ハリソン・フォード映画一覧

ハリソン・フォードが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「デンジャラスデイズ(ブレードランナー)」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの紹介:2007年アメリカ映画。1982年に公開されたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。公開25周年を記念して、80名以上にも及ぶ関係者の証言や当時の貴重なメイキング映像などを基に『ブレードランナー』制作の舞台裏を追ったドキュメンタリーです。
監督:チャールズ・デ・ロージリカ 出演者:リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルトガー・ハウアー、マイケル・ディーリー、ハンプトン・ファンチャー、ダグラス・トランブルほか

「ブレードランナー ファイナルカット」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー ファイナル・カットの紹介:2007年アメリカ映画。フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としたSF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年公開)を、リドリー・スコット監督が公開25周年を記念して再編集やデジタルリマスターなどを施して再公開したバージョンです。近未来を舞台に、奴隷として酷使されていた人造人間とその処理を任された捜査官の運命を描いています。
監督:リドリー・スコット 出演者:ハリソン・フォード(リック・デッカード)、ルトガー・ハウアー(ロイ・バッティ)、ショーン・ヤング(レイチェル)、ジョー・ターケル(エルドン・タイレル)、ダリル・ハンナ(プリス)ほか

「パトリオット・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

パトリオット・ゲームの紹介:1992年アメリカ映画。トム・クランシーの『愛国者のゲーム』を原作としたクライム・アクションシリーズ“ジャック・ライアン”の三部作の第2弾で、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)の続編です。今回から主人公のCIA情報分析官ジャック・ライアン役がアレック・ボールドウィンからハリソン・フォードに交代となり、テロ事件に居合わせたライアンがテロリストを射殺したことからその兄に命を狙われ、愛する家族を守るために立ち向かう姿を描いています。
監督:フィリップ・ノイス 出演者:ハリソン・フォード(ジャック・ライアン)、アン・アーチャー(キャシー・ライアン)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ジェームズ・グリーア)、サミュエル・L・ジャクソン(ロビー)、ショーン・ビーン(ショーン・ミラー)ほか

「今そこにある危機」のネタバレあらすじ結末

今そこにある危機の紹介:1994年アメリカ映画。トム・クランシー原作小説の映画化第3弾です。「真実と向かい合えるのは愛を知る者―」というキャッチコピーで、主役キャラのCIA情報アナリストであるジャック・ライアンの活躍を緊張感溢れるタッチで描いた社会派サスペンス・アクションドラマです。
監督:フィリップ・ノイス 出演:ハリソン・フォード(ジャック・ライアン)、ウィレム・デフォー(ジョン・クラーク)、アン・アーチャー(キャシー・ミュラー・ライアン)、ヨアキム・デ・アルメイダ(フェリックス・コルテズ)、ヘンリー・ツェーニー(ロバート)、ほか

「刑事ジョン・ブック/目撃者」のネタバレあらすじ結末

刑事ジョン・ブック/目撃者の紹介:1985年アメリカ映画。殺人事件を目撃してしまったアーミッシュ(ドイツ系移民によるキリスト教非主流派系の宗教集団)の少年とその母を保護するために奮闘する刑事の闘いを描いたサスペンス映画です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ハリソン・フォード(ジョン・ブック)、ケリー・マクギリス(レイチェル・ラップ)、ルーカス・ハース(サミュエル・ラップ)、ジョセフ・ソマー(ポール・シェイファー)、ダニー・グローヴァー(ジェームス・マクフィー)ほか

「恋とニュースのつくり方」のネタバレあらすじ結末

恋とニュースのつくり方の紹介:2010年アメリカ映画。ニューヨークのテレビ局を舞台に、低視聴率のお荷物番組を任された女性プロデューサーが仕事に恋にと奮闘する姿を描いたコメディです。
監督:ロジャー・ミッシェル 出演者:レイチェル・マクアダムス(ベッキー・フラー)、ハリソン・フォード(マイク・ポメロイ)、ダイアン・キートン(コリーン・ペック)、パトリック・ウィルソン(アダム・ベネット)、ジェフ・ゴールドブラム(ジェリー・バーネス)ほか

「6デイズ/7ナイツ」のネタバレあらすじ結末

6デイズ/7ナイツの紹介:1998年アメリカ映画。「脱出不可能!! その島は、地図には存在しない。」というキャッチコピーで、南海の地図にない無人島に不時着してしまった男と女が、その孤島から何とか脱出しようとする姿を、軽妙なタッチで描いたロマンティック・アドベンチャー映画です。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ハリソン・フォード(クイン・ハリス)、アン・ヘッシュ(ロビン・モンロー)、デヴィッド・シュワイマー(フランク・マーティン)、ジャクリーン・オブラドーズ(アンジェリカ)、テムエラ・モリソン(ジャガー)、アリソン・ジャニー(マージョリー)、ほか

