Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イーサン・ホーク映画一覧

イーサン・ホークが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」のネタバレあらすじ結末

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつの紹介:2015年アメリカ映画。『フランシス・ハ』の演技から注目を集めるグレタ・ガーウィグが、イーサン・ホークやジュリアン・ムーアと共演したロマンチック・コメディー。ニューヨークを舞台に、それぞれの人間の価値観が、悲喜こもごも描かれます。
監督:レベッカ・ミラー 出演:グレタ・ガーウィグ(マギー)、イーサン・ホーク(ジョン)、ビル・ヘイダー(トニー)、マーヤ・ルドルフ(フェリシア)、トラヴィス・フィメル(ガイ)、ウォーレス・ショーン(クリーグラー)、アイダ・ロハティン(リリー)、ジュリアン・ムーア(ジョーゼット)、ほか

「リグレッション」のネタバレあらすじ結末

リグレッションの紹介:2015年スペイン,カナダ映画。娘への暴行で逮捕された父親、容疑は認めても暴行の詳細は覚えていないという不可解な事件が起こります。担当刑事は心理学者を使い、父親と被害者の娘の記憶を回復させ事件の謎を解明しようとします。二人の記憶が蘇るにつれて、担当刑事は背後に恐ろしいカルト教団の魔の手があることに気がつきます。刑事は事件の謎を解明できるのでしょうか?『リグレッション』は2018年に日本公開となったエマ・ワトソン出演のサスペンス・スリラー映画です。
監督:アレハンドロ・アメナーバル 出演:イーサン・ホーク(ブルース・ケナー刑事)、エマ・ワトソン(アンジェラ・グレイ)、デヴィッド・シューリス(ケネス・レインズ)、ロテール・ブリュトー(牧師)、デイル・ディッキー(ローズ・グレイ)、ダーヴィッド・デンシック(ジョン・グレイ)、ピーター・マクニール(クリーヴランド)、デヴォン・ボスティック(ロイ・グレイ)、アーロン・アシュモア(ジョージ・ネスビット刑事)、ほか

「しあわせの絵の具」のネタバレあらすじ結末

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。病や貧困と闘いながらもその色彩豊かで素朴な作風でカナダ中から愛された女性画家モード・ルイスの生涯を、彼女を支え続けた夫エベレットとの愛を中心に描きあげた伝記ドラマです。
監督:アシュリング・ウォルシュ 出演者:サリー・ホーキンス(モード・ルイス)、イーサン・ホーク(エベレット・ルイス)、カリ・マチェット(サンドラ)、ガブリエル・ローズ(アイダ)、ザカリー・ベネット(チャールズ・ダウリー)ほか

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のネタバレあらすじ結末

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の紹介:2017年フランス映画。宇宙を守るスペシャルエージェントのヴァレリアンとローレリーヌ。政府から与えられたミッションを遂行するために星から星へと飛び回る。全宇宙の存続をかけた陰謀に立ち向かい、失われた高度な文明を探る2人。その中でヴァレリアンは人としての真理を見つけ出す。『スター・ウォーズ』に大きな影響を与えた1967年の伝説のSFコミック「ヴァレリアン」を原作に、最大のスケールで宇宙を描く。
監督:リュック・ベッソン 出演:デイン・デハーン(ヴァレリアン )、カーラ・デルヴィーニュ(ローレリーヌ)、 クライヴ・オーウェン(フィリット司令官)、 リアーナ(バブル)、イーサン・ホーク(客引きジョリー)、ハービー・ハンコック(国防長官)、クリス・ウー(ネザ軍曹)、ジョン・グッドマン(アイゴン・サイラス)、ルトガー・ハウアー(世界連邦大統領)ほか

「恋人までの距離」のネタバレあらすじ結末

恋人までの距離(ディスタンス)の紹介:1995年アメリカ映画。長距離列車の中でめぐり逢ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌ。ウィーンに降り立った二人は翌朝には別れが訪れることを予感しつつも強く惹かれ合っていきます。ウィーンの美しい街並みを背景に綴られる究極のラブストーリー。監督のリチャード・リンクレイターはベルリン国際映画祭で監督賞を受賞しました。
監督: リチャード・リンクレイター 出演者:イーサン・ホーク(ジェシー)、ジュリー・デルピー(セリーヌ)、アーニ・マンゴールド(手相占い師)、ドミニク・キャステル(詩人)・ハイモン・マリア・バッテンガー(バーテンダー)ほか

