ベン・アフレック映画一覧

ベン・アフレックが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「偶然の恋人」のネタバレあらすじ結末

偶然の恋人の紹介:2000年アメリカ映画。搭乗チケットを譲った便が飛行機事故に遭い、自分の代わりに亡くなってしまったと自暴自棄になるバディは、グレッグの妻・アビーに偶然を装って償いをしようと出会うところからはじまるラブストーリー。過去、実際に恋人だったベン・アフレック、グウィネス・パルトロウの演技にも注目。
監督:ドン・ルース 出演:ベン・アフレック、グウィネス・パルトロー、トニー・ゴールドウィン、アレックス・D・リンツ、デヴィッド・ドーフマン、ナターシャ・ヘンストリッジ、ジョー・モートン、ジョニー・ガレッキ、ほか

「ランナーランナー」のネタバレあらすじ結末

ランナー・ランナーの紹介:2013年アメリカ映画。リーマンショックにより失業し、オンラインカジノのアフィリエイトをしていたリッチーがオンラインカジノの運営者と会ったことから、オンラインカジノ運営の裏の世界にのめりこみ、はめられていくというサスペンス映画です。製作にはレオナルド・ディカプリオが参加している。
監督:ブラッド・ファーマン 出演者:ジャスティン・ティンバーレイク(リッチー・ファースト)、ベン・アフレック(アイヴァン・ブロック)、ジェマ・アータートン(レベッカ・シャフラン)、アンソニー・マッキー(シェイバース捜査官)、オリヴァー・クーパー(アンドリュー・クローニン)、ジョン・ハード(ハリー・フュルスト)ほか

「200本のたばこ」のネタバレあらすじ結末

200本のたばこの紹介:1998年アメリカ映画。大晦日のニューヨークを舞台に新年を共に祝うパートナーを探そうと集まってきた若者達。複数の男女が織りなす恋愛模様を軽妙なテンポで描いた恋愛群像劇です。ベン・アフレックやクリスティーナ・リッチ、ケイシー・アフレックやケイト・ハドソンなど豪華俳優陣の共演が話題になりました。80年代のファッションや音楽も楽しめる映画です。
監督:リサ・ブラモン・ガルシア 出演者:ケイト・ハドソン(シンディ)、ベン・アフレック(バーテンダー)、ケイシー・アフレック(トム)、クリスティーナ・リッチ(ヴァル)、ポール・ラッド(ケヴィン)、コートニー・ラヴ(ルーシー)ほか

「バッフィ/ザ・バンパイア・キラー」のネタバレあらすじ結末

バッフィ/ザ・バンパイア・キラーの紹介:1992年アメリカ映画。カリフォルニアの女子高校生をしているバッフィはイケてる友達と高校生活を満喫している普通の女の子でした。ところが前世が凄腕のバンパイアハンターだったため再びバンパイアとの戦いに巻き込まれていきます。
監督:フラン・ルーベル・クズイ 出演:クリスティ・スワンソン、ドナルド・サザーランド、ポール・ルーベンス、ルトガー・ハウアー、ルーク・ペリー、トーマス・ジェーン、ベン・アフレック、ほか

「世界で一番パパが好き!」のネタバレあらすじ結末

世界で一番パパが好き!の紹介:2004年アメリカ映画。出産で妻を亡くした元宣伝マンのニューヨーカーが、心に傷を負いながらも父親や友人など周囲のサポートを得ながら幼い一人娘を育て上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。
監督:ケヴィン・スミス 出演者:ベン・アフレック(オリヴァー・“オリー”・トリンキ)、リヴ・タイラー(マヤ・ハーディング)、ジョージ・カーリン(バート・トリンキ)、ラクエル・カストロ(ガーティー・トリンキ)、ジェイソン・ビッグス(アーサー・ブリックマン)、ジェニファー・ロペス(ガートルード・ステイニー)、ウィル・スミス(本人役)ほか

「消されたヘッドライン」のネタバレあらすじ結末

消されたヘッドラインの紹介:2009年アメリカ,イギリス映画。イギリスBBCテレビの人気ドラマ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』を映画化したサスペンス作品で、友人である下院議員のスキャンダルに巻き込まれた新聞記者が巨大軍事企業の利権が絡む陰謀の構図を暴くため立ち上がる姿を描いています。
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演者:ラッセル・クロウ(カル・マカフリー)、ベン・アフレック(スティーヴン・コリンズ)、レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ)、ロビン・ライト・ペン(アン・コリンズ)、ジェイソン・ベイトマン(ドミニク・フォイ)ほか

「そんな彼なら捨てちゃえば?」のネタバレあらすじ結末

そんな彼なら捨てちゃえば?の紹介:2009年アメリカ映画。いつも運命の男性に巡り合えない夢見がちなジジ。偶然出会ったバーのオーナーアレックスは彼女に恋のアドバイスをくれる、良き相談相手だった。しかしジジは案の定アレックスが自分に気があると思い込み、事態は大変なことに。ジジの同僚ジャニーンと最近ご無沙汰な夫ベン、ベスとなかなか結婚を決意してくれない恋人ニール。身近な恋人たちの進展と後退はどうなっていくのか…。
監督:ケン・クワピス 出演:ベン・アフレック(ニール)、ジェニファー・アニストン(ベス)、ドリュー・バリモア(メアリー)、ジェニファー・コネリー(ジャニーン)、ケヴィン・コナリー(コナー)、ブラッドリー・クーパー(ベン)、ジニファー・グッドウィン(ジジ)、ほか

