ゲイリー・クーパー映画一覧

ゲイリー・クーパーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「オペラハット」のネタバレあらすじ結末

オペラハットの紹介:1936年アメリカ映画。大恐慌時代、田舎町に住むディーズに突然多額の遺産が転がり込むが、都会は正直者の青年を使って一儲けしたい人々だらけだった。『或る夜の出来事』に続いてフランク・キャプラにアカデミー賞監督賞をもたらしたコメディ。やはりジーン・アーサーが出演する『スミス都へ行く』と合わせて楽しみたい映画。アダム・サンドラー主演のリメイク作品がある。
監督:フランク・キャプラ 出演者:ゲイリー・クーパー(ロングフェロー・ディーズ)、ジーン・アーサー(ベイブ・ベネット)、ジョージ・バンクロフト(マクウェイド)、ライオネル・スタンダー(コーネリアス・コッブ)、ダグラス・ダンブリル(ジョン・シーダー)その他

「悪の花園」のネタバレあらすじ結末

悪の花園の紹介:1954年アメリカ映画。西部開拓時代、成り行きで美貌の女性から鉱山で事故に遭った夫の救出を以来された男たちが、先住民アパッチ族の聖地である“悪の花園”へと至る経緯をアドベンチャー・タッチで描いた異色の西部劇です。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:ゲイリー・クーパー(フッカー)、スーザン・ヘイワード(リア・フラー)、リチャード・ウィドマーク(フィスク)、ヒュー・マーロウ(ジョン・フラー)、キャメロン・ミッチェル(ルーク・デイリー)、リタ・モレノ(酒場の歌手)、ヴィクター・マニュエル・メンドーザ(ヴィセンテ・マダリアガ)ほか

「吹き荒ぶ風」のネタバレあらすじ結末

吹き荒ぶ風の紹介:1953年アメリカ映画。アルゼンチン出身で多数の国で映画の仕事をしたヒューゴ・フレゴネーズの監督作。ゲイリー・クーパー演じる油田堀りが盗賊団によって、そして大女優バーバラ・スタンウィック演じる元恋人の妄執によって苦しめられる。『脱出』(1944年)に少し、『夜までドライブ』(1940年、日本未公開)にかなり似たストーリーです。
監督:ヒューゴ・フレゴネーズ 出演者:ゲイリー・クーパー(ジェフ・ドーソン)、バーバラ・スタンウィック(マリーナ・コンウェイ)、ルース・ローマン(サル・ドネリー)、アンソニー・クイン(パコ・コンウェイ)、ワード・ボンド(ダッチ)、ほか

「ヴェラクルス」のネタバレあらすじ結末

ヴェラクルスの紹介:1954年アメリカ映画。アメリカ南北戦争終結後、メキシコがフランスの支援を受けた帝政派と革命派に分かれて内乱を起こした時代を舞台に、メキシコに流れ着いた元アメリカ南軍軍人と無法者の大金を巡る因縁を描いた大作西部劇です。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演者:ゲイリー・クーパー(ベン・トレーン)、バート・ランカスター(ジョー・エリン)、デニーズ・ダーセル(マリー・デュヴァール伯爵夫人)、シーザー・ロメロ(アンリ・ド・ラボルデール侯爵)、サラ・モンティエル(ニナ)、アーネスト・ボーグナイン(ドネガン)、チャールズ・ブロンソン(ピッツバーグ)ほか

「モロッコ」のネタバレあらすじ結末

モロッコの紹介:1930年アメリカ映画。フォン・スタンバーグがベルリンで発見し、『嘆きの天使』で一躍スターになったマレーネ・ディートリヒ。外人部隊の兵士と孤独な歌姫が恋に落ちるこの映画が彼女のアメリカ映画初出演となった。日本で初めて日本語字幕が付されたトーキー作品。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:マレーネ・ディートリヒ(アミー・ジョリー)、ゲイリー・クーパー(トム・ブラウン)、アドルフ・マンジュー(ラ・ベシエール)、ウルリヒ・ハウプト(セザール副官)、イヴ・サザーン(セザール夫人)その他

「つばさ」のネタバレあらすじ結末

つばさの紹介:1927年アメリカ映画。ジャックとデイヴィットは恋敵でありながら、共に空を夢見る飛行士です。ジャックを一途に想うメリーとの関係や、二人の友情は戦争によりどのような結果を辿るのでしょうか。アカデミー第一回作品賞受賞作。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:ジャック(チャールズ・バディー・ロジャース)、デイヴィット(リチャード・アーレン)、メリー(クララ・ボウ)、シルヴィア(ジョビナ・ラルストン)、ほか

「西部の男」のネタバレあらすじ結末

西部の男の紹介:1940年アメリカ映画。ゲイリー・クーパー扮する流れ者が農民と牛飼いとの土地の使用をめぐる対立にまきこまれる。ウォルター・ブレナン演じる悪徳判事ロイ・ビーンとの奇妙な友情を描く西部劇。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:ゲイリー・クーパー(コール・ハーデン)、ウォルター・ブレナン(ロイ・ビーン)、ドリス・ダヴェンポート(ジェーン=エレン・マシューズ)、リリアン・ボンド(リリー・ラングトリー)ほか

「真昼の決闘」のネタバレあらすじ結末

真昼の決闘の紹介:1952年アメリカ映画。社会派西部劇の代表作で、劇中の時間と上映時間が一致するリアルタイム劇としても名高い。ゲイリー・クーパーが孤独無縁の保安官を演じ、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞。主題歌もオスカーを獲得した。
監督:フレッド・ジンネマン 出演:ゲイリー・クーパー(ウィル・ケイン保安官)、グレイス・ケリー(エミイ)、トーマス・ミッチェル(ヘンダーソン町長)、ロイド・ブリッジス(ハーヴェイ・ベル保安官補)、ケティ・フラド(ヘレン・ラミレス)、ほか

「昼下りの情事」のネタバレあらすじ結末

昼下りの情事の紹介:1957年アメリカ映画。私立探偵の娘が恋した相手は富豪のプレイボーイ。彼の気をひくために背伸びして遊びなれたそぶりをみせる娘と、それに翻弄される男のラブ・ロマンス。
監督:ビリー・ワイルダー 原作:クロード・アネ 出演者:オードリー・ヘプバーン(アリアーヌ)、ゲイリー・クーパー(フラナガン)、モーリス・シュヴァリエ(クロード)、ジョン・マッギーヴァー、ヴァン・ドードほか

TOP↑