Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アーミー・ハマー映画一覧

アーミー・ハマーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ビリーブ 未来への大逆転」のネタバレあらすじ結末

ビリーブ 未来への大逆転の紹介:2018年アメリカ映画。名ばかり自由の国アメリカが真の自由と平等の国になるまでを、80歳を超えてもアメリカの最高裁判事を務めるルース・ギンズバーグの半生を、苦難と第一歩となった裁判を通して描く。女性が活躍しにくい時代に弁護士となって、女性の権利を訴え続けた姿を描きます。
監督:ミミ・レダー 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)、アーミー・ハマー(マーティン・ギンズバーグ)、ジャスティン・セロー(メル・ウルフ)、サム・ウォーターストン(アーウィン・グリスウォルド)、キャシー・ベイツ(ドロシー・ケニオン)、ジャック・レイナー、ケイリー・スピーニー、ほか

「パニック・エレベーター」のネタバレあらすじ結末

パニック・エレベーターの紹介:2007年イギリス,スペイン映画。改装中のアパートのエレベーターに閉じ込められた3人の男女。助けは来ず、時間だけが刻一刻と過ぎていく。やがて長時間閉鎖空間にいる3人の精神状態はおかしくなっていく。
監督:リゴベルト・カスタニーダ 出演:アンバー・タンブリン(クラウディア)、エイダン・ギレン(カール)、アーミー・ハマー(トミー)、ケイティ・スチュアート、ほか

「ALONE/アローン」のネタバレあらすじ結末

ALONE/アローンの紹介:2016年アメリカ,スペイン,イタリア映画。誰もいない、何もない砂漠の地雷原に取り残された米軍兵の、悪夢のような52時間の苦闘を描いたワンシチュエーションスリラーです。『ソーシャル・ネットワーク』『君の名前で僕を呼んで』などのアーミー・ハマーが主人公の米軍兵を演じます。
監督:ファビオ・レジナーロ、ファビオ・ガリオーネ 出演者:アーミー・ハマー(マイク・スティーブンス)、アナベル・ウォーリス(ジェニー)、トム・カレン(トミー・マディソン)、ジェフ・ベル(マイクの父)、ジュリエット・オーブリー(マイクの母)、クリント・ディアー(ベルベル人)ほか

「君の名前で僕を呼んで」のネタバレあらすじ結末

君の名前で僕を呼んでの紹介:2017年イタリア,フランス,ブラジル,アメリカ映画。アンドレ・アシマン原作小説「君の名前で僕を呼んで(call me by your name)」の映画化作品。80年代の北イタリア、とある避暑地。教授である父を持つ17歳の少年エリオ。毎年訪れる別荘に今夏は大学院生のアメリカ人オリヴァーが身を寄せてくる。エリオにとって初めての、そして生涯忘れられない男性同士の恋の痛みと喜びを描く。主演のティモシー・シャラメは本作で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞して脚光を浴びた。特に3分半にも及ぶ超長回しのラストショットには心を揺さぶられる。
監督:ルカ・グァダニーノ 出演:アーミー・ハマー(オリヴァー)、ティモシー・シャラメ(エリオ)、 マイケル・スタールバーグ(パールマン教授/エリオの父)、アミラ・カサール(エリオの母)、エステール・ガレル(マルシア)ほか

「ノクターナル・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末

ノクターナル・アニマルズの紹介:2016年アメリカ映画。アートギャラリーのオーナー、スーザン。夫はハンサムで豪邸に住み恵まれた暮らしをしている一方で、心は満たされない生活を送っていた。ある日、20年前に離婚した元夫のエドワードより彼の小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてきた。スーザンに捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。過去に元夫の精神的な弱さを軽蔑して離婚に至った経緯があるが、小説を読み進めるうちにこれまでに見えなかったエドワードの非凡な才能を読み取り、スーザンは次第に再会を望むようになる。離婚した夫婦が20年の時を経て、捨てた愛と失った愛をどう見つめどのような行動に出るのか。現在、過去、映画内小説を交差させ物語を紡いでいる。監督トム・フォードはグッチやイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターを経て自身のブランド「トム・フォード」を立ち上げるなど、ファッションシーンの重要人物でもあり、オリジナルで作られた衣装、美術、小道具も目を惹く。ヴェネツィア国際映画祭で審査員グランプリを受賞したほか、世界で16の賞を獲得。
監督:トム・フォード 出演:エイミー・アダムス(スーザン・モロー)、ジェイク・ギレンホール(トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールド)、マイケル・シャノン(ボビー・アンディーズ)、アーロン・テイラー=ジョンソン( レイ・マーカス)、アイラ・フィッシャー(ローラ・ヘイスティングス)、カール・グルスマン(ルー)、アーミー・ハマー(ハットン・モロー)、ローラ・リニー(アン・サットン)ほか

