綾野剛映画一覧

綾野剛が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「奈緒子」のネタバレあらすじ結末

奈緒子の紹介:2008年日本映画。原作・坂田信弘、作画・中原裕による同名漫画を上野樹里と三浦春馬のダブル主演で実写映画化した青春ドラマです。長崎県を舞台に、高校駅伝の天才ランナーと臨時マネージャーとなった女子、思い過去を持つ二人が確執を乗り越え、仲間たちと共に駅伝優勝を目指す姿を描きます。
監督:古厩智之 出演者:上野樹里(篠宮奈緒子)、三浦春馬(壱岐雄介)、綾野剛(黒田晋)、佐津川愛美(吉澤結希)、柄本時生(奥田公靖)、富川一人(宮崎親)、タモト清嵐(吉崎悟)、結城洋平(藤本卓治)、五十嵐山人(佐々木黙然)、佐藤タケシ(五島伸幸)、兼子舜(上原高次)、藤本七海(篠宮奈緒子(12歳時))、境大輝(壱岐雄介(10歳時))、嶋田久作(医師)、奥貫薫(壱岐和子)、嶋尾康史(壱岐健介)、山下容莉枝(篠宮加奈子)、光石研(篠宮隆文)、笑福亭鶴瓶(西浦天宣)ほか

「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」のネタバレあらすじ結末

ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-の紹介:2020年日本映画。『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した中山七里の犯罪サスペンス小説を、綾野剛と北川景子のダブル主演で映画化したクライムサスペンスです。主人公の刑事二人は終末期の患者を狙った連続不審死事件を追ううちに、闇サイトで依頼してきた患者を安楽死させる通称「ドクター・デス」という医者の存在を知ることに…。
監督:深川栄洋 出演者:綾野剛(犬養隼人)、北川景子(高千穂明日香)、岡田健史(沢田圭)、前野朋哉(室岡純一)、青山美郷(青木綾子)、石黒賢(麻生礼司)、松原正隆(馬籠健一)、ホーチャンミ(馬籠小枝子)、田牧そら(犬養沙耶香)、柄本明(寺町亘輝)、木村佳乃(雛森めぐみ)ほか

「ホムンクルス」のネタバレあらすじ結末

ホムンクルスの紹介:2021年日本映画。山本英夫の同名漫画を、日本ホラー界を牽引する清水崇監督が映画化したサイコミステリーです。過去の記憶を失った主人公・名越進が第六感が得られる特殊な手術を受けたことをきっかけに様々な人々の抱える心の闇に触れていく様を描きます。
監督:清水崇 出演者:綾野剛(名越進)、成田凌(伊藤学)、岸井ゆきの(謎の女)、石井杏奈(女子高生1775)、内野聖陽(組長)、伊東茄那(奈々子)、ほか

「ヤクザと家族 The Family」のネタバレあらすじ結末

ヤクザと家族 The Familyの紹介:2021年日本映画。日本アカデミー賞など数々の映画賞に輝いた『新聞記者』(2019年)の藤井道人監督とスタッフが贈る、ヤクザの世界に足を踏み入れた孤独な若者と父親代わりとなったヤクザ組長との絆を、1999年・2005年・2019年の3つの時代に分けて描いたヒューマンドラマです。綾野剛と舘ひろしがダブル主演を務め、綾野剛は19歳時から39歳時までの全ての年代の主人公を一人で演じ切っています。
監督:藤井道人 出演者:綾野剛(山本賢治)、舘ひろし(柴咲博)、尾野真千子(工藤由香)、北村有起哉(中村努)、市原隼人(細野竜太)、磯村勇斗(木村翼)、菅田俊(竹田誠)、康すおん(豊島徹也)、小宮山莉渚(工藤彩)、二ノ宮隆太郎(大原幸平)、駿河太郎(川山礼二)、岩松了(大迫和彦)、豊原功補(加藤雅敏)、寺島しのぶ(木村愛子)ほか

「GANTZ: PERFECT ANSWER」のネタバレあらすじ結末

GANTZ: PERFECT ANSWER(ガンツ:パーフェクトアンサー)の紹介:2011年日本映画。奥浩哉原作の人気コミックを実写化した二部作の後編部分に当たるのが本作。謎の黒い球体GANTZに集められた者達が街に潜む星人と命懸けの戦いを繰り広げる様を描いています。原作とは違うオリジナルの展開に注目です。
監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、吉高由里子(小島多恵)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、千阪健介(加藤歩)、白石隼也(桜井弘斗)、緑友利恵(山本真子)、玄覺悠子(坂野理沙)、若葉竜也(高橋光輝)、阪田マサノブ(小林新一)、越村友一(中村孝太)、橋本まつり(玉男)、戸田菜穂(北倉玲子)、綾野剛(黒服 壹)、伊藤歩(鮎川映莉子)、田口トモロヲ(鈴木良一)、山田孝之(重田正光)、ほか

