ハリソン・フォード映画一覧

ハリソン・フォードが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アメリカン・グラフィティ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・グラフィティの紹介:1973年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズでブレイクする前のジョージ・ルーカス監督がフランシス・フォード・コッポラの製作のもと製作した青春群像劇です。ルーカスが青春時代を過ごした、ベトナム戦争の影が忍び寄る前の1960年代前半のアメリカを舞台に、人生の旅立ちを翌日に控えた高校生たちの忘れえぬ甘い想い出を描きます。1979年には後日談となる続編『アメリカン・グラフィティ2』が公開されています。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:リチャード・ドレイファス(カート・ヘンダーソン)、ロニー・“ロン”・ハワード(スティーヴ・ボレンダー)、ポール・ル・マット(ジョン・ミルナー)、チャールズ・マーティン・スミス(テリー・フィールズ)、キャンディ・クラーク(デビー・ダナム)、シンディ・ウィリアムズ(ローリー・ヘンダーソン)、ウルフマン・ジャック(ウルフマン・ジャック)、ハリソン・フォード(ボブ・ファルファ)、ボー・ホプキンス(ジョー・ヤング)、キャスリーン・クインラン(ペグ)、スザンヌ・ソマーズ(サンダーバードのブロンド美女)、マケンジー・フィリップス(キャロル・モリソン)、ジャナ・ベラン(ブッダ)ほか

「野性の呼び声」のネタバレあらすじ結末

野性の呼び声の紹介:2020年アメリカ映画。カルフォルニア州ののどかな村。ミラー判事の大きな屋敷にのびのびと暮らす飼い犬バック。しかしある日バックは誘拐され、厳しい自然環境の地でそり犬として売られ、過酷な運命にさらされてしまう。環境の変化の中、ベックは人やほかの犬との関わり方を学び、極寒の地で生きる闘いの物語。原作は1903年にジャック・ロンドンによって書かれた小説。47言語で出版されており、日本でも複数の翻訳者による20点以上の訳書が出されている。今回が6度目の映像化。
監督:クリス・サンダース 出演:ハリソン・フォード(ジョン・ソーントン)、ダン・スティーヴンス(ハル)、カレン・ギラン(マーセデス)、オマール・シー(ペロー)、ブラッドリー・ウィットフォード(ミラー判事)、コリン・ウッデル(チャールズ)、スコット・マクドナルド(ドーソン)、キャラ・ジー(フランソワーズ)ほか

「パワー・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

パワー・ゲームの紹介:2013年アメリカ映画。IT企業に勤める青年が産業スパイとしてライバル会社に送り込まれるが、双方の確執に翻弄され命の危機にさられていく。J・フィンダー原作の「侵入社員」を映画化。
監督:ロバート・ルケティック 出演:リアム・ヘムズワース(アダム・キャシディ)、ハリソン・フォード(ジョック・ゴダード)、ゲイリー・オールドマン(ニコラス・ワイアット)、アンバー・ハード(エマ・ジェニングズ)、リチャード・ドレイファス(フランク・キャシディ)、ルーカス・ティル(ケヴィン)、エンベス・デイヴィッツ(ジュディス・ボルトン)、ジュリアン・マクマホン(マイルス・ミーチャム)、ほか

「カーライル ニューヨークが恋したホテル」のネタバレあらすじ結末

カーライル ニューヨークが恋したホテルの紹介:2018年アメリカ映画。訪れる人は必ず恋に落ちる。ニューヨークに佇む伝説の5つ星ホテル、ザ・カーライルを描いたドキュメンタリー。ザ・カーライルこと「ザ・カーライル・ア・ローズウッド・ホテル」は1930年からニューヨーク、マンハッタンの優雅なアッパー・イースト・サイドでランドマークとなっている。ニューヨークシティに住まう有名人たちのお気に入りの場所として崇められ、スイートルームは1泊200万円もする正真正銘の高級ホテルだ。世界的な映画監督、俳優、モデルなどの著名人たちがカーライルにまつわる秘話を語る。監督はニューヨークが誇るアイコンを撮り続けてきたマシュー・ミーレー。彼は本作を制作するために4年間カーライルに通い詰め、決して明かされることのなかった秘話を紐解き長編ドキュメンタリーとして綴る。世界で唯一無二のホテル、カーライルへと観る者を誘う作品。
監督:マシュー・ミーレー 出演:ジョージ・クルーニー、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラ、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、ハリソン・フォード、ジェフ・ゴールドブラム、ウディ・アレン、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ロジャー・フェデラー、ジョン・ハム、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル、エレイン・ストリッチほか

