フレッド・アステア映画一覧

フレッド・アステアが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「バンド・ワゴン」のネタバレあらすじ結末

バンド・ワゴンの紹介:1953年アメリカ映画。1931年にブロードウェイで初演を迎え、260回上演されたミュージカル『The Band Wagon』を映画化したミュージカル作品です。1950年代のアメリカのショービジネス界を舞台に、今や落ちぶれたかつての人気ダンサーが苦難の末にミュージカルを成功させるまでを描きます。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:フレッド・アステア(トニー・ハンター)、シド・チャリシー(ガブリエル・“ギャビー”・ジェラード)、ジャック・ブキャナン(ジェフリー・コードヴァ)、オスカー・レヴァント(レスター・マートン)、ナネット・ファブレイ(リリー・マートン)、ジェームズ・ミッチェル(ポール・バード)、ロバート・ギスト(ハル)、エヴァ・ガードナー(本人)、スティーヴ・フォレスト(列車の乗客)、ジュリー・ニューマー(モデル役のキャスト)ほか

「渚にて」のネタバレあらすじ結末

渚にての紹介:1959年アメリカ映画。イギリスの小説家ネビル・シュートが1957年に発表した小説『On the Beach』を映画化したSFドラマです。第三次世界大戦が勃発、核兵器によって荒廃した世界を舞台に、絶滅の危機に瀕したオーストラリアの人々が残された日々を思い残すことなく過ごそうとする姿を描きます。
監督:スタンリー・クレイマー 出演者:グレゴリー・ペック(ドワイト・ライオネル・タワーズ)、エヴァ・ガードナー(モイラ・デヴィッドソン)、フレッド・アステア(ジュリアン・オズボーン)、アンソニー・パーキンス(ピーター・ホームズ)、ドナ・アンダーソン(メアリー・ホームズ)、ジョン・テイト(ブライディー提督)、ローラ・ブルック(ホズグッド)、ジョン・メイロン(ラルフ・スウェイン)ほか

「絹の靴下」のネタバレあらすじ結末

絹の靴下の紹介:1957年アメリカ映画。パリに魅惑されてしまったロシア人音楽家を帰国させる使命を帯びてソ連政府からパリに送り込まれたニノチカのかたくな心を、アメリカ人映画プロデューサーは融かすことができるか。グレタ・ガルボ主演、MGM製作のコメディ映画『ニノチカ』(1939)が1955年にコール・ポーター作曲のブロードウェイ・ミュージカルとなり、それがMGMミュージカルとなったのが本作品。『バンドワゴン』(1953)以来のフレッド・アステアとシド・チャリシーの共演。そして二人の最後のMGMミュージカルへの出演。
監督:ルーベン・マムーリアン 出演者:フレッド・アステア(スティーヴ・キャンフィールド)、シド・チャリシー(ニノチカ・ヨシェンコ)、ジャニス・ペイジ(ペギー・デイトン)、ピーター・ローレ(ブランコフ)、ジョージ・トビアス(マルコヴィッチ)、ジュールス・マンシン(ビビンスキー)ほか

「踊る結婚式」のネタバレあらすじ結末

踊る結婚式の紹介:1941年アメリカ映画。嘘から始まった恋の騒動をコミカルに描いたミュージカル作品。舞台興行主のマーティンは、美しいダンサーのシーラにダイヤモンドのブレスレットを贈った。しかしその気の無いシーラはブレスレットをこっそり返してしまう。それをマーティンの妻ジュリアが見咎めた。マーティンは詰め寄るジュリアを誤魔化すため、ブレスレットは振付師ロバートに頼まれて買った物だと嘘をつく。マーティンに泣きつかれたロバートは、仕方なくシーラを夕食に誘って彼女に夢中な振りをするのだが。
監督:シドニー・ランフィールド 出演者:フレッド・アステア(ロバート・カーティス)、リタ・ヘイワース(シーラ・ウィンスロップ)、ジョン・ハバード(トム・バートン)、ロバート・ベンチリー(マーティン・コートランド)、オーサ・マッセン(ソーニャ)ほか

「有頂天時代」のネタバレあらすじ結末

有頂天時代(別題:スイング・タイム)の紹介:1936年アメリカ映画。アステア、ロジャース共演のミュージカル映画6作目。監督は直前の2作品のマーク・サンドリッチに代わってまだ新進監督だったスティーヴンスが担当。音楽はジェローム・カーン。ドロシー・フィールズ作詞の“The Way You Look Tonight”はアカデミー賞歌曲賞を受賞した。偉大なタップ・ダンサー、“ボージャングル”ビル・ロビンソンにオマージュを捧げたものの、今日では許しがたいとされる顔を黒塗りにしたアステアのダンスも含めて、全てのダンスシーンが圧巻。
監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:フレッド・アステア(ラッキー・ガーネット)、ジンジャー・ロジャース(ペニー・キャロル)、エリック・ブロア(ゴードン)、ヴィクター・ムーア(ポップ・カルデッティ)、ヘレン・ブロデリック(メイベル・アンダーソン)、ジョージ・メタクサ(リカルド・ロメロ)、ほか

「パリの恋人」のネタバレあらすじ結末

パリの恋人の紹介:1957年アメリカ映画。“永遠の妖精”オードリー・ヘプバーンが初めてミュージカル作品に挑戦した意欲作です。パリを舞台に、ヘプバーン演じるインテリな古本屋の店員がニューヨークの老舗ファッション雑誌のトップモデルへ昇りつめていく過程を華やかに描きます。
監督:スタンリー・ドーネン 出演者:オードリー・ヘプバーン(ジョー・ストックトン)、フレッド・アステア(ディック・エイヴリー)、ケイ・トンプソン(マギー・プレスコット)、ミシェル・オークレール(エミール・フロストル)、ロバート・フレミング(ポール・デュヴァル)、アレックス・ゲリー(ドヴィッチ)、ルータ・リー(レティ)、イフィジェニー・カスティグリオニ(アルマンド)、ドビマ(マリオン)、バージニア・ギブソン(バブス)、ナンシー・キルガス(メリッサ)ほか

「タワーリング・インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

タワーリング・インフェルノの紹介:1974年アメリカ映画。138階建てのグラス・タワーで火災が発生する。災はビルを次々と燃やし尽くし、着々と最上階のパーティ会場に近づく。設計者ダグと消防隊長のオハラハンは、パーティ会場に残された生存者を救出できるのか?
監督:ジョン・ギラーミン 出演者:スティーブ・マックイーン(マイケル・オハラハン)、ポール・ニューマン(ダグ・ロバーツ)、ウィリアム・ホールデン(ジャームズ・ダンカン)、フェイ・ダナウェイ(スーザン・フランクリン)、フレッド・アステア(ハーリー・クレイボーン)ほか

「イースター・パレード」のネタバレあらすじ結末

イースター・パレードの紹介:1948年アメリカ映画。日本での公開は1950年。アステアにとってこの2年前に引退を表明して以来のカムバック作品。主人公のダンサーは、パートナーに去られた意地で酒場の歌手をダンサーに仕立て上げようとする。ダンスの基本も知らない彼女だったがコーチを得てやがて二人は大評判を博することになる。ダンスを通して語られるロマンスを描くミュージカル。
監督:チャールズ・ウォルターズ。出演:フレッド・アステア、ジュディ・ガーランド、ピーター・ローフォード、アン・ミラー
ジュールス・マンシンほか

キーワードから探す

TOP↑