Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コリン・ファース映画一覧

コリン・ファースが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「恋の掟」のネタバレあらすじ結末

恋の掟の紹介:1989年フランス,イギリス映画。(別題:アネット・ベニングの 恋の掟/恋の掟/ヴァルモン/コリン・ファースの 恋の掟)。18世紀フランス。若く美しい未亡人が自分を見限った愛人に、遊び人の子爵を利用して復讐を企てるが、最後に笑うのは一体誰なのか。ド・ラクロ原作の「危険な関係(Valmont)」を忠実に映画化した作品。
監督:ミロス・フォアマン 出演:コリン・ファース(ヴァルモン)、アネット・ベニング(メルトゥイユ侯爵夫人)、メグ・ティリー(トゥールベル夫人)、フェアルーザ・バーク(セシル)、ジェフリー・ジョーンズ(ジェルクール将軍)、ヘンリー・トーマス(ダンスニー)、ほか

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」のネタバレあらすじ結末

ナニー・マクフィーの魔法のステッキの紹介:2005年アメリカ,イギリス,フランス映画。妻亡き後7人の子供達と暮らすブラウン家のセドリックの元へやって来た18人目のナニー(乳母)であるマクフィーの不思議な力と7人の子供達のいたずらが心温まり、マクフィーの魔法の杖と子供達が次々に問題を解決していく姿は感動する作品です。
監督:カーク・ジョーンズ 出演:エマ・トンプソン(ナニー・マクフィー)、コリン・ファース(セドリック・ブラウン)、ケリー・マクドナルド(エヴァンジェリン)、アンジェラ・ランズベリー(アデレード)、セリア・イムリー(クイックリー夫人)、デレク・ジャコビ(ホィーン氏)、イメルダ・スタウントン(ブラザウィック夫人)、トーマス・サングスター(サイモン)、ホリー・ギブス(クリッシー)、ほか

「メリー・ポピンズ リターンズ」のネタバレあらすじ結末

メリー・ポピンズ リターンズの紹介:2018年アメリカ映画。前作の20年後、大人になり妻の死や金銭的な問題で苦しんでいるマイケルの元へ再び姿を現したメリーポピンズは、彼に力を貸し再び子供の様な気持ちになる事を思い出させる。そして今度はマイケルの3人の子供達を不思議な世界へと連れて行くのだった。名作『メリー・ポピンズ』から半世紀ぶりの続編。大恐慌時代を舞台にメリー・ポピンズが再び起こす奇跡を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ)、リン=マヌエル・ミランダ(ジャック)、ベン・ウィショー(マイケル・バンクス)、エミリー・モーティマー(ジェーン・バンクス)、ジュリー・ウォルターズ(エレン)、ピクシー・デイヴィーズ(アナベル・バンクス)、サナニエル・サレー(ジョン・バンクス)、ジョエル・ドーソン(ジョージー・バンクス)、コリン・ファース(ミスター・ウィルキンズ)、メリル・ストリープ(トプシー)、ほか

「喜望峰の風に乗せて」のネタバレあらすじ結末

喜望峰の風に乗せての紹介:2017年イギリス映画。1968年、ヨットによる単独無寄港世界一周レースに挑戦した実在の人物ドナルド・クローハーストの壮絶な実話を『博士と彼女のセオリー』などのジャームズ・マーシュ監督が映画化した海洋伝記ドラマです。
監督:ジャームズ・マーシュ 出演者:コリン・ファース(ドナルド・クローハースト)、レイチェル・ワイズ(クレア・クローハースト)、デヴィッド・シューリス(ロドニー・ホールワース)、ケン・ストット(スタンリー・ベスト)、ジョナサン・ベイリー(ウィーラー)、エイドリアン・シラー(エリオット)、オリヴァー・モルトマン(デニス・ハーブシュタイン)ほか

