アンドリュー・ガーフィールド映画一覧

アンドリュー・ガーフィールドが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「大いなる陰謀」のネタバレあらすじ結末

大いなる陰謀の紹介:2007年アメリカ映画。次期大統領候補としての呼び声が高いジャスパー・アーヴィング上院議員は女性ジャーナリストのジャニーン・ロスを事務所に呼び出します。彼女に与えられた時間は1時間。ジャスパー議員はアフガニスタンで展開されているある軍事作戦について話し始めます。祖国に尽くしたいと自ら軍へと志願をしたアーネストとアリアン。彼らの恩師であるスティーヴン・マレー教授は2人の選択に誇りを感じながらも戸惑いを隠せません。大学教授、上院議員、ジャーナリストの3つの視点から対テロ戦争の裏にある大いなる陰謀が浮かび上がってきます。
監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード(マレー教授)、メリル・ストリープ(ジャニーン・ロス記者)、トム・クルーズ(アーヴィング上院議員)、マイケル・ペーニャ(アーネスト)、デレク・ルーク(アリアン・フィンチ)、アンドリュー・ガーフィールド(トッド・ヘイズ)、ピーター・バーグ(ファルコ中佐)、ほか

「アンダー・ザ・シルバーレイク」のネタバレあらすじ結末

アンダー・ザ・シルバーレイクの紹介:2018年アメリカ映画。ビッグになる夢を抱いていたが、気づけば33歳にして職はなく家賃まで払えない状態まで落ちぶれたオタク青年サム。ある日隣人の美女サラに一目惚れし、デートの約束まで取り付けたが、翌日、彼女は忽然と姿を消してしまう。部屋の壁に書かれた記号、置き忘れた荷物、友人をたどり調べていくうちに陰謀の匂いを嗅ぎとる。大富豪や映画プロデューサーらの謎の失踪や死が相次ぎ、夜中に犬殺しが出没。暗号を追ううちに街を操る裏組織の存在にたどり着く。セレブやアーティストたちが暮らすLAの街シルバーレイクを舞台に、無声映画時代から現代までのあらゆるポップカルチャーが隅々まで散りばめられている。現代人の恐怖心と好奇心を揺さぶる作品。
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演:アンドリュー・ガーフィールド(サム)、ライリー・キーオ(サラ)、トファー・グレイス(サムの友達)、ゾーシャ・マメット(トロイ)、キャリー・ヘルナンデス(ミリセント・セヴンス)、パトリック・フィスクラー(コミック・マン)、グレイス・ヴァン・パタン(バルーン・ガール)、ジミ・シンプソン(アレン)、ジェレミー・ボブ(ソングライター)、リキ・リンドホーム(サムのガールフレンド)、インディア・メニューズ(シューティング・スター)ほか

「ブレス しあわせの呼吸」のネタバレあらすじ結末

ブレス しあわせの呼吸の紹介:年アメリカ映画。『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドと、今作が監督デビューとなる『ロード・オブ・ザ・リング』のアンディ・サーキスがタッグを組んで贈る人間ドラマです。今作の製作を手掛けたプロデューザーのジョナサン・カヴェンディッシュの父ロビン・カヴェンディッシュ(1930~1994)の実話を基に、ポリオ感染症で全身麻痺となった主人公・ロビンが家族とともに困難を乗り越えていく姿を描き上げています。
監督:アンディ・サーキス 出演者:アンドリュー・ガーフィールド(ロビン・カヴェンディッシュ)、クレア・フォイ(ダイアナ・カヴェンディッシュ)、ディーン=チャールズ・チャップマン(ジョナサン・カヴェンディッシュ)、トム・ホランダー(ブロッグス/デヴィッド(二役))、ヒュー・ボネヴィル(テディ・ホール)ほか

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末

ハクソー・リッジの紹介:2016年オーストラリア,アメリカ映画。第二次大戦中、沖縄の前田高地(ハクソーリッジ)で銃を持たずに衛生兵として働き、多くの兵士を救った実在の二等兵の半生を描く。メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンを取り、アカデミー賞では6部門でノミネート。編集賞と録音賞の2つのオスカーを獲得した。
監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デズモンド・ドス)、サム・ワーシントン(グローヴァー大尉)、テリーサ・パーマー(ドロシー・シュッテ)、ヴィンス・ヴォーン(ハウエル軍曹)、ヒューゴ・ウィーヴィング(トム・ドス)、ほか

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「わたしを離さないで」のネタバレあらすじ結末

わたしを離さないでの紹介:2010年イギリス,アメリカ映画。2017年のノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人作家カズオ・イシグロの同名小説を原作とし、不治の病の治療が可能となった世界で、小さな学園でともに育った三人の男女の物語。三人の課せられた、残酷な生きる目的と絆の物語。
監督:マーク・ロマネク 原作:カズオ・イシグロ 出演:キャリー・マリガン(キャシー)、アンドリュー・ガーフィールド(トミー)、キーラ・ナイトレイ(ルース)、シャーロット・ランプリング(エミリ先生)、ほか

「アメイジング・スパイダーマン2」のネタバレあらすじ結末

アメイジング・スパイダーマン2の紹介:2014年アメリカ映画。人気アメコミ超大作アメイジングスパイダーマン2作目。スパイダーマンとして、正義の味方として活躍するピーターが平和を脅かす敵に立ち向かう。ピーターに降り掛かるさまざまな試練を描く。今作では電気人間とグリーンゴブリンとの戦いが描かれます。スパイダーマンが多くの敵と戦うという今までにない設定がなされ本作は話題を呼びました。アメイジングスパイダーマン2の主題歌(エンディングテーマ曲)はアリシア・キーズfeat.ケンドリック・ラマーの「イッツ・オン・アゲイン」。
監督:マーク・ウェブ 原作:スタン・リー 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー)、エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)、ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン)、デイン・デハーン(ハリー・オズボーン)、キャンベル・スコット(リチャード・パーカー)、エンベス・デイヴィッツ(メアリー・パーカー)、フェリシティ・ジョーンズ(フェリシア)ほか

「アメイジング・スパイダーマン」のネタバレあらすじ結末

アメイジング・スパイダーマンの紹介:2012年アメリカ映画。アメコミで大人気のキャラクターであるスパイダーマンを再映画化した作品で、今作ではスパイダーマンとトカゲ人間のリザードが戦いを繰り広げます。
監督 :マーク・ウェブ 原作:スタン・リー アメイジングスパイダーマンの出演者:アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)、リス・エヴァンス(カート・コナーズ博士)、デニス・リアリー(キャプテン・ステイシー)、キャンベル・スコット(リチャード・パーカー)、イルファン・カーン(ラダ博士)ほか

「ソーシャル・ネットワーク」のネタバレあらすじ結末

ソーシャルネットワークの紹介:2010年アメリカ映画。世界一有名であり、最も使われているソーシャルネットワークサービスのフェイスブックを創設したマーク・ザッカーバーグを主人公に据え、どのように誕生したのかが描かれてます。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマーほか

TOP↑