デイミアン・チャゼル監督映画一覧

デイミアン・チャゼル監督のネタバレあらすじ一覧です。デイミアン・チャゼル監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、デイミアン・チャゼル監督作品の一覧です。

「ファースト・マン」のネタバレあらすじ結末

ファースト・マンの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代のアメリカ。まだ携帯電話すらなかった時代に、ブリキ缶のようや宇宙船で月を目指した者たちがいた。このミッションの発足と過酷な訓練、またそれを通して結ばれた宇宙飛行士たちの絆、そして様々なトラブルにより散った仲間の命や家族の葛藤など、1969年に成し遂げられた人類初の月面着陸の裏で起こった人間ドラマを描く。臨場感溢れる映像により、まるでアポロ11号に同乗しているかのように緊張感と閉塞感、そして宇宙に放たれた開放感の中であの一歩を体感することができる。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)、カイル・チャンドラー(ディーク・スレイトン)、コリー・ストール(バズ・オルドリン)、キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)、パトリック・フュジット(エリオット・シー)、ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)ほか

「ラ・ラ・ランド」のネタバレあらすじ結末

ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)の紹介:2016年アメリカ映画。「セッション」で高い評価を得たデイミアン・チャゼル監督が自らのオリジナル脚本を映画化したミュージカルラブストーリーの傑作。批評家から絶賛され各賞を独占した。「セッション」でアカデミー賞を得たJ・K・シモンズがバーの経営者役で少しだけ顔を見せている。ラ・ラ・ランドは2017年のアカデミー賞で最多6部門を受賞した。また、第41回日本アカデミー賞では最優秀外国作品賞を受賞した。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング(セバスチャン・ワイルダー / セブ)、エマ・ストーン(ミア・ドーラン)、ジョン・レジェンド(キース)、ローズマリー・デウィット(ローラ)、ソノヤ・ミズノ(ケイトリン)、J・K・シモンズ(ビル)、ミーガン・フェイ(ミアの母親)、フィン・ウィットロック(グレッグ)、ほか

「10 クローバーフィールド・レーン」のネタバレあらすじ結末

10 クローバーフィールド・レーンの紹介:2016年アメリカ映画。見知らぬシェルターで目を覚ましたミシェルと、彼女を救ったと語る謎の男。「地上に出てはいけない」というルールの下、ミシェルはシェルター生活を強いられるが・・・。「スターウォーズ フォースの覚醒」で知られるJ・Jエイブラムスが送るパニック作品。
監督:ダン・トラクテンバーグ 出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ミシェル)、ジョン・グッドマン(ハワード)、ジョン・ギャラガー・Jr.(エメット)ほか

「セッション(WHIPLASH)」のネタバレあらすじ結末

セッション(WHIPLASH)の紹介:2014年アメリカ映画。ジャズドラムを学ぶため名門の音楽学校に入学した青年と、彼にスパルタ的な指導をする教師の姿を描いた圧巻のラストに手に汗握る作品。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:マイルズ・テラー(アンドリュー・ニーマン)、J・K・シモンズ(テレンス・フレッチャー)、ポール・ライザー(ジム・ニーマン)、メリッサ・ブノワ(ニコル)、オースティン・ストウェル(ライアン・コノリー)ほか

「セッション」のネタバレあらすじ結末

映画セッション(原題: Whiplash)の紹介:2014年アメリカ映画。ドラム奏者を目指す青年は厳しい指導によって頭角を現していく。彼らが目指した音楽とは何か?緊張感張り詰める演奏シーンはラストまで目が離せない。映画セッションは第87回アカデミー賞5部門ノミネート、その他世界中の映画賞で絶賛の旋風を巻き起こした。
監督:デイミアン・チャゼル セッションの出演者:マイルズ・テラー(アンドリュー・ニーマン)、J・K・シモンズ(テレンス・フレッチャー)、ポール・ライザー(ジム・ニーマン)、メリッサ・ブノワ(ニコル)、オースティン・ストウェル(ライアン・コノリー)、ネイト・ラング(カール・タナー)ほか

TOP↑