瑛太映画一覧

瑛太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アンダーカレント」のネタバレあらすじ結末

アンダーカレントの紹介:2023年日本映画。豊田徹也の同名コミックを「愛がなんだ」や実写版「からかい上手の高木さん」などの今泉力哉のメガホンにより映画化したドラマです。亡き父から受け継いだ銭湯を夫と共に切り盛りしていた主人公の女性。ところが、夫は謎の失踪を遂げ、謎の男が夫の代わりに銭湯で住み込みで働くように。女性は風変わりな探偵に夫の調査を依頼しているうちに、ある衝撃の事実と辛い過去が浮かび上がっていきます…。
監督:今泉力哉 出演:真木よう子(関口かなえ)、井浦新(堀隆之)、江口のりこ(菅野よう子)、中村久美(木島敏江)、康すおん(田島三郎)、内田理央(藤川美奈)、永山瑛太(関口悟)、リリー・フランキー(山崎道夫)ほか

「ミステリと言う勿れ」のネタバレあらすじ結末

ミステリと言う勿れの紹介:2023年日本映画。第67回小学館漫画賞一般向け部門受賞作である田村由美の同名漫画を原作とし、菅田将暉の主演でテレビドラマ化されたミステリー作品の劇場版です。本作は原作の「広島編」を映像化、神経質で面倒くさい性格の主人公の大学生・久能整(菅田将暉)が辿り着いた広島で遺産相続に絡む事件に巻き込まれ、解決していく様を描きます。
監督:松山博昭 出演者:菅田将暉(久能整)、松下洸平(車坂朝晴)、町田啓太(狩集理紀之助)、原菜乃華(狩集汐路)、川田秋妃(幼少期の狩集汐路)、萩原利久(波々壁新音)、鈴木保奈美(狩集ななえ)、滝藤賢一(狩集弥)、でんでん(志波一巳)、野間口徹(赤峰一平)、松坂慶子(鯉沼鞠子)、石橋蓮司(狩集幸長(写真出演))、ダンディ坂野(宝田完次)、春風亭昇太(劇団主宰者)、松嶋菜々子(君原奈津子)、伊藤沙莉(風呂光聖子)、尾上松也(池本優人)、筒井道隆(青砥成昭)、永山瑛太(犬堂我路)、角野卓造(真壁軍司)、段田安則(車坂義家)、柴咲コウ(赤峰ゆら)ほか

「怪物」のネタバレあらすじ結末

怪物の紹介:2023年日本映画。監督は『万引き家族』などの是枝裕和、脚本は『花束みたいな恋をした』などの坂元裕二、音楽を本作が遺作となった坂本龍一が手掛けたミステリー・サスペンスです。大きな湖のある郊外の町を舞台に、どこにでも起きうるような子供たちのトラブルが親や学校を巻き込んだ大騒動になっていく様を社会問題などの描写を盛り込みながら描かれます。
監督:是枝裕和 出演者:安藤サクラ(麦野早織)、永山瑛太(保利道敏)、黒川想矢(麦野湊)、柊木陽太(星川依里)、高畑充希(鈴村広奈)、角田晃広(正田文昭)、中村獅童(星川清高)、田中裕子(伏見真木子)ほか

「護られなかった者たちへ」のネタバレあらすじ結末

護られなかった者たちへの紹介:2021年日本映画。『さよならドビュッシー』『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』などの中山七里による同名長編推理小説を佐藤健の主演で映画化した社会派ミステリーです。東日本大震災から10年後の仙台で発生した連続殺人事件の真相を、容疑がかけられた元受刑者と震災で妻子を失った刑事の視点から描いていきます。
監督:瀬々敬久 出演者:佐藤健(利根泰久)、阿部寛(笘篠誠一郎)、清原果耶(円山幹子)、林遣都(蓮田智彦)、永山瑛太(三雲忠勝)、緒形直人(城之内猛)、岩松了(楢崎肇)、波岡一喜(鈴木将)、奥貫薫(笘篠紀子)、井之脇海(菅野健)、宇野祥平(宮原)、黒田大輔(支倉)、西田尚美(宮園真琴)、千原せいじ(国枝恵二)、原日出子(円山春子)、石井心咲(カンちゃん)、鶴見辰吾(東雲)、三宅裕司(櫛谷貞三)、吉岡秀隆(上崎岳大)、倍賞美津子(遠島けい)ほか

