ジョージ・クルーニー映画一覧

ジョージ・クルーニーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「カーライル ニューヨークが恋したホテル」のネタバレあらすじ結末

カーライル ニューヨークが恋したホテルの紹介:2018年アメリカ映画。訪れる人は必ず恋に落ちる。ニューヨークに佇む伝説の5つ星ホテル、ザ・カーライルを描いたドキュメンタリー。ザ・カーライルこと「ザ・カーライル・ア・ローズウッド・ホテル」は1930年からニューヨーク、マンハッタンの優雅なアッパー・イースト・サイドでランドマークとなっている。ニューヨークシティに住まう有名人たちのお気に入りの場所として崇められ、スイートルームは1泊200万円もする正真正銘の高級ホテルだ。世界的な映画監督、俳優、モデルなどの著名人たちがカーライルにまつわる秘話を語る。監督はニューヨークが誇るアイコンを撮り続けてきたマシュー・ミーレー。彼は本作を制作するために4年間カーライルに通い詰め、決して明かされることのなかった秘話を紐解き長編ドキュメンタリーとして綴る。世界で唯一無二のホテル、カーライルへと観る者を誘う作品。
監督:マシュー・ミーレー 出演:ジョージ・クルーニー、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラ、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、ハリソン・フォード、ジェフ・ゴールドブラム、ウディ・アレン、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ロジャー・フェデラー、ジョン・ハム、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル、エレイン・ストリッチほか

「グッドナイト&グッドラック」のネタバレあらすじ結末

グッドナイト&グッドラックの紹介:2005年アメリカ映画。伝説的なテレビキャスター、エド・マローの実話をジョージ・クルーニーが映画化。真実を求め、権力に立ち向かうジャーナリストの姿を描いた社会派ドラマ作品である。マッカーシズムが吹き荒れていた1950年代のアメリカ。誰もが標的にされることを恐れて口をつぐみ、萎縮した時代が始まっていた。それに警鐘を鳴らしたのがCBSのキャスター、マローだった。彼は真実の報道と自由な思想を掲げ、仲間と共に敢然と権力を批判する。
監督:ジョージ・クルーニー 出演者:デヴィッド・ストラザーン(エド・マロー)、ジョージ・クルーニー(フレッド・フレンドリー)、ロバート・ダウニー・Jr(ジョー・ワーシュバ)、パトリシア・クラークソン(シャーリー・ワーシュバ)、レイ・ワイズ(ドン・ホレンベック)ほか

「ラスト・ターゲット」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ターゲットの紹介:2010年アメリカ映画。誰も信じられなくなり恋人まで射殺した殺し屋稼業のジャックは、依頼主からイタリアの田舎町で身を隠すように言われました。町に馴染んだジャックは新しい恋人もできて、依頼主からも新しい仕事が命ぜられました。罠とは知らず仕事を進めるジャックでしたが…と言う内容のサスペンス映画です。
監督:アントン・コービン 出演者:ジョージ・クルーニー(ジャック )、ヴィオランテ・プラシド(クララ)、テクラ・ロイテン(マチルダ)、パオロ・ボナッチェリ(ベネデット神父)、ヨハン・レイセン(パヴェル)、イリーナ・ビヨルクルンド(イングリッド)ほか

「バーン・アフター・リーディング」のネタバレあらすじ結末

バーン・アフター・リーディングの紹介:2008年アメリカ映画。CIAの機密情報と思われるファイルを手に入れたフィットネスジムの従業員が、それをもとに金を手に入れようと画策するが、思わぬ騒動に発展するコメディ。
監督:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン 出演:ブラッド・ピット(チャド・フェルドハイマー)、ジョージ・クルーニー(ハリー・ファラー)、ジョン・マルコヴィッチ(オズボーン・コックス)、フランシス・マクドーマンド(リンダ・リツキ)、ティルダ・スウィントン(ケイティ・コックス)、エリザベス・マーヴェル(サンディ・ファラー)、リチャード・ジェンキンス(テッド)、J・K・シモンズ(CIA上官)、ほか

「さらば、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さらば、ベルリンの紹介:2006年アメリカ映画。『オーシャンズ』シリーズでタッグを組んできたジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグ監督が贈る歴史ミステリーです。第二次世界大戦終戦後のドイツ・ベルリンを舞台に、ポツダム会談の裏で動く国家間の陰謀に遭遇するアメリカ人記者の姿を、全編モノクロという往年のノワール映画風に描いています。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ヤコブ・“ジェイク”・ゲイスメール)、ケイト・ブランシェット(レーナ・ブラント)、トビー・マグワイア(パトリック・タリー)、ボー・ブリッジス(ミュラー大佐)、トニー・カラン(ダニー)、クリスチャン・オリヴァー(エミール・ブラント)ほか