「デビルズ・ノット」のネタバレあらすじ結末

デビルズ・ノットの紹介:2013年アメリカ映画。幼い男児3人を殺害した容疑で3人の若者が逮捕され、のちに米史上最悪の冤罪事件とも言われる“ウェスト・メンフィス3事件”の実話をもとに映画化。
監督:アトム・エゴヤン 出演:コリン・ファース(ロン・ラックス)、リース・ウィザースプーン(パム・ホッブス)、デイン・デハーン(クリス・モーガン)、ミレイユ・イーノス(ヴィッキー・ハッチソン)、ブルース・グリーンウッド(バーネット判事)、ジェームズ・ウィリアム・ハムリック(ダミアン・エコールズ)、ほか

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」のネタバレあらすじ結末

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの紹介:2015年イギリス映画。米文学史に残るベストセラー小説誕生の裏に隠された実話に基づく作品です。有能な編集者パーキンズの元に、持ち込まれた原稿、作家トマス・ウルフ
2人はマックスとトムと呼び合い、公私共に良い付き合いをします。いつも長編を持ち込むトムの原稿をマックスが編集をして、いくつものベストセラーを生み出し、マックスはトムを父親のように支える様子を、トムが病魔に侵され亡くなるまでを描いた物語です。
監督:マイケル・グランデー ジ 出演:コリン・ファース(マックス・パーキンズ)、ジュード・ロウ(トマス・ウルフ)、ニコール・キッドマン(アリーン・バーンスタイン)、ローラ・リニー(ルイーズ・パーキンズ)、ガイ・ピアース(F・スコット・フィッツジェラルド)、ドミニク・ウェスト(アーネスト・ヘミングウェイ)、ヴァネッサ・カービー(ゼルダ・フィッツジェラルド)、ほか

「ロイヤル・セブンティーン」のネタバレあらすじ結末

ロイヤル・セブンティーンの紹介:2003年アメリカ映画。母とニューヨークのチャイナタウンに暮らす陽気なティーンエイジャーのダフネは、生まれてこのかた会ったことのない父に会うためロンドンへと旅立つ。そこには祖父の爵位を継いだ父ダッシュウッド卿がいた…。
監督:デニー・ゴードン 出演:アマンダ・バインズ、コリン・ファース、ケリー・プレストン、ジョナサン・プライス、アイリーン・アトキンス、アンナ・チャンセラー、オリヴァー・ジェームズ、ほか

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のネタバレあらすじ結末

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーの紹介:2018年アメリカ映画。愛の女神アフロディテの泉の伝説が残るギリシャの楽園カロカイリ島。前作ではここで小さなリゾート・ホテルを経営するシングルマザーのドナとその娘ソフィのストーリーが描かれた。そして本作では、ソフィがドナの夢だったエレガントなホテルへと改築。しかしソフィは夫スカイとのすれ違いにより危機を迎えていた。そして時はさかのぼり、大学を卒業したばかりの若き日の母ドナは広い世界へ飛び立とうとしていた。ドナと3人のパパとの間に”本当は何があったのか”という過去と、現在のソフィの身に起こる数々のサプライズ。前作の”それ以前”と”その後”がひとつになったストーリー。”マンマ・ミーア”や”ダンシング・クイーン”のほか、隠れた名曲も飛び出すABBA珠玉の楽曲の数々が物語を豊かに彩る。
監督:オル・パーカー 出演:アマンダ・セイフライド(ソフィ)、ピアース・ブロスナン(サム)、コリン・ファース(ハリー)、ステラン・スカルスガルド(ビル)、クリスティーン・バランスキー(ターニャ)、ジュリー・ウォルターズ(ロージー)、
アンディ・ガルシア(セニョール・シエンフエゴス)、シェール(ルビー)、メリル・ストリープ(ドナ)、ほか

「レイルウェイ 運命の旅路」のネタバレあらすじ結末

レイルウェイ 運命の旅路の紹介:2013年オーストラリア,イギリス映画。第二次世界大戦の実体験を描いたエリック・ローマクスの本を映画化したものです。エリックは最愛の女性と出会いますが、戦争中に捕虜となった際に受けたPTSDのため上手くいかず克服することを決意します。そしてエリックは拷問に立ち会った日本兵と南アジアで再会を果たします。
監督:ジョナサン・テプリツキー 出演:コリン・ファース(エリック・ローマクス)、ニコール・キッドマン(パトリシア・ローマクス)、ジェレミー・アーヴァイン(若きエリック)、ステラン・スカルスガルド(フィンレイ)、サム・リード(若きフィンレイ)、石田淡朗(若き永瀬)、真田広之(永瀬隆)、ほか

