渥美清映画一覧

渥美清が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「故郷(山田洋次監督)」のネタバレあらすじ結末

故郷の紹介:1972年日本映画。山田洋次監督が手がけた、『男はつらいよ』のキャストによる“民子三部作”の第2作となるヒューマンドラマです。高度経済成長期の瀬戸内海の小島を舞台に、時代の荒波に飲まれる砂利運搬業者とその家族の姿をドキュメンタリータッチで描きます。
監督:山田洋次 出演者:倍賞千恵子(石崎民子)、井川比佐志(石崎精一)、笠智衆(石崎仙造)、前田吟(石崎健次)、阿部百合子(石田和枝)、矢野宣(石田耕司)、田島令子(石崎保子)、伊藤千秋(石崎千秋)、伊藤まゆみ(石崎まゆみ)、渥美清(松下松太郎)ほか

「男はつらいよ お帰り 寅さん」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年日本映画。渥美清主演の伝説的人情喜劇シリーズ『男はつらいよ』の映画シリーズ開始50周年記念作にして、第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』(1997年)から約22年ぶりとなる第50作です。シリーズの生みの親である山田洋次が自身の監督作通算88作目となる本作でもメガホンを執り、新規に撮影された部分と4Kリマスターされた過去の厳選されたシーンを融合、寅さんの甥の満男と初恋の人イズミの再会がこれまでの登場人物の“今”と共に綴られていきます。吉岡秀隆、倍賞千恵子、前田吟らオリジナルのレギュラー陣に加えて23年ぶりの女優復帰となる後藤久美子、往年のマドンナ役の浅丘ルリ子らが出演、主題歌をサザンオールスターズのリーダー桑田佳祐が歌っています。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、後藤久美子(イズミ・ブルーナ/及川泉)、前田吟(諏訪博)、浅丘ルリ子(リリー)、夏木マリ(原礼子)、池脇千鶴(高野節子)、美保純(朱美)、佐藤蛾次郎(源公)、桜田ひより(諏訪ユリ)、北山雅康(カフェくるまや店長・三平)、カンニング竹山(編集長・飯田)、濱田マリ(書店の客)、出川哲朗(出版社社員・山中)、松野太紀(ジャズ喫茶店長)、林家たま平(ケアセンターの職員)、立川志らく(噺家)、小林稔侍(窪田)、笹野高史(御前様)、橋爪功(及川一男)、桑田佳祐(桑田佳祐)ほか

「家族」のネタバレあらすじ結末

家族の紹介:1970年日本映画。日本映画界の至宝・山田洋次監督が手掛けた“民子三部作”の第1弾です。高度経済性長期の時代を舞台に、故郷・長崎の小さな島を離れた主人公一家が遥か遠くの北海道に新天地を求める姿をドキュメンタリータッチで描きます。
監督:山田洋次 出演者:井川比佐志(風見精一)、倍賞千恵子(風見民子)、笠智衆(風見源蔵)、前田吟(風見力)、池田秀一(風見隆)、塚本信夫(沢亮太)、松田友絵(沢みさお)、花沢徳衛(チンケ)、渥美清(行きずりの旅人)ほか

「遙かなる山の呼び声」のネタバレあらすじ結末

遙かなる山の呼び声の紹介:1980年日本映画。山田洋次監督が贈る、『家族』(1970年)、『故郷』(1972年)に続く“民子三部作”の第3作です。北海道の東にある中標津町を舞台に、訳ありの男と酪農を営む母子家庭との心の交流を描いています。
監督:山田洋次 出演者:高倉健(田島耕作)、倍賞千恵子(風見民子)、武田鉄矢(勝男)、吉岡秀隆(風見武志)、ハナ肇(虻田太郎)、渥美清(近藤)ほか

「拝啓天皇陛下様」のネタバレあらすじ結末

拝啓天皇陛下様の紹介:1963年日本映画。第二次世界大戦前後の時代を舞台に、漢字も読めずカタカナしか書けなかった天涯孤独の男と、軍隊で出会った戦争嫌いで作家志望の男との約20年間に渡る奇妙な友情を描いた人間ドラマです。
監督:野村芳太郎 出演者:渥美清(山田正助)、長門裕之(棟本博、ナレーション)、左幸子(棟本秋子)、加藤嘉(堀江中隊長)、浜口庫之助(昭和天皇)ほか

