デイジー・リドリー映画一覧

デイジー・リドリーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「オフィーリア 奪われた王国」のネタバレあらすじ結末

オフィーリア 奪われた王国の紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。シェイクスピア四大悲劇の中のハムレットの中でも、その最期が有名なオフィーリア。陰謀と復讐の渦巻く宮廷の中で聡明な彼女はハムレットとの未来のために取った行動とは?
監督:クレア・マッカーシー 出演:デイジー・リドリー(オフィーリア)、ナオミ・ワッツ(ガートルード妃)、クライヴ・オーウェン(クローディアス)、ジョージ・マッケイ(ハムレット)、トム・フェルトン(レアティーズ)、デヴォン・テレル(ホレイショー)、ほか

「スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの紹介:2019年アメリカ映画。全世界に衝撃を与えた伝説的第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)から42年、ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔『スター・ウォーズ』の“スカイウォーカー・サーガ”本編第9作・第9話にして完結編となる超大作です。賛否両論となった前作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でのクレイトの戦いから約1年、レジスタンスとファースト・オーダーの銀河を揺るがす対決の行方、レイの驚愕の出生の秘密、ダークサイドとライトサイドの間で揺れ動くカイロ・レン、そして全ての黒幕の復活・・・ここに長きにわたる“スカイウォーカー家の物語”は最終章を迎え、『スター・ウォーズ』シリーズは2022年12月公開予定の次回作より新章に突入します。
監督:J・J・エイブラムス 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカ-・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)、ナオミ・アッキー(ジャナ)、ドーナル・グリーソン(アーミテージ・ハックス将軍)、リチャード・E・グラント(エンリック・プライド将軍)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、ケリー・ラッセル(ゾーリ・ブリス)、ケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ)、ビリー・ラード(コニックス中尉)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)ほか

「ピーターラビット」のネタバレあらすじ結末

ピーターラビットの紹介:2018年アメリカ映画。世界中で愛されているピーターラビット。可愛いイラストで知られるあのうさぎたちが実はとってもしたたか!?意地悪なおじいさんにいたずらしたり、動物好きの女性にお世話してもらったりと、イギリス湖水地方でたくましく楽しく生きています。このお話は、原作者ビアトリクス・ポターを思わせるヒロイン・ビアと都会からやってきたちょっと変な男マグレガー、そしてうさぎたちが繰り広げる意外にも激しいアクションとダンスのエンターテイメント作品。ミュージカル要素も満載です♪
監督:ウィル・グラック キャスト: ローズ・バーン(ビア)、ドーナル・グリーソン(トーマス・マグレガー)、サム・ニール(マグレガーおじさん)、ジェームズ・コーデン(ピーターラビットの声/吹替版は千葉雄大)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。邪悪な軍隊によって銀河の支配を企むファースト・オーダーが台頭。その脅威に対抗するにはジェダイの力が必要です。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し出すべく、レイはレイア・オーガナ将軍によって惑星オクトーにやって来るのです。ファースト・オーダーは新兵器をレジスタンスに破壊されたものの、レジスタンス基地を突きとめて、激しい攻撃を加え、レジスタンスを追い詰めていきます。一方のレイはルークを見つけ出したものの、彼はレイを拒否し続けるのですが、彼が明らかにする衝撃の真実とは?銀河を舞台に新たな物語が始まります。
監督:ライアン・ジョンソン 出演:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、ジョン・ホイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ドーナル・グリーソン(八ックス将軍)他

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第8作(第8話)です。前作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の直後、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカーと対面するのですが…。レイア姫役のキャリー・フィッシャーは今作が遺作となりました。
監督:ライアン・ジョンソン 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ・ソロ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ジミー・ヴィー(R2-D2)ほか

「オリエント急行殺人事件(2017年)」のネタバレあらすじ結末

オリエント急行殺人事件の紹介:2017年アメリカ映画。雪崩によって脱線事故を起こして、高架橋の上で立ち往生した豪華列車オリエント急行。ある日の深夜、列車内で乗客の1人である富豪エドワード・ラチェットが何者かによって殺害されます。偶然列車に乗り合わせていたベルギー人の名探偵エルキュール・ポアロが殺人事件の解決に挑みます。乗客のひとりひとりから事情を聴いていくポアロは過去に起きたある事件が今回の列車内での殺人事件と関連があるのではないかと考えるのです。一体、誰がエドワード・ラチェットを殺したのか?
監督:ケネス・ブラナー 出演:ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ペネロペ・クルス(ピラール・エストラバドス)、ウィレム・デフォー(ゲアハルト・ハードマン)、ジュディ・デンチ(ドラゴミロフ公爵夫人)、ジョニー・デップ(ラチェット)、ミシェル・ファイファー(ハバード夫人)、レスリー・オドム・Jr(ドクター・アーバスノット)、ほか

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。「フォースの覚醒」はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは? スターウォーズシリーズ前作のエピソード3の公開から10年ぶりに製作されたスターウォーズ作品。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、アンディ・サーキス(最高指導者スノーク)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ほか

キーワードから探す

TOP↑