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末

シュアリー・サムデイの紹介:2010年日本映画。人気実力派俳優小栗旬が初めてメガホンを取った作品。退屈な日々を過ごしていた高校生達がその退屈を解消すべく行った出来事がとんでもない事件を引き起こし泥沼に引き込まれてしまいます。ドン底から這い上がろうともがく少年達の青春ストーリー。
監督:小栗旬 出演:小出恵介(喜志巧)、勝地涼(真鍋京平)、綾野剛(岩崎秀人)、鈴木亮平(後藤和生)、ムロツヨシ(北村雄喜)、小西真奈美(葉月美沙)、モト冬樹(北村雄一郎)、原日出子(北村美和子)、遠藤憲一(飯島)、山口祥行(五味)、高橋光臣(須賀)、須賀貴匡(坂口)、高橋努(体育教師)、笹野高史(教頭)、井上真央(後藤翔子)、阿部力(若杉)、大竹しのぶ(弁当屋の店長)、妻夫木聡(警官A)、小栗旬(警官B)、上戸彩(上戸彩)、横田栄司(宮城祐)、竹中直人(喜志建夫)、岡村隆史(やっさん)、吉田鋼太郎(亀頭)、ほか

「影裏」のネタバレあらすじ結末

影裏の紹介:2020年日本映画。2017年、デビュー作が芥川賞受賞となった沼田真佑の短編小説「影裏」。作者自身が住む盛岡を舞台にしたこの作品は、主人公の青年が失踪した親友を探すうちにその本当の姿に近づき、やがてその喪失から立ち直っていく物語である。監督は「るろうに剣心」シリーズなどヒット作を多数手掛ける大友啓史。大友自身も盛岡出身であり、開局50周年記念作品を検討していたテレビ岩手のオファーを受け映画化が実現した。その大友が出演を熱望したという綾野剛と松田龍平が主演をつとめ、監督の期待にこたえている。
監督:大友啓史 出演:綾野剛(今野秋一)、松田龍平(日浅典博)、國村隼(日浅征吾)、筒井真理子(西山)、中村倫也(副島和哉)、永島暎子(鈴村早苗)、安田顕(日浅馨)、平埜生成(清人)

「楽園」のネタバレあらすじ結末

楽園の紹介:2019年日本映画。吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』の中から『青田Y字路』『万屋善次郎』の2つのエピソードをひとつの映画にまとめ、綾野剛・杉咲花・佐藤浩市のトリプル主演で製作されたヒューマン・サスペンスドラマです。未解決の幼女誘拐事件が起こった限界集落で12年後に起きた2つの事件を巡り、容疑者と疑われる青年、心に傷を負った少女、周囲から孤立していく中年男性の交差していく人生を克明に綴っていきます。
監督:瀬々敬久 出演者:綾野剛(中村豪士)、杉咲花(湯川紡)、佐藤浩市(田中善次郎)、村上虹郎(野上広呂)、片岡礼子(黒塚久子)、黒沢あすか(中村洋子)、石橋静河(田中紀子)、根岸季衣(藤木朝子)、柄本明(藤木五郎)ほか

「閉鎖病棟 それぞれの朝」のネタバレあらすじ結末

閉鎖病棟―それぞれの朝―の紹介:2019年日本映画。精神科医帚木蓬生の小説「閉鎖病棟」。1995年に山本周五郎賞を受賞したこの作品は、患者の立場で病院内部の出来事を淡々と描き、その優しい語り口と感動の結末で絶賛されたベストセラーだ。監督は「愛を乞うひと」「エヴェレスト 神々の山嶺」などで知られる平山秀幸。そして監督が熱望して主演に迎えたのは笑福亭鶴瓶。7キロ体重を落として役に臨んだという。綾野剛、小松菜奈、渋川清彦などが入院患者として共演し、体当たりの演技で見る者を惹きつける。
監督・脚本: 平山秀幸 原作: 帚木蓬生 キャスト:笑福亭鶴瓶(梶木秀丸)、綾野剛(塚本中弥 / チュウさん)、小松菜奈(島崎由紀)、高橋和也(大谷)、木野花(石田サナエ)、渋川清彦(重宗)、小林聡美(井波)、坂東龍汰(丸井昭八)、ベンガル(酒井)、ほか

