柄本佑映画一覧

柄本佑が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「一度も撃ってません」のネタバレあらすじ結末

一度も撃ってませんの紹介:2019年日本映画。『エルネスト』などの阪本順治監督と『行きずりの街』などの脚本家・丸山昇一がタッグを組み、本作が19年ぶりの主演作となる石橋蓮司を主演に迎えたハードボイルド・コメディです。巷で噂の伝説のヒットマン。しかしその正体は売れない小説家であり、一度も人を撃ったことのない彼はハードボイルド小説を書くために本物の殺し屋と組んでいたのですが…。
監督:阪本順治 出演者:石橋蓮司(市川進/御前零児)、大楠道代(市川弥生)、岸部一徳(石田和行)、桃井かおり(玉淀ひかる)、佐藤浩市(児玉道夫)、豊川悦司(周雄)、江口洋介(守山秀平)、妻夫木聡(今西友也)、新崎人生(ポパイ/南雲雄平)、井上真央(福原歌留多)、柄本明(連城孝志)、寛一郎(五木要)、前田亜季(中道亜美)、渋川清彦(西浜雄大)、小野武彦(若山得安)、柄本佑(植田順)、濱田マリ(王陽)、堀部圭亮(鹿内雪広)、原田麻由(長谷部待子)ほか

「心の傷を癒すということ≪劇場版≫」のネタバレあらすじ結末

心の傷を癒すということ≪劇場版≫の紹介:2020年日本映画。1995年に発生した阪神・淡路大震災で被災しながらも、被災者の心のケアに尽力した精神科医・安克昌をモデルにし、震災から25年後の2020年1月~2月に放映されたテレビドラマ『心の傷を癒すということ』全4話を劇場公開作品として再編集した作品です。
監督:安達もじり 出演者:柄本佑(安和隆)、尾野真千子(安終子)、濱田岳(湯浅浩二)、森山直太朗(安智明)、浅香航大(北林史也)、清水くるみ(片岡心愛)、上川周作(安壮介)、濱田マリ(ママ)、谷村美月(結城理恵)、趙珉和(谷村英人)、内場勝則(校長先生)、平岩紙(新島聡子)、キムラ緑子(朴美里)、石橋凌(安哲圭)、近藤正臣(永野良夫)ほか

「今日子と修一の場合」のネタバレあらすじ結末

今日子と修一の場合の紹介:2013年日本映画。2011年3月11日に起こった東日本大震災で、故郷が被災してしまった男女の物語を描く。監督は、映画「風の外側」以来約6年ぶりにメガホンをとった俳優でもある奥田瑛二。主人公の女性を安藤サクラ、男性を柄本佑が演じる。
監督:奥田瑛二 出演:安藤サクラ(今日子)、柄本佑(修一)、和田聰宏、小篠恵奈、カンニング竹山、柴田理恵、諏訪太朗、高橋源一郎、ほか

「青くて痛くて脆い」のネタバレあらすじ結末

青くて痛くて脆いの紹介:2020年日本映画。『君の膵臓をたべたい』で知られる住野よる原作の同名小説の映画化。人とあまり関わりたくない主人公楓と、楓を誘いサークルモアイを立ち上げた秋好。時が経ち、変わってしまったモアイを作り直そうとする楓を演じるのは吉沢亮。2019年『キングダム』での演技が評価されたほか、2021年大河ドラマ『青天を衝け』での主演が決まっている。一方秋好を演じたのは杉咲花。2020年後半のNHK連ドラ主演が控えている。そのほか岡山天音、森七菜、柄本佑など脇を固める俳優陣の演技も光る。
監督:狩山俊輔 原作:住野よる 主題歌:BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」 キャスト:吉沢亮(田端楓)、杉咲花(秋好寿乃)、岡山天音(前川董介)、松本穂香(本田朝美)、清水尋也(天野巧)、森七菜(西山瑞希)、茅島みずき(川原理沙)、光石研(大橋)、柄本佑(脇坂)ほか

「火口のふたり」のネタバレあらすじ結末

火口のふたりの紹介:2019年日本映画。家庭も仕事も失った賢治が、かつての恋人直子の結婚式に出席するために帰郷する。賢治の前だと何も恥ずかしくないと言う直子。婚約者が出張から戻るまで、二人は昔と同じ快楽の生活に浸る。白石一文原作の官能ドラマの映画化。脚本家・荒井晴彦の三本目の監督作。声の出演とエキストラ以外の出演者は、「身体の言い分」に身を委ねる男女を演じる二人のみ。舞台は原作の福岡県から秋田県に原作の許可を得た上で変更されている。R18+指定。第93回キネマ旬報ベスト・テン、日本映画第1位・主演女優賞(瀧内公美)等受賞多数。直子のアルバムの写真は写真家野村佐紀子によるもの。
監督:荒井晴彦 出演:柄本佑(永原賢治)、瀧内公美(佐藤直子)、柄本明(賢治の父の声)、ほか