「HOKUSAI」のネタバレあらすじ結末

HOKUSAIの紹介:2020年日本映画。世界中の画家やアーティストに影響を与えたといわれる絵師・葛飾北斎。90年の生涯で三万点もの作品を残した北斎の若き日は謎に包まれている。この作品では北斎の青年期を「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭の男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥が、その老年期を国際的なダンサーとして知られる田中泯が演じている。ラストの北斎の制作シーンは圧巻だが、歌麿の美人画を描く様子(部屋も含めて)や彗星のごとく現れる写楽の才能など美しく刺激的な要素が満載だ。
監督:橋本一 キャスト:柳楽優弥(葛飾北斎:青年期)、田中泯(葛飾北斎:老年期)、阿部寛(蔦屋重三郎)、永山瑛太(柳亭種彦)、玉木宏(喜多川歌麿)、瀧本美織(コト)、青木崇高(高井鴻山)ほか

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:2011年日本映画。三浦しをんの同名小説を映画化。瑛太と松田龍平を主演に迎え、架空の都市・まほろ市を舞台に物語は進みます。便利屋を営む多田と、中学の同級生・春彦。さまざまな人との出会いを通して、二人は自らの過去に向い合います。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、大森南朋(囲炉裏屋亭主 山田)、梅沢昌代(山下の母)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)、ほか

「モンスターズクラブ」のネタバレあらすじ結末

モンスターズクラブの紹介:2011年日本映画。瑛太と窪塚洋介の二大実力派俳優による、異色のヒューマンドラマ。両親と兄弟を亡くし、孤独な思いを抱える青年。手作り爆弾を企業やマスコミに送りつけ、現代社会への復讐を企てるテロリストとして生きていた。そんな青年の前に、死んだはずの兄と弟が現れる…。アメリカを震撼させた実在の爆弾魔「ユナボマー」事件にインスパイアされ、豊田利晃監督がメガホンをとった。共演は國村隼、草刈朝有、松田美由紀、そして今作がスクリーンデビューとなるミュージシャンのKenKenほか。
監督:豊田利晃 出演者:瑛太(垣内良一)、窪塚洋介(垣内ユキ)、KenKen(垣内ケンタ)、草刈朝有(垣内ミカナ)、松田美由紀(垣内ユリエ)、國村隼(垣内セイジロウ)ほか

「となり町戦争」のネタバレあらすじ結末

となり町戦争の紹介:2006年日本映画。三崎亜記の同名小説を映画化。ある日突然始まった、となり町との戦争に翻弄される主人公・北原。ある日役場から、隣町への潜入捜査の依頼が来ます。戦争をしている実感のない北原ですが、ある日を境に状況は一変し…。
監督:渡辺謙作 出演者:江口洋介(北原修路)、原田知世(香西瑞希)、瑛太(智希)、飯田孝男(前田善朗)、小林麻子(本田)、ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて、贖罪とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、永山瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、奥野瑛太(清水)、飯田芳(内海)、忍成修吾(達也)、佐藤浩市(山内修司)、ほか

「一命」のネタバレあらすじ結末

一命の紹介:2011年日本映画。1962年公開の「切腹」をタイトルを変えて市川海老蔵主演でリメイクした作品。第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。貧乏な暮らしを強いられながらも、愛する人と一緒に歩んでいくことを決意した2人の侍の生きざまを描く。
監督三池崇史 出演:市川海老蔵(津雲半四郎)、瑛太(千々岩求女)、満島ひかり(美穂)、竹中直人(田尻)、青木崇高(沢潟彦九郎)、新井浩文(松崎隼人正)、波岡一喜(川辺右馬助)、役所広司(斎藤勘解由)、ほか

