーマン(ダイアナ・ベイラー)、 エリック・ロバーツ(ジミー・エヴァンズ)、ポール・ギルフォイル(マイク・オブライエン)

「この子の七つのお祝いに」のネタバレあらすじ結末

2018/06/08掲載

この子の七つのお祝いにの紹介:1982年日本映画。夜の東京の部屋で池畑良子という女性が、鋭利な刃物でかき切られ殺害されました。警察と同時に事件を調査する記者の母田と後輩の須藤は、思わぬ事実を知ります。そして母田が自殺し残された須藤は・・・というミステリー映画です。第一回横溝正史ミステリ大賞を受賞した小説の映画化です。
監督:増村保造 出演:岩下志麻(ゆき子)、根津甚八(須藤)、杉浦直樹(母田)、岸田今日子(真弓)、辺見マリ(青蛾)、村井国夫(秦一毅)、芦田伸介(高橋佳哉)ほか

「パンドラム」のネタバレあらすじ結末

2018/06/08掲載

パンドラムの紹介:2009年アメリカ映画。人口増加により、資源が枯渇状態になった地球から、地球と同じ環境を持つ惑星タニスに向かう巨大移民船エリジウムの中で起きる不可解な出来事を描いたSFサスペンス映画です。映画の流れが名作『猿の惑星』のパターンに少し似ています。
監督:クリスティアン・アルヴァルト 出演:デニス・クエイド(ペイトン)、ベン・フォスター(バウアー)、カム・ジガンデイ(ガロ)、アンチュ・トラウェ(ナディア)、カン・リー(マン)、エディ・ローズ(リーランド)、ノーマン・リーダス(シェパード)、ほか

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 439
TOP↑