「ペット2」のネタバレあらすじ結末

ペット2の紹介:2019年アメリカ映画。飼い主も知らないペットたちの日常を描いた『ペット』の続編。テリア犬のマックスは飼い主のケイティーが結婚、出産した事で、その息子リアムを自分の子供のように可愛がり、面倒を見る生活が始まる。そんなある日、ある事件が起きると、ペット達はスーパーヒーローとなって大活躍する。
監督:クリス・ルノー 出演:パットン・オズワルト(マックス)、エリック・ストーンストリート(デューク)、エリー・ケンパー(ケイティ)、ハリソン・フォード(ルースター)、ジェニー・スレイト(ギジェット)ほか

「ファイヤーウォール」のネタバレあらすじ結末

ファイヤーウォールの紹介:2006年アメリカ映画。家族を人質に取られ、犯人から銀行からの大金強奪を要求されたセキュリティシステムのプロフェッショナルの孤独な闘いをノンストップで描いたクライム・サスペンス・アクションです。
監督:リチャード・ロンクレイン 出演:ハリソン・フォード(ジャック・スタンフィールド)、ポール・ベタニー(ビル・コックス)、ヴァージニア・マドセン(ベス・スタンフィールド)、メアリー・リン・ライスカブ(ジャネット・ストーン)、ロバート・パトリック(ゲイリー・ミッチェル)、ジミー・ベネット(アンディ・スタンフィールド)、カーリー・シュローダー(サラ・スタンフィールド)、ロバート・フォスター(ハリー・ロマーノ)、アラン・アーキン(アーリン・フォレスター)、マシュー・キュリー・ホルムズ(ボビー)ほか

「デンジャラスデイズ(ブレードランナー)」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの紹介:2007年アメリカ映画。1982年に公開されたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。公開25周年を記念して、80名以上にも及ぶ関係者の証言や当時の貴重なメイキング映像などを基に『ブレードランナー』制作の舞台裏を追ったドキュメンタリーです。
監督:チャールズ・デ・ロージリカ 出演者:リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルトガー・ハウアー、マイケル・ディーリー、ハンプトン・ファンチャー、ダグラス・トランブルほか

「ブレードランナー ファイナルカット」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー ファイナル・カットの紹介:2007年アメリカ映画。フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としたSF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年公開)を、リドリー・スコット監督が公開25周年を記念して再編集やデジタルリマスターなどを施して再公開したバージョンです。近未来を舞台に、奴隷として酷使されていた人造人間とその処理を任された捜査官の運命を描いています。
監督:リドリー・スコット 出演者:ハリソン・フォード(リック・デッカード)、ルトガー・ハウアー(ロイ・バッティ)、ショーン・ヤング(レイチェル)、ジョー・ターケル(エルドン・タイレル)、ダリル・ハンナ(プリス)ほか

「パトリオット・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

パトリオット・ゲームの紹介:1992年アメリカ映画。トム・クランシーの『愛国者のゲーム』を原作としたクライム・アクションシリーズ“ジャック・ライアン”の三部作の第2弾で、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)の続編です。今回から主人公のCIA情報分析官ジャック・ライアン役がアレック・ボールドウィンからハリソン・フォードに交代となり、テロ事件に居合わせたライアンがテロリストを射殺したことからその兄に命を狙われ、愛する家族を守るために立ち向かう姿を描いています。
監督:フィリップ・ノイス 出演者:ハリソン・フォード(ジャック・ライアン)、アン・アーチャー(キャシー・ライアン)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ジェームズ・グリーア)、サミュエル・L・ジャクソン(ロビー)、ショーン・ビーン(ショーン・ミラー)ほか