「まほろ駅前狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前狂騒曲の紹介:2014年日本映画。直木賞作家三浦しをんの人気作「まほろ駅前シリーズ」の第3作目となる同名小説を映画化した作品。まほろ町で便利屋を営む多田と同級生の行天。腐れ縁の男二人組が様々な事情を抱える依頼人達のために奔走する様をユーモアとペーソスを交えて描いた人間ドラマです。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、高良健吾(星良一)、真木よう子(柏木亜沙子)、麿赤兒(岡)、本上まなみ(三峯凪子)、奈良岡朋子(曽根田菊子)、新井浩文(飯島幸三)、ほか

「光(大森立嗣監督)」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2017年日本映画。三浦しをんの同名小説を、これまで同氏の作品「まほろ駅前」シリーズの映画化を手掛けてきた大森立嗣監督が映像化したサスペンス作品です。25年前に故郷の島を大災害で失った3人の男女が、同じく25年前に起こった殺人事件の余波、そして愛欲の渦に巻き込まれていきます。
監督:大森立嗣 出演者:井浦新(黒川信之)、橋本マナミ(黒川南海子)、長谷川京子(篠浦未喜/中井美花)、瑛太(黒川輔)、南果歩(小野)、平田満(洋一)ほか

「余命1ヶ月の花嫁」のネタバレあらすじ結末

余命1ヶ月の花嫁の紹介:2009年日本映画。日本全土を涙で包んだ、究極の実話ラブストーリー。元となった書籍は、40万部を超える大ヒットとなった。短い人生を一生懸命に生きた長島千恵と、彼女に無条件の愛を注いだ赤須太郎の、感動の愛の物語。
監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々(長島千恵)、瑛太(赤須太郎)、手塚理美(加代子)、安田美沙子(花子)、柄本明(長島貞士)、大杉漣(赤須敏郎)、津田寛治(岡田)、田口トモロヲ(奥野)、ほか

「ミックス。」のネタバレあらすじ結末

ミックス。の紹介:2017年日本映画。「偶然のミックスが、わたしの人生をかえた。」新垣結衣と瑛太のW主演で贈る、卓球男女混合ダブルスで再起を図る人間模様を描いたロマンチック・コメディです。原作は「リーガルハイ」などで知られる吉沢良太。元天才卓球少女の主人公・富田多満子は、恋人で会社の卓球部エース江島晃彦を同じ卓球部の小笠原愛莉に寝取られてしまう。田舎へ逃げ帰った多満子は、打倒江島・愛莉ペアを目指し、全日本卓球選手権大会男女混合ダブルスの部に出場することを決意する。
監督:石川淳一 キャスト:新垣結衣(富田多満子)、瑛太(萩原久)、広末涼子(吉岡弥生)、瀬戸康史(江島晃彦)、永野芽郁(小笠原愛莉)、佐野勇斗(佐々木優馬)、森崎博之(張)、蒼井優(楊)、山口紗弥加(佐野聖子)、中村アン(佐藤風香)、久間田琳加(佐野しおり)、生瀬勝久(ジェーン・エスメラルダ)、田中美佐子(落合美佳)、遠藤憲一(落合元信)、小日向文世(富田達郎)、ほか

「アヒルと鴨のコインロッカー」のネタバレあらすじ結末

アヒルと鴨のコインロッカーの紹介:2006年日本映画。今や人気作家である伊坂幸太郎の初期作品を実写化。現代に流される若者達の苦悩と青春を見事に描き出し、見終わった後何処か物悲しくも美しい気持ちにさせる名作。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(椎名)、瑛太(河崎)、田村圭生(ドルジ)、関めぐみ(琴美)、松田龍平(謎の男)、大塚寧々(麗子)

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