「大いなる遺産 (1998年)」のネタバレあらすじ結末

大いなる遺産の紹介:1998年アメリカ映画。イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの同名長編小説の映画化作品で、数度映画化された作品の1998年版です。舞台を1998年当時のアメリカに置き換え、画家を志す青年と幼馴染との恋、脱獄囚との心の交流などを描いています。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:イーサン・ホーク(フィネガン・“フィン”・ベル)、グウィネス・パルトロー(エステラ・ディンズモア)、アン・バンクロフト(ノーラ・ディンズモア)、クリス・クーパー(ジョー・コールマン)、ロバート・デ・ニーロ(アーサー・ラスティグ)ほか

「ニューヨーク、アイラブユー」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク、アイラブユーの紹介:2008年アメリカ,フランス映画。パリを舞台にした「パリ、ジュテーム」の第二弾で、複数の監督が手がけた短編映画がオムニバス形式でストーリーが展開していく。女優のナタリー・ポートマンが監督の作品も収録されている。
出演:ヘイデン・クリステンセン(ベン)、レイチェル・ビルソン(モリー)、アンディ・ガルシア(ギャリー)、イルファン・カーン(マンスークバイ)、ナタリー・ポートマン(リフカ)、オーランド・ブルーム(デイヴィッド)、クリスティナ・リッチ(カミーユ)、マギー・Q(娼婦)、イーサン・ホーク(作家)、アントン・イェルチン(若者)、スー・チー(中国茶店の店員)、

「トレーニングデイ」のネタバレあらすじ結末

トレーニング デイの紹介:2001年アメリカ映画。麻薬取締課に配属された新人刑事の「訓練日(トレーニング デイ)」を描くポリス・アクション。配属初日、新米刑事ジェイクはベテラン刑事アロンゾから麻薬取締官としてのいろはを教え込まれる。しかし捜査のためなら平然と法を犯すアロンゾに不信感を抱き始めるジェイク。そして疑念が頂点に達した時、思わぬ展開がジェイクを待ち受けていた。デンゼル・ワシントンが第74回アカデミー主演男優賞を受賞している。
監督:アントワーン・フークア 出演者:デンゼル・ワシントン(アロンゾ・ハリス)、イーサン・ホーク(ジェイク・ホイト)、スコット・グレン(ロジャー)、エヴァ・メンデス(サラ)、クリフ・カーティス(スマイリー)ほか

「エクスプロラーズ」のネタバレあらすじ結末

エクスプロラーズの紹介:1985年アメリカ映画。宇宙に憧れる三人の少年が手作り宇宙船で宇宙に飛び立ち、異星人と交流するというSF冒険ファンタジーです。イーサン・ホークとリバー・フェニックスは本作品が映画デビュー作となりました。
監督:ジョー・ダンテ 出演者:イーサン・ホーク(ベン・クランドール)、リバー・フェニックス(ウォルフガング・ミューラー)、ボビー・ファイト(スティーヴ・ジャクソン)、アマンダ・ピーターソン(ロリ・スウェンソン)、ジェイソン・プレソン(ダレン・ウッズ)ほか

「ビフォア・サンセット」のネタバレあらすじ結末

ビフォア・サンセットの紹介:2004年アメリカ映画。9年前、ウィーンで運命的な出会いを果たしたジェシーとセリーヌ。その一夜の出来事をジェシーが本に書いたことで、再会を果たします。二人の想いは、あの時のままなのか?新たな展開が訪れます。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:イーサン・ホーク(ジェシー)、ジュリー・デルピー(セリーヌ)、ヴァーノン・ドブチェフ、ルイーズ・レモワン・トレス、ロドルフ・ポリー、ほか

