ブルース・ウィリス映画一覧

ブルース・ウィリスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「10ミニッツ」のネタバレあらすじ結末

10ミニッツの紹介:2019年アメリカ映画。ある銀行強盗の男が意識を失った10分間に、共に強盗に加わっていた弟が死亡していた事件を巡り、男が事件の裏側を探ろうとする様を描いたアクション・サスペンスです。強盗計画の黒幕をブルース・ウィリスが演じます。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演者:マイケル・チクリス(フランク・サリバン)、ブルース・ウィリス(ロード・レックス)、メドウ・ウィリアムズ(クレア)、カイル・シュミット(グリフィン・オブライエン)、テキサス・バトル(リチャード)、リディア・ハル(アイボリー)、セルヒオ・リズート(マーシャル)ほか

「THE LAW 刑事の掟」のネタバレあらすじ結末

THE LAW 刑事の掟の紹介:2019年アメリカ映画。プエルトリコの二人の警官が犯罪を犯し、同僚をも殺害します。ウェイトレスのマディソンは二人の警官の犯罪に巻き込まれ、病院で命を狙われる身になります。ブルース・ウィリス演じる刑事スティーヴは、マディソンを助けるため病院で二人の悪徳警官に戦いを挑みます。『THE LAW 刑事の掟』は、怪我をした女性の命がけの逃走劇を描いた映画で、ニッキー・ウィーランの命がけの逃走劇と激しいアクションシーンが見所です。
監督:マット・エスカンダリ 出演: ブルース・ウィリス(スティーヴ・ウエィクス)、ニッキー・ウィーラン(マディソン・テイラー)、スティーヴ・グッデンバーグ(ドクター・ジョーンズ)、ララ・ケント(レネ)、テキサス・バトル(トゥル)、ティト・オーティズ(ピアース)他 

「バッド・ウェイヴ」のネタバレあらすじ結末

バッド・ウェイヴの紹介:2017年アメリカ映画。『ダイ・ハード』シリーズなどで人気のブルース・ウィリスが主演。アメリカ西海岸の観光地として知られる町、ヴェニスで探偵業を営むスティーブ。友人の頼みで奪われた車を取り戻すためギャングに立ち向かいます。次々トラブルに巻き込まれるアクション映画。
監督:マーク・カレン 出演:ブルース・ウィリス(スティーブ)、ジョン・グッドマン(デイヴ)、ジェイソン・モモア(スパイダー)、クリストファー・マクドナルド(Mr.カーター)、ウッド・ハリス(プリンス)、ステファニー・シグマン(ルーペ)、ファムケ・ヤンセン(ケイティ)、ほか

「マザーレス・ブルックリン」のネタバレあらすじ結末

マザーレス・ブルックリンの紹介:2019年アメリカ映画。1950年代のニューヨーク。障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネルは、ボスであり唯一の友人でもあるフランク・ミナが目の前で殺害され、事件の真相を追っていく。ハーレムのジャズクラブやブルックリンのスラム街などを、わずかな手がかりと天性の勘を頼りに捜査していくと、ある黒幕にたどり着く。原作は1999年にジョナサン・レサムが発表したミステリー小説。約19年ぶりに監督を務めたエドワード・ノートンは、監督のほか脚本、製作、主演も兼任している。
監督:エドワード・ノートン 出演:エドワード・ノートン(ライオネル・エスログ)、ブルース・ウィリス(フランク・ミナ)、ググ・バサ=ロー(ローラ・ローズ)、ボビー・カナヴェイル(トニー・ヴェルモンテ)、チェリー・ジョーンズ(ギャビー・ホロウィッツ)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(ウィントン・マルサリス)、レスリー・マン(ジュリア・ミナ)、イーサン・サプリー(ギルバート・コニー)、ダラス・ロバーツ(ダニー・ファントル)、ジョシュ・パイス(ウィリアム・リバーマン)、ロバート・ウィズダム(ビリー・ローズ)、フィッシャー・スティーヴンス(ルー)、アレック・ボールドウィン(モーゼス)、ウィレム・デフォー(ポール・ランドルフ)ほか

「デッド・シティ2055」のネタバレあらすじ結末

デッド・シティ2055の紹介:2015年アメリカ映画。女レプリカントを配備し、金さえ払えばレイプも殺人も出来るリゾート施設『ヴァイス』を作ったジュリアンに対し、逃げ出したレプリカントと一緒に『ヴァイス』を潰そうという刑事の戦いを描いたSFアクション映画です。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演者:トーマス・ジェーン(ロイ)、ブルース・ウィリス(ジュリアン)、アンビル・チルダーズ(ケリー)、ブライアン・グリーンバーグ(エヴァン)、シャーロット・カーク(メリッサ)ほか