「今そこにある危機」のネタバレあらすじ結末

今そこにある危機の紹介:1994年アメリカ映画。トム・クランシー原作小説の映画化第3弾です。「真実と向かい合えるのは愛を知る者―」というキャッチコピーで、主役キャラのCIA情報アナリストであるジャック・ライアンの活躍を緊張感溢れるタッチで描いた社会派サスペンス・アクションドラマです。
監督:フィリップ・ノイス 出演:ハリソン・フォード(ジャック・ライアン)、ウィレム・デフォー(ジョン・クラーク)、アン・アーチャー(キャシー・ミュラー・ライアン)、ヨアキム・デ・アルメイダ(フェリックス・コルテズ)、ヘンリー・ツェーニー(ロバート)、ほか

「刑事ジョン・ブック/目撃者」のネタバレあらすじ結末

刑事ジョン・ブック/目撃者の紹介:1985年アメリカ映画。殺人事件を目撃してしまったアーミッシュ(ドイツ系移民によるキリスト教非主流派系の宗教集団)の少年とその母を保護するために奮闘する刑事の闘いを描いたサスペンス映画です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ハリソン・フォード(ジョン・ブック)、ケリー・マクギリス(レイチェル・ラップ)、ルーカス・ハース(サミュエル・ラップ)、ジョセフ・ソマー(ポール・シェイファー)、ダニー・グローヴァー(ジェームス・マクフィー)ほか

「恋とニュースのつくり方」のネタバレあらすじ結末

恋とニュースのつくり方の紹介:2010年アメリカ映画。ニューヨークのテレビ局を舞台に、低視聴率のお荷物番組を任された女性プロデューサーが仕事に恋にと奮闘する姿を描いたコメディです。
監督:ロジャー・ミッシェル 出演者:レイチェル・マクアダムス(ベッキー・フラー)、ハリソン・フォード(マイク・ポメロイ)、ダイアン・キートン(コリーン・ペック)、パトリック・ウィルソン(アダム・ベネット)、ジェフ・ゴールドブラム(ジェリー・バーネス)ほか

「6デイズ/7ナイツ」のネタバレあらすじ結末

6デイズ/7ナイツの紹介:1998年アメリカ映画。「脱出不可能!! その島は、地図には存在しない。」というキャッチコピーで、南海の地図にない無人島に不時着してしまった男と女が、その孤島から何とか脱出しようとする姿を、軽妙なタッチで描いたロマンティック・アドベンチャー映画です。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ハリソン・フォード(クイン・ハリス)、アン・ヘッシュ(ロビン・モンロー)、デヴィッド・シュワイマー(フランク・マーティン)、ジャクリーン・オブラドーズ(アンジェリカ)、テムエラ・モリソン(ジャガー)、アリソン・ジャニー(マージョリー)、ほか

「42 世界を変えた男」のネタバレあらすじ結末

42 ~世界を変えた男~の紹介:2013年アメリカ映画。史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの苦悩と活躍を描いた伝記映画。人種差別や隔離政策が公然と行われていた時代のアメリカ。ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、タフで反骨精神を持つニグロリーグの選手ジャッキーに目をとめる。理不尽な侮辱を受けて尚懸命に野球に打ち込むジャッキーの姿は、反発していた人々の心を次第に変えていくのだった。
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演者:チャドウィック・ボーズマン(ジャッキー・ロビンソン)、ハリソン・フォード(ブランチ・リッキー)、ニコール・ベハーリー(レイチェル・ロビンソン)、クリストファー・メローニ(レオ・ドローチャー)、アンドレ・ホランド(ウェンデル・スミス)ほか

「ブレードランナー2049」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー 2049の紹介:2017年アメリカ映画。原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を元にしたリドリー・スコット監督のSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982年)の35年ぶりの続編。前作の30年後の世界を舞台にブレードランナーのKが奮闘する姿が描かれる。前作に続き、ハリソン・フォードがデッカード役で出演。主人公のKを演じるのは「ラ・ラ・ランド」で脚光を浴びたライアン・ゴズリング。監督は前作と変わり「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ。
監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、シルビア・ホークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、カーラー・ジュリ(アナ・ステライン)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