「ジャスティス・リーグ」のネタバレあらすじ結末

ジャスティス・リーグの紹介:2017年アメリカ映画。スーパーマンが死に、世界は再び闇に覆われ始める。バットマンが守るゴッサムシティは犯罪者がはびこり、同時に謎の異星人も姿を見せ始めていた。恐らく敵の襲撃は遅くない、そう感じたバットマンは世界を守る仲間探しを始める。バットマン、そしてワンダーウーマンが活躍する超人集団「ジャスティス・リーグ」が待望の実写化。DCコミックユニバースとして最高のチームが結成される。監督は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」でも監督を務めるザック・スナイダー。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(バレリー・アレン/フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、レイ・フィッシャー(ビクター・“ヴィク”・ストーン/サイボーグ)、ほか

「青春の輝き」のネタバレあらすじ結末

青春の輝きの紹介:1992年アメリカ映画。1950年代中盤のアメリカ屈指の名門高校を舞台に、アメリカンフットボールの奨学金で入学した労働者階級のユダヤ人と、ユダヤ人に偏見を持つ級友たちの姿を描いた青春ドラマです。
監督:ロバート・マンデル 出演者:ブレンダン・フレイザー(デヴィッド・グリーン)、マット・デイモン(チャーリー・ディロン)、クリス・オドネル(クリス・リース)、コール・ハウザー(ジャック・コナーズ)、ベン・アフレック(チェスティ・スミス)ほか

「夜に生きる」のネタバレあらすじ結末

夜に生きるの紹介:2016年アメリカ映画。1920年代のアメリカ、警察署長である父親に反抗して悪事を働き続けていたジョーはギャングリーダーの女と恋に落ちてしまう。駆け落ちをしようとした矢先に二人のことがバレてしまうと、彼女は殺され自分は警官殺しで逮捕されてしまうのだった。そしてジョーは復讐を誓う。
監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック(ジョー・コフリン)、エル・ファニング(ロレッタ・フィギス)、ブレンダン・グリーソン(トム・コフリン)、クリス・メッシーナ(ディオン・バルトロ)、シエナ・ミラー(エマ・グールド)、ゾーイ・サルダナ(グラシエラ)、クリス・クーパー(フィギス本部長)、ほか

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」のネタバレあらすじ結末

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の紹介:2016年アメリカ映画。DCコミックスの「ジャスティスリーグ」を原作とする作品で、バットマンとスーパーマンという2大スーパーヒーローの対峙、その裏に隠された陰謀、そしてもうひとりのスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の登場を壮大なスケールで描いた作品です。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサー)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)ほか

「恋におちたシェイクスピア」のネタバレあらすじ結末

恋におちたシェイクスピアの紹介:1998年アメリカ映画。若かりし頃のシェイクスピアと、富豪の娘ヴァイオラとのロマンスが、名作「ロミオとジュリエット」の物語と巧みに交差させて描かれています。ストーリーはフィクションでありながら、セットや衣装などの時代背景は丁寧に再現され、実在の人物を多数盛り込むことで、現実味のある作品に仕上がっています。劇中劇の主役ロミオを演じるために、男装を披露するグウィネス・パルトロー他、圧倒的な存在感を醸し出すジュディ・デンチなど、名俳優の競演を見るのも楽しい、アカデミー賞作品賞を始め多数の賞を受賞した秀作です。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジョゼフ・ファインズ(シェイクスピア)、グウィネス・パルトロー(ヴァイオラ)、ジュディ・デンチ(エリザベス女王)、コリン・ファース、ベン・アフレック、ほか

「ザ・コンサルタント」のネタバレあらすじ結末

ザ・コンサルタントの紹介:2016年アメリカ映画。自閉症のクリスチャンは数字に強い事を生かし会計士になるが、彼は裏社会にクライアントを持ち彼らの会計士をしながら大金を稼ぐ顔も持つ。ある日依頼を受けた大企業の財務調査で不正を見つけるが、それをきっかけに命を狙われることとなる。
監督:ギャビン・オコナー 出演:ベン・アフレック(クリスチャン・ウルフ)、アナ・ケンドリック(デイナ・カミングス)、J・K・シモンズ(レイモンド・キング)、ジョン・バーンサル(ブラクストン)、ジェフリー・タンバー(フランシス)、シンシア・アダイ=ロビンソン(メリーベス・メディナ)、ジーン・スマート(リタ・ブラックバーン)、ジョン・リスゴー(ラマー・ブラックバーン)、ほか

「チェイシング・エイミー」のネタバレあらすじ結末

チェイシング・エイミーの紹介:1997年アメリカ映画。レズの女性と恋に落ちたマンガ家を主人公とするコメディで、ケヴィン・スミスの代表作のひとつ。主演のベン・アフレックにとっても出世作となり、以後彼はスミス監督作品の常連となる。
監督:ケヴィン・スミス 出演:ベン・アフレック(ホールデン)、ジョーイ・ローレン・アダムス(アリッサ)、ジェイソン・リー、ドワイト・ユーウェル、ジェイソン・ミューズ、ほか

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のネタバレあらすじ結末

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの紹介:1997年アメリカ映画。素行不良から度々警察に補導されていたウィルだが、彼は天才的頭脳の持ち主だった。ひょんな事から彼の才能を見出した数学教授ランボーは、彼を更生させようと心理学者ショーンにカウンセリングを依頼する。しかしそのショーンもまた、妻を亡くし失意の日々を過ごしていた。心に傷を負った二人の再生を描いたヒューマンドラマ。脚本をマット・デイモン、ベン・アフレックが書き、ロビン・ウィリアムスは助演男優賞オスカーを受賞した。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ウィル・ハンティング(マット・デイモン)、ショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)、チャッキー・サリヴァン(ベン・アフレック)、スカイラー(ミニー・ドライヴァー)、ジェラルド・ランボー(ステラン・スカルスガルド)ほか

1 2
TOP↑