「デス・ショット」のネタバレあらすじ結末

デス・ショットの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。銀行勤務の真面目な男が突然、犯罪に巻き込まれます。自分の関与がFBIに疑われたのか、潔白を証明るため男は自ら犯人を探します。一人で悪に立ち向かう彼に近所の元警官がアドバイスします。犯人を追い詰める男ですが、犯人は恐ろしい行動で男と対決します。『デス・ショット』は激しいアクション映画、フランク・グリロが主演で激しいアクションを演じ、ブルース・ウィリスが元警官の脇役として犯人を追い詰めます。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演:ブルース・ウィリス(ジェームス)、フランク・グリロ(ジェイコブ)、ジョナサン・シェック(ガブリエル)、オリヴィア・クルポ(クリスティナ)、ほか

「フォー・ルームス」のネタバレあらすじ結末

フォー・ルームスの紹介:1995年アメリカ映画。物語は、大晦日ロサンゼルスのホテル、モンシニョールの4部屋で起きる珍事に、ベルボーイのテッド(ティム・ロス)が巻き込まれてゆく。各部屋によって担当監督が変わるオムニバス作品で、クエンティン・タランティーノやロバート・ロドリゲス等が名を連ね、全編にわたってティム・ロスのコミカルな演技が楽しめる。
監督:アリソン・アンダース、アレクサンダー・ロックウェル、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ 出演:テッド(ティム・ロス)、エルスぺス(マドンナ)、シグフリード(デヴィッド・ブローヴァル)、アンジェラ(ジェニファー・ビールス)、男(アントニオ・バンデラス)、チェスター・ラッシュ(クエンティン・タランティーノ)、レオ(ブルース・ウィルス)、ほか

「ミスター・ガラス」のネタバレあらすじ結末

ミスター・ガラスの紹介:2018年アメリカ映画。コミックに描かれる常人を超えるスーパーヒーローたち。彼らは実在するのか。M.ナイト・シャマラン監督の旧作『アンブレイカブル』の主人公であるデヴィッド・ダンとミスター・ガラス、そして前作『スプリット』で不死身の人格「ビースト」を覚醒させたケヴィン・ウェンデル・クラムが今、一つの施設に集められた。驚愕の事実が明かされる続編。
監督:M.ナイト・シャマラン 出演:ブルース・ウィリス(デヴィッド・ダン)、サミュエル・L.ジャクソン(イライジャ・プライス / ミスター・ガラス)、ジェームズ・マカヴォイ(ケヴィン・ウェンデル・クラム、パトリシア、ヘドウィグ、ビースト、他)、アニャ・テイラー=ジョイ(ケイシー)、スペンサー・トリート・クラーク(ジョセフ・ダン)、シャーレーン・ウッダード(イライジャの母)、サラ・ポールソン(エリー・ステイプル医師)、ほか

「マローダーズ/襲撃者」のネタバレあらすじ結末

マローダーズ/襲撃者の紹介:2016年アメリカ映画。鉄仮面を被った武装集団による銀行強盗が発生しました。FBI捜査官のモンゴメリはこの事件を不審に思い調べるうちに、背後に大きなものが見え隠れし始めました。そして部下のウェルズと共に市警のミムスを巻き込んで捜査を進めますが・・・というアクションサスペンス映画です。
監督:スティーヴン・C・ミラー 出演者: クリストファー・メローニ(ジョナサン・モンゴメリ)、ブルース・ウィリス(ジェフリー・ヒューバート頭取)、 デイヴ・バウティスタ(ストックウェル)、 エイドリアン・グレニアー(ウェルズ)、 ジョナサン・シェック(ミムス)、テキサス・バトル(T・J・ジャクソン)ほか

「デス・ウィッシュ」のネタバレあらすじ結末

デス・ウィッシュの紹介:2018年アメリカ映画。犯罪都市となった今日のシカゴで救急外科医として活躍しているポール。ある日、何者かが強盗に押し入り愛する家族を襲撃。妻は命を奪われ、娘は昏睡状態となる。善良な市民が死にゆく中、医者であるがゆえに悪人の命を救わなければならないことに疑問を持ち始める。品行方正で家族のために真面目に生きていたポールが、怒りに身を任せ自ら銃を手に危険な街へと繰り出して行く。死神と呼ばれる、外科医から処刑人へと変貌していく様子をド派手なアクションとともに描く。原作である1972年に発表されたブライアン・ガーフィールド作の『狼よさらば』は1974年に映画化され、全5作品のシリーズ化を果たしている。
監督:イーライ・ロス 出演:ブルース・ウィリス(ポール・カージー)、ヴィンセント・ドノフリオ(フランク・カージー)、エリザベス・シュー(ルーシー・カージー)、ディーン・ノリス(レインズ刑事)、キンバリー・エリス(ジャクソン刑事)、カミラ・モローネ(ジョーダン・カージー)、ボー・ナップ(ノックス)ほか