「サバービコン 仮面を被った街」のネタバレあらすじ結末

サバービコン 仮面を被った街の紹介:2017年アメリカ映画。最も輝いていた1950年代のアメリカ。郊外に開発された理想の美しい住宅街サバービコン。6万人の白人家族が夢の暮らしを営むこの街に黒人家族が引っ越してきた。彼らの受け入れをめぐり街は炎上。黒人家族に対する嫌がらせはヒートアップし暴動へと発展していく。ところが、本当に恐ろしい事件はすぐ隣で起きていた。50年代のアメリカ郊外の住宅街で実際に起きた人種差別をベースに、理想的なアメリカのメッキが剥がれていく過程を描く。コーエン兄弟らしいひねりのきいたプロットと、ジョージ・クルーニーが与えたスパイスで世界は見た目通りではないことをサスペンスタッチで叩きつける。ファッション、インテリア、さらにはスーパーに並べられた缶詰まで50年代の情景などを完璧に再現しているところも注目の作品。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:マット・デイモン(ガードナー)、ジュリアン・ムーア(ローズ / マーガレット)、 オスカー・アイザック(バド・クーパー)、ノア・ジュープ(ニッキー)、グレン・フレンシュラー(スローン)、アレックス・ハッセル(ルイス)、ゲイリー・バサラバ(ミッチ)、ジャック・コンレイ(ハイタワー)、カリマー・ウェストブルック(デイジー・マイヤーズ)、トニー・エスピノサ(アンディ)、リース・バーク(ウィリアム・マイヤーズ)ほか

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のネタバレあらすじ結末

フロム・ダスク・ティル・ドーンの紹介:1996年アメリカ映画。凶悪銀行強盗の兄弟とモーテルで出くわしたフラー一家は、銃で脅され、キャンピングカーで一緒にメキシコ国境を超えることになりました。そしてたどり着いたメキシコの待ち合わせ場所であるバーに着いた一行でしたが、ここはとんでもないバーでした・・・という、バンパイアアクションホラー映画です。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ジョージ・クルーニー(セス・ゲッコー)、クエンティン・タランティーノ(リチャード・“リッチー”・ゲッコ)、ハーヴェイ・カイテル(ジェイコブ・フラー)、ジュリエット・ルイス(ケイト・フラー)、アーネスト・リュー(スコット・フラー)、サルマ・ハエック(地獄のサンタニコ)、チーチ・マリン(国境警備員 / チェット・プッシー / カルロス)、ダニー・トレホ(レザー・チャーリー)、トム・サヴィーニ(セックス・マシーン)ほか

「ディボース・ショウ」のネタバレあらすじ結末

ディボース・ショウの紹介:2003年アメリカ映画。冨を手に入れることに長けている洗練された美しいマリリンの虜になった有能な離婚弁護士が、いつのまにか仕事よりも恋を選ぶような弁護士になって行き、マリリンも又本当の恋をしていく姿をコミカルに描いた作品です。
監督:ジョエル・コーエンイーサン・コーエン 出演:ジョージ・クルーニー(マイルズ・マッシー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(マリリン)、ジェフリー・ラッシュ(ドノヴァン・ドナリー)、セドリック・ジ・エンターテイナー(ガス・ペッチ)、エドワード・ハーマン(レックス・レックスロス)、ポール・アデルスタイン(リグレー)、ほか

「ファミリー・ツリー」のネタバレあらすじ結末

ファミリー・ツリーの紹介:2011年アメリカ映画。カウイ・ハート・ヘミングス原作の同名小説を映画化したヒューマンドラマです。ハワイの美しい自然を舞台に、何不自由ない暮らしを送ってきた弁護士が次々と家族の身に降りかかる予期せぬ転機を迎え、家族の知られざる一面を垣間見ることになります。
監督:アレクサンダー・ペイン 出演者:ジョージ・クルーニー(マット・キング)、シェイリーン・ウッドリー(アレクサンドラ・キング)、ボー・ブリッジス(ヒュー・キング)、ジュディ・グリア(ジュリー・スピアー)、マシュー・リラード(ブライアン・スピアー)ほか

「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のネタバレあらすじ結末

スーパー・チューズデー 正義を売った日の紹介:2011年アメリカ映画。アメリカ大統領選、民主党代表候補のモリスの選挙戦は正念場を迎え、対するプルマン議員との接戦を繰り広げていた。ある日、敵陣営リーダーからスカウトを受けた広報官スティーヴン。そんな中、若く美しい女性モリーに出会い2人は深い関係になります。が、彼女の携帯にモリスからの着信。彼女は以前1度モリスと関係を持ち、その時の子供を妊娠していたのです。アメリカ大統領予備選挙の舞台裏をスキャンダラスに描く政治サスペンス。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ライアン・ゴズリング(スティーヴン・マイヤーズ)、ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ポール・ザラ)、ポール・ジアマッティ(トム・ダフィー)、マリサ・トメイ(アイダ・ホロウィッチ)、ジェフリー・ライト(トンプソン上院議員)、ほか