「ゲッタウェイ スーパースネーク」のネタバレあらすじ結末

ゲッタウェイ スーパースネークの紹介:2013年アメリカ映画。クリスマスで賑わうブルガリアを舞台に、妻を誘拐された元プロレーサーが、謎の男から指示されるまま車を盗み、命がけで街中を暴走する姿を描いたカーアクションスリラー作品です。
監督:コートニー・ソロモン 出演者:イーサン・ホーク(ブレント・マグナ)、セレーナ・ゴメス(少女)、ジョン・ヴォイト(謎の男)、レベッカ・バディグ(リアン・マグナ)、ポール・フリーマン(男)ほか

「いまを生きる」のネタバレあらすじ結末

いまを生きるの紹介:1989年アメリカ映画。厳格な全寮制エリート校に赴任してきた型破りな英語教師キーティング。彼の破天荒な教え方は、教科書通りに教えられてきた学生達の殻を打ち破り、自分の意思を自覚させていきます。従順だった学生達をそそのかしたとして、校長を始め、子供をエリートに育てたい親からも批判されるキーティング。反発するかのように意固地になっていく学生達と、校長・親との対立がやがて悲劇を生み、キーティングは学校を辞めさせられるのです。エンディングで、キーティングを慕う学生達が、机に立って敬礼する場面が心を打つ名作です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ロビン・ウィリアムズ(キーティング)、ロバート・ショーン・レナード(ニール)、イーサン・ホーク(トッド)ほか

「マグニフィセント・セブン」のネタバレあらすじ結末

マグニフィセント・セブンの紹介:2016年アメリカ映画。ある目的で賞金首を追うサムの前に一人の女性が現れた。彼女はサムの腕を見込んで自分の故郷を助けてほしいと願っていた。彼女の故郷のある町は金の取れる鉱山がありその土地を狙って一人の男が大群と共にやってきた。そしてあっという間に町を牛耳ってしまい彼女の夫も殺されてしまった。町を牛耳るその男の名に身に覚えがあるサムは数人の仲間を集い町の奪還に挑む。黒澤明監督の「七人の侍」を原作にした「荒野の七人」、そのリメイクとして新たに作成された。
監督:アントワーン・フークア 出演:デンゼル・ワシントン(サム)、クリス・プラット(ジョシュ)、イーサン・ホーク(グッドナイト)、ヴィンセント・ドノフリオ(ジャック)、イ・ビョンホン(ビリー)、マヌエル・ガルシア=ルルフォ(ヴァスケス)、マーティン・センスマイヤー(レッドハーベスト)、ほか

「デイブレイカー」のネタバレあらすじ結末

デイブレイカーの紹介:2009年オーストラリア,アメリカ映画。近未来。世界は、永遠の命を持つヴァンパイアによって支配されている。ヴァンパイアが生きるために、必要な餌である人類は、絶滅寸前までに追い込まれている。餌である血液の代用を捜すヴァンパイアの研究者エドは、人類の生き残りであるオードリーと出逢うのだが・・・
監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク(エドワード・ダルトン)、ウィレム・デフォー(ライオネル・コーマック)、クローディア・カーヴァン(オードリー・ベネット)、マイケル・ドーマン(フランキー・ダルトン)、ほか

「プリデスティネーション」のネタバレあらすじ結末

プリデスティネーションの紹介:2014年オーストラリア映画。バーテンダーとしてバーで働く男の前に一人の客が現れる。ハンサムだがどこか闇を抱えたようなその客はバーテンダーに言われ自身の過去の話を始める。女として生まれ、ある出来事をきっかけに男性へと性転換したというにわかには信じられない話。しかし話はそれだけでは終わらなかった。バーテンダーにはある目的があった。それは街をにぎわす爆弾魔の逮捕。彼は時間を飛び爆弾魔を逮捕するためその客と出会ったのだ。ロバート・A・ハインラインの「輪廻の蛇」を原作にしたSF大作。
監督:マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演:バーテンダー(イーサン・ホーク) ジョン/ジェーン(サラ・スヌーク) ロバートソン(ノア・テイラー)

1 2
TOP↑