「シングルマン」のネタバレあらすじ結末

シングルマンの紹介:2009年アメリカ映画。クリストファー・イシャーウッドの同名小説を原作とし、世界的なファッションデザイナー、トム・フォードが初監督を務めた作品として話題となった。劇中に散りばめられた服や小物など細部に渡り監督のこだわりが垣間見れる。また、主人公の心情と比例して画面の色合いなどが変化するなど、ユニークな工夫が凝らされている。
監督:トム・フォード 出演:コリン・ファース(ジョージ)、ジュリアン・ムーア(チャーリー)、マシュー・グード(ジム)、ニコラス・ホルト(ケニー)、ジョン・コルタハレナ(カルロス)、ほか

「リピーテッド」のネタバレあらすじ結末

リピーテッドの紹介:2014年アメリカ,イギリス,フランス,スウェーデン映画。S・J・ワトソンの小説「わたしが眠りにつく前に」を原作とするミステリースリラー映画です。ある事故がきっかけで1日しか記憶を保てない女性が、自らの過去を探っているうちに衝撃の事実に遭遇します。
監督:ローワン・ジョフィ 出演者:ニコール・キッドマン(クリスティーン)、コリン・ファース(ベン)、マーク・ストロング(ナッシュ)、アンヌ=マリー・ダフ(クレア)、ディーン=チャールズ・チャップマン(アダム)ほか

「Disney’s クリスマス・キャロル」のネタバレあらすじ結末

Disney’s クリスマス・キャロルの紹介:2009年アメリカ映画。チャールズ・ディッケンズによる小説、「クリスマス・キャロル」の映画版。今まで幾度か映画化されているタイトルだが、今作ではディズニーが総力を挙げて全編3DCGアニメで制作。
監督:ロバート・ゼメキス 声優:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファース(フレッド)、ボブ・ホスキンス(フェジウィッグ/ジョー老人)、ほか

「イングリッシュ・ペイシェント」のネタバレあらすじ結末

イングリッシュ・ペイシェントの紹介:1996年アメリカ映画。マイケル・オンダーチェの小説「イギリス人の患者」を原作とした壮大なラブストーリーです。第二次大戦時代のイタリアと北アフリカを舞台に繰り広げられる、記憶を失った重傷の男、通称“イギリス人の患者”が辿って来た運命的な愛の日々を描いています。
監督:アンソニー・ミンゲラ 出演者:レイフ・ファインズ(ラズロ・アルマシー/イギリス人の患者)、クリスティン・スコット・トーマス(キャサリン・クリフトン)、ジュリエット・ビノシュ(ハナ)、ウィレム・デフォー(デヴィッド・カラヴァッジョ)、ナヴィーン・アンドリュース(キップ)ほか

「ブリジット・ジョーンズの日記2 きれそうなわたしの12か月」のネタバレあらすじ結末

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の紹介:2004年アメリカ映画。イギリス人作家ヘレン・フィールディングによる同名作品の映画化作品「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。ぽっちゃり独身アラサーのダメダメな主人公、ブリジット・ジョーンズを取り巻くラブコメディ。
監督:ビーバン・キドロン 出演:レニー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズ)、コリン・ファース(マーク・ダーシー)、ヒュー・グラント(ダニエル・クリーバー)、ジム・ブロードベント(ブリジットの父親)、ジェマ・ジョーンズ(ブリジットの母親)、ほか

「裏切りのサーカス」のネタバレあらすじ結末

裏切りのサーカスの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ映画。ゲイリー・オールドマンを主演に、コリン・ファースやジョン・ハート、ベネディクト・カンバーバッチといった有名俳優ばかりを揃えた一作。そのあまりに深すぎる内容は、一度見ただけでは理解出来ない、何度見ても楽しめる作品。
監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、ジョン・ハート(コントロール)、トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)、ほか

1 2
TOP↑