「きみの鳥はうたえる」のネタバレあらすじ結末

きみの鳥はうたえるの紹介:2018年日本映画。『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』 『オーバー・フェンス』 など函館を舞台にした著書を持つ小説家・佐藤泰志の小説を、函館市民映画館シネマアイリス開館20年記念作としてオール函館ロケで映画化した青春ドラマです。函館郊外の書店で出会った二人の男とひとりの女が織り成す人間模様を描きます。
監督:三宅唱 出演者:柄本佑(「僕」)、石橋静河(佐知子)、染谷将太(静雄)、足立智充(森口)、山本亜依(みずき)、渡辺真起子(直子)、萩原聖人(島田)ほか

「Red(夏帆&妻夫木聡主演)」のネタバレあらすじ結末

Redの紹介:2020年日本映画。夏帆&妻夫木聡主演で「ナラタージュ」「ファーストラヴ」などで知られる直木賞作家、島本理生の衝撃的な小説「Red」が映画化された。監督は「幼な子われらに生まれ」の三島由紀子。主演の夏帆は、一見幸せそうな家庭生活を送りながら、10年振りに会ったかつて愛した男に惹かれていく塔子を体当たりで演じている。塔子の運命の男 鞍田役には、監督がその演技力と色気で最初にキャスティングしたという妻夫木聡。影のある孤独な男を演じきり、監督の期待に応えている。
監督: 三島有紀子 キャスト:夏帆(村主塔子)、妻夫木聡(鞍田秋彦)、柄本佑(小鷹淳)、間宮祥太朗(村主真)、片岡礼子(ふみよ)、酒向芳(睦夫)、山本郁子(村主麻子)、浅野和之(村主宏)、余貴美子(緒方陽子)ほか

「ノーボーイズ,ノークライ」のネタバレあらすじ結末

ノーボーイズ,ノークライの紹介:2009年日本,韓国映画。日韓の若手俳優共演の青春ドラマ。韓国から日本へと、ボロボロの船で荷物と手作りキムチの壺を定期的に届けているヒョング。キムチの壺には麻薬が隠されていると知ったある日、今度は誘拐した女性を運ぶよう指示されたヒョングは…。
監督:キム・ヨンナム 出演:妻夫木聡(亨)、ハ・ジョンウ(ヒョング)、貫地谷しほり、チャ・スヨン、イ・デヨン、徳永えり、柄本佑、あがた森魚、ほか

「赤い玉、」のネタバレあらすじ結末

赤い玉、の紹介:2015年日本映画。元映画監督で今は大学講師をしている60歳の時田は、妻と別れ、大学の事務をしている35歳の唯と同棲生活をしていました。唯は若いため、夜も頑張る時田は、都市伝説『赤い玉』の話をしました。男の種が打ち止めになる時、先っぽから赤い玉が出るという話です。そんな時田が女子高生の律子に会って変わっていく様子を描いた、人間ドラマです。
監督:高橋伴明 出演者:奥田瑛二(時田修次)、不二子(大場唯)、村上由規乃(北小路律子)、花岡翔太(矢島健一)、土居志央梨(加藤愛子)、柄本佑(青山プロデューサー)ほか

「アルキメデスの大戦」のネタバレあらすじ結末

アルキメデスの大戦の紹介:2019年日本映画。2020年東京オリンピック開閉会式の演出を担当することが決まっている山崎貴監督。子どもの頃から戦艦大和や零戦が好きだったと語る監督は、「永遠の0」で零戦の悲劇を、そして本作で戦艦大和の壮絶な最期の瞬間を、得意のVFXを駆使して描き出した。戦艦大和の建造を阻止しようと奔走する若き数学者を、今最も注目されている若手俳優・菅田将暉が演じ、数式を板書しながらの長ゼリフの熱演に、共演したベテラン俳優陣が賛辞を送っている。
原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(ヤングマガジン) 監督:山崎貴 キャスト:菅田将暉(櫂直)、舘ひろし(山本五十六)、柄本佑(田中正二郎)、浜辺美波(尾崎鏡子)、笑福亭鶴瓶(大里清)、小林克也(大角岑生)、小日向文世(宇野積蔵)、國村隼(永野修身)、橋爪功(嶋田繁太郎)、田中泯(平山忠道)ほか

