ドラえもん映画一覧

ドラえもん映画のネタバレあらすじ一覧です。映画ドラえもんシリーズのストーリーをネタバレや評価・感想とともに結末まで解説します。

「ドラえもん のび太の人魚大海戦」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦の紹介:2010年日本映画。国民的マンガ『ドラえもん』の映画シリーズ第30作(第2期第5作)にして連載開始40周年・映画化30周年記念作です。本作は原作のエピソードのひとつ『深夜の町は海の底』を基にしており、ひみつ道具の影響でやってきた人魚族の姫と出会ったドラえもんと仲間たちが宇宙支配を目論む悪の怪魚族との戦いに挑んでいきます。
監督:楠葉宏三 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、三石琴乃(のび太の母)、松本保典(のび太の父)、萩野志保子(出木杉)、田中理恵(ソフィア)、飯塚雅弓(ハリ坊)、温水洋一(メジーナ博士)、さかなクン(サッカーナ)、真矢みき(オンディーヌ)、ケンドーコバヤシ(トラギス)、山野史人(ブイキン)ほか

「ドラえもん のび太の新魔界大冒険」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~の紹介:2007年日本映画。『ドラえもん』映画シリーズの第27作(第2期の第2作)は1984年に公開された第5作『ドラえもん のび太の魔界大冒険』をリメイクした作品です。旧作同様、ひみつ道具によって生み出された魔法世界を舞台に、世界を支配しようとする悪魔にドラえもんと仲間たちがひみつ道具で立ち向かっていく基本的なストーリー展開はそのままに、新たなキャラクターや旧作に登場しなかったキャラクター、新たな解釈が追加されています。
監督:寺本幸代 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、三石琴乃(のび太の母)、松本保典(のび太の父)、松本さち(セワシ)、萩野志保子(出木杉)、高木渉(先生)、相武紗季(満月美夜子)、松元環季(満月美夜子(幼少期))、河本準一(満月牧師)、久本雅美(メジューサ/美夜子の母)、山崎バニラ(ギム)、つぶやきシロー(二つ星悪魔)、宇垣秀成(三つ星悪魔)、銀河万丈(デマオン)ほか

「ドラえもん のび太とロボット王国」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)の紹介:2002年日本映画。『ドラえもん』の映画シリーズ第23作です。本作は第7作『のび太と鉄人兵団』(1986年)、第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』(1993年)に続いて“人とロボットの関係”をテーマにしており、ひょんなことから銀河の彼方にあるロボットの王国に流れ着いたドラえもんと仲間たちが冒険を繰り広げます。
監督:芝山努 声の出演者:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、千々松幸子(のび太の母)、桑島法子(ポコ)、新山千春(ジャンヌ女王)、藤田淑子(マリア)、穂積隆信(チャペック)、野沢雅子(クルリンパ)、愛河里花子(オナベ)、銀河万丈(ロビー)、南央美(アリス)、飛田展男(トロイ)、KONISHIKI(コニック)、郷里大輔(コングファイター)、島田敏(ゴンスケ)、森山周一郎(デスター)ほか

「ドラえもん のび太と夢幻三剣士」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と夢幻三剣士の紹介:1994年日本映画。2020年に連載開始50周年・映画化40周年を迎える『ドラえもん』映画シリーズの第14作にして映画化15周年記念作です。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』をモチーフに、のび太の夢の中の世界で繰り広げられるドラえもんと仲間たちの冒険と戦いが描かれます。
監督:芝山努 声の出演:大山のぶ代(ドラえもん/ドラモン)、小原乃梨子(のび太/ノビタニヤン)、野村道子(しずか/シズカリア王女/シズカール/シルク)、たてかべ和也(ジャイアン/ジャイトス)、肝付兼太(スネ夫/スネミス)、千々松幸子(のび太の母)、松原雅子(しずかの母)、田中亮一(先生/国王)、家弓家正(妖霊大帝オドローム)、田村錦人(トリホー)、屋良有作(スパイドル将軍)、郷里大輔(ジャンボス将軍)、石丸博也(竜)、神山卓三(熊)ほか

