クロエ・グレース・モレッツ映画一覧

クロエ・グレース・モレッツが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「グレタ GRETA」のネタバレあらすじ結末

グレタ GRETAの紹介:2018年アイルランド,アメリカ映画。ある日地下鉄で見つけたバッグの忘れ物を、善意から持ち主の女性グレタに届けたフランシスは、年の離れた彼女に亡き母親を重ね、友人として仲を深めていくが、グレタは次第にストーカーへと化していき…戦慄の狂気に巻き込まれていく。
監督:ニール・ジョーダン 出演:イザベル・ユペール(グレタ)、クロエ・グレース・モレッツ(フランシス)、マイカ・モンロー(エリカ)、コルム・フィオール(クリス)、スティーヴン・レイ、ほか

「フィフス・ウェイブ」のネタバレあらすじ結末

フィフス・ウェイブの紹介:2015年アメリカ映画。キャシーたち高校生の平凡な生活に、突如として現れた巨大な地球外生命体の宇宙船。電磁パルス、地殻変動、疫病、侵略、そして5番目の脅威が人類を襲う…。
監督:J・ブレイクソン 出演:クロエ・グレース・モレッツ(キャシー)、ニック・ロビンソン(ベン)、ロン・リヴィングストン(オリヴァー)、マギー・シフ(リサ)、アレックス・ロー(エヴァン)、マリア・ベロ(レズニック軍曹)、マイカ・モンロー(リンガー)、ザカリー・アーサー(サム)、リーヴ・シュレイバー(ヴォーシュ大佐)、ほか

「彼女が目覚めるその日まで」のネタバレあらすじ結末

彼女が目覚めるその日までの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。スザンナ・キャラハンのノンフィクション作品『脳に棲む魔物』を映画化。原因不明の病と闘う女性と、彼女を懸命に支える周囲の人々を描くドラマ作品。憧れのニューヨーク・ポスト紙で働き始めたスザンナは、公私ともに充実した日々を送っていた。ところがある日、原因不明の病魔が彼女を襲う。一向に病状は良くならず、やがて常軌を逸した行動を取り始めるスザンナに医師は精神疾患を疑い、専門の病院へ移そうとする。
監督:ジェラルド・バレット 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(スザンナ・キャラハン)、トーマス・マン(スティーヴン)、リチャード・アーミティッジ(トム・キャラハン)、ジェニー・スレイト(マーゴ)、キャリー=アン・モス(ローナ・ナック)ほか

「サスペリア(2018年)」のネタバレあらすじ結末

サスペリアの紹介:2018年イタリア,アメリカ映画。1977年、ベルリンを拠点とするダンスカンパニーのオーディションを受けるために、アメリカからやってきたスージー。彼女の内なる素質を見抜いたマダム・ブランはすぐに次回の演目のセンターへと抜擢する。しかし、このダンスカンパニーの内部では次々に不可解なダンサーの失踪が続いていた。この闇は、事件を追っていた心理療法士クレンペラー博士やスージーを巻き込んで闇へとつながっていく。ダリオ・アルジェント監督『サスペリア(1977年)』の現代版リメイク。『サスペリア(1977年)』でスージーを演じたジェシカ・ハーパーが、クレンペラー博士の妻役で登場するのも見どころのひとつ。
監督:ルカ・グァダニーノ 出演:ダコタ・ジョンソン(スージー・バニヨン)、ディルダ・スウィントン(マダム・ブラン)、ミア・ゴス(サラ)、クロエ・グローレス・モレッツ(パトリシア)、ルッツ・エバースドルフ(ジョセフ・クレンペラー)、ジェシカ・ハーパー(アンケ)、エレナ・フォキナ(オルガ)、アンゲラ・ヴィンクラー(ミス・ターナー)、イングリット・カーフェン(ミス・ヴェンデガスト)ほか

「アラサー女子の恋愛事情」のネタバレあらすじ結末

アラサー女子の恋愛事情の紹介:2014年アメリカ映画。同級生が結婚、妊娠をしていく中でいつまでも高校生のような純粋なメーガンがある日知り合った女子高校生アニカ。メーガンはプロポーズを受けるが自分の人生について結婚式までの1週間をアニカの家で過ごしながら考える事にします。そこで知り合ったアニカの父親クレイグ、そして1週間が過ぎメーガンが出した結論とは・・
監督:リン・シェルトン 出演:キーラ・ナイトレイ(メーガン)、クロエ・グレース・モレッツ(アニカ)、サム・ロックウェル(クレイグ)、ケイトリン・デヴァー(ミスティ)、ジェフ・ガーリン(エド)、エリー・ケンパー(アリソン)、ほか

「クリミナル・タウン」のネタバレあらすじ結末

クリミナル・タウンの紹介:2017年アメリカ映画。アメリカと世界の外交の中心ワシントンD.Cはアメリカ大統領が暮らす街です。そこで起こった不可解な高校生殺人事件、学校も警察も無関心です。しかし、親友を殺されたと怒る少年は事件の真相解明のため単独でガールフレンドとともに真相解明のために戦います。彼は親の心配と学校の反対を受けますが真相解明はできるのでしょうか?『クリミナルタウン』は若手人気俳優によるサスペンスに満ちた恋愛青春ストーリーです。
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演: クロエ・グレース・モレッツ(フィービー)、アンセル・エルゴート(アディソン・シャクト)、デヴィッド・ストラザーン(テオ・シャクト)、キャサリン・キーナー(フィオナ)、ほか

