イーサン・ホーク映画一覧

イーサン・ホークが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「テスラ エジソンが恐れた天才」のネタバレあらすじ結末

テスラ エジソンが恐れた天才の紹介:2020年アメリカ映画。電力産業黎明期の19世後半。トーマス・エジソンは白熱電球の実用化により電力産業の事業拡大を考えます。送電方式として直流送電を進めるエジソンですが、ヨーロッパからの移民ニコラ・テスラ(1856年−1943年)は交流送電を主張し二人は対立します。『テスラ エジソンが恐れた天才』は、19世紀後半から20世紀前半に多くの発明をし、アメリカ産業と科学の発展に多大な貢献をしたニコラ・テスラの栄光と挫折を描いた映画です。エジソン、J・P・モルガン、ウェスティングハウスなどの当時のテスラのライバルと支援者や、サラ・ベルナールなどの当時の有名人がテスラとともに描かれています。
監督:マイケル・アルメレイダ 出演:イーサン・ホーク(ニコラ・テスラ)、イヴ・ヒューソン(アン・モルガン)、エボン・モス=バクラック(シゲディ・エボン)、ジム・ガフィガン(ジョージ・ウェスティングハウス)、カイル・マクラクラン(トーマス・エジソン)、ハンナ・グロス(ミーナ・エジソン)、レベッカ・ディアン(サラ・ベルナール)、ドニー・ケシュウォーズ(J.P.モルガン)、ほか

「リミット・オブ・アサシン」のネタバレあらすじ結末

リミット・オブ・アサシンの紹介:2017年アメリカ,中国映画。組織に裏切られ、最愛の家族を失った凄腕の殺し屋が暗殺の任務中に命を落とし、特殊な組成技術で24時間限りの命を与えられて組織に復讐を挑む姿を描いたノンストップアクション作品です。主人公の殺し屋をイーサン・ホークが演じ、製作には『ジョン・ウィック』シリーズの製作チームが携わっています。
監督:ブライアン・スムルツ 出演者:イーサン・ホーク(トラヴィス・コンラッド)、シュイ・チン(リン・ビセット)、リアム・カニンガム(ウェッツラー)、ルトガー・ハウアー(フランク)、ポール・アンダーソン(ジム・モロー)、タイロン・キーオ(キース・ゼラ)ほか

「アナーキー」のネタバレあらすじ結末

アナーキーの紹介:2014年アメリカ映画。麻薬王シンベリンの娘と後継者を巡って、シンベリンが溺愛する後妻が裏で操り、警察との抗争事件に発展させ、財産も独り占めにしようとする内容のクライムドラマです。シェイクスピア作の戯曲『シンベリン』を現代マフィアに置き換えて映画化した異色作品です。
監督:マイケル・アルメレイダ 出演者:イーサン・ホーク(ヤーキモー)、エド・ハリス(シンベリン)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(クイーン)、ジョン・レグイザモ(ピザーニオ)、ペン・バッジリー(ポステュマス)、ダコタ・ジョンソン(イノジェン)、アントン・イェルチン(クロートン)ほか

「ストックホルム・ケース」のネタバレあらすじ結末

ストックホルム・ケースの紹介:2018年カナダ,スウェーデン映画。ストックホルム症候群とは、誘拐事件や監禁事件の被害者が、犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に過度の連帯感や好意的な感情を抱く現象。本作は、この言葉の由来となった1973年に実際に起きた事件を、スリリングかつユーモラスに描いている。主演はマルチに活躍する演技派イーサン・ホーク。そのホークが伝説的なジャズのトランペット奏者チェット・ベイカーを演じた『ブルーに生まれついて』(2015年)のロバート・バドロー監督と再びタッグを組み、犯人ラースを魅力的に演じている。
監督・脚本・製作:ロバート・バドロー キャスト:イーサン・ホーク(ラース)、ノオミ・ラパス(ビアンカ)、マーク・ストロング(グンナー)、ビー・サントス(クララ)、クリストファー・ハイアーダール(マットソン)、マーク・レンドール(エロヴ)、イアン・マシューズ(ハルステン)ほか

「アサルト13 要塞警察」のネタバレあらすじ結末

アサルト13 要塞警察の紹介:2005年アメリカ,フランス映画。1976年に公開された映画『ジョン・カーペンターの要塞警察』のリメイクとなるアクション作品です。デトロイトの閉鎖される予定の警察署で働く主人公とその同僚たちが大雪のため緊急避難してきた犯罪者たちと一夜を過ごすことに、そこに突如として署を包囲する武装集団、そして裏切り者の発覚から事態は予想外の方向に…。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演者:イーサン・ホーク(ジェイク・ローニック)、ローレンス・フィッシュバーン(マリオン・ビショップ)、ガブリエル・バーン(マーカス・デュヴァル)、マリア・ベロ(アレックス・サビアン)、ドレア・ド・マッテオ(アイリス・フェリー)、ジョン・レグイザモ(ベック)、ブライアン・デネヒー(ジャスパー・オーシェア)、ジェフリー・“ジャ・ルール”・アトキンス(スマイリー)、アイシャ・ハインズ(アンナ)ほか