「ドラえもん のび太の南海大冒険」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の南海大冒険の紹介:1998年日本映画。2020年で連載開始50周年・映画化40周年を迎える『ドラえもん』映画シリーズ第19作は原作のエピソード『南海の大冒険』『無人島の大怪物』を基に製作され、直接的な関連はないものの映画第38作『ドラえもん のび太の宝島』(2018年)のモチーフにつながる部分もあります。宝島を目指して探検していたドラえもんたちは17世紀のカリブ海に飛ばされ、のび太とはぐれながらも壮大な冒険を繰り広げます。なお、本作には後に肝付兼太からスネ夫役を引き継ぐことになる関智一も脇役で出演、また第10作『ドラえもん のび太の日本誕生』(1989年)以来二度目となる興行収入20億円超えを果たしています。
監督:芝山努 声の出演:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、千々松幸子(のび太の母)、中庸助(のび太の父)、マッハ文朱(ジャック)、早見優(ベティ)、一龍斎春水(ルフィン)、江守徹(キャプテン・キッド)、林家木久扇(ゴンザレス)、9代目林家正蔵(パンチョ)、阪脩(キャプテン・コルト)、上條恒彦(Mr.キャッシュ)、富田耕生(Dr.クロン)、関智一(半魚人)、茶風林(リバイアサン)ほか

「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史の紹介:2009年日本映画。2020年に連載開始50周年・映画シリーズ開始40周年を迎える『ドラえもん』シリーズの第29作、第2期としては第4作となる本作は1981年に公開された第2作『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』のリメイクとなり、旧作にはなかった新たなオリジナルキャラクターや追加エピソードなどが織り込まれています。主題歌は柴咲コウが担当しています。
監督:腰繁男 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、松本保典(のび太の父)、三石琴乃(のび太の母)、萩野志保子(出木杉)、竹内都子(ジャイアンの母)、櫻井智(ロップル)、佐久間レイ(チャミー)、アヤカ・ウィルソン(クレム)、渡辺菜生子(ライザ)、香里奈(モリーナ)、堀江由衣(モリーナ(幼少期))、堀内賢雄(バーンズ博士)、徳井義実(ダウト)、福田充徳(ウーノ)、大川透(バカラ)、大塚明夫(ギラーミン)、若田光一(宇宙船操舵員)ほか

「ドラえもん のび太のドラビアンナイト」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太のドラビアンナイトの紹介:1991年日本映画。2020年に連載開始50周年・映画化40周年を迎える『ドラえもん』映画シリーズの第12作です。本作は『アラビアンナイト』をモチーフに、絵本の世界に閉じ込められてしまったしずかを助けるべく、『アラビアンナイト』の時代のバグダッドに乗り込んだドラえもんたちが冒険と戦いを繰り広げます。
監督:芝山努 声の出演:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、千々松幸子(のび太の母)、松原雅子(しずかの母)、横尾まり(スネ夫の母)、阪脩(シンドバッド)、松島みのり(ミクジン)、郷里大輔(魔人)、一龍斎貞友(ランプの精)、加藤精三(アブジル)、加藤治(カシム)、筈見純(ハールーン・アル・ラシード王)ほか

「ドラえもん のび太の大魔境」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の大魔境の紹介:1982年日本映画。2020年に連載開始50周年・映画化40周年を迎える『ドラえもん』の映画シリーズ第3作となる冒険巨編です。キャスト一新後の2014年には『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜』としてリメイクされています。野良犬を拾ったドラえもんたちはその犬の正体を知り、犬の故郷であるアフリカ大陸の秘境を目指して壮大な冒険を繰り広げます。
監督:西牧秀夫 声の出演:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、加藤正之(のび太の父)、千々松幸子(のび太の母)、白川澄子(出木杉)、清水マリ(ペコ/クンタック王子)、杉山佳寿子(チッポ)、栗葉子(スピアナ姫)、村瀬正彦(ブルスス)、滝口順平(ダブランダー大臣)、柴田秀勝(サベール隊長)、永井一郎(コス博士)ほか

「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙開拓史の紹介:1981年日本映画。2020年に連載50周年・映画化40周年を迎える国民的マンガ『ドラえもん』の劇場版第2作です。原作者の藤子・F・不二雄自ら脚本を手掛けた本作は、ドラえもんと仲間たちが時空の歪みで行き来できるようになった銀河の彼方の開拓星の住民らと交流する様子や悪党との対決が描かれます。キャスト一新後の2009年には本作のリメイク版『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』が公開されています。
監督:西牧秀夫 声の出演者:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、加藤正之(のび太の父)、千々松幸子(のび太の母)、菅谷政子(ロップル)、杉山佳寿子(チャミー)、小山茉美(クレム)、内海賢二(ボーガント)、柴田秀勝(ギラーミン)ほか