「ダーク・プレイス」のネタバレあらすじ結末

ダーク・プレイスの紹介:2015年イギリス,フランス,アメリカ映画。一家惨殺事件で生き残った少女リビー。彼女の証言によって兄ベンが逮捕されますが、28年後知られざる事件の真相が浮かび上がってきます。家族を殺害したのは一体誰だったのか。シャーリーズ・セロン主演のサスペンス映画です。
監督:ジル・パケ=ブレネール  出演者:シャーリーズ・セロン(リビー・デイ)、ニコラス・ホルト(ライル)、クロエ・グレース・モレッツ(少女時代のディオンドラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(パティ・デイ)、コリー・ストール(ベン・デイ)ほか

「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」のネタバレあらすじ結末

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所の紹介:2014年アメリカ映画。突然の事故で家族を失い、自らも昏睡状態に陥った少女が、家族とともに逝ってしまうか、未来への希望のために生き残るかの決断するまでを描く。原作はゲイル・フォアマンの「ミアの選択」。
監督:R・J・カトラー 出演:クロエ・グレース・モレッツ(ミア)、ミレイユ・イーノス(カット)、ジョシュア・レナード(デニー)、ジェイミー・ブラックリー(アダム)、ステイシー・キーチ(おじいちゃん)、ほか

「HICK ルリ13歳の旅」のネタバレあらすじ結末

HICK ルリ13歳の旅の紹介:2011年アメリカ映画。米女流作家・アンドレア・ポーテスによる、ベストセラー小説の映画化。ヒロインには、これが初の単独主演作となるクロエ・グレース・モレッツ。タイトルの「HICK」には“田舎者”という意味がある。人生の全てにうんざりしている13歳の少女が、故郷の田舎町を飛び出してたった1人でラスベガスを目指す。しかし、ヒッチハイクで出会う人間は変わり者ばかりだった…。未知の世界へ旅立つ少女の成長を描くロード・ムービー。共演は「ロスト・バケーション」のブレイク・ライヴリー、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン。
監督:ディック・マルティーニ 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(ルリ)、ブレイク・ライヴリー(グレンダ)、エディ・レッドメイン(エディ)、ボー(アレック・ボールドウィン)、ジュリエット・ルイス、(タミー)、レイ・マッキノン(ロイド)ほか

「キリング・フィールズ 失踪地帯」のネタバレあらすじ結末

キリング・フィールズ 失踪地帯の紹介:2011年アメリカ映画。テキサスに実在する犯罪多発地域、通称「キリング・フィールズ」で起きた実話を基に、連続して発生した少女の失踪事件を追う2人の刑事を描いたクライムサスペンスです。
監督:アミ・カナーン・マン 出演者:サム・ワーシントン(マイク・サウンダー)、クロエ・グレース・モレッツ(リトル・アン・スライガー)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ブライアン・ヘイ)、ジェシカ・チャステイン(パム・ストール)、ジェイソン・クラーク(ルール・バリー)ほか

「アクトレス 女たちの舞台」のネタバレあらすじ結末

アクトレス 女たちの舞台の紹介:2014年フランス,ドイツ,スイス映画。若い頃の役を新進女優に奪われ、世代交代に直面する大物女優の葛藤と挑戦を、スイスの美しい自然を舞台に描いた人間ドラマです。
監督:オリヴィエ・アサヤス 出演者:ジュリエット・ビノシュ(マリア・エンダース)、クリステン・スチュワート(バレンティン)、クロエ・グレース・モレッツ(ジョアン・エリス)、ラース・アイディンガー(クラウス)、ジョニー・フリン(クリストファー)ほか

「ヒューゴの不思議な発明」のネタバレあらすじ結末

ヒューゴの不思議な発明の紹介:2011年アメリカ映画。パリ、モンパルナス駅に住み、父の形見である自動人形を修理する孤児ヒューゴ。彼は、玩具屋を営む老人ジュルジュと知り合う。そのジュルジュと自動人形は、彼が葬り去った過去と深い繋がりがあった。人形が二人を縁で結び、人生を再生させるハートフルドラマ映画。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)、ジュルジュ(ベン・クングズレー)、イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)、ジャンヌ(ヘレン・マックロリー)、ヒューゴの父(ジュード・ロゥ)ほか

「グレッグのダメ日記」のネタバレあらすじ結末

グレッグのダメ日記の紹介:2010年アメリカ映画。アメリカで出版された「グレッグのダメ日記」を原作とする映画。日本でも本屋さんの児童コーナーへ行くと必ず置いてある本です。内容は中学生になったグッレグのダメな日常を描いています。この映画を見ると大人が子供のことに口出しするのは良くないなと思うと同時に、親としてどうやって子供を見守っていくかを考えさせられます。「自尊心」と「友情」についてよく描かれています。
監督:トール・フロイデンタール 出演:ザカリー・ゴードン(グレッグ)、ロバート・キャプロン(ロウリー)、レイチェル・ハリス(スーザン)、スティーヴ・ザーン(フランク)、デヴォン・ボスティック(ロドリック)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「ボルト」のネタバレあらすじ結末

ボルトの紹介:2008年アメリカ映画。ハリウッドでアクション番組に出演しているタレント犬のボルト。番組での出来事を本物だと思い込むボルトは、アクシデントが重なりニューヨークに行ってしまいます。野良猫のミトン、ハムスターのリノと大陸横断をすることで、ボルトは、本物の世界を体感し、普通の犬として自覚していきます。愛らしいボルトに思わず笑みがこぼれるディズニー作品です。
監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード 声の出演:ジョン・トラヴォルタ(ボルト)、マイリー・サイラス(ペニー)、スージー・エスマン(ミトンズ)、マーク・ウォルトン(ライノ)、ほか

1 2
TOP↑