「ビリーザキッド 孤高のアウトロー」のネタバレあらすじ結末

ビリー・ザ・キッド 孤高のアウトロー(別題:スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー)の紹介:2019年アメリカ映画。19世紀のアメリカ西部、暴力的な父を殺し姉サラと逃げることになったリオは、悪名高い逃走中の犯罪者ビリー・ザ・キッドと彼を捕らえるギャレット保安官に出会います。リオはギャレットとビリーの双方に好意を持たれますが、殺した父の兄弟に捕まり、姉を誘拐されます。リオは姉を探し、ビリーとギャレットを追います。本作は19世紀のアメリカ西部を舞台に伝説的なギャング、ビリー・ザ・キッドと彼を追う保安官と少年の友情を描いています。ビリー・ザ・キッドは過去に映画化もされている有名なアウトロー、本作ではデイン・デハーンが好演しています。
監督:ヴィンセント・ドノフリオ 出演:イーサン・ホーク(パット・ギャレット)、デイン・デハーン(ビリー・ザ・キッド)、ジェイク・シュア(リオ)、レイラ・ジョージ(サラ)、クリス・プラット(グラント)、ヴィンセント・ドノフリオ(ロメロ保安官)、ほか

「真実」のネタバレあらすじ結末

真実の紹介:2019年日本,フランス映画。 『万引き家族』(2018年)カンヌ国際映画祭の最高賞パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督がフランスを代表する名女優カトリーヌ・ドヌーヴとタッグを組み、日仏合同で製作したヒューマンドラマです。国民的大女優が「真実」と題した自伝を出すことになりますが、このことをきっかけに自伝では語られなかった女優の娘との心の影が浮き彫りになっていきます。
監督:是枝裕和 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(ファビエンヌ・ダジュヴィル)、ジュリエット・ビノシュ(リュミール)、イーサン・ホーク(ハンク・クーパー)、リュディヴィーヌ・サニエ(アンナ・ルロワ)、クレモンティーヌ・グルニエ(シャルロット)、マノン・クラヴェル(マノン・ルノワール)、アラン・リボル(リュック)、クリスチャン・クラエ(ジャック)、ロジァー・ヴァン・フール(ピエール)、ローラン・カペリュート(記者)ほか

「魂のゆくえ」のネタバレあらすじ結末

魂のゆくえの紹介:2017年アメリカ映画。ニューヨーク近郊にあるとある古い教会は、今では信者も少なくなり、牧師はアルコール中毒に悩み健康も悪化の一途です。ある日、一人の女性信者から、夫の過激な環境問題への考え方について相談を受けたことから、その牧師は地球の環境問題と大企業や政治家の関係に、宗教的観点から疑問を持つことになり、牧師は社会正義実現のために、ある決断をすることになります。『魂のゆくえ』はキリスト教と環境問題のストーリーで、キリスト教徒ではなくても宗教問題と環境問題などについて考え学ぶことのできる作品になっています。
監督:ポール・シュレイダー 出演:イーサン・ホーク(トラー牧師)、アマンダ・セイフライド(メアリー)、セドリック・カイルズ(ジェファーズ)、ヴィクトリア・ヒル(エスター)、フィリップ・エッティンガー(マイケル)、ほか

「ブルーに生まれついて」のネタバレあらすじ結末

ブルーに生まれついての紹介:2015年アメリカ,カナダ,イギリス映画。若くしてスターとなったジャズトランペット奏者、チェット・ベイカー。麻薬に溺れ、様々なトラブルを見舞われながらも音楽にすべてを捧げたチェットの波乱に満ちた半生を描いた伝記映画です。
監督:ロバート・バドロー 出演者:イーサン・ホーク(チェット・ベイカー)、カルメン・イジョゴ(ジェーン/エレイン)、カラム・キース・レニー(ディック・ボック)、スティーヴン・マクハティ(チェットの父)、ジャネット=レーヌ・グリーン(チェットの母)ほか

「クロッシング」のネタバレあらすじ結末

クロッシングの紹介:2009年アメリカ映画。新居の購入資金調達に手間取るサル、事なかれ主義で定年退職を控えたエディ、おとり捜査に潜伏し昇進を狙うストリート出身のタンゴ。3人の警察官が自らの目的を果たそうと、銃を手にする…。
監督:アントワーン・フークア 出演:リチャード・ギア(エディ)、イーサン・ホーク(サル)、ドン・チードル(タンゴ)、ウェズリー・スナイプス(キャズ)、ウィル・パットン(ホバーツ副署長)、エレン・バーキン(スミス捜査官)、ほか

