ディーン・フジオカ映画一覧

ディーン・フジオカが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「記憶にございません!」のネタバレあらすじ結末

記憶にございません!の紹介:2019年日本映画。舞台演出を経て、いまや日本を代表するコメディ映画監督となった三谷幸喜の長編映画第8作目。史上最低の支持率を記録する、身勝手で横暴な総理大臣・黒田啓介は市民の投石が頭に命中し、記憶を失くしてしまう。首相の記憶喪失で引き起こされる、周囲の官僚、家族、そして日本国全体を巻き込んだドタバタ喜劇。実力派俳優陣のコミカルな演技に注目。
監督:三谷幸喜 出演:中井貴一(黒田啓介)、ディーン・フジオカ(井坂) 、小池栄子(番場)、石田ゆり子(黒田聡子)、斉藤由貴(寿賀)、木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、草刈正雄(鶴丸大悟)、佐藤浩市(古郡裕)、 木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、吉田羊(山西あかね)、田中圭(大関平太郎)、濱田龍臣(黒田篤彦)、ほか

「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」のネタバレあらすじ結末

I am ICHIHASHI 逮捕されるまでの紹介:2013年日本映画。イギリス人女性を殺害して逃走した凶悪犯市橋達也の内面を描く犯罪サスペンス。彼の手記『逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録』を基に、罪から逃れ続けた月日の様子や心境を描いている。2007年、市橋達也は知人の英国人女性を殺害し、警察の追っ手を振り切って逃走した。各地を転々としながら、顔も名前も変えていく市橋。罪と向き合おうともしない彼は、次第に欺瞞に満ちた自分自身を知っていく。監督・主演・主題歌はディーン・フジオカが担当。
監督:ディーン・フジオカ 出演者:ディーン・フジオカ(市橋達也)、小林友貴美、よっちゃん、岸本尚泰、末吉功治ほか

「空飛ぶタイヤ」のネタバレあらすじ結末

空飛ぶタイヤの紹介:2018年日本映画。大ヒットドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説の映画化。ある日突然起こったトレーラー事故により、整備不良を疑われた小さな運送会社の社長がそのトレーラーの生産者である財閥系の巨大自動車メーカーに戦いを挑む物語。主演にTOKIOの長瀬智也を迎え、ディーン・フジオカ、高橋一生と豪華キャストが集結。三菱自動車のリコール隠し事件を本作のモデルとしている。
監督:本木克英 出演:長瀬智也(赤松徳郎)、ディーン・フジオカ(沢田悠太)、高橋一生(井崎一亮)、深田恭子(赤松史絵)、寺脇康文(高幡真治)、小池栄子(榎本優子)、ムロツヨシ(小牧重道)、中村蒼(杉本元)、柄本明(野村征治)、佐々木蔵之介(相沢寛久)、六角精児(谷山耕次)、升毅(巻田三郎)、笹野高史(宮代直吉)、岸部一徳(狩野威)、ほか

「坂道のアポロン」のネタバレあらすじ結末

坂道のアポロンの紹介:2017年日本映画。横須賀から佐世保にある高校に転校してきた西見薫は誰もが恐れる不良の川渕千太郎と彼の幼なじみの迎 律子と出会います。憂うつな毎日を送る薫はジャズと出会い、千太郎とセッションをするのです。母親に捨てられた薫と教会に捨てられていた千太郎の友情、そして律子との三角関係も描く青春映画です。
監督:三木孝浩 出演:知念侑李(西見薫)、中川大志(川渕千太郎)、小松菜奈(迎律子)、真野恵里菜(深掘百合香)、山下容莉枝(伯母)、松村北斗(松岡星児)、野間口徹(千太郎の父)、中村梅雀(迎勉)、ディーン・フジオカ(桂木淳一)、ほか

「結婚」のネタバレあらすじ結末

結婚の紹介:2017年日本映画。時には作家、時にはコーディネーターと称す青年が、女性と共謀し結婚詐欺を繰り返してゆくという内容のサスペンス映画です。人気のディーン・フジオカを結婚詐欺師を演じ、単なる結婚詐欺映画では終わらせないラストの展開が見どころです。
監督:西谷真一 出演者:ディーン・フジオカ(古海健児)、柊子(千石るり子)、中村映里子(工藤麻美)、松本若菜(吉岡真奈)、安藤玉恵(穂原鳩子)、古舘寛治(矢島)、萬田久子(柊泰江)、貫地谷しほり(古海初音)、ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「NINJA THE MONSTER」のネタバレあらすじ結末

NINJA THE MONSTER(ニンジャ・ザ・モンスター)の紹介:2015年日本映画。忍者と武家の姫が怪物と戦いながら江戸を目指すアクション時代劇。江戸時代、忍者の生き残りである伝蔵は、主君の娘幸姫の護衛を命じられる。しかし江戸への道には「もののけ」と呼ばれる謎の生命体が潜んでいた。困難を共に乗り越える2人の間には、いつしか特別な気持ちが芽生え始める。
監督:落合賢 出演:ディーン・フジオカ(伝蔵)、森川葵(幸姫)、和田聰宏(長右衛門)、中島崇博(彦十郎)、峰蘭太郎(村長)ほか

TOP↑