「のび太の結婚前夜」のネタバレあらすじ結末

のび太の結婚前夜 The night before a weddingの紹介:1999年日本映画。原作の中でも人気の高いエピソード『のび太の結婚前夜』を短編映画として映像化、長編作品『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』と同時上映された作品です。ドラえもんが歴史を改変した世界(のび太はジャイアンの妹ジャイ子と結婚する本来の歴史を塗り替え、しずかと結婚する未来を創造した)を舞台に、未来の自分の結婚前夜にタイムスリップしたのび太とドラえもん、そして未来の仲間たちの姿を描きます。
監督:渡辺歩 声の出演者:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、白川澄子(出来杉)、久米明(しずかの父)、松原雅子(しずかの母)、田中亮一(先生)ほか

「ドラえもん のび太の月面探査記」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の月面探査記の紹介:2019年日本映画。藤子・F・不二雄の不朽の作品『ドラえもん』の劇場版第39作・テレビ放送開始40周年記念作です。本作は直木賞作家の辻村深月を脚本に迎え、月の裏側にある未知の世界を舞台にドラえもんと仲間たちが壮絶な戦いを繰り広げる姿を描きます。
監督:八鍬新之介 声優:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(源静香)、木村昴(剛田武(ジャイアン))、関智一(骨川スネ夫)、広瀬アリス(ルナ)、中岡創一(ロッチ)(キャンサー)、高橋茂雄(サバンナ)(クラブ)、柳楽優弥(ゴダート)、吉田鋼太郎(ディアボロ)、酒井藍(カイア)ほか

「ドラえもん のび太の宝島」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の宝島の紹介:2018年日本映画。国民的マンガ『ドラえもん』劇場版シリーズの第38作は、脚本にメガヒット映画『君の名は。(新海誠監督、2016年公開)』のプロデューサーを務めた川村元気、主題歌に星野源を迎え、財宝が眠るとされる宝島を巡ってのドラえもんとその仲間たちの冒険、そして海賊たちとの攻防を描きます。
監督:今井一暁 声の出演者:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(源静香)、木村昴(剛田武/ジャイアン)、関智一(骨川スネ夫)、山下大輝(フロック)、折笠富美子(セーラ)、悠木碧(クイズ)、大泉洋(キャプテンシルバー)、高橋茂雄(トマト)、長澤まさみ(フィオナ)ほか

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スターウォーズ)の紹介:1985年日本映画。ドラえもんとのび太が映画の撮影と称して遊んでいた最中、親指ほどの小さな宇宙人・パピに出会います。パピは故郷が反乱によりロケットに乗り逃げてきたといいます。パピを助けることを決めたドラえもんたちですが、パピを追ってきた独裁者ギルモアの軍によりスモールライトで小さくなったしずかちゃんが人質としてさらわれてしまい、スモールライトも取られてしまいます。映画ドラえもんシリーズの第6弾です。
監督:芝山努 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、潘恵子(パピ)、三ツ矢雄二(ロコロコ)、八名信夫(ギルモア)、ほか

「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と緑の巨人伝の紹介:2008年日本映画。ドラえもんシリーズの劇場版28作目。今作は過去シリーズのリメイクでなく、新ドラえもんシリーズ初のオリジナル作品。人間たちの植物への仕打ちに怒った植物星人たちが暮らす世界が舞台で、ドラえもん、のび太たちが冒険を繰り広げる。緑の大切さ、エコロジー、戦争が無意味であり悲劇以外何も生み出さないことを訴えています。
監督:渡辺歩 声優:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずかちゃん)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、堀北真希(リーレ)、有田哲平(パルナ)、三宅裕司(長老ジィ)、ほか

「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の海底鬼岩城の紹介:1983年日本映画。「映画 ドラえもん のび太の海底鬼岩城」は映画ドラえもんシリーズの劇場版4作目の作品。夏休みに海底でキャンプを楽しむドラえもん達が巨大イカに襲われたところを海底人に助けられ、そこからのび太たちの冒険が始まる。脚本がよくできており、今見てもドキリとするようなセリフがちりばめられています。特にドラえもんの道具であるバギーが言った言葉「人間なんて偉そうにしているけれど弱いものですね。」というセリフは考えさせられます。
監督:芝山努 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、喜多道枝(エル)、三ツ矢雄二(バギー)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