アンディ・ガルシア映画一覧

「パッセンジャー」のネタバレあらすじ結末

パッセンジャーの紹介:2016年アメリカ映画。120年かけて異星植民地に向かう宇宙船アヴァロン号。5000人の乗客・乗組員は全員冬眠ポッドで眠っていた。しかし決して壊れることのないはずのポッドが損傷し、エンジニアであるジムだけが90年も早く目覚めてしまう。再び冬眠することもできず、船の中で一生を終えることになったジムは自暴自棄になり、廃人と化してゆく。そんな彼はある日「眠れる美女」オーロラを見つけてしまう…。
監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ジェニファー・ローレンス(オーロラ・レーン)、クリス・プラット(ジム・プレストン)、マイケル・シーン(アーサー)、ローレンス・フィッシュバーン(ガス)、アンディ・ガルシア(ノリス船長)、ほか

「ゴッドファーザーPART III」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIIの紹介:1990年アメリカ映画。伝説のシリーズ、ゴッドファーザー3作目で最終章。前作から何と16年の時を経て発表されたファン待望作。伝説のマフィア、ドン・マイケル・コルレオーネの最期までを描く。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス)、アンディ・ガルシア(ビンセント)、タリア・シャイア(コニー)、ソフィア・コッポラ(メアリー・コルレオーネ)、ほか

「背徳の囁き」のネタバレあらすじ結末

背徳の囁きの紹介:1989年アメリカ映画。ロサンゼルス市警に着任したエリート内務調査官が、暗躍する悪徳警官に挑発、翻弄されながらも悪事を暴いていくサスペンス。リチャード・ギアが初の悪役を演じた。
監督:マイク・フィギス 出演:リチャード・ギア(デニス・ペック)、アンディ・ガルシア(レイモンド ・アヴィラ)、ナンシー・トラヴィス(キャスリーン・アヴィラ )、ローリー・メトカーフ(エイミー・ウォーレス)、ほか

「ブラック・レイン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レインの紹介:1989年アメリカ映画。大阪を舞台に日米の刑事たちが、文化的思想やスタイルの違いから対立しながらも互いに理解・協力し、ヤクザと戦う活躍と友情の絆を描くポリス・アクション映画。キャッチコピーは、「男達の深い悲しみと怒りが、激しく心をうつ。大都会の夜を降りしきる冷たい雨のように…」で、豪華な日米の出演陣でも話題になりました。また、惜しくも劇場映画作品としては、ブラック・レインは松田優作の遺作となった映画でもあります。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ダグラス(ニック・コンクリン)、高倉健(松本正博)、アンディ・ガルシア(チャーリー・ヴィンセント)、松田優作(佐藤浩史)、ケイト・キャプショー(ジョイス)、若山富三郎(菅井)、内田裕也(梨田)、ほか

「アンタッチャブル」のネタバレあらすじ結末

アンタッチャブルの紹介:1987年アメリカ映画。実在の酒類取締局捜査官エリオット・ネスの自伝を元に、暗黒街の顔役アル・カポネに対決を挑んだ捜査官チームの活躍を描く。ブライアン・デ・パルマ監督が作風をガラリと変え、正攻法の演出で優れたサスペンス・ドラマに仕上げた。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ケヴィン・コスナー(エリオット・ネス)、ショーン・コネリー(ジム・マローン)、アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン(ジョゼッペ・ペトリ))、チャールズ・マーティン・スミス(オスカー・ウォーレス)、ロバート・デ・ニーロ(アル・カポネ)、ほか

「オーシャンズ13」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ13の紹介:2007年アメリカ映画。超豪華俳優陣で贈るクライム・アクションシリーズの第3弾は、ゲスト悪役にアル・パチーノを迎え、仲間の危機に直面したオーシャンズが宿敵ベネティクトと手を組み、最強の敵に勝負を挑みます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン)、ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン)、マット・デイモン(ライナス・コールドウェル)、アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト)、アル・パチーノ(ウィリー・バンク)、エリオット・グールド(ルーベン・ティシュコフ)ほか

「オーシャンズ12」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ12の紹介:2004年アメリカ映画。超豪華俳優陣の夢の共演で一躍大ヒットとなった前作『オーシャンズ11』(2001年)の続編です。前回の豪華メンバーが再び集合、前作の敵から奪った金を返すよう迫られたチームは今度はヨーロッパに乗り込み、フランスを震撼させる大泥棒と対決します。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン)、ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン)、マット・デイモン(ライナス・コールドウェル)、アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト)、ジュリア・ロバーツ(テス・オーシャン)、ヴァンサン・カッセル(フランソワ)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(イザベル・ラヒリ)ほか

「オーシャンズ11」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ11の紹介:2001年アメリカ映画。1960年公開映画『オーシャンと十一人の仲間』を超豪華俳優陣でリメイクしたクライムアクションシリーズの第1弾です。仮出所した希代の大泥棒率いる犯罪のプロフェッショナル集団たちが、ラスベガスを牛耳る大富豪のカジノの金庫破りに挑みます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン)、ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン)、マット・デイモン(ライナス・コールドウェル)、アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト)、ジュリア・ロバーツ(テス)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