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:2011年日本映画。三浦しをんの同名小説を映画化。瑛太と松田龍平を主演に迎え、架空の都市・まほろ市を舞台に物語は進みます。便利屋を営む多田と、中学の同級生・春彦。さまざまな人との出会いを通して、二人は自らの過去に向い合います。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、大森南朋(囲炉裏屋亭主 山田)、梅沢昌代(山下の母)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)、ほか

「東京島」のネタバレあらすじ結末

東京島の紹介:2010年日本映画。桐野夏生の同名小説を映画化。無人島での極限サバイバル生活を描いた、エンタテインメント作品。結婚20年を迎えた清子と夫は、ヨットでの旅の途中で嵐に遭い無人島に漂着。その後、若い日本人の男たちや中国人などが漂流し、島での奇妙な暮らしが始まるのですが…。
監督:篠崎誠 出演 :木村多江(清子)、窪塚洋介(ワタナベ)、福士誠治(GM・森軍司 / ユタカ)、柄本佑(オラガ)、木村了(犬吉)、染谷将太(マンタ)、山口龍人(カスカベ)、南好洋(シンちゃん)、結城貴史(ダクタリ)、清水優(アタマ)、阿部亮平(ジェイソン)、テイ龍進(ヤン)、趙民和(ムン)、鶴見辰吾(隆)、宮武祭(チキ/チータ)、ほか

「居眠り磐音」のネタバレあらすじ結末

居眠り磐音(いねむりいわね)の紹介:2019年日本映画。累計2000万部を超える佐伯泰英の人気時代小説シリーズ『居眠り磐音』を、「超高速!参勤交代」などで知られる本木克英監督が初の映画化。主演は、本作が時代劇初主演となる松坂桃李。賑やかな場面でもどこか影のあるその演技は、本木監督に「この映画は松坂桃李ありきの磐音」と言わしめる。また、日本の時代劇を支える京都のスタッフたちに、時代劇を引っ張っていける新しい主役として認められた松坂は、「もっと時代劇を盛り上げたい」と語っている。
監督:本木克英 キャスト:松坂桃李(坂崎磐音)、木村文乃(おこん)、芳根京子(小林奈緒)、柄本佑(小林琴平)、杉野遥亮(河出慎之輔)、佐々木蔵之介(佐々木玲圓)、奥田瑛二(宍戸文六)、谷原章介(吉右衛門)、中村梅雀(金兵衛)、柄本明(有楽斎)、比留間由哲(毘沙門の統五郎)、和田聰宏(東源之丞)、高橋努(竹村武佐衛門)、荒井敦史(品川柳次郎)、南沙良(坂崎伊代)、桜木健一(川合久敬)、水澤紳吾(蔵持十三)、阿部亮平(黒岩十三郎)、宮下かな子(河出舞)、菅原大吉(日村綱道)、陣内孝則(庄右衛門)、橋本じゅん(甚兵衛)、早乙女太一(邦右衛門)、中村ゆり(高尾太夫)、波岡一喜(天童赤児)、石丸謙二郎(坂崎正睦)、財前直見(坂崎照埜)、西村まさ彦(田沼意次)、ほか

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の紹介:2009年日本映画。孤児院で育った若者たちは、酷い労働環境の解体業の仕事にいら立ちを募らせていた。新しい人生の第一歩を踏み出そうとする彼らの青春ドラマ。松田翔太、高良健吾と安藤サクラの実力派俳優が共演。日々の生活に不安を抱えて生きる若者たち。人生をやりなおすために、旅に出る3人。彼らを待つ先には、いったい何があるのか。
監督:大森立嗣 出演:松田翔太(ケンタ)、高良健吾(ジュン)、安藤サクラ(カヨちゃん)、宮崎将(カズ)、柄本佑(洋輔)、洞口依子(洋輔の母)、多部未華子(ゆみか)、美保純(スナックのママ)、山本政志(二郎)、新井浩文(裕也)、小林薫(闘犬の男)、柄本明(菊ちゃん)、ほか

「ねことじいちゃん」のネタバレあらすじ結末

ねことじいちゃんの紹介:2018年日本映画。イラストレーターのねこまき(ミューズワーク)原作による同名コミックを映画化したヒューマンドラマで、世界的な動物写真家・岩合光昭の監督デビュー作です。妻に先立たれ、愛猫と小さな島で暮らす老人と周囲の人々との日常を落語家・立川志の輔の主演で描きます。
監督:岩合光昭 出演:立川志の輔(春山大吉)、柴咲コウ(美智子)、柄本佑(若村健太郎)、銀粉蝶(サチ)、山中崇(春山剛)、葉山奨之(内村聡)、田根楽子(たみこ)、小林トシ江(トメ)、片山友希(あすみ)、立石ケン(幸生)、中村鴈治郎、田中裕子(春山よしえ)、小林薫(巌)、ベーコン(タマ)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