アンセル・エルゴート映画一覧

アンセル・エルゴートが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ビリオネア・ボーイズ・クラブの紹介:2018年アメリカ映画。1980年代、ビバリーヒルズ、ロサンゼルスを舞台とした「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)事件」はアメリカで多くの注目を集めました。ビリオネアとは億万長者のことですが、20代の若者たちがうまい投資話をもちかけ、資金に行き詰まり犯罪に手を染めていく事件でした。『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』は若者の栄光と没落を描き、アメリカでも簡単には金持ちになれない、金儲けには努力が必要、資産運用は慎重に、など多くの教訓を与えてくれる映画です。
監督:ジェームズ・コックス 出演:アンセル・エルゴート(ジョー・ハント)、ケヴィン・スペイシー(ロン・レヴィン)、タロン・エガートン(ディーン・カーニー)、エマ・ロバーツ(シドニー・エヴァンズ)、ジェレミー・アーヴァイン(カイル・ビルトモア)、ほか

「クリミナル・タウン」のネタバレあらすじ結末

クリミナル・タウンの紹介:2017年アメリカ映画。アメリカと世界の外交の中心ワシントンD.Cはアメリカ大統領が暮らす街です。そこで起こった不可解な高校生殺人事件、学校も警察も無関心です。しかし、親友を殺されたと怒る少年は事件の真相解明のため単独でガールフレンドとともに真相解明のために戦います。彼は親の心配と学校の反対を受けますが真相解明はできるのでしょうか?『クリミナルタウン』は若手人気俳優によるサスペンスに満ちた恋愛青春ストーリーです。
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演: クロエ・グレース・モレッツ(フィービー)、アンセル・エルゴート(アディソン・シャクト)、デヴィッド・ストラザーン(テオ・シャクト)、キャサリン・キーナー(フィオナ)、ほか

「ベイビー・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・ドライバーの紹介:2017年アメリカ映画。音楽を聴きながら犯罪組織の片棒を担ぐ凄腕ドライバーのベイビーが、ウェイトレスと恋に落ちたことから犯罪の世界から足を洗うことを決め、更なる事件に巻き込まれていく姿を、多彩な劇中音楽とともに描いたカー・アクション作品。音楽と映像がシンクロした新感覚映画。
監督:エドガー・ライト 出演者:アンセル・エルゴート(ベイビー)、リリー・ジェームズ(デボラ)、ケビン・スペイシー(ドク)、ジェイミー・フォックス(バッツ)、ジョン・ハム(バディ)、エイザ・ゴンザレス(ダーリン)ほか

「ダイバージェントFINAL」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントFINALの紹介:2016年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロス原作のSF映画シリーズの第3作です。壁で閉鎖され、人類も5つの派閥に分けられた近未来のシカゴを舞台に、シカゴの他にも世界があることを知った主人公たちの闘いを描いています。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:シャイリーン・ウッドリー(ベアトリス・“トリス”・プライアー)、テオ・ジェームズ(トビアス・“フォー”・イートン)、マイルズ・テラー(ピーター・ヘイズ)、アンセル・エルゴート(ケイレブ・プライアー)、ナオミ・ワッツ(イブリン・ジョンソン=イートン)ほか

「ダイバージェントNEO」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントNEOの紹介:2015年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロスの大ヒット小説を映画化した2014年公開の「ダイバージェント」の続編で、人類は性格診断により「勇敢」「高潔」「無欲」「平和」「博学」のいずれかのテリトリーに分類されている近未来のシカゴを舞台に、いずれにも属さない異端者とされた主人公たちがこの世界の謎を解き明かそうとするSFアクションです。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:シェイリーン・ウッドリー(ベアトリス・“トリス”・プライアー)、テオ・ジェームズ(トビアス・“フォー”・イートン)、マイルズ・テラー(ピーター・ヘイズ)、ナオミ・ワッツ(イブリン・ジョンソン=イートン)、ケイト・ウィンスレット(ジェニーン・マシューズ)ほか

「きっと、星のせいじゃない。」のネタバレあらすじ結末

きっと、星のせいじゃない。の紹介:2014年アメリカ映画。ジョン・グリーンの小説「さよならを待つふたりのために」をもとに映画化した青春ロマンス。ガンを患う患者同士のサポートグループで知り合った男女に、その家族、アルコール依存症の小説家がからみ、恋愛、友情、希望、夢、ユーモアを散りばめて物語が進みます。
監督:ジョシュ・ブーン 出演:シェイリーン・ウッドリー(ヘイゼル・グレース・ランカスター)、アンセル・エルゴート(オーガスタス・ウォーターズ)、ローラ・ダーン(フラニー)、ナット・ウルフ(アイザック)、ほか

「キャリー(2013年)」のネタバレあらすじ結末

キャリー(2013年)の紹介:2013年アメリカ映画。1976年にブライアン・デ・パルマ監督が手がけた映画キャリーのリメイク作品。人気ホラー作家スティーヴン・キングの代表作。超能力に目覚めたいじめられっ子のキャリー。学年一のハンサムに誘われプロムへ向かうが、そこには罠が。暴走した超能力が会場を恐怖に落とす。
監督:キンバリー・ピアーズ 出演: クロエ・グレース・モレッツ(キャリー・ホワイト)、ジュリアン・ムーア(マーガレット・ホワイト)、ジュディ・グリア(デジャルダン)、ポーシャ・ダブルデイ(クリス)、アレックス・ラッセル(ビリー)ほか

「ダイバージェント」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントの紹介:2014年アメリカ映画。ベロニカ・ロスのベストセラー小説「ダイバージェント 異端者」を原作とした映画で、終末世界における異端者の戦いをアクション満載で描いたSF作品です。世界崩壊から100年後、5つの共同体で構成された未来を舞台に、どれにも該当しない異端者と判定された少女ベアトリスが自分の運命をめぐる戦いに身を投じる。
監督:ニール・バーガー 出演:シェイリーン・ウッドリー(トリス/ベアトリス)、テオ・ジェームズ(フォー)、アシュレイ・ジャッド(ナタリー)、レイ・スティーヴンソン(マーカス)、ゾーイ・クラヴィッツ(クリスティーナ)、マイルズ・テラー(ピーター)、トニー・ゴールドウィン(アンドリュー)、ほか

TOP↑