「渋谷」のネタバレあらすじ結末

渋谷の紹介:2009年日本映画。渋谷の街の日常を赤裸々に描いた作品。フリーカメラマンの水澤は、ある日渋谷の路上で言い争う少女と母親を見かけます。なぜ少女が母親につらく当たるのか、理由を知りたい水澤は少女と接触をはかりますが…。
監督:西谷真一 出演:綾野剛(水澤一成)、佐津川愛美(ユリカ)、松田美由紀(ユリカの母)、ARATA(ヘルスの店員)、大島優子(ユウ)、西村和彦(ヘルスの客)、石田えり(栗山)、斎藤工、藤井リナ、ほか

「妖怪奇談」のネタバレあらすじ結末

妖怪奇談の紹介:2006年日本映画。何らかの原因で妖怪に変異していく3人の女性を描いた話です。3人の女性はそれぞれ接点があり、オムニバス形式ながら話が繋がっているという、変わったパターンの作品です。現代の映画ながら、裏のテーマには古典怪談の『ろくろ首』『かまいたち』『のっぺらぼう』が隠れています。
監督:亀井亨 出演者:伴杏里(岩崎みひろ)、宮光真理子(山根美智子)、市川春樹(佐伯まな)、綾野剛(真吾)、手塚とおる(大迫)、ほか

「S -最後の警官- 奪還」のネタバレあらすじ結末

S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTUREの紹介:2015年日本映画。原作・小森陽一、作画・藤堂裕の人気漫画の実写版で、どんな極悪人でも生け捕り確保を目的とする特殊急襲捜査班NPSの活躍を描いたクライム・サスペンス・アクション映画です。キャッチコピーは「その手で守るのは1億2000万人の未来。描かれたのは日本崩壊へのシナリオ。愛する人との約束を果たすため、最後の作戦が今、始まる」
監督:平野俊一 出演:向井理(神御蔵一號)、綾野剛(蘇我伊織)、新垣結衣(林イルマ)、吹石一恵(棟方ゆづる)、青木崇高(倉田勝一郎)、池内博之(古橋誠二朗)、平山浩行(速田仁)、高橋努(梶尾竜一)、平山祐介(嵐悟)、土屋アンナ(横川秋)、辰巳琢郎(南郷雅文)、高嶋政宏(中丸文夫)、近藤正臣(霧山六郎)、オダギリジョー(正木圭吾)、大森南朋(香椎秀樹)、ほか

「パンク侍、斬られて候」のネタバレあらすじ結末

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年日本映画。「狂い咲きサンダーロード」等で知られる鬼才、石井岳流(当時は石井聰亙)監督。原作は数々の受賞歴がある小説家であり音楽活動や役者もこなす才人、町田康。脚本は言わずと知れた宮藤官九郎。このメンツだけでも凄いのに、主役級の俳優を惜しげもなく使い、しかも全員が振り切った演技でぶつかり合う、強烈にブッ飛んだ映画が出来てしまいました。主演は、作品ごとに全く違った顔をみせる綾野剛。長い刀を振り回す殺陣シーンは綾野剛史上最高にかっこいいです!
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 キャスト: 綾野剛(掛十之進)、北川景子(ろん)、東出昌大(黒和直仁)、染谷将太(幕暮孫兵衛)、浅野忠信(茶山半郎)、永瀬正敏(大臼延珍)、國村隼(大浦主膳)、豊川悦司(内藤帯刀)ほか

「夏の終り」のネタバレあらすじ結末

夏の終りの紹介:2012年日本映画。作家・瀬戸内寂聴が出家前の「瀬戸内晴美」時代に執筆した同名小説を映画化したものです。キャッチコピーは「だって、愛してるの。」で、瀬戸内自身の体験をもとに2人の男との三角関係に苦悩する女の姿を描いた恋情ドラマです。
監督:熊切和嘉 出演:満島ひかり(相澤知子)、綾野剛(木下涼太)、小林薫(小杉慎吾)、赤沼夢羅(鞠子)、安部聡子(小杉ゆき)、ほか

「シャニダールの花」のネタバレあらすじ結末

シャニダールの花の紹介:2012年日本映画。斬新な映像美で世界的に高く評価されている石井岳龍監督が描くファンタジー映画。限られた女性の胸に咲く謎の花シャニダールに翻弄され、運命を狂わされていく男女の切ないラブストーリーが幻想的な映像で描かれていきます。
監督:石井岳龍 出演者:綾野剛(大瀧賢治)、黒木華(美月響子)、刈谷友衣子(立花ハルカ)、山下リオ(菊島キク)、古舘寛治(吉崎和彦)、伊藤歩(田村ユリエ)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