瑛太映画一覧

瑛太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:2011年日本映画。三浦しをんの同名小説を映画化。瑛太と松田龍平を主演に迎え、架空の都市・まほろ市を舞台に物語は進みます。便利屋を営む多田と、中学の同級生・春彦。さまざまな人との出会いを通して、二人は自らの過去に向い合います。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、大森南朋(囲炉裏屋亭主 山田)、梅沢昌代(山下の母)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)、ほか

「モンスターズクラブ」のネタバレあらすじ結末

モンスターズクラブの紹介:2011年日本映画。瑛太と窪塚洋介の二大実力派俳優による、異色のヒューマンドラマ。両親と兄弟を亡くし、孤独な思いを抱える青年。手作り爆弾を企業やマスコミに送りつけ、現代社会への復讐を企てるテロリストとして生きていた。そんな青年の前に、死んだはずの兄と弟が現れる…。アメリカを震撼させた実在の爆弾魔「ユナボマー」事件にインスパイアされ、豊田利晃監督がメガホンをとった。共演は國村隼、草刈朝有、松田美由紀、そして今作がスクリーンデビューとなるミュージシャンのKenKenほか。
監督:豊田利晃 出演者:瑛太(垣内良一)、窪塚洋介(垣内ユキ)、KenKen(垣内ケンタ)、草刈朝有(垣内ミカナ)、松田美由紀(垣内ユリエ)、國村隼(垣内セイジロウ)ほか

「となり町戦争」のネタバレあらすじ結末

となり町戦争の紹介:2006年日本映画。三崎亜記の同名小説を映画化。ある日突然始まった、となり町との戦争に翻弄される主人公・北原。ある日役場から、隣町への潜入捜査の依頼が来ます。戦争をしている実感のない北原ですが、ある日を境に状況は一変し…。
監督:渡辺謙作 出演者:江口洋介(北原修路)、原田知世(香西瑞希)、瑛太(智希)、飯田孝男(前田善朗)、小林麻子(本田)、ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて〝贖罪“とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、奥野瑛太(清水)、飯田芳(内海)、忍成修吾(達也)、佐藤浩市(山内修司)、ほか

「一命」のネタバレあらすじ結末

一命の紹介:2011年日本映画。1962年公開の「切腹」をタイトルを変えて市川海老蔵主演でリメイクした作品。第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。貧乏な暮らしを強いられながらも、愛する人と一緒に歩んでいくことを決意した2人の侍の生きざまを描く。
監督三池崇史 出演:市川海老蔵(津雲半四郎)、瑛太(千々岩求女)、満島ひかり(美穂)、竹中直人(田尻)、青木崇高(沢潟彦九郎)、新井浩文(松崎隼人正)、波岡一喜(川辺右馬助)、役所広司(斎藤勘解由)、ほか

「まほろ駅前狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前狂騒曲の紹介:2014年日本映画。直木賞作家三浦しをんの人気作「まほろ駅前シリーズ」の第3作目となる同名小説を映画化した作品。まほろ町で便利屋を営む多田と同級生の行天。腐れ縁の男二人組が様々な事情を抱える依頼人達のために奔走する様をユーモアとペーソスを交えて描いた人間ドラマです。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、高良健吾(星良一)、真木よう子(柏木亜沙子)、麿赤兒(岡)、本上まなみ(三峯凪子)、奈良岡朋子(曽根田菊子)、新井浩文(飯島幸三)、ほか

「光(大森立嗣監督)」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2017年日本映画。三浦しをんの同名小説を、これまで同氏の作品「まほろ駅前」シリーズの映画化を手掛けてきた大森立嗣監督が映像化したサスペンス作品です。25年前に故郷の島を大災害で失った3人の男女が、同じく25年前に起こった殺人事件の余波、そして愛欲の渦に巻き込まれていきます。
監督:大森立嗣 出演者:井浦新(黒川信之)、橋本マナミ(黒川南海子)、長谷川京子(篠浦未喜/中井美花)、瑛太(黒川輔)、南果歩(小野)、平田満(洋一)ほか

「余命1ヶ月の花嫁」のネタバレあらすじ結末

余命1ヶ月の花嫁の紹介:2009年日本映画。日本全土を涙で包んだ、究極の実話ラブストーリー。元となった書籍は、40万部を超える大ヒットとなった。短い人生を一生懸命に生きた長島千恵と、彼女に無条件の愛を注いだ赤須太郎の、感動の愛の物語。
監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々(長島千恵)、瑛太(赤須太郎)、手塚理美(加代子)、安田美沙子(花子)、柄本明(長島貞士)、大杉漣(赤須敏郎)、津田寛治(岡田)、田口トモロヲ(奥野)、ほか