「エクストラクション」のネタバレあらすじ結末

エクストラクションの紹介:2015年アメリカ映画。『トワイライト』のケラン・ラッツ、『ダイ・ハード』のブルース・ウィリス、『デッドプール』のジーナ・カラーノのトリプル主演によるスパイアクション映画です。テロ集団に捕らえられた歴戦のCIA捜査官の父を救うため、同じくCIA捜査官となった息子が元恋人の女性エージェントと共に壮絶な戦いに身を投じる姿を描きます。
監督:スティーヴン・C・ミラー 出演者:ケラン・ラッツ(ハリー・ターナー)、ブルース・ウィリス(レナード・ターナー)、ジーナ・カラーノ(ヴィクトリア・フェア)、D・B・スウィーニー(ケン・ロバートソン)、ジョシュア・マイケル(ドレイク・チヴ)ほか

「ファイヤーウィズファイヤー 炎の誓い」のネタバレあらすじ結末

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓いの紹介:2011年アメリカ映画。凶悪なギャングの殺人を目撃し、証人保護プログラムを受けた消防士が、証言を阻もうとするギャングの脅しに対し、愛する人たちを守るために自ら反撃に出る。
監督:デヴィッド・バレット 出演:ジョシュ・デュアメル(ジェレミー・コールマン)、ブルース・ウィリス(マイク・セラ)、ロザリオ・ドーソン(タリア)、ヴィンセント・ドノフリオ(デヴィッド・ヘイガン)、ジュリアン・マクマホン(ロバート)、カーティス・“50 Cent”・ジャクソン(ラマー)、ほか

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のネタバレあらすじ結末

ティアーズ・オブ・ザ・サンの紹介:2003年アメリカ映画。アフリカナイジェリアで石油利権等を巡り軍事クーデターが勃発、大統領は一家諸共処刑され、イスラム教系部族とキリスト教系部族の部族間抗争が始まる。アメリカ政府は現地に留まっているアメリカ人医師リーナを救出する為に、ウォーターズ大尉率いる特殊部隊を派遣する。ウォーターズは現地に入り、任務に徹する為に冷淡に行動するが、アフリカの現状を目の当たりにし、彼は難民と共に熾烈極まる脱出を選択する。元はダイハード4として企画されていた物語を変更、ブルースウィルスが寡黙な軍人演じるアクションドラマ。
監督:アントワーン・フークア 出演者:ブルース・ウィリス(A.K.ウォーターズ大尉)、モニカ・ベルッチ(リーナ・ケンドリックス)、コール・ハウザー(レッド)イーモン・ウォーカー(ジー)、フィオヌラ・フラナガン(グレイス)

「ベイビー・トーク」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・トークの紹介:1989年アメリカ映画。シングルマザーになり子育てに奮闘するモリーと息子マイキーがタクシー運転手のジェームズと出会い幸せになるまでを描いた作品で、マイキーの心の声がモリーの身体に入る時からずっと聞こえてくるのが非常に可愛くて楽しい心温まる作品です。
監督:エイミー・ヘッカリング 出演:ジョン・トラヴォルタ(ジェームズ)、カースティ・アレイ(モリー)、オリンピア・デュカキス(ロージー)、ジョージ・シーガル(アルバート)、エイブ・ヴィゴダ(おじいちゃん)、ブルース・ウィリス(マイキーの声)、ほか

「ラストマン・スタンディング」のネタバレあらすじ結末

ラストマン・スタンディングの紹介:1996年アメリカ映画。黒澤明監督の傑作「用心棒(1961年)」をギャング映画としてリメイクしたアクション作品。アメリカの小さな町ジェリコでは、二つのギャングが勢力を競い合っていた。あちこちから追われている身のジョン・スミスは、ギャングを手玉に取り大金を手に入れようと目論む。しかし無法者達に苦しめられる人々を目の当たりにしたジョンは、銃を手にギャングに立ち向かうのだった。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:ブルース・ウィリス(ジョン・スミス)、クリストファー・ウォーケン(ヒッキー)、ブルース・ダーン(エド・ガルト保安官)、ウィリアム・サンダーソン(ジョー・マンデー)、カリーナ・ロンバード(フェリーナ)ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