蒼井優映画一覧

蒼井優が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ある船頭の話」のネタバレあらすじ結末

ある船頭の話の紹介:2019年日本映画。俳優オダギリジョーが長年温めていた脚本を映像化し、見事長編監督デビューとなりました。豪華なキャストに数々の作品を手掛けた撮影監督クリストファー・ドイルが加わり、作品に華を添えています。船頭であるトイチの平凡な生活に、一人の少女が流れ着き、彼の人生に変化が加わります。
監督:オダギリジョー 出演:柄本明(トイチ)、川島鈴遥(少女)、村上虹郎(源三)、伊原剛志(建築関係の男)、浅野忠信(馴染みの客)、村上淳(商人)、蒼井優(芸妓)、笹野高史(牛の客)、草笛光子(狐の話をする女性)、細野晴臣(仁平の父 / マタギの親方)、永瀬正敏(仁平 / マタギ)、橋爪功(町医者)、ほか

「るろうに剣心 最終章 The Final」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心 最終章 The Finalの紹介:2020年日本映画。和月伸宏の人気コミック『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚』の実写映画化シリーズ第4作であり、最終章二部作の前編となるアクション超大作です。原作でも人気の高いエピソード「人誅編」をベースに、佐藤健演じる主人公・緋村剣心と、剣心の過去を知る最凶の敵・雪代縁(新田真剣佑)の激突を描きます。後編にしてシリーズ完結編となる『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月公開。
監督:大友啓史 出演者:佐藤健(緋村剣心/緋村抜刀斎)、武井咲(神谷薫)、青木崇高(相楽左之助)、大西利空(明神弥彦)、蒼井優(高荷恵)、伊勢谷友介(四乃森蒼紫)、土屋太鳳(巻町操)、三浦涼介(沢下条張)、鶴見辰吾(浦村署長)、中原丈雄(前川宮内)、音尾琢真(呉黒星)、小市慢太郎(川路利良)、阿部進之介(鯨波兵庫)、栁俊太郎(乙和瓢湖)、丞威(乾天門)、成田瑛基(八ツ目無名異)、北村一輝(辰巳)、江口洋介(斎藤一/藤田五郎)、有村架純(雪代巴)、神木隆之介(瀬田宗次郎)、新田真剣佑(雪代縁)ほか

「おらおらでひとりいぐも」のネタバレあらすじ結末

おらおらでひとりいぐもの紹介:2020年日本映画。第158回芥川賞と第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子の同名小説を『横道世之介』『モリのいる場所』の沖田修一監督が映画化したヒューマンドラマです。夫に先立たれ、娘との疎遠になった一人暮らしの老女は心の中でかつての自分や様々な人々と故郷の東北弁を交えての会話を楽しむようになっていきます…。
監督:沖田修一 出演者:田中裕子(桃子)、蒼井優(桃子(青年期))、東出昌大(周造)、濱田岳(寂しさ1)、青木崇高(寂しさ2)、宮藤官九郎(寂しさ3)、田畑智子(桃子の娘)、黒田大輔(警官)、山中崇(医師)、岡山天音(車メーカーの営業)、三浦透子(桃子の同僚)、六角精児(桃子の心の声「どうせ」)、大方斐紗子(桃子の祖母)、鷲尾真知子(図書館の司書)ほか

「スパイの妻<劇場版>」のネタバレあらすじ結末

スパイの妻<劇場版>の紹介:2020年日本映画。太平洋戦争前夜、貿易会社を経営する優作は満州で恐ろしい国家機密を知った。優作と妻の聡子は狂気に満ちていく時代の中で愛ゆえに次々と重大な決断を迫られる。8Kカメラで撮影されNHK・BS8Kで放送されたサスペンス・ドラマの劇場版。第77回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞。脚本作りには黒沢清監督が教授を務める東京藝術大学大学院の学生だった二人――『寝ても覚めても』を監督した濱口竜介と、濱口が監督した『ハッピーアワー』等の脚本を担当した野原位――に黒沢監督自身が加わる。
監督:黒沢清 出演者:蒼井優(福原聡子)、高橋一生(福原優作)、坂東龍汰(竹下文雄)、恒松祐里(駒子)、みのすけ(金村)、玄理(草壁弘子)、東出昌大(津森泰治)、笹野高史(野崎医師)、ほか

「斬、」のネタバレあらすじ結末

斬、の紹介:2018年日本映画。『鉄男』『野火』などの塚本晋也監督が20年以上温め続けた構想を基に映画化した、自身初となる時代劇作品です。幕末の動乱期のとある農村を舞台に、腕は立つもの一度も人を斬ったことのない一人の浪人と、周囲の人々の生きざまを通して「生と死」とは何かと問いかける作品です。
監督:塚本晋也 出演者:池松壮亮(都築杢之進)、蒼井優(ゆう)、中村達也(源田瀬左衛門)、前田隆成(市助)、大槻修治(嘉兵衛)、クノ真季子(滝)、横内直人(一蔵)、塚本晋也(澤村次郎左衛門)ほか

「ロマンスドール」のネタバレあらすじ結末

ロマンスドールの紹介:2019年日本映画。『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキが、2009年の自身の同名小説を実写映画化。互いに秘密を抱えた夫婦が、愛と結婚生活を見つめ直していく様子を描く。
監督:タナダユキ 出演:高橋一生(北村哲雄)、蒼井優(北村(小沢)園子)、きたろう(相川金次)、渡辺えり(田代まりあ)、浜野謙太(両角)、三浦透子(ひろ子)、ピエール瀧(久保田薫)、大倉孝二(原田)、ほか