「ミックス。」のネタバレあらすじ結末

ミックス。の紹介:2017年日本映画。「偶然のミックスが、わたしの人生をかえた。」新垣結衣と瑛太のW主演で贈る、卓球男女混合ダブルスで再起を図る人間模様を描いたロマンチック・コメディです。原作は「リーガルハイ」などで知られる吉沢良太。元天才卓球少女の主人公・富田多満子は、恋人で会社の卓球部エース江島晃彦を同じ卓球部の小笠原愛莉に寝取られてしまう。田舎へ逃げ帰った多満子は、打倒江島・愛莉ペアを目指し、全日本卓球選手権大会男女混合ダブルスの部に出場することを決意する。
監督:石川淳一 キャスト:新垣結衣(富田多満子)、瑛太(萩原久)、広末涼子(吉岡弥生)、瀬戸康史(江島晃彦)、永野芽郁(小笠原愛莉)、佐野勇斗(佐々木優馬)、森崎博之(張)、蒼井優(楊)、山口紗弥加(佐野聖子)、中村アン(佐藤風香)、久間田琳加(佐野しおり)、生瀬勝久(ジェーン・エスメラルダ)、田中美佐子(落合美佳)、遠藤憲一(落合元信)、小日向文世(富田達郎)、ほか

「アヒルと鴨のコインロッカー」のネタバレあらすじ結末

アヒルと鴨のコインロッカーの紹介:2006年日本映画。今や人気作家である伊坂幸太郎の初期作品を実写化。現代に流される若者達の苦悩と青春を見事に描き出し、見終わった後何処か物悲しくも美しい気持ちにさせる名作。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(椎名)、瑛太(河崎)、田村圭生(ドルジ)、関めぐみ(琴美)、松田龍平(謎の男)、大塚寧々(麗子)

「東京フレンズ The Movie」のネタバレあらすじ結末

東京フレンズ The Movieの紹介:2006年日本映画。歌手・大塚愛の主演によるDVDドラマの続編にあたる劇場版です。田舎から上京してきた女性が、音楽や仲間たちとの出会いを通じて成長していく姿を描いています。
監督:永山耕三 出演者:大塚愛(岩槻玲)、松本莉緒(羽山ひろの)、真木よう子(藤木涼子)、小林麻央(我孫子真希)、瑛太(新谷隆司)ほか

「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじ結末

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年日本映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台作品を基にした青春SFコメディ。大学のSF研究会に所属する甲本は、仲間と共にだらしなく愉快な日々を送っていた。ある夏の日、SF研究会の部室に突然タイムマシンが現れる。興奮した甲本達は気軽に過去を変えようとするが、それは思わぬ危険性を孕んでいた。
監督:本広克行 出演:瑛太(甲本拓馬)、上野樹里(柴田春華)、与座嘉秋(新見優)、川岡大次郎(小泉俊介)、ムロツヨシ(石松大悟)、ほか

「僕達急行 A列車で行こう」のネタバレあらすじ結末

僕達急行 A列車で行こうの紹介:2011年日本映画。鉄道を通じて意気投合した2人の若者が、恋や仕事に奮闘する姿を描いたヒューマン・コメディ。鉄道会社の協力を得て行われた本作には、多くの列車や駅が登場し、物語だけでなく鉄道も楽しめる鉄道ファン必見の内容となっています。
監督:森田芳光 出演:松山ケンイチ(小町圭)、瑛太(小玉健太)、貫地谷しほり(相馬あずさ)、ピエール瀧(筑紫雅也)、村川絵梨(日向みどり)、星野知子(日向いなほ)、ほか

「ワイルド7」のネタバレあらすじ結末

ワイルド7の紹介:2011年日本映画。1969年から1979年にかけて漫画雑誌『週刊少年キング』に連載された漫画を原作にした映画です。キャッチコピーは「悪を撃ち抜け、愛を守り抜け」で、「ワイルド7」とは「法では裁けない悪党を、裁判にかけずに殺すことを許された超法規的警察組織」のグループ名で、様々な分野からスカウトされた7人のアウトローたちで構成されています。メンバーには、それぞれオートバイを与えられ、それに乗り悪党を追撃するという実写アクション映画です。
監督:羽住英一郎 出演:瑛太(飛葉大陸)、椎名桔平(セカイ)、丸山隆平(パイロウ)、阿部力(ソックス)、宇梶剛士(オヤブン)、深田恭子(本間ユキ)、中井貴一(草波勝)、ほか

「ディア・ドクター」のネタバレあらすじ結末

ディア・ドクターの紹介:2009年日本映画。笑福亭鶴瓶の映画初主演作です。無医師の小さな村に赴任してきたある医師は、その人柄から村人や同僚らに親しまれていました。しかし、ある老女とのやり取りをきっかけに、医師の隠された素顔が明らかになっていきます。
監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶(伊野治)、瑛太(相馬啓介)、余貴美子(大竹朱美)、香川照之(斎門正芳)、八千草薫(鳥飼かづ子)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