「クロッシング・デイ」のネタバレあらすじ結末

クロッシング・デイの紹介:2008年アメリカ映画。「今始まる壮絶なクライマックス。」「全てを賭けて、のし上がる男たちの挽歌。」と、数々のTVドラマに出演した俳優ブライアン・グッドマンが、最悪の治安と言われるアメリカ・サウスボストンで育った自らの半生を元に描いたクライムドラマです。原題「What Doesn’t Kill You」はニーチェの言葉「What doesn’t kill you makes you stronger.」(あなたを殺さなかったものがあなたを強くする)を省略したものです。
監督:ブライアン・グッドマン 出演:マーク・ラファロ(ブライアン)、イーサン・ホーク(ポール)、アマンダ・ピート(ステイシー)、ウィル・ライマン(サリー)、ブライアン・グッドマン(パット・ケリー)、ドニー・ウォールバーグ(モラン刑事)、アンジェラ・フェザーストーン(ケイティ)、ほか

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」のネタバレあらすじ結末

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつの紹介:2015年アメリカ映画。『フランシス・ハ』の演技から注目を集めるグレタ・ガーウィグが、イーサン・ホークやジュリアン・ムーアと共演したロマンチック・コメディー。ニューヨークを舞台に、それぞれの人間の価値観が、悲喜こもごも描かれます。
監督:レベッカ・ミラー 出演:グレタ・ガーウィグ(マギー)、イーサン・ホーク(ジョン)、ビル・ヘイダー(トニー)、マーヤ・ルドルフ(フェリシア)、トラヴィス・フィメル(ガイ)、ウォーレス・ショーン(クリーグラー)、アイダ・ロハティン(リリー)、ジュリアン・ムーア(ジョーゼット)、ほか

「リグレッション」のネタバレあらすじ結末

リグレッションの紹介:2015年スペイン,カナダ映画。娘への暴行で逮捕された父親、容疑は認めても暴行の詳細は覚えていないという不可解な事件が起こります。担当刑事は心理学者を使い、父親と被害者の娘の記憶を回復させ事件の謎を解明しようとします。二人の記憶が蘇るにつれて、担当刑事は背後に恐ろしいカルト教団の魔の手があることに気がつきます。刑事は事件の謎を解明できるのでしょうか?『リグレッション』は2018年に日本公開となったエマ・ワトソン出演のサスペンス・スリラー映画です。
監督:アレハンドロ・アメナーバル 出演:イーサン・ホーク(ブルース・ケナー刑事)、エマ・ワトソン(アンジェラ・グレイ)、デヴィッド・シューリス(ケネス・レインズ)、ロテール・ブリュトー(牧師)、デイル・ディッキー(ローズ・グレイ)、ダーヴィッド・デンシック(ジョン・グレイ)、ピーター・マクニール(クリーヴランド)、デヴォン・ボスティック(ロイ・グレイ)、アーロン・アシュモア(ジョージ・ネスビット刑事)、ほか

「しあわせの絵の具」のネタバレあらすじ結末

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。病や貧困と闘いながらもその色彩豊かで素朴な作風でカナダ中から愛された女性画家モード・ルイスの生涯を、彼女を支え続けた夫エベレットとの愛を中心に描きあげた伝記ドラマです。
監督:アシュリング・ウォルシュ 出演者:サリー・ホーキンス(モード・ルイス)、イーサン・ホーク(エベレット・ルイス)、カリ・マチェット(サンドラ)、ガブリエル・ローズ(アイダ)、ザカリー・ベネット(チャールズ・ダウリー)ほか

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のネタバレあらすじ結末

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の紹介:2017年フランス映画。宇宙を守るスペシャルエージェントのヴァレリアンとローレリーヌ。政府から与えられたミッションを遂行するために星から星へと飛び回る。全宇宙の存続をかけた陰謀に立ち向かい、失われた高度な文明を探る2人。その中でヴァレリアンは人としての真理を見つけ出す。『スター・ウォーズ』に大きな影響を与えた1967年の伝説のSFコミック「ヴァレリアン」を原作に、最大のスケールで宇宙を描く。
監督:リュック・ベッソン 出演:デイン・デハーン(ヴァレリアン )、カーラ・デルヴィーニュ(ローレリーヌ)、 クライヴ・オーウェン(フィリット司令官)、 リアーナ(バブル)、イーサン・ホーク(客引きジョリー)、ハービー・ハンコック(国防長官)、クリス・ウー(ネザ軍曹)、ジョン・グッドマン(アイゴン・サイラス)、ルトガー・ハウアー(世界連邦大統領)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