「42 世界を変えた男」のネタバレあらすじ結末

42 ~世界を変えた男~の紹介:2013年アメリカ映画。史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの苦悩と活躍を描いた伝記映画。人種差別や隔離政策が公然と行われていた時代のアメリカ。ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、タフで反骨精神を持つニグロリーグの選手ジャッキーに目をとめる。理不尽な侮辱を受けて尚懸命に野球に打ち込むジャッキーの姿は、反発していた人々の心を次第に変えていくのだった。
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演者:チャドウィック・ボーズマン(ジャッキー・ロビンソン)、ハリソン・フォード(ブランチ・リッキー)、ニコール・ベハーリー(レイチェル・ロビンソン)、クリストファー・メローニ(レオ・ドローチャー)、アンドレ・ホランド(ウェンデル・スミス)ほか

「ブレードランナー2049」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー 2049の紹介:2017年アメリカ映画。原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を元にしたリドリー・スコット監督のSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982年)の35年ぶりの続編。前作の30年後の世界を舞台にブレードランナーのKが奮闘する姿が描かれる。前作に続き、ハリソン・フォードが同役で出演。主人公のKを演じるのは「ラ・ラ・ランド」で脚光を浴びたライアン・ゴズリング。監督は前作と変わり「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ。
監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、シルビア・ホークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、カーラー・ジュリ(アナ・ステライン)ほか

「K-19」のネタバレあらすじ結末

K-19の紹介:2002年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。冷戦時代の1961年にソ連の原子力潜水艦「K-19」が北海のグリーンランド付近で実際に起こした事故を映画化したドラマです。
監督:キャスリン・ビグロー 出演者:ハリソン・フォード(アレクセイ・ボストリコフ)、リーアム・ニーソン(ミハイル・ポレーニン)、ピーター・サースガード(ヴァディム・ラドチェンコ)、クリスチャン・カマルゴ(パベル・ロクテフ)、ジョージ・アントン(コンスタンティン・ポリアンスキー)ほか

「ハリウッド的殺人事件」のネタバレあらすじ結末

ハリウッド的殺人事件の紹介:2003年アメリカ映画。ある夜、ライブハウスでラッパーグループが皆殺しにされる。事件を担当するのは不動産業を副業に持つ刑事ギャヴィランと、ヨガ教室を副業で営んでいる若い刑事コールデンのコンビだった。二人はハリウッドを駆け回り、芸能界の暗部に挑んで行く。コメディ演出満載で展開されるバディムービー。
監督:ロン・シェルトン 出演者:ハリソン・フォード(ジョー・ギャヴィラン)、ジョシュ・ハートネット(K・C・コールデン)、レナ・オリン(ルビー)、マスターP(ジュリアス・アーマス)、ブルース・グリーンウッド(ベニー・マッコ)、ほか

「デビル」のネタバレあらすじ結末

デビルの紹介:1997年アメリカ映画。ハリソン・フォードとブラッド・ピットのW主演による、アメリカに潜入したIRA活動家と警官との奇妙な友情と対決を描いたサスペンス・アクション作品です。
監督:アラン・J・パクラ 出演者:ハリソン・フォード(トム・オミーラ)、ブラッド・ピット(フランキー・マグワイア/ローリー・ディヴァニー)、マーガレット・コリン(シーラ・オミーラ)、ルーベン・ブレイズ(エドウィン・ディアス)、トリート・ウィリアムズ(ビリー・バーク)ほか

「ホワット・ライズ・ビニース」のネタバレあらすじ結末

ホワット・ライズ・ビニースの紹介:2000年アメリカ映画。ノーマンとクレア夫妻は、子供の独立を機に、夫婦水入らずの生活を楽しむため湖畔の邸宅へ引っ越しましたが、クレアはその直後から隣人の不振な行動に不安を覚えます。でも、本当の恐怖は、自分の家の中に潜んでいたのでした。
監督:ロバート・ゼメキス 出演:ハリソン・フォード(ノーマン・スペンサー)、ミシェル・ファイファー(クレア・スペンサー)、ダイアナ・スカーウィッド、ジョー・モートン、ミランダ・オットー、ほか

「カウボーイ&エイリアン」のネタバレあらすじ結末

カウボーイ&エイリアンの紹介:2011年アメリカ映画。西部開拓時代のアメリカ、謎の飛行物体が町を襲い、人を攫う事件が起きる。その飛行物体に対抗できたのは記憶を失っていた男の嵌めた腕輪だけだった。男は仲間達と大切なものを取り戻す為にその飛行物体、宇宙からの侵略者と戦う。ハリソン・フォード、ダニエル・クレイグ共演の異色西部劇。
監督:ジョン・ファブロー 出演者:ジェイク・ロネガン(ダニエル・クレイグ)、ウッドロー・ダラーハイド(ハリソン・フォード)、エラ・スウェンソン(オリヴィア・ワイルド)、ドグ(サム・ロックウェル)、ナット・コロラド(アダム・ビーチ)ほか

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の紹介:2008年アメリカ映画。ソ連はインディを使い、アメリカが秘匿していたオーパーツ、クリスタル・スカルを奪取する。その責任を取らされ大学を追われた彼の所に一人の青年がやってくる。彼はインディに母親の危機を救ってくれと頼んでくるが、その母親とは、かつての恋人マリオンだった。そしてその危機にも、ソ連とクリスタル・スカルが関わっていた。ジョーンズのアクションが止まらない大人気ファンタジーアクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第4弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)、レイ・ウィンストン(ジョージ・マクヘイル)、カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)、ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)、ほか

1 2 3
TOP↑