「カーズ3/クロスロード」のネタバレあらすじ結末

カーズ/クロスロードの紹介:2017年アメリカ映画。大人気シリーズ、カーズ3作目。絶対王者だった人気レーサーのライトニングだったが、ライバルのストームに負かされるレースが続きさらにはクラッシュまで起こしてしまい引退も囁かれていた。そんな中もう一度トップレーサーになるため、ライトニングは新しいチャレンジに挑戦してみることを決意するのだった。
監督:ブライアン・フィー 声優: オーウェン・ウィルソン(ライトニング・マックィーン)、クリステラ・アロンゾ(クルーズ・ラミレス)、アーミー・ハマー(ジャクソン・ストーム)、クリス・クーパー(スモーキー)、ネイサン・フィリオン(スターリング)、ラリー・ザ・ケイブル・ガイ(メーター)、ボニー・ハント(サリー)、ほか

「ローン・レンジャー(2013年)」のネタバレあらすじ結末

ローン・レンジャーの紹介:2013年アメリカ映画。今迄何度もリメイクされてきた名作、「ローン・レンジャー」をこの度大人気俳優ジョニー・デップと新進気鋭の若手俳優、アーミー・ハマーが演じる。舞台は昔、荒野をかける男達の復讐の物語。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ(トント)、アーミー・ハマー(ローン・レンジャー(ジョン・リード))、トム・ウィルキンソン(レイサム・コール)、ウィリアム・フィクトナー(ブッチ・キャヴェンディッシュ)、バリー・ペッパー(キャプテン・フラー)、ヘレナ・ボナム・カーター(レッド・ハリントン)、ほか

「コードネーム U.N.C.L.E.」のネタバレあらすじ結末

コードネーム UNCLEの紹介:2015年イギリス映画。時は1960年代、東西冷戦の最中。敵対するCIAとKGBは、巨大犯罪組織のテロを阻止するため手を組むことになります。敏腕CIAエージェントのナポレオン・ソロは、KBGの超エリートのイリヤ・クリヤキンと共に任務に挑みます。1960年代の人気ドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を大胆にアレンジしたスタイリッシュなスパイ映画です。
監督:ガイ・リッチー 出演者:ヘンリー・カヴィル(ナポレオン・ソロ)、アーミー・ハマー(イリヤ・クリヤキン)、 アリシア・ヴィキャンデル(ギャビー・テラー)、アレキサンダー・ウェーバリー(ウェーバリー)、エリザベス・デビッキ(ヴィクトリア・ヴィンチグエラ)ほか

「J・エドガー」のネタバレあらすじ結末

J・エドガーの紹介:2011年アメリカ映画。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の知られざる半生記。隠し通した真実と愛を描く。「だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。」というキャッチコピーでクリント・イーストウッドが監督、『ミルク』(2008年)でアカデミー脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックが脚本を務め、レオナルド・ディカプリオが主役エドガー・フーバーを演じています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン)、ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)、ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)、ほか

「白雪姫と鏡の女王」のネタバレあらすじ結末

白雪姫と鏡の女王の紹介:2012年アメリカ映画。幼い頃に両親を亡くし義理の母である現女王に城に幽閉されていた白雪姫。18歳の誕生日に城を抜け出し村へ行くとそこはかつて父親と来た村とは様子が違っていた。女王の勝手気ままな贅沢暮らしのせいで貧困で悩んでいたのだ。そんな時たまたまこの国に来ていたある国の王子アルコットに出会う。そして彼にこの状況の打破をお願いしようとするも女王に見つかり城を追い出されてしまった。怪物がいると噂の森に追放された白雪姫、そこで彼女は7人の小人に出会う。
監督:ターセム・シン 出演:白雪姫(リリー・コリンズ)、邪悪な女王(ジュリア・ロバーツ)、アルコット王子(アーミー・ハマー)、ブライトン(ネイサン・レイン)ほか

「ソーシャル・ネットワーク」のネタバレあらすじ結末

ソーシャル・ネットワークの紹介:2010年アメリカ映画。世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)であるFacebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグの半生を描いた作品で、評論家からも絶賛の声が上がった作品。また、主演を務めたジェシー・アイゼンバーグの出世作となり、アカデミー主演男優賞など多くの映画賞にノミネートされました。
監督:デイヴィッド・フィンチャー 出演者:ジェシー・アイゼンバーグ (マーク・ザッカーバーグ)、アンドリュー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン)、アーミー・ハマー(キャメロン・ウィンクルボス/タイラー・ウィンクルボス)、マックス・ミンゲラ(ディビヤ・ナレンドラ)、ジャスティン・ティンバーレイク(ショーン・パーカー) ほか

TOP↑