「長いお別れ」のネタバレあらすじ結末

長いお別れの紹介:2019年日本映画。小説家・中島京子が自身の父との実体験を基に綴った同名の連作短編集を映画化したヒューマンドラマです。認知症の父と優しく見守る家族の7年間の軌跡と深い絆を描きます。
監督:中野量太 出演者:蒼井優(東芙美)、竹内結子(今村麻里)、松原智恵子(東曜子)、山崎努(東昇平)、北村有起哉(今村新)、中村倫也(磐田道彦)、杉田雷麟(今村崇)、蒲田優惟人(今村崇(幼少時代))ほか

「斬、」のネタバレあらすじ結末

斬、の紹介:2018年日本映画。農家に身を寄せ、農業を手伝いながら農家の息子に剣を教える浪人の杢之進は、澤村という剣豪から、江戸に戦に行くメンバーに入ってくれと頼まれました。そのころ村には悪党集団が入って来ていて、息子が暴行を受けたことで、澤村が仕返しに、悪党数人を切り殺しました。このことから悪党の仕返しが始まり、殺しの報復が始まりました…という内容の塚本晋也監督による時代劇です。世界的に高評価を受けた作品です。
監督:塚本晋也 出演者:池松壮亮(都築杢之進)、蒼井優(ゆう)、中村達也(源田瀬左衛門)、前田隆成(市助)、塚本晋也(澤村次郎左衛門)ほか

「海獣の子供」のネタバレあらすじ結末

海獣の子供の紹介:2019年アメリカ映画。五十嵐大介原作のファンタジー漫画を映画化したアニメーション作品です。他人と向き合うことのできなかった少女が、海からやってきた不思議な二人の少年との出会いをきっかけに海の神秘を巡る壮大な冒険へと巻き込まれていきます。主題歌は米津玄師が担当しています。
監督:渡辺歩 声優:芦田愛菜(安海琉花)、石橋陽彩(海)、浦上晟周(空)、田中泯(ジム・キューザック)、森崎ウィン(アングラード)、富司純子(デデ)、渡辺徹(先生)、稲垣吾郎(安海正明)、蒼井優(安海加奈子)ほか

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「TOKYO!」のネタバレあらすじ結末

TOKYO!の紹介:2008年フランス,日本,韓国映画。フランスと韓国の三人の有名監督達による短編オムニバス。東京を舞台に摩訶不思議な物語が繰り広げられていく。
監督:ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ 出演者:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん、ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ、石橋蓮司、北見敏之、嶋田久作、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司、松重豊、ほか

「ペンギン・ハイウェイ」のネタバレあらすじ結末

ペンギン・ハイウェイの紹介:2018年日本映画。第31回日本SF大賞を受賞した森見登美彦の小説を映画化した長編アニメーション・ファンタジー作品です。とある街に突如現れたペンギンの群れを巡る、小学4年生の少年と謎多き女性のひと夏の不思議な体験を描きます。主題歌を宇多田ヒカルが手掛けています。
監督:石田祐康 声優:北香那(アオヤマ君)、蒼井優(お姉さん)、釘宮理恵(ウチダ君)、潘めぐみ(ハマモトさん)、福井美樹(スズキ君)、能登麻美子(アオヤマ君の母)、久野美咲(アオヤマ君の妹)、西島秀俊(アオヤマ君の父)、竹中直人(ハマモトさんの父)ほか

「蟲師」のネタバレあらすじ結末

蟲師(むしし)の紹介:2006年日本映画。漆原友紀による人気コミック『蟲師』がオダギリジョーを主演に迎え実写化。蟲と呼ばれる人の目には見えない存在と、その蟲を研究する蟲師が織りなす美しくも恐ろしい世界観を見事に描き出している。
監督:大友克洋 出演:オダギリジョー(ギンコ)、江角マキコ(ぬい)、大森南朋(虹郎)、蒼井優(淡幽)、りりィ(庄屋夫人)、李麗仙(たま)、クノ真季子(真火の母)、守山玲愛(真火)、稲田英幸(ヨキ)、ほか

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」のネタバレあらすじ結末

妻よ薔薇のように 家族はつらいよ IIIの紹介:2018年日本映画。賑やかな平田家。ある日、平田家に泥棒が入り、史枝さんのへそくりが盗まれてしまう。それを知った幸之助が「俺の稼いだ金をへそくりしていたのか。」と怒る。いつもは穏やかで大人しい史枝さんも日常の多忙さから感謝の言葉すらない夫 幸之助に対して腹が立ち家を出ていってしまう。働き者で平田家の家事をすべてこなし、いつも明るく家族を支えていた史枝さんがいなくなり、平田家は大混乱。孫はこのまま離婚してしまうのではないか、両親は愛し合っていないのではと心配する。家族が集まり、なんとか戻ってもらおうと色々考えるのだが…。
監督:山田洋次 出演:橋爪功(平田周造)、吉行和子(平田富子)、西村まさ彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、林家正蔵(金井泰蔵)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(平田憲子)、ほか

「春を背負って」のネタバレあらすじ結末

春を背負っての紹介:2014年日本映画。笹本稜平の同名小説を、日本を代表するカメラマン・木村大作が自身2作目の監督作品として映画化した山岳ドラマです。立山連峰を舞台に、東京でトレーダーをしていた主人公が、山小屋を経営していた父の死をきっかけに故郷に戻り、父の後を継ごうとするのですが…。撮影は一切CGに頼らず、丸1年かけて実際に立山連峰の四季折々を撮影しています。
監督:木村大作 出演者:松山ケンイチ(長嶺亨)、小林薫(長嶺勇夫)、檀ふみ(長嶺菫)、蒼井優(高澤愛)、豊川悦司(多田悟郎)、新井浩文(中川聡史)、池松壮亮(須永幸一)、仲村トオル(朝倉隆史)ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