「コンフェッション」のネタバレあらすじ結末

コンフェッションの紹介:2002年アメリカ映画。1960年代~1980年代にかけて活躍したアメリカのテレビプロデューサー、チャック・バリスの衝撃的な自伝を、ジョージ・クルーニーが初監督作品として映画化したサスペンス・コメディです。駆け出しのテレビ局臨時職員が謎の男と出会い、やがて辣腕プロデューサーとCIA工作員という二つの顔を持つことになるのですが…。
監督:ジョージ・クルーニー 出演者:サム・ロックウェル(チャック・バリス)、ドリュー・バリモア(ペニー・パチーノ)、ジョージ・クルーニー(ジム・バード)、ジュリア・ロバーツ(パトリシア・ワトソン)、ルトガー・ハウアー(キーラー)ほか

「シン・レッド・ライン」のネタバレあらすじ結末

シン・レッド・ラインの紹介:1998年アメリカ映画。ジェームズ・ジョーンズ原作の同名小説を映画化した戦争ドラマです。太平洋戦争の激戦地のひとつソロモン諸島ガダルカナル島を舞台に、若きアメリカ兵たちの戦いの日々と人間模様を豪華キャストの共演で描いています。
監督:テレンス・マリック 出演者:ショーン・ペン(エドワード・ウェルシュ)、ジム・カヴィーゼル(ロバート・ウィット)、エイドリアン・ブロディ(ジェフリー・ファイフ)、ジョン・キューザック(ジョン・ガフ)、ニック・ノルティ(ゴードン・トール)、ジョン・C・ライリー(ポール・ストーム)、ジョージ・クルーニー(チャールズ・ボッシュ)、ジョン・トラボルタ(デヴィッド・クインタード)ほか

「アウト・オブ・サイト」のネタバレあらすじ結末

アウト・オブ・サイトの紹介:1998年アメリカ映画。エルモア・レナードの同名小説「アウト・オブ・サイト」を映画化したラブサスペンスです。銃を持たずに銀行を襲うプロの銀行強盗と女連邦保安官の恋愛をスタイリッシュに描きます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ジャック・フォーリー)、ジェニファー・ロペス(カレン・シスコ)、ドン・チードル(モーリス・”スヌーピー”・ミラー)、ヴィング・レイムス(バディ・ブラッグ)、デニス・ファリーナ(マーシャル・シスコ)ほか

「トゥモローランド」のネタバレあらすじ結末

トゥモローランドの紹介:2015年アメリカ映画。地元のロケット発射台解体に反対する女子高生ケイシー。夜な夜な発射台へと足を運び、妨害工作を働いていた。ある晩ついに警察に見つかってしまうが、父の助けがあって釈放される。押収されていた私物には見覚えのないバッジがあり、それに触れると一瞬別世界へと誘われた。不思議な世界への入り口を見つけたケイシーはバッジの謎を知るためオカルトグッズ専門店を訪れるが、店員はロボットで、光線銃で彼女を攻撃してきた!謎の少女型ロボット、ディーナと別世界からの追放者フランクとともに冒険が始まる。
監督:ブラッド・バード 出演:ジョージ・クルーニー(フランク・ウォーカー)、ブリット・ロバートソン(ケイシー・ニュートン)、ヒュー・ローリー(デイヴィッド・ニックス)、ラフィー・キャシディ(アテナ)、トーマス・ロビンソン(若き日のフランク)、ティム・マッグロウ(エディ・ニュートン)、キャスリン・ハーン(ウルスラ)、キーガン=マイケル・キー(ヒューゴー)、ほか

「ミケランジェロ・プロジェクト」のネタバレあらすじ結末

ミケランジェロ・プロジェクトの紹介:2013年アメリカ映画。ナチスが奪った美術品を奪還すべく、芸術はプロ・戦争は素人の男7人の特殊部隊「モニュメンツ・メン」の実話を基にした作品。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ジョージ・クルーニー(フランク・ストークス)、マット・デイモン(ジェームズ・グレンジャー)、ケイト・ブランシェット(クレール・シモーヌ)、ビル・マーレイ(リチャード・キャンベル)、ジョン・グッドマン(ウォルター・ガーフィールド)、ジャン・デュジャルダン(ジャン=クロード・クレルモン)、ボブ・バラバン(プレストン・サヴィッツ)、ヒュー・ボネヴィル(ドナルド・ジェフリーズ)

1 2
TOP↑