「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇の紹介:1997年日本映画。シリーズ完結から2年後の1997年に公開された本作(49作目)は、第25作目「寅次郎ハイビスカスの花」をベースに、寅さんこと車寅次郎と永遠のマドンナ・リリーが沖縄で過ごした日々を、寅さんの甥・満男の回想という視点から再編集した作品です。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、浅丘ルリ子(リリー)、吉岡秀隆(諏訪満男)ほか

「男はつらいよ 寅次郎紅の花」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎紅の花の紹介:1995年日本映画。シリーズ第48作目にして、男はつらいよ完結編となる今作は、“寅さん”こと車寅次郎の甥・満男が、かつての恋人・泉が他の男と結婚すると聞き、結婚式を妨害します。鹿児島・奄美群島に辿り着いた満男は、そこで寅さんがかつて惚れていたリリーと一緒に夫婦同然の暮らしをしているのを目の当たりにします。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、後藤久美子(及川泉)、浅丘ルリ子(リリー)ほか

「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様の紹介:1994年日本映画。シリーズ第47作目。寅さんこと車寅次郎の甥・満男は大学時代の先輩の誘いで滋賀県に行き、先輩の妹と恋に落ちます。一方の寅さんも、琵琶湖で撮影旅行をしている女性と出会い…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、牧瀬里穂(菜穂)、かたせ梨乃(典子)、小林幸子(三沢雪子)ほか

「男はつらいよ 寅次郎の縁談」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎の縁談の紹介:1993年日本映画。シリーズ第46作目。なかなか就職が決まらない寅さんこと車寅次郎の甥・満男が家出してしまいます。満男を連れ戻す旅に出た寅さんは、瀬戸内海の小島である女性と出会い…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、城山美佳子(亜矢)、島田正吾(善右衛門)、松坂慶子(葉子)ほか

「男はつらいよ 寅次郎の青春」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎の青春の紹介:1992年日本映画。シリーズ第45作目。寅さんこと車寅次郎と甥の満男は、宮崎県で満男の想い人の泉と行動を共にします。寅さんは現地で理髪店を営む女性と出会い、ほのかな想いを抱くのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、後藤久美子(及川泉)、永瀬正敏(竜介)、風吹ジュン(蝶子)ほか

「男はつらいよ 寅次郎の告白」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎の告白の紹介:1991年日本映画。シリーズ第44作目となる今作では、“寅さん”こと車寅次郎の甥・満男が、母の再婚に戸惑い傷心した恋人・泉を追って鳥取まで旅をします。一方、寅さんもかつて惚れた女性と再会し…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、後藤久美子(及川泉)、吉田日出子(聖子)ほか

「男はつらいよ 寅次郎の休日」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎の休日の紹介:1990年日本映画。シリーズ第43作目となる今作では、“寅さん”こと車寅次郎の甥・満男が、想いを寄せる少女・泉の離婚した父親を探して、大分県日田市まで旅をします。その旅に寅さんや泉の母も合流することになり…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、後藤久美子(及川泉)、夏木マリ(礼子)ほか

「男はつらいよ ぼくの伯父さん」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ ぼくの伯父さんの紹介:1989年日本映画。シリーズ第42作となる今作は、佐賀県を舞台に、寅さんこと車寅次郎が甥の満男に、満男の高校時代の初恋相手への恋のレクチャーに乗り出します。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、吉岡秀隆(諏訪満男)、後藤久美子(及川泉)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、壇ふみ(奥村寿子)ほか

「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎心の旅路の紹介:1989年日本映画。シリーズ第41作となる今作は、寅さんこと車寅次郎が遂に日本を飛び出して人生初の海外旅行へ。人生に疲れた中年男、現地で出会ったツアーガイドの女性とともにオーストリア・ウィーンで珍道中を繰り広げます。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、柄本明(坂口)、竹下景子(久美子)、淡路恵子(マダム)ほか

「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日の紹介:1988年日本映画。シリーズ第40作目となる今作は、俵万智の短歌集「サラダ記念日」とのコラボレーション作品です。寅さんこと車寅次郎は旅先で出会った老婆の担当女医に出会います。女医の姪の趣味が短歌なことから、寅さんは早稲田大学の講義を受けることになります。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、三田佳子(真知子)、三田寛子(由紀)、尾美としのり